09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/03/23//Sat * 23:32
●○男滝・女滝

男滝・女滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

おだき・めだき。共に落差10m前後位。大妻籠から馬籠宿方面へ数分車を走ら
せれば到着。駐車場からも歩いてすぐです。吉川英治の小説「宮本武蔵」の中
にこの滝が登場するようで、有名な滝なのでしょうか。両方の滝を同時に写す
ことは出来ず、まずは男滝から。


男滝・女滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前日の夕方から天気が下り坂で、この日も朝から雨が降ったり止んだり。滝に
着いた時は一応止んでましたが、滝周辺はかなり薄暗くて心躍る感じではなか
ったです。しかも撮影中、大妻籠で健闘を称えあって別れたばかりの中山道組
の方たちとまた出会ってしまって、ちょっとバツが悪いというか気恥ずかしい
というか・・・


男滝・女滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

男滝は幅が広めで、水量も多くて中々迫力がありました。


男滝・女滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

女滝。ホントはこっちから先に見ていたのですが、なんとなくタイトルの順番
通りにした方が分かり易い感じかと思って。男滝を目の前にして右方向に少々
歩くと現れます。


男滝・女滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こちらは男滝の半分以下位の幅でした。ほっそりとした感じが女滝という名に
なったんでしょうか。


男滝・女滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

直瀑のようでいて、一部が途中で段になっているような。雨で水量は多い方に
なるのかどうか、こちらも細いなりに迫力がありました。

大体ここで30分程度写真を撮っていたら若者三人組?が現れ、ちょうどいい潮
だと思い、滝を後にしました。木曽路の小さな旅、小さい割にはUPに二ヶ月も
かかってますが、やっと次回が最終回です。

               撮影地:長野県木曽郡南木曽町 2012/07/20


>> 2013/03/31 23:39
>びーぐるさん
それなりに男女って感じですよね。
確かにそろそろ滝を見るのにいいかも知れません。今年は冬は山に行けず、春は花粉症で外に出られず・・って感じで全然山に行けてません・・・ 一年中心地よいなんてトンでもありません(><) 秋がいいですね。

>dahanさん
こんばんは~ またのコメント、ありがとうございます。
大体対象が薄暗い場所の場合、どうしてもこんな表現になってしまうのですが、結構いい感じかなと思っております。
この滝は単独で行くのはちょっと・・って感じですが、宿場町巡りするお供にはちょうどいいと思います。車からすぐに見られますし、オススメですよ。

>かぷちーのさん
こんばんは~ ご心配ありがとうございます。そして中々お邪魔出来なくてごめんなさい・・・
仕事も花粉症もやっと落ち着いてきました。私の場合、四月以降も花粉症が続くのですが、杉よりはマシになるので、やっと外に出ることが出来る・・って感じです。
確かに夏に撮った写真だし、今載せるのもって感じなのですが(笑) 最近はまた結構寒いですよね。
糸を引くような表現は、薄暗かったのでソレしかできないような状況だったんですが、中々かなと思いました。どうも雨の影響か、結構な水量だったので、水飛沫がすごかったです。ありがとうございます。

>condorさん
こんばんは~
中々お邪魔できなくてごめんなさい。お久しぶりです。
確かに男女、雄雌、不動等やたらに多い名前がありますよね。ちゃんと特徴を捉えていればいいかと思いますが、結構滝って適当に付けられたような名前が多いんです。
男女とも、結構水量が多くていい感じでした。
一枚目、ありがとうございます。私も今回のUPの中で一番のお気に入りです。五枚目は手前のブレがちょっとだけ気になるけど、構図的には好きです。雰囲気は確かにありました。

>> 2013/03/31 00:27
よ~かんさん、こんばんは^^
全国には男滝&女滝の組み合わせはどのくらいあるんでしょうね。
地元でも大滝不動尊や竜門峡にありますが、それを追いかけても面白そうです。
そしてそれぞれの滝に、男らしかったり、女らしかったりと、納得できるのも楽しいです♪
今回の滝も男と女、それぞれらしい姿ですね!
男滝は荒々しく迫力があり、女滝はしっとりと優しい流れに思います。
写真は1枚目と5枚目が好きです。
とくに1枚目は明暗差が、この滝の静かな佇まいを、感じさせてくれるようです^^
雰囲気ありますね☆

>> 2013/03/27 18:20
よ~かんさん、こんばんは。
お仕事、お忙しそうですね。
花粉症も大変そうです。
無理されませんように。

男滝は、流量もあって名前の通り、男性的ですね。
今日は、雨降りで寒いぐらいなので
ちょっとブルブルッとしちゃう感じですが(;^_^A
どれも糸のような流れが美しくて素敵。
下から2枚目の女滝は、女性が羽衣を纏っているみたい。
引き込まれてしまいそうに綺麗です。
マイナスイオンもたっぷりなんだろうなぁ。

>> 2013/03/24 22:02
よ~かんさん、こんばんは。
ごぶさたしております。2度目のコメントです。
糸を引くような綺麗な滝の写真ですね~。
宿場町のイメージしかなかったので、信州方面の山に行く時も素通りでしたが、
こんな見事な滝が手軽に見れるんですね~。寄り道したくなりました。

>> 2013/03/24 20:22
たしかに男滝は雄々しく女滝は清楚なイメージですね。
そろそろ滝を見るのが心地よい時季になりました。
よ〜かんさんは一年中心地よいんでしょうが!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/639-b4e3379f

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。