07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/06/29//Sat * 00:17
●○打上海星少少

打上海星少少01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

前回の番外編のような感じでしょうか。海星なんて素敵名前が付いてますけど、
要するにヒトデばっかりで構成された打上生物たちでございます。色々という
程多い訳ではないので、少々なタイトルとさせていただきました。しかしアレ
ですね、ヤツらが波打ち際で翻弄されている姿はどうみても遊んでいるように
しか見えず、最終的には打ち上げられてどうにもならない状況に陥ってるのを
見ると、哀愁感がピシピシと来ます。

そしてトップ。謎の不思議移動。ヤツは一体何を思ってこんな動きをしたのか。
しかも一箇所、ワザワザ引き返していたり。途中で力尽きてしまってこのよう
な図になっていますが、最後は元居た場所に戻りたかったのか。しかし出だし
のところと引き返しのところ、写真だと判り難いのですが、ちゃんとヤツの形
の跡になっていて、哀愁感がピシピシと来ます。


打上海星少少02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

トップのヤツを別角度から。
この角度からだと、なんかこう「明日へ向かって!」みたいなポジティブ感が
漂う写真っぽいのは何故なのか? 力尽きていることには変わらないのですが。


打上海星少少03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

これもまた。なんかこうきれいにヤツの形になっているのを見ると、一体どう
やったらこういう状態になるのかを考えてしまいました。ヒューん!と上から
落ちてきてビターんとなったって訳じゃないですよね。しかしそれよりも右側
のヤツの方が気になるのですが、一体この下には何がいたんでしょうか。


打上海星少少04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

しどけない姿を晒しています。


打上海星少少05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

ガラクタ絵。


打上海星少少06
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

「アッチダヨ~」「分かりました」


打上海星少少07
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

爽快!ヒトデ祭り! 全身で喜びを表現しています。「んワーイ!」って感じ。

             1~4枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/06/27
               5枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/07/02
                6枚目 撮影地:山口県山口市 2013/05/21
               7枚目 撮影地:神奈川県三浦市 2012/04/25


>> 2013/07/08 00:33
☆07/04 12:42の鍵拍手様。こんばんは~ コメントありがとうございます♪ もう少し水の中に入ってしまってたら、普通は余り見られないかもしれませんが、意外とヒトデって打ち上がってるんですよ(笑) 漂着物拾いに精を出していると結構目撃できます(笑) といっても、海によく出かける前までは、私もヒトデなんて水族館でしか殆ど見たことなかったですけど。


>ばばさん
こんばんは~
そうだったんですか~ 補足のコメント、ありがとうございました。

>-さん
こんばんは~
ええ、まさに海盛です(笑) ホントはもっといろんな種類のモノとかUP出来ればいいのですが、出逢えなかったものですから(笑)
去年の夏までは全く海に興味が向かなかったんですけど、能登半島の海岸に立ち寄ったのが切っ掛けで、山と同じ位海が好きになってしまいました。ますますごった煮度が増しています(泣)
ナビヒトデの産地まで目を向けていただいて嬉しいです。確かにまあアレだけかけ離れてますね(笑)
二枚目、確かに「明日に向かって」だけでなく、黄昏ている感じもありますね。スタンディングオベーション、ありがとうございます!
そして神出鬼没っぽくて申し訳ありません(人) 何せ遅筆の癖に最近特にブログに充てる時間がなくて・・・(泣) 神出鬼没じゃなくしたい気持ちだけは一杯です(泣)
もう梅雨明けと同時位から、一気に朝から暑くなって来ましたよね。蒸し暑いのが大変苦手なのですが、困りました。どうか体調に気を付けてお過ごしくださいね。

>> 2013/07/06 10:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2013/07/04 06:49
こんにちは。
前回のコメント、最初の分が途中で無くなっております。

「タイトルの意味が分かりませんでしたが、」
の後には
「お写真を拝見して分かりました。」
が抜けておりました。

補足説明のお返事ありがとうございました。

>> 2013/07/03 14:53
>ばばさん
こんにちは~
タイトルはもうそのまんま「打ち上げられたヒトデを少々UPしました」って意味です(笑)
ホント不思議ですよね。どうやって歩いたってこともそうですが、なんでこんな意味判んない軌跡を描いたのか。
最後のはもう力一杯なんらかの喜びを表現しているとしか思えません(笑)

>ぜいぜいさん
おお、確かになんとか星の形を描こうとした感じもしないでもないですね。相当シュールです(笑)
三枚目のような場面って、我ら(って誰ら?)貝殻拾いのような下向いて歩いている人種にとっては容易に見つかる類です(笑) あの埋まり具合が絶妙だったので思わず撮りました。しかし未だに右側の丸い方、なんだったのか確認すればよかったと・・・
田立の滝、行かれたのですか。しかも独りで写真撮りに! コレは楽しみです、是非見に行かせていただきます♪

>> 2013/07/01 17:36
トップのヒトデさんは、お空のお母さんに自分の星形を書いてアピールしようとしていたんでしょうね。
僕はここにいるよって(うわ、しゅ~る)
3枚目もおもしろいですね。よく見つけるなあ、ほんと感心しちゃいます。

前スレの田立の滝、6/16に一人で行ってきたんですよ。もち、写真撮影です。
綺麗なとこですね~

>> 2013/06/29 09:47
こんにちは。
タイトルの意味が分かりませんでしたが、

どうやって砂の上を歩いたんだろう???
謎が残ります。
最後の「んワーイ」も大笑いしてしまいました。
躍っておりますね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/647-2989c73b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。