09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/05/30//Thu * 18:34
●○砂茶碗

砂茶碗01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

子どもの頃、何故かしらこんな見た目が地味そうな砂茶碗を見たくてしょうが
なく、図鑑とかをよく眺めていたものです。そんな砂茶碗、あれからとんでも
ない年月が経ち、実際に目にすることが出来るとは。っていうか、こんな年月
が経って初めて見ることが出来たってことは、真面目に探すつもりなんかコレ
っぽちもなかったんだろう?と推測されますが。まあ何にしてもこうしてコレ
の実物と貝殻拾いのおかげで出逢うことが出来ました。

トップ写真は結構幻想的な色をしていますが、これは朝焼けを映してこんな色
あいになっています。


砂茶碗02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

そもそも砂茶碗っていったいナニモノ?ってな感じですが、ツメタガイという
巻貝の卵塊だそうです。ツメタガイの貝殻は砂浜に打ち上がってるのを比較的
よく見かけます。あと、桜貝とかの二枚貝に丸い小さい穴が開いているモノを
よく見かけますが、これはこのツメタガイが捕食した跡だそうで、かなり獰猛
なヤツです。
砂茶碗に話を戻しますが、この茶碗自体全てが卵って訳じゃなく、ヤツがそこ
にある何かをきっと使って作った何かの塊の中に卵が入っている状態なんじゃ
ないかと思われます。なんだかハッキリしない感じです。しかもこれは水中に
作っているのか、陸に作っているのかもよく知りません。多分水中に作られて
打ち上げられたんだと思いますが。投げ遣り。あ、でも持って折ってみたので、
感触だけは分かりますよ。なんかかなり湿気たソフトなクッキー感。でも一面
泥っぽいモノをヤツが出す何かで固めたような物質ばかりで、卵らしきモノは
よく分かりませんでした。何の役にも立たないレポ、ごちです(泣)


砂茶碗03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

形は棲息地によって違うのかも知れません。調べるともっとちゃんとした茶碗
ぽくなっているものもあったので。ここ材木座で見たのは全て半分位の半欠け
茶碗ばっかり。そして特に乾いたものは、広い方がピラピラした感じになって
いたりしました。


砂茶碗04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

初めて見た日は一つだけしか見つからなかったので、それはもう嬉しくて写真
をピシパシ撮ったものですが、嵐の後に行った時はなんだかもうやたらに打ち
上がっていまして、有り難味も何もありはしない。


砂茶碗05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

しかしまあこいつ等、何で揃いも揃って同じ方向を向いているのか?
しかもなんか人工物のゴミに見えるのがモノ哀しい。哀終。
しかし一体この茶碗一個から何体の貝が生まれるのでしょうか?


砂茶碗06
Ricoh GR DIGITAL Ⅳ

大変唐突ですが多分アメフラシの卵、海そうめん。結構無理やりなトリミング
と無理やりな挿入恐れ入ります。まあ何を云いたいかと云うと、まあせっかく
茶碗があるので入れる食材を探さなくてはならん!是非!完全に輪になってる
砂茶碗を見付けて、海そうめんを入れ食してみたいものですね♪
・・・いや、別に食したくないです。


砂茶碗07
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

最後はなんとなくなんかこう浪漫を感じさせる一枚で。なにがこう浪漫を感じ
させるのかと聞かれたら・・聞かないで下さい。

              1~5枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/06/21
               6枚目 撮影地:神奈川県三浦市 2013/04/25
               7枚目 撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/06/18


>> 2013/06/21 23:47
☆返事が大変遅くなってしまってごめんなさい・・・ とにかく雑多な事柄が多過ぎて、どうしてもこんな感じになってしまってました。UPしたいモノは溜まる一方だし、「ブログへお邪魔に行く」も全然出来ませんでした。またちょこちょこと復活させたいと願望だけは強いのですが・・・


>biigleさん
そうなんです、一つだと結構不思議な物体なので面白く感じるんですが、こうたくさんあるとなんか飽きるし不気味ですよね。そうめんは確かに捨てられた残飯って感じです。

>ラムダさん
こちらこそもう相当ご無沙汰しています。
砂茶碗はまさに自然のアートだと思います。なんでワザワザこんな形状にするのか不思議です。
今回の写真は全てカラーです。何枚かはかなり色味を抑えた現像処理をしているのでそうなっているのかも。まあ砂茶碗自体が地味な色で砂の上なのでってこともあるかも(笑)
ツメタガイ自体は砂浜の海辺でよく貝殻を見かけるのですけどね・・・

>condorさん
こんばんは~ 私など読み逃げどころか全くお伺いできていない状態でして・・・ この前やっとコメントしに行けたと思ったらまた同じような状態になってしまって・・・ごめんなさい・・・
大量の砂茶碗を見られたことがあるんですね。しかもスカシカシパンを探されていたことがあったなんて、どうしても山の方の自然のイメージがあるcondorさんなので、意外でした。私はまさに今現在スカシカシパンを求めて宝探し中ですよ(笑)
最後の写真、同じように感じていただいて嬉しいです。どういえばいいのかな、こういう構図や雰囲気が好きなのです。

>畑ちゃんさん
こんばんは~ 砂茶碗、特にコレと知って探したりしないとあまり気が付かないのかもしれませんね。まあこれだけ大量にあったら嫌でも気が付くかもしれませんが(笑)
もし砂浜に行くようなことがあれば色々と探してみてくださいね。

>> 2013/06/09 15:53
(*゚▽゚)ノこんにちは~

(ノ `・∀・)ノ゙ オオオオォ♪゙

砂茶碗ですか・・・

何だかちょっと???・ですね
あまり見たことが無いような????

珍しいものを見せて頂きましたよ~゚+.(´∀`*).+゚.にこ

いつもv(^∀^) ぁりがと~ございます

>> 2013/06/05 21:07
こんばんは。しばらく読み逃げしてました^^;
砂茶碗という名前は はじめて聞きましたが、4枚目のような光景は、なんとなく見覚
えがあるような気がします。
無意識で見ていても、頭に残っている景色ってありますよね^^
記憶を蘇らせるような4枚目に深いものを感じました。
小さい頃に九十九里浜でスカシカシパン?の殻を探し回って記憶も蘇りました(笑
それはもう宝探しのように必死でしたよ^^;
最後の1枚のロマン、↑と似たようなものを感じました☆

>> 2013/06/05 07:23
ご無沙汰しております

何とも奇妙な独特な形ですね
これこそ自然のアート!といったところですね

よ~かんさんの撮られた写真、カラーですよね?
何かモノクロっぽい感じですね

にしても貝だったとは!とても珍しいものを拝見できました
ありがとうございます

>> 2013/06/05 06:30
砂茶碗とは初めて拝見しましたが不思議な造形ですね!
たくさんある様子は少々不気味でもあります。
6枚目は捨てられたラーメンかと思いました。

>> 2013/06/04 17:25
>そらさん
こんにちは~
貝というか、貝が作った卵入れって云う風情でしょうか。
ツメタガイは北海道南部から棲息しているそうですので、機会があったら砂茶碗探してみてください♪ どうも5月頃が産卵シーズンっぽいです。
結構名前を付ける時っていい加減だったり、その場の雰囲気で決めがちな気がしますね(笑)
私は変なモノに目がないのです。これはもう子どもの頃から変わってないかも(笑)

>> 2013/06/03 16:53
こんにちは~!

砂茶碗って砂で出来てるのかと思ったら貝なんだぁ~
こっちでは絶対見れない。
面白いねぇ~
で、海そうめんって・・ラーメンの麺じゃないよね?笑
焼そばの麺かと思っちゃった。
面白いものを見つけるのが本当に得意なよ~かんさんだね。

>> 2013/06/01 23:50
>玉坂めぐるさん
初めまして、コメントありがとうございます!
海によく行ってなければ中々出逢えない代物かもしれませんね。
私の場合もう知ってから実物を見たのにすごい年月の隔たりがあったため、喜びはすごかったです(笑)
玉坂さんの顔に見えるモノ、よく見つけられるなあ・・って拝見する度に思いますよ。

>> 2013/05/31 15:29
うわ・・・♫
砂茶碗も海そうめんも
初耳、初見でした。
いいもの見せていただきました。
ありがとうございました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/645-60448a47

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。