07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/06/22//Sat * 00:01
●○打上生物色色

打上生物色色01
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

打ち上げられた鰯。元いた世界を眺める。

・・・などとちょっと感傷的な出だしスタートを一発。なんだかもの凄い時が
開いてますけど、砂茶碗ついでに浜歩き時に遭遇した色んな生物たちをほんの
一部、記事にしてみようかと思います。とはいっても、別に奇天烈な方たちが
登場する訳でもないので、読み流して戴けるとよろしいかと。


打上生物色色02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

とか云っておきながら、いきなり私的には相当奇天烈なヤツをいきなり(泣)
一体これはエイなのかサメなのか?という位、エイみたいでサメみたいなヤツ
でしたこれが。材木座にちょっと通っていた或る日に遭遇。大きさ比較がない
ので、大きさが見当付かないと思いますが、1m以上はあったでしょう。調べて
みるとサカタザメというエイの仲間。サメと名が付くのにエイとは、外見だけ
でなく名前まで紛らわしい感じでした。


打上生物色色03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

あはは、コレも結構奇天烈かも(泣)
泥がやっと石になったかのような柔らかい石っぽい何かに穴を開けて棲んでる
貝のようなモノ。なんだか宇宙的な気魄を感じますが、多分貝のようなモノと
云うよりは貝です。多分ニオガイという二枚貝のようです。


打上生物色色04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

コレは奇天烈じゃないです。ムラサキウニのような何か。


打上生物色色05
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

哀愁感香るハリセンボン。


打上生物色色06
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

クラゲのような何か。何クラゲなのかは、只のゼリーにしか見えず、ちょっと
不明な感じ。別に海ゼリーと名付けてもいいです。


打上生物色色07
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

カニです。見れば判るとは思いますが。調べるとコブシガニってヤツに似てる
ので、ソレかも知れません。全く動かなかったので、てっきり死んでるのかと
思ってハサミ持って持ち上げたら微弱に動いて驚き「ひぃ」と声を漏らした。


打上生物色色08
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

撮影中、急に波が来て驚き「ひぃ」と声を漏らした。驚いたせいでブレブレな
何かになりましたが、きっと臨場感みたいな感じが出たような気がしないでも
ないです。

まあそんな感じでサクサクと海辺で遭遇した何か。をUPさせて戴きましたけど、
まだまだ色々なヤツらと遭遇していたりするので、また機会があればよろしく
お願いします。

               1枚目 撮影地:千葉県南房総市 2013/06/04
             2、6枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/07/02
               3枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/06/21
               4枚目 撮影地:神奈川県三浦市 2012/07/17
               5枚目 撮影地:神奈川県三浦市 2013/04/25
             7、8枚目 撮影地:神奈川県三浦市 2012/10/09


>> 2013/07/03 15:17
>かぷちーのさん
こちらこそ大変ご無沙汰しています。
海ってただ眺めている位では景色位しか目に入りませんが、漂着物拾いとかで目を皿のようにしていると、色んなものが見えてきますね(笑)
シオマネキ、片手が大きいヤツですよね。それは子どもの頃以来見たことがないですが、ちょうど波を呼んでるような場面ってのはなんだか想像が付きました。面白いです。
最後のカニは動いたり波来たりと色々驚かされました。まあカニは迷惑だったろうなあ・・・
ゼリーみたいなヤツ、水クラゲだったら背に模様があるけど、コイツはそれすらもなく、ホントただのゼリー状だったんです。まあ水クラゲでしょうけど。

>> 2013/07/01 18:18
よ~かんさん、ご無沙汰してます。
千葉や神奈川辺りの海辺に、こんなにも色々な物体、
いや生物が、打ち上げられているんですね。
結構、いや、かなり驚き、というか衝撃でした(笑)
私はこの間、シオマネキというヤツ(カニ)を見てきました。
まさに、潮を招いている状態のときに遭遇。
そして、その直後、潮がみるみる押し寄せてくるのに
いたく感動しました。
自然って面白い、というか、深いなぁと思った次第。

最後のカニのお写真、確かに臨場感たっぷりでいいですね。
ゼリーみないなのも、なかなか。
クラゲなんですよね、でも、ホント、只のゼリーにしか見えないです。


>> 2013/06/29 00:36
>ぜいぜいさん
こちらこそ、とてもご無沙汰しています・・・
何せ読み逃げさえにも至っていない情けなさです・・・
田立の滝チェックということは、今年辺り行かれるのですか? もしそうなら楽しみですね~
打上の生物たちの亡骸は結構無常な雰囲気を出していますよね。
クラゲは確かに云われてみれば南の島っぽい!
私も相当驚きましたが、カニもきっとあの波には驚いたと思います(笑)

>biigleさん
まだまだこの世に居ます。憎まれっ子何とかって感じです。
ただご心配していただいてホント申し訳ないです。とにかく雑用で忙しくて合間に旅とか入れるので、ネットする時間が全然作れないのです。写真ばっかり溜まってしまい、すっかり弱り切ってしまいました・・・
浜辺はこんな無常な方々たちの宝庫ですよ~

>畑ちゃんさん
こんばんは~
結構何かを拾いに海に行くのですが、こういった持って帰れないようなモノも中々味がありますよね。
とてもご無沙汰になってしまっていますが、コメントありがとうございます♪

>はっぴーさん
こちらこそホントにお久しぶりです!
はっぴーさんのところにも中々行けなくてとても悶々としています(泣)
二枚目、確かにこれは「ひぃ」ですね~ 結構驚きますよ。
まあ海が荒れた後は、思っても見ないものが打ち上がったりするので、とても面白いですよ♪
五枚目は、そんなに大きくないんですが、あのハリセンボンもこうなってしまうと哀愁感ハンパないですね。
七枚目、確かにいい感じで溶け込んでる!
八枚目、これを見て滝を見たくなるとは、流石山屋のはっぴーさんです♪ そしてありがとうございます!

>> 2013/06/27 19:13
よ~かんさん お久しぶりです♪

私は、2枚めで「ひぃ」と声を漏らしました~(笑)
こんなの落ちてるとこに、実際 遭遇したら
「ひぃ」どころではすまないでしょうね、たぶん。

5枚め、ダイナミックな感じ
7枚め、溶け込んでますね~
8枚めの波を見て、滝のお写真が見たくなり拝見。
やっぱりステキでした!

>> 2013/06/26 08:23
オは(*゚∀゚*)ヨ~!ございます

(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪゙

浜辺にはいろいろなものがありますね・・・

着眼点が~素晴らしい~゚+.(´∀`*).+゚.にこ

いつもv(^∀^) ぁりがと~ございます

>> 2013/06/23 21:44
もしかしてポックリか?と心配しましたが
ご無事のようで良かった、良かった!!
しかし浜辺にこんなに多くの方が打ち上げられているとは!

>> 2013/06/22 11:22
とってもご無沙汰していました。
といっても、田立の滝とかチェックしにコソコソ来てたんですが(笑
こんな哲学的な写真たちもいいですね。無常を感じます。。。

海クラゲの雰囲気は、もう南の島にしかみえないし、
最後の写真は、カニさんも絶対ひいって言ってますね!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/646-26c67f12

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。