07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/01/09//Tue * 21:53
●○ダイヤもどき

ダイヤもどき01
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

富士ヶ嶺というところに富士山の初撮りに行ってきました。
「モドキ」の写真になってしまったのが、今年一年のドタバタ
を暗示させますが(笑)

ダイヤモンド富士を撮りに行く時は、自分の休みにどこでなる
のかを計算して行くんですが、今回計算した場所に行ってみる
とどうもうまく見えなかったり、私有地に当ってしまったりと
うまくありません。仕方ないのでなるべく近めな所で妥協する
ことにしたのですが・・・

夜中に現地に着き、夜景を少し撮ってもまだ日の出まで4時間
以上もあったので、寝て待つことにしました。
気温はこの時点で-6℃。エンジン切ってしばらくすると異常に
寒くなるので、毛布に包まった上に寝袋に潜り込みました。
こうするとこの気温でも問題ありません。ところが気持ちよく
てすっかり眠り込んでしまい、ハッと目が覚めると・・・

ダイヤもどき02
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

空が素晴らしくいい色に焼けていました!
でも寝袋毛布と厳重モードだったために、脱出と仕度に時間を
喰ってしまい、何とか撮った時にはピークを過ぎてしまいまし
た・・・上の写真よりももっとすごい光景だったんです・・・

この時点で日の出まであと1時間と少しだったので、もう起き
ていることにしました。

ダイヤもどき03
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

道路の脇はみんなこんな感じ。寒いはずだよなあ。

ダイヤもどき04
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

日の出15分くらい前。山頂が明るくなってきました。
この頃になると人が結構出てきました。ここの場所ってダイヤ
ポイントからは外れていると思うんだけど、なんでだろ?

ダイヤもどき05
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

日の出3分前。本当は計算が間違っていて実はいいところから
日が昇るんじゃないのか?とか少し期待はしていたのですけど、
見事にこれで粉砕。

ダイヤもどき06
Canon EOS Kiss DN + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ちょうど8時くらいが日の出でした。
トップと似たような写真なので、WBの色温度を下げてみました。
でも結構山頂から出なくてもいい感じですよね。
この時信じられないミスをしました。ちょうど太陽が出た瞬間、
二枚くらい撮った時に電池切れ。寒い時には電池の消耗が激し
いということを十分承知していてこれです・・・
速攻で電池交換はしたものの、太陽は動きがとても速いですか
ら、おいしいところをそっくりやられました・・・

あと光芒について。F18まで絞っているのですが、先端が細か
く広がっています。スノークロスとかつけて撮った方がいいの
かな・・・

     撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2007/01/08

>> 2007/01/20 00:12
>-さん
ごめんなさい・・・しばらく気が付きませんでした・・・
全然問題ないですよ。嬉しいです。ありがとうございます♪

>> 2007/01/16 00:14
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2007/01/14 13:15
>-さん
太陽の逆光は強烈なので、露出補正位では間に合わないことがありますが、その場合は思い切って太陽に露出合わせてしまっても面白いかも?真っ暗な写真になると思いますが、デジカメならいろんな挑戦ができるので、いろんなパターンを楽しんでくださいね♪

>> 2007/01/13 10:16
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2007/01/12 23:32
>おきろんさん
やっぱり私は富士山がイメージなんですかねえ。
確かに比重は大きい気がしますけど。
電池切れですけど、ほんの少し前に替えたばかりだったので全然大丈夫なんて油断していました。「肝が冷える」ってのはまさにこのことでしたね・・・
ダイヤモンド富士の撮影は結構慌しいです。

>そらさん
私なんかより遥かに素晴らしい富士の写真を撮られる方は幾らでもいらっしゃるので、結構恥ずかしいのですけど、ありがとうございます♪
一枚目の写真は今回一番のお気に入りです。ダイヤモンド富士は風景と太陽の明るさのバランスがとても難しいのですが、ほぼ思った通りの露出です。欲を言えばもう少しだけ光芒が暗めの方がよかったかもだけど・・・
また寒い思いをする季節がやってきました(笑)

>☆MIYA☆さん
えっと、これは日の入じゃなくて日の出です(笑)
今回は新しいレンズで富士山を撮ったらどうなるんだろうって思ったら居ても立ってもいられなくなって撮りに行ってしまいました。私の撮る富士山を好きといってもらえるのはとても嬉しいです♪
そういえばそちらはもう少しなんですね? その日は晴れるといいですね~♪ もしカメラが露出補正を出来るのであればなるべくマイナスへ、そしてなるべく露出は太陽でも山でもなくその付近の明るい空に合わせてください。あとは鬼のような激写です(笑)
楽しみにしていますよ~

>takakoさん
一番下の写真はちょっと遊びです。
わざと青くなるように加工(ちょっと違うけど)してみました。ダイヤモンド富士はあの太陽がちょうど山頂から顔を出す瞬間の感動はやっぱり生で見て欲しいですね♪

>> 2007/01/12 00:59
>ららさん
こんばんは~♪
富士山を撮る時は、この待つという行為もその感動のうちに含まれているような気がします。ダイヤモンド富士は夕陽よりも断然朝日の方が感動します。夕陽の場合、もう既に太陽が見えていて最後に隠れるので、あまり新鮮な感動がないのですが、朝日はなんといっても日の出まで太陽が見えない!(当たり前だけど)
富士山はいろんな意味で日本一の山です。もし行きたくなったら声かけてくださいね~♪ある程度のご案内位ならできますよ。

>ひらめさん
こんばんは~♪
そんな番組がやっていたんですか?全然知りませんでした。
ダイヤモンド富士は、その番組ではどういっていたのかは分かりませんが、かなりいろんな場所で見ることが出来ます。で、そこの場所で見ることが出来るのが何日の何時っていうのを計算することが出来るので、よく私は自分の休みの日はどこで見られるかってのを計算するんです。今回は山頂からではないので「もどき」になっていますけど・・・
確かに寒い中の待ちはとても辛いけど、暖かい言葉をもらえればなんてことないですよ。ありがとうございます♪

>ミューさん
雪は今年初めて見ました。なのでちょっと嬉しかったかも(笑)
この太陽の動きってのが本当に速くて、ダイヤモンドの場合はすぐに終ってしまうほどなんです。この時の電池切れは本当に蒼ざめました。全く初撮りで朝焼け逃すは、電池切れ起こすは、ちゃんとしたダイヤじゃないは、幸先がいいですよね(笑)
富士山の写真は今年も結構撮りに行くんだろうなあ・・・

>びーぐるさん
いや、根性っていうか、只待っていただけですからね(笑)
私はどうもスナップが下手なので、せめてこういうふうに待つくらいしないと・・・


☆ごめんなさい、この後のお返事は明晩にさせていただきます・・・

>> 2007/01/11 22:16
きれいですねぇ~(^O^)
特に1番下の写真は絵に描いたような鮮やかなブルーですね!
生でこの景色を見てみたいなぁ~☆

>> 2007/01/11 11:23
これがダイヤモンド富士なんですねぇ♪
日の入りだから この感じが出るのでしょうねぇ
よ~かんさんが撮る富士山好きだなぁ。。。
富士山だけじゃないんですけどねぇ(=´σー`)

夕日と富士山が重なるチャンス。。。もう少しだと思うので
見れることを願って頑張りますぅ

電池夏減るの早いと思ったら 寒くてもなんですねぇ
イイこと教えてもらいましたぁ┏○ペコッ

>> 2007/01/10 23:56
こんばんは^^
私の中では富士山=よ~かんさんになっています。
よ~かんさんの山みたい^^

どの写真も素晴らしいです!!
特に1枚目と2枚目が好きかな♪

寒い中・・オチカレサン♪

>> 2007/01/10 11:42
うわ~綺麗!
やっぱ「よ~かん(さん)には富士が良くにあう」です。
そっか~電池切れなんて事があるんですね。
そんな瞬間電池切れたらドキドキですね。
寒さや緊張。。そういう切羽詰った雰囲気
なんとなく好きです。

>> 2007/01/10 09:22
いやあ!相変らずすごい行動力ですねえ!!
やはりこれだけ根性がないと、
素晴らしい写真は撮れないですよね。

>> 2007/01/10 07:53
周りは雪が積もっていたのですね。
寒いなかでお疲れ様でした。
太陽が昇るときも沈む時も、短い時間ですからね。
よ~かんさんの慌てていらっしゃる様子がチョット目に浮かびました。

一枚目、綺麗です。
2枚目の空の色もほんのりと染まった感じがいいですね。
今年も冨士山の写真を沢山見せて頂けそうですね♪

>> 2007/01/10 07:32
おはようございます。
年末に、ダイヤモンド富士をどこで見れるかというのをやっていました。もう、私はいけないので、人事のように見てましたが。。。
よ~かんさん、撮りに行かれてたんですね。。。
よ~かんさんを忘れてました^^;
私は、1枚目が好きです。
この一年、落ち込まずにやろうって、がんばろうって思えるし、なんていったって、『希望』を感じます。
朝陽はやっぱりいいです。
寒いなかの撮影、お疲れでした。
おかげで、素敵な富士山みれて、嬉しいですよ^^

>> 2007/01/10 06:09
おはおようございます
撮影の緊張感、興奮
寒さみんな伝わってきて
臨場感あふれていますね
こちらもどきどきしちゃいます

こういうのとても好きです
富士山・・・行けない距離じゃないし、
時間ができたら行ってみたい
やっぱり日本一だし









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/86-b1a7a642

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。