09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/03/03//Sun * 22:48
●○大妻籠 ①

大妻籠 ①01
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

妻籠宿から馬籠宿へ至る中山道の途中にある大妻籠。観光色の強い妻籠宿とは
趣が違い、何軒かの民宿がある位の小さな集落です。そしてこの日の宿泊地。


大妻籠 ①02
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

田立の滝の最後に見た、うるう滝から30分と少し車を走らせ、大妻籠に到着。
出迎えてくれるのは、卯建が上がった民宿が数軒あるとても小さな集落。


大妻籠 ①03
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

観光客は見かけない。宿に泊まる者以外観光的な何かがある訳でもなく、人が
来ないのでしょう。でも私にとっては観光地よりも何倍も魅力的な場所でした。


大妻籠 ①04
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

突然の夕立の後、雨上がりのこの町を歩く。


大妻籠 ①05
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

数軒ある民宿は全て昔ながらの造り。なんかいちいち絵になるのです。


大妻籠 ①06
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

メイン通り?を少しでも外れると、もう何にもなさそうなのがまたいいのです。
いちいち歩けるところを色々入って行きたくなって仕方ありませんでした。


大妻籠 ①07
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

屋根に置いてある石が、なんて素晴らな味ですか。


大妻籠 ①08
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / Solaris FGPLUS 800

子どもの頃によく行ったの父方の田舎の町並とシンクロして、とても懐かしい
感じが蘇ったこともあり、ホッとするような一時でした。

               撮影地:長野県木曽郡南木曽町 2012/07/19
                        ※7枚目のみ 2012/07/20


>> 2013/04/18 01:24
>☆MIYA☆さん
こんばんは~ そしてホントにご無沙汰になってしまってごめんなさい・・・
そうそう、確かに私たちが普段流れている時間とはちょっと違うかも知れません。ホントは一週間位連泊とかすればもっといい感じなんでしょうけど、まあそういう訳には行かないところが哀しいところですが。
ああ、何となく分かります。結構田舎の夜って子どもには特に怖いところがありますよね。私も結構田舎で怖い夢を見てしまってトイレとかは怖かった経験がありますよ。そしてそう、今は昔と大分変わってしまったのもMIYAさんと同じです。
ホントはちびちゃんとか子どもたちに昔の田舎を体験してもらいたいですよね。
やっぱり絶壁怖いですか? 私も相当怖かったので、半分仰向けに寝て絶対に落ちないようにやってます(笑)

>> 2013/04/09 10:11
よ~かんさん こんにちはぁ♪

いやぁ ぼーっと歩きたい。。。
ちょろちょろ流れるこちらの時間とは 全然違いますねぇ

ちっちゃい頃 じぃちゃん家に よく行ってて
北海道の冬の寒さをモロに感じる家で
トイレに行くのも お風呂に入るのも 夜眠るのも怖かったけど。。。
子供ながらに あの匂いというか 好きでしたぁ
。。。今は スキー場ばかりが目立つ
なんとも不思議な風景に変わってしまいましたが。。。

ちびちゃんを含め こどもたちとこの場を訪れると
どんな反応をするのだろう。。。
よ~かんさん ステキな写真をありがとうございますぅ(✿◡‿◡)人

。。。いくらどんなもんかわかるようにとしても
絶壁に足を出すなんて。。。。。。。。。。。。。。。。〓■●ポテッ

>> 2013/03/19 00:13
>びーぐるさん
よくある昭和な雰囲気とは全く違う、昔の景色なんですよね。しかもそれを現在実生活している場面を見ることが出来るってのは貴重だと思います。

>> 2013/03/16 08:52
うーん、涙が出るぐらい素朴で懐かしげな光景ですねぇ!
ぜひ訪れたいと感じる場所であります。

>> 2013/03/09 01:03
>hayatoさん
初めまして、コメントありがとうございます。
大妻籠は観光地とはちょっと性格が違うので、好きな人には堪らない場所なんでしょうね。ここにはまた行きたいです。

>よンぼさん
こんばんは~♪
妻籠宿もそうなんですけど、こういう雰囲気の場所は雨が似合います。このような場所は田舎という括りとも違うような気がします。意図してこういう雰囲気を守り続けていただいた方々に感謝です。
不動岩の景色はスリリングです。私も高いところは好きな方なんですが、安全が保障されているからであって、こんな場所だとやっぱり足が竦みます(笑) もう十分に気を付けて撮ってますよ。ご心配をありがとうございます♪

>ぜいぜいさん
やっぱり妻籠宿は観光目的というのがあるので、どうしても「見せる」に主眼を置いているからある程度は仕方ないのかも。
大妻籠はホントに宿がある以外何もないって感じで、心が落ち着きます。

>かぷちーのさん
こんばんは~
ええ、そうなんですか? その方はいつ位に撮られたんでしょうかねえ。私は去年の7月なので、もし最近でも同じ状態ならすごいなって思います。かぷちーのさんも見かけたら絶対に撮られると思います♪
大妻籠はやっぱりこの生活感とか、人に見せるために存在していない感じが写真にも出るんでしょうか。うまい具合に雨まで降って雰囲気が更に良くなりましたよ~
私もまた機会があったら行きたいと思っています。

>> 2013/03/06 18:11
よ~かんさん、こんばんは。
わぁ大妻籠!
ちょうどリンク先の他の方のブログでも拝見して
いいなぁ行きたいなぁって思っていた場所でした。
しかも、1枚目のてるてるぼうずの写真、その方も撮られてましたよ。
このてるてるぼうずはいつもここにこうしてあるのかしら。
きっと写真心そそられるてるてるぼうずなのでしょうね。
私も行ったらきっと撮るんだろうなぁ(笑)
妻籠宿とはまた違う素朴で何もない感じ。
本当に惹かれます。
どの写真も懐かしい感じで、今すぐにでも飛んで行きたい気分です(笑)

>> 2013/03/04 13:16
こちらは生活感ある宿場町でいいですね~
昨年妻籠に行ったんだけど、どこかうそっぽい気がして
やっぱり生活感があるほうが、街としていいですね。

>> 2013/03/04 12:37
こんにちは。

夕立の後って事で、緑の写真から
匂いまで伝わってくるような気がします^^
充分田舎暮らしですが‥
こういう街並み見るとなんとも癒されますねぇ。

それと一つ前の記事の絶壁から見下ろす足元。
高い所大好きですが、スリリングな写真でドキッとしました(^^ゞ
カメラに夢中で踏み外さないよう気をつけてくださいね~!

>> 2013/03/04 10:42
はじめまして。
素晴らしいロケーションと生活している人の日常が垣間見える素晴らしい写真ですね。
見とれてしまいました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/637-c220449f

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。