08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2014/04/30//Wed * 22:36
●○轟九十九滝 ①

轟九十九滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

とどろきくじゅうくたき。徳島県海陽町の轟神社付近を流れる、王餘魚谷川に
かかる滝群の総称で、日本の滝100選の一つ。そう、以前「田立の滝」の記事
でも書きましたが、自分で面倒なルールを設定しているために苦手なジャンル
になってしまっている「滝群」の百選モノです(泣) しかも「田立の滝」以上
に面倒な滝群だったのです(泣)

さて、この日のメイン目的です。四国の百名瀑は、この徳島以外は以前の旅で
巡っているので、今回の旅で四国を巡り切ることになります。その取っ掛かり、
最初に訪れたのがこの滝。轟九十九滝は、轟の滝と九十九滝とのセットの名称
です。九十九滝はその名の通り、複数の滝の総称であり、まあ実際に九十九も
滝がないことが救いでしょうか。前記事の轟神社を通り、その奥にある轟本滝
神社の御神体、轟本滝と対峙します。


轟九十九滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

大変趣のある、鳥居の向こうに御神体になる本滝が。


轟九十九滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この本滝は、滝群の一番下流側に位置しており、落差は58mで滝群の中で最も
高く、しかも徳島県内でも一番落差があるらしいです。滝自体は奥まった所に
位置していて、ちょっと面白い景観になっています。というか素晴らしい景観!
写真とかで事前に見て、かなり楽しみにしていましたが、実物は更に感動。
滝の前の岩場には、お酒とかのお供え物がありました。


轟九十九滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝壺からすぐ下流のところ。水も苔もとても綺麗でした。


轟九十九滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝本体は奥まった場所に在る癖に、すごい存在感。滝音もすごかったのですが、
何よりもすごかったのが、こういった形状のせいなのか、水飛沫が半端ないの
です。元々天気がそんなに良くなかったのもあったのだけど、雨が降って来た
のと勘違いしました。どう見ても水が降って来るので、嗚呼、遂に降り出して
しまったか。これから九十九滝を巡るのどうしよう?と、うんざり気味だった
んですが、この滝から離れてみれば全く降ってなくて、狐につままれたようで
した。しかしまあグッショリです。アレはいつもああなんでしょうか。


轟九十九滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

景観も素晴らしいのですが、何よりもこの場の空気感がとてもよかった。


轟九十九滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

二筋の滝水が途中で合わさり勢いよく落ちます。晩秋なだけあり、付近の岩盤
に付いている葉が黄色く色付いていたりして、モノ寂しさも感じます。


轟九十九滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝水が岩盤を削って段々後退をしていっているのでしょうか、他ではちょっと
見たことがない景観でした。


轟九十九滝09
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

落口。実はコレを撮っている時は、轟本滝の落口とは全く気が付いていなくて、
「なんでこんなすごい滝に看板とか、名前がないんだろう?」と不思議に思い
ながら撮っていたというかなり間抜けさ加減(泣) 落口に来るのにはちょっと
した回り道なので、全く気が付かなかったのです。後で家に帰って来て調べて
本滝の落口だと判ったという哀愁感。何にしろ、落口も存在感がハンパなくて、
吸い込まれそうな恐怖を感じた程です。


轟九十九滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これも落口。ちょっと風流な風情。

この滝前には30分位いたでしょうか。この後、滝壺の少し下流まで戻り右岸へ
渉って岸沿いに付いている遊歩道を辿り、九十九滝を巡ります。これが謎多き
(っていうか単にいい加減なだけじゃないのか(泣))「滝群」であって、だから
「滝群」なんて面倒で嫌なんだよ!となどという想いがますます強くなる目に
遭ったりすることになるのでした。              -- 続 --

                撮影地:徳島県海部郡海陽町 2012/11/29


>> 2014/05/11 23:38
>ぜいぜいさん
日付については云わないで(笑)
もうこの徳島旅をスタートしてしまったから、終わるまではどうにもならないのです。しかも徳島旅に続き、2013年にも何本か旅のがあるんですが、もう一体どうすればいいのか?と泣きですよ泣き(泣)
この滝はホント素晴らしかったですよ~ 雰囲気も御神体に相応しいものでした。
ぜいぜいさん、四国に行かれるんですね! それは楽しみ。お山は有名なところに行かれるんですか? 石鎚山とか。。

>> 2014/05/09 09:02
日付がとっても哀愁(2012…)ですが、ちゃんとUPするところはさすがですわあ。
中々荘厳な滝ですね。それもご神体ですからさらにありがたや~ですね。
実はわたしも来週から人生初四国入りなんです。
残念ながらお山なので、滝見物はできないのですが、
いまからわくわくです。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/660-7067f531

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。