08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/12/31//Tue * 23:59
●○鳴門の渦潮 ②

鳴門の渦潮 ②01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

結局のところ、一番渦々している渦っぽい写真はこれであり、これ以上のモノ
は撮れませんでした。。 大体渦っている時間が短か過ぎるんですよ(泣)

渦の道駐車場を躍り出てから車で約五分後、次の目的である「うずしお汽船」
に到着しました。渦潮の観潮船は幾つかありますが、どれに乗ろうかは事前に
相当悩んだ末、小型で小回りが利きそうで値段も若干安い「うずしお汽船」に
決定していたのです。乗船時間も正に大潮にかかる12:00~12:20の回であって、
これ以上のモノは無い筈だ。素晴ら過ぎる(><) と思いながら乗船券購入。
まだ出航まで20分位あったので、そこら辺をウロウロしました。他にもソレの
目的らしき方々がチラチラ。そうこうしている内に時間となったのでゾロゾロ
と乗船。出航しました。小さめな船ですが、今回乗った人数も15人もいない位
であり、ゆったりと過ごせました。そうして渦ポイントへ到達。


鳴門の渦潮 ②02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

船上で、悩んでいた候補の一つ、アクアエディとすれ違いました。水中からも
渦を見ることが出来るらしい。でも短い時間で水中とか水上とか行ってこいを
やってられない気もするし、料金も高いし却下したのでした。まあ、船の二階
部分から海面を見下ろせるのは魅力だったんですが。渦の写真を撮るなら海面
から高い方が見易い感じがしたし。うずしお汽船は二階部分が無いのです。


鳴門の渦潮 ②03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは渦なんでしょうか? なんとも微妙な一枚。
船は小型で小回りが利き、船を操っている人もかなり巧み。渦潮が出来そうな
場所を巡ってこまめに船を操作しています。乗客は渦がそっちに出来たあっち
に出来たと云っては船内をあっちこっちにウロつき回ります。


鳴門の渦潮 ②04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは渦の写真じゃありません。なんとなくいい感じの雰囲気だなと思って。


鳴門の渦潮 ②05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは渦の写真じゃありません。海峡は渦が出来る時間帯、シャワシャワって
感じの海面になります。これはシャワシャワした部分とシャワシャワしてない
部分との境の図。なんだかとても不思議な感じ。


鳴門の渦潮 ②06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは渦の写真です。が、なんだかしょぼい。こんな渦が出来たと思えばすぐ
消える・・ってのを繰り返します。写真に撮ろうとしてももう遅いことが多い。


鳴門の渦潮 ②07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なんとなく渦っぽい。渦っぽいですが、なんか違うのではないか? サブ渦。


鳴門の渦潮 ②08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは渦の写真じゃありません。なんとなくよく登場させてしまう「飛島」。
なんだか妙に好きなんですよねえ。。

まあ、そんなこんなで嗚呼あそこに渦が!そっちに渦が!え?どこどこ?もう
消えてやがる(笑)待ってえ!むーんむーん(泣)って感じな短い時間が、あっと
いう間に終わって陸に戻りました。残念ながら大きく長い渦ってのには結局は
遭遇しませんでしたが、中々楽しい時間でした。また渦を見に行きたい。もし
可能なら、春の干潮の大潮の大渦を見てみたいものです。そしてやはり海面に
近いと渦が見え難い感があったので、今度は二階建ての船で見てみたいですね。

                   撮影地:徳島県鳴門市 2012/11/28


そうして、12時45分過ぎ、うずしお汽船を後にしました。この後、どうしても
徳島に来たなら食したかった「徳島ラーメン」の店に寄って遅い昼食後、この
日もう一つ予定していた場所へ向かうのでした。


--------------------------------------------------------------------------

本来であれば、2014年に入ってからのUPなのですが①と②が年を跨いでしまい
あまりにキリが悪いので、この記事は昨年12月のUPにしてしまって、渦潮編を
昨年中に終わらせた感を強くしてみることにしました(泣)

という訳で、ご無沙汰しております。この阿波国旅情記事を始めた当初は少し
余裕が出始めたので、結構投稿出来るかな?と思った矢先、かなり激しい貧乏
ヒマなし状態がやって来て現在に至ります。こんなにも長く更新出来ない状態
は初めてです。全く弱りました。年末年始挨拶すら出来ない始末。もう本当に
これは閉鎖かな・・とも思ったのですが、まあ撮ってる写真を公開する場所は
ココしかないので、もう少し開き直ってしまうことにしたいと思います。
もう更新スピードが完全になくなってしまい、写真だけが不気味に増え続けて
いる状況ですが、地道に消化してやる所存です。

そしてここでは一応昨年UPした記事のつもりなので、ひっそりと、よいお年を!
とか書いてお茶を濁して置きます。次の記事はなるべく早く更新し、これまた
ひっそりと年始挨拶をしてみようかと思われますので、ココを見た方は全てに
お茶を濁していただくよう、よろしくお願いします・・・

                               館主独白

--------------------------------------------------------------------------


>> 2014/01/23 23:20
☆正直今の状況はもう誰もまともに見ていないだろうな・・と思っていたので、こんなにコメントいただけるとは・・・嬉し過ぎました。ありがとうございます!


>ぜいぜいさん
まあ、渦を求めてさまようのは船の中全員だったんですけどね(笑)
っていうか、ぜいぜいさんとこ、全然行けず、相当悲しかったです・・・ そしてコメントありがとうございます! 旧年中はお世話になりました。今年もまた是非お願いします!
そして有難いお言葉・・・ 私はぜいぜいさんところにとにかく行きたいです。

>ゆきぶーさん
こちらこそ、素晴らしくご無沙汰になってしまいました。。
今年も是非よろしくお願いします!
さすがゆきぶーさん、こういったところにちゃんと反応してくれるのが素晴らしく嬉しいです。

>ラムダさん
こちらこそ、ご無沙汰になってしまっていてごめんなさい・・・
そしてご心配をおかけしてしまって申し訳ないです。。
身体は問題ないんですが、とにかく現実世界での雑事が多過ぎて、どうにもならない状況だったのです。それでもどっかに出かけると写真を撮るのでそれが溜り全く処理出来ないまま積み重なってしまって・・・
なので、ホントはボコボコとUPしたいところなのです。
今年もまた是非よろしくお願いします!

>めいさん
こんばんは~ そしてこちらこそ大変ご無沙汰になってしまっています。めいさんもお忙しそうですか?
鳴門の渦潮は、船でなくても橋の上から見るという方法もあるから、もし機会があったら是非♪ とはいってもちょっと高所恐怖症には辛いかもしれません・・・
私ももはや季節感どころか、一年以上前の写真ばっかりUPってことになりそうですよ~ めいさんも気楽にやれたらいいですね~
今年は色々と価格が上がるので遠出は辛いですが、なんとかそちらに行きたいです。島時間を一緒に過ごしたいですね。それでは今年も是非よろしくお願いします!

>レオちゃんのママさん
こちらこそ大変ご無沙汰しています。そしてご心配をおかけしてごめんなさい・・・ 確かにもう閉鎖は何度も考えました。でも写真だけはやたらに残ってるし、旅したものも出来るだけ日記っぽく残せたら後々楽しいだろうなって思ってなんとか続けられたらと思います。
今年もまた是非よろしくお願いします!

>> 2014/01/18 19:16
お久しぶりです。
ブログUPが無くなるのではと〜内心…心配でした。
どうぞ、今年もよろしくお願いします。

>> 2014/01/18 16:15
よ~かんさん、こんにちは。

大変ご無沙汰しておりました。
よ~かんさんもお忙しいみたいで。。

久々にブログにお邪魔したら、やっぱりよ~かんさんらしい
お写真に文体。

渦、自分の目でしっかりと見たいのだけれど
なにせ船酔いがひどいので、こんな渦をみてたら
自分がぐるぐるになりそうで(笑
よ~かんさんのお写真で大満足であります。

私も写真はたまっていくばかりで季節感のないブログです。
ブログはゆっくりやっていこうと思います。

今年こそは会えたらいいですね~。
今年もよろしくです♪

>> 2014/01/16 23:07
ご無沙汰しております
最近更新されていなかったので心配していました
元気そうで何よりです
更新はゆっくり無理のない程度に、で良いと思います
更新を楽しみにしております

ということで良いお年をお過ごしください

>> 2014/01/15 20:10
お久しぶりです!
「これは渦の写真じゃありません。」
「これは渦の写真です。」って表現がツボですw
なんか英語の例文みたいww
さすがよ~かんさんですね(*´ω`*)

>> 2014/01/15 09:08
渦を求めてさまようよ~かんさんを想像して思わず笑みでした。

ここは、良いお年を、そして来年もよろしくとシメることにいたしましょう。

ゆっくりでいいので、UPよろしくです。
私も来れたり来られなかったりなので。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/656-1bd48573

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。