06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/12/02//Mon * 22:40
●○鳴門の渦潮 ①

鳴門の渦潮 ①01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak TRI-X 400

徳島旅を計画していた時、明るい時に鳴門辺りに到着するのであれば、ずっと
見てみたかった鳴門の渦潮を見られるのではないか?と思い立ちました。
渦潮はいつでも見られる訳じゃないらしいので、見られる時間帯、日にちとか
を調べてみると、渦が最もよく見られるのは大潮の時らしい。なんと今回到着
する日の正午辺りが引潮の大潮じゃないですか! まあ秋の大潮は満潮の方が
いいらしいのですが、なに、私にしては上出来です(泣) という訳で阿波の国
観光第一発目は「鳴門の渦潮」に決定です。変更は不可です。

朝八時過ぎに鳴門公園に到着しました。渦を見るために遊歩道の「渦の道」と
船の両方と欲張ることにしました。まずは渦の道で見るのですが、営業時間に
まだ早いのと、この時間から入れたとしても渦のうの字もないので、前回記事
の通り鳴門公園をウロ付いてみる。前回記事の写真(大鳴門橋と海のヤツ)では
少々波立った感じに見えますが、到着した時は海面がまるで鏡のように静かで、
これから本当に渦潮が見えるようになるのか?とさえ思ったのです。

それでも適当に過ごしてたら、段々海面がシャワシャワして来て、遂に渦か?
渦なのか?と心が踊って(表面上は変化無いが心が激しく逸っている様)仕方が
ないので、十時過ぎに渦の道に踊り込んだ。


鳴門の渦潮 ①02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

渦の道は大鳴門橋の橋桁の中(車道の真下)に造られた遊歩道で、全長450mあり、
終点には展望室があります。それまでの間は壁が無く途中にある休憩ポイント
ごとに真下が覗けるガラス床があり真下の海面を覗けます。海面までは45mの
高さがあり、覗くとちょっとクラクラします。


鳴門の渦潮 ①03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

陸地側から展望室方向を見るとこんな感じ。遊歩道はこの右側にあります。


鳴門の渦潮 ①04
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak TRI-X 400

遊歩道。誰もいない瞬間。450mって相当な距離です。先が見えない勢い。


鳴門の渦潮 ①05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

終点の展望室。ガラス越しに外を見られます。確かグルッと一周出来るような
造りになっていた気がする。そしてここにも下を覗くことが出来るガラス床が
ありました。


鳴門の渦潮 ①06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

少々戻って途中途中にある休憩ポイントから。なんだか鉢がいい感じだった。


鳴門の渦潮 ①07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

件の下を覗けるガラス床。端から覗くのはそうでもないのですが、ガラス床の
真上に立つと状況は一変。背筋がゾワゾワし、クラクラ来ます。なんというか、
ガラスが抜けたらどうすんだ(弩)的な怖さ。枠に「ジャンプ禁止」などという
注意書きがご丁寧にもあるのですが、するかそんなの!

写真を見ていただくと判る通り、かなりシャワシャワしています。結構何度も
渦が出来て消えました。でも結構渦の時間が短いのです。全然まともに写真に
撮れやしません(泣) 正確に云うと撮れてなくはないのですが、あまりに写真
としてはダメダメだったので(泣)
ていうか「鳴門の渦潮 ①」とかご大層にタイトルぶち上げておいて、肝心の
渦は無しですか(泣)


鳴門の渦潮 ①08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前回記事のラストや、他にもチョロチョロと登場した結構特徴的な島「飛島」。
なんか絵になりますねえ。今回のは渦の道内からのものですが、やたらに周り
に船が寄ってますね。なんかいい漁場とかなのか?

さて、展望室で素早く消える渦との不毛な戦いを繰り広げていると、渦の道の
人(係のおじさん?)に話し掛けられました。

渦の道の人:「船には乗るのかい?」
 よか~ん:「ええ、そのつもりです」
渦の道の人:「渦は大潮の時間を過ぎるとパッタリとなくなるよ」
 よか~ん:「えええ!?」

ソレは大変だとばかり、渦の道を踊り出ました。
この日の大潮の時刻は12時20分。この時はもう11時を回ってたので、少々余裕
がなくなって来ています。っていうか危なかった。渦の道の人に話し掛けられ
なかったら、もっとのんびりしていたのに違いないからです。一応大潮の前後
二時間位と調べて来て思っていたので完全に油断していました。でもこういう
のは現地の情報が正確でしょう。本当に助かりました、ありがとう渦の道の人!

まあ渦の道を踊り出た割には、船に乗る時間がまで余裕があることに気付いて
しまい、気恥ずかしくてキョロキョロしたら金時芋ソフトが目に入ってしまい
そのまま流れるように喰らって、次の目的である「うずしお汽船」に車を走ら
せたのでした。とはいっても、目的地までほんの三分って感じでしたけど。

                   撮影地:徳島県鳴門市 2012/11/28


8:10~11:33 鳴門公園第一駐車場 ⇒ 11:37~12:46 うずしお汽船


>> 2014/01/14 18:52
>畑ちゃんさん
すみません、ものすごく遅くなってしまいました・・・
今更ですが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね。
こちらこそいつもありがとうございます。

>condorさん
すみません、ものすごく遅い返事になってしまいました。
今更ですが、明けましておめでとうございます。こちらこそ今年もよろしくお願いします。
写真は載せたいものだけはやたらにあります。が、どんどん年月が経って行ってしまってかなり哀しい状況です・・・
私も時間を作って是非condorさんの写真を見に行きますね!

>> 2014/01/02 08:27
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年もよ~かんさんの写真を楽しみにしています☆

>> 2014/01/01 10:21
あけまして(*´∀`)ゞおめでとーウ♪ヾ(´∀`*)ございます

昨年はご無沙汰しました
本年も宜しくお願い致します・・・

いつもv(^∀^) ぁりがと~ございます









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/655-3ad0cd0b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。