09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/02/02//Fri * 23:49
●○夕陽と鉄塔

夕陽と鉄塔01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

なぜかわかんないけど、高圧線の鉄塔好き。(高圧線含む)
これ単体でもいいけど、これが地上に幾つも高圧線で繋がって
並んで立っているのを見るとなんだかじんわりきます(笑)
そんな鉄塔に夕暮れが訪れたので遊ぶチャンスです。
本当は白と赤の塗装のヤツがもっと好きなんですけど、ここの
は残念ながら地味です(笑)

夕陽と鉄塔02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

本当は富士山シリーズがまだあるんですが、さすがにいい加減
に連続し過ぎだろう!って気もしないでもないので、ちょっと
小休止してみたりします。
夕暮れを見計らって出かけ、夕陽の位置をウロつき回って変え
て遊んでみました。

夕陽と鉄塔03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なんとなく気分的に鉄塔に重ねるブーム到来(笑)

夕陽と鉄塔04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なんとなく素敵。

夕陽と鉄塔05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

近づいてみました。すると、立ち入り禁止とはどこにも書いて
ありません。危険登るな!とはありましたが・・・

夕陽と鉄塔06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

それならということで、ちょっと下に行ってみました。
柵で囲ってもいなくて全くのオープンです。
でも本当はいけないんだろうなあ・・・
真下から次の鉄塔を望む・・・

夕陽と鉄塔07
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

真下から真上を見上げてみました。
こんな写真、あんまり撮れるもんじゃないし・・・
この後、速攻で立ち去りました(笑)

夕陽と鉄塔08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

こんなことやって遊んでたら、夕陽がぐっと高度を落とし、赤
く染まってきたので急いで望遠ズームに変更。

夕陽と鉄塔09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

いやあ、鉄塔と夕陽って絵になりますね♪

夕陽と鉄塔10
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

少しすると地平線辺りの雲の中に隠れてしまいました。
遊びの終わり・・・

          撮影地:神奈川県海老名市 2007/01/24

>> 2007/02/06 23:54
>☆MIYA☆さん
夕陽は望遠で撮っているからですよ(笑)
MIYAさんもカメラをズームで撮ればある程度大きくなるのと同じで、そういうレンズに替えているからなんです。太陽は見た目が大きくても写真にすると小さくなります。何故かというと、大きく見えているのは人間の目の錯覚だかららしいです。そのためカメラだと本当のことが写ってしまう?
鉄塔は別に周りに誰がいるって訳じゃなかったんですが、今にも「コラッ!」って言われそうで鉄塔の下にいる時は落ち着きませんでした(笑)

>-さん
こちらこそ身体のことをお気遣いいただいてありがとうございます♪

>> 2007/02/06 07:45
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2007/02/06 07:36
夕日でかぁぁぁ♪
大きいまま カメラに収められて さすがよ~かんさんですぅ
私 大きな夕日をちっちゃくする名人ですからぁぁ( ̄▽ ̄;)アハハ…

ここは鉄塔の下に入れたんですねぇ 速攻で立ち去るよ~かんさんが
とてもおちゃめに思えて にんまりしちゃいましたぁ( ´艸`)ムププ
でも真下から見ることってないしぃ 鉄塔もオレンジに染まってるしぃ
またまたまた得しちゃいましたぁ♪

>> 2007/02/05 00:54
>そらさん
こんばんは~♪
夕陽、私もあんまり見ていなかったけど、珍しくこの日は見ることが出来ましたよ。
鉄塔の下から上を見上げたらなんだか変な気分になりました。っていうかごめんなさい、つい(笑)
今回は散歩というより、夕陽が見られそうだったので、車で鉄塔のところまでこの写真を撮るために行きました。
そんな鉄塔ですが、喜んでもらえてうれしいです♪

>おきろんさん
だっておきろんさんに「うわ~」って言わせるための写真なんで(笑)
夕陽が大きいのっていいですよね~♪
一枚目の写真はモロに狙いました。太陽があの位置に来るように調整したりして・・・

>ひらめさん
こんばんは~♪
その通り、撮りましたよ(笑)
とにかく撮ろう撮ろうと思っていてなかなか実現できなかったんですけど、夕陽具合を見て実行しました♪
本当はもっといろんな写真を撮っていたんですが、この枚数に絞るの大変でしたよ(笑)
真下からの構図は普通はあんまり見ることが出来ないだろうなあと思って載せました。
好きだということが伝わって嬉しい♪

>かげろうふん
凝った構図と思ってもらえて嬉しき♪
まあセンスと呼べるようなシロモノではないですが・・・

>ミューさん
この真下のヤツは、多分普通は見る事がないと思うので、面白いんじゃないかと思いました。
鉄塔が並んでいるところに行くと、どこから撮ったら絵になるかなっていつも思うんですよね~
夕陽を入れると当然鉄塔は逆光になるので、この効果も狙っています♪

>polepoleさん
ありがとうございます♪
写真を撮る時はいつもめいっぱい楽しみますので、それが伝わっているならとても嬉しいですよ♪
でも何か目標を定めると集中してしまってあまり他に目が向かないので、注意力が弱くなってしまってそれが弱点ですね~(笑)
この辺りは畑と田んぼなんですけど、農作物には電磁波の影響はないのかな・・・

>Ahsgrimmさん
私は普段何か被写体を見つけるとかなり一方向ばかり集中的に撮ってしまい、偏るんですが、意外と今回の写真はいろんな角度から撮ってましたね(笑)
真下からの構図は最初全然考えてなかったですが、そこの鉄塔は普通に行けることが分かって思わず下に行ってしまいました。
無機物と自然のコラボって結構好きなんですよ。うまくハマると面白いです。

>アレッサさん
夕陽と鉄塔って似合いますよ♪
夕焼けだけでももちろんですが、これに鉄塔が絡むとなんらかの情景になりますよね。私はやっぱり淋しい感覚が強いですが。
ダイヤモンド富士はかなり長い期間、いろんな場所で見ることが出来ます。ただし、例えば神奈川だと同じ場所では一年に二日しかチャンスがありませんが。
富士山って御神体ですからね。信仰の対象なんですよ。でもこれを御神体にするっていうのは分かります。それほどの魅力を持っている山ですからね。

>きみかるさん
こんばんは~♪
山ン中とかに行かない限り、どうしてもこういった人工物が自然現象に重なってしまうので、それならむしろそれを取り入れて絵にしてしまえ!って感じなんです。ハマればむしろ人工物があってよかったなあってなりますよ♪
癒されるといってもらえて嬉しいです。ありがとうございます♪

>> 2007/02/04 10:48
おはようございます!!
鉄塔って夕陽などをとるときは邪魔だなあとおもっていたおですが、よーかんさんの写真をみていると、夕陽とマッチしていいですね。鉄塔がプラモデルのようにみえるのもよーかんさんの素直な心のあらわれですね。
なるほど・・・うん、癒される写真をありがとうございます!!

>> 2007/02/03 23:20
夕陽と鉄塔って 似合いますね~!
電車の中から、とか車の中から見ると
何故か ちょっと寂しい気分にさせられるのが 
私にとっての鉄塔でした。
でも よ~かんさんの写真だと すごく
カッコイイです!!
そうそう、富士山と言えば 昨日だったかな? 
NHKの生活ホットモーニングだか?で 
ダイヤモンド富士 やってました!
先代の助さんだった青井輝彦さんが 写真を
撮りに行っていました。
富士山を神様のように思っている人、た~くさん
いるんですね!!

>> 2007/02/03 19:58
様々な視点からの鉄塔、楽しませていただきました
僕の近くにある鉄塔でも試してみたい構図が真下から
のもの!でも草むらだったしなぁ・・なんて(笑

無機質なものと自然物って意外と似合ったりするんですね

>> 2007/02/03 19:09
最初の画像にきれい!と思って全部 一気に拝見してしまいました。
よ~かんさんの遊び心というか それを楽しんでいらっしゃるご様子が目に浮かぶようです。
きっと少年のように瞳をキラキラ輝かせていらしたのでしょうね。
鉄塔の付近には 電磁波が多く交通事故とかが多いと聞いています。
大丈夫でしたか?

>> 2007/02/03 17:12
鉄塔 真下から見ると、幾何学的な模様ですね。
鉄塔が並んでいるところは見ることがないですが
沢山あると面白いですね。
夕日と撮ると鉄塔というより、黒い線のオブジェ見たいです。
 

>> 2007/02/03 15:04
凝った構図ですね~
こういうのってやっぱ感性なんですかね。。

>> 2007/02/03 10:44
おはようございます。。。

あは^^
とうとう撮られたんですね~
私も鉄塔は赤、しろが好きです^^
微妙に形も違うし。。
鉄塔と夕陽のコラボは思いつきませんでした。
真下から除いた構図が好きです。。。
いろんな角度からみると面白いですね。
鉄塔をこんなに、いろんな角度から撮るの、よ~かんさんだけかもです。好きっていうのが伝わります!

>> 2007/02/03 10:24
うわ~(最近、コメントの最初の台詞こればっかですアハハ)
でっかい太陽!
1番上の写真の鉄塔、生きてるみたいだ~。
ラピュタのあのロボット兵みたい!
動き出しそう・・・

>> 2007/02/03 08:30
おはよう~
夕日きれいだね。
最近さっぱり見てません。。。
こんな真ん丸の夕日なんてず~~~~っと見てない!!

鉄塔の下から上を見た時ってこんな感じなんだぁ~
ちょっと芸術的な感じも^^
でも入っちゃいけないんだよ!!笑
夕暮れの散歩でこんなにいい写真が撮れるんだね^^

朝からいい写真を見れていい気分で仕事に行けます!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/97-b17ff6a2

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。