07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/02/18//Mon * 23:17
●○田立の滝 ②

田立の滝 ②01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝遊歩道入口の「田立の滝群案内図」にある滝たちの中で、最奥部にある箱渕。
その名が示す通り、箱を積み重ねたような不思議な光景、透明度の高い美しい
水の流れが目の前に広がります。


田立の滝 ②02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

前回記事の続きからです。

鶴翼滝がある雲上橋を渡らず、上流に向かって歩くとすぐに、そうめん滝です。
なんというか、ガチャガチャした岩をズルズル水が滑り落ちてくるような感じ。
どこからどこまでの範囲がこの滝なのかよく判らず、落差も2,3m位?しかない
なんとなく滝っぽくない滝だけど、なんとなくそうめんっぽい感じがしました。

さて、この滝から上流に向かって沢の右岸側の遊歩道を進んで行くと、すぐに
立入禁止の札と共に遊歩道が通行止になっています。どうもここから先からは
補修が出来なかったらしく、先に進めません。しかし案内図最後の「箱渕」は
この先にあるのです。どうしても行きたい。ってことで、ここは事前に調べて
いました。どうもそうめん滝から箱渕は大した距離はなく、しかも沢の中でも
特に困難な箇所はないっぽい。それならば先がどうなってるか判らない通行止
の遊歩道を行かずに、直接沢の中を歩いてしまえと。そんな訳でザックの中に
沢靴を忍ばせていたのでした。っていうか、こんなでかいモノ忍ばせてるとか
云うレベルじゃなく、思い切りザックの中を占領していましたが、そんなこと
はどうでもよろしい。そうめん滝の前でいそいそと沢靴に履き替え、そうめん
滝手前をザブザブと左岸へ渡り、適当なところに登山靴をデポって上流へ向う
のでした。今の季節にこんなことを書くのは心苦しいことこの上ないが、夏は
やはり水と戯れるのがよろしい。


田立の滝 ②03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そんな訳で、そうめん滝の左岸側を登っている途中から一枚。まあこんな変な
角度からこの滝を捉えることは普通ないだろう、と思いたいものです。


田立の滝 ②04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そうして、沢を歩くこと約15分。あっさりと箱渕に到着。久しぶりの沢歩きが
楽しい~♪などと思ってたので少々物足りませんでしたが、とにかく到着です。
案内図によれば本流の最奥部の滝。実はこの更に上に丸渕なるモノがあったり
するらしいのですが、案内図には載ってなかったので、もういい加減にパスを
してやりました。写真は箱渕の少々下流部から撮ったもの。奥の流れはトップ
写真の一番奥の部分と同じなのが判りますでしょうか。


田立の滝 ②05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

箱渕というだけあって、箱みたいな四角い岩が積み重なったようなカクカクな
地形で、その間を水が流れ落ちているというような不思議な場所でした。見て
いて飽きないのです。田立の滝群の中でも一番好きな場所になりました。
しかし何と云うか信じられないのですが、結構ここで写真を撮った積りだった
のに、折角の不思議な地形とか、ヱメラルドグリーンな水流を生かした写真が
ちっとも撮れてない・・・ そりゃあ少々凹みましたとも(泣)
微妙ですが、水の美しさはトップとこの写真で、ある程度思い馳せていただけ
れば幸いです。


田立の滝 ②06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

トップ写真の一番奥の部分へ行って、そこから下流部へ向いた景色。


田立の滝 ②07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

相当しつこいけど、トップ写真の一番奥の部分にある程度近付いた景色。


田立の滝 ②08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

箱渕の名の通り、カクカクした岩で全体的に構成されている光景は見モノです。
と云ってもこの写真は、すごい引きで全体的に見たものじゃなく、すごい近い
部分を切り取っているだけで、ちっとも全体的な写真じゃありませんが。


田立の滝 ②09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

またトップ写真を引き合いに出して恐縮ですが、その左側に大きな角岩があり、
ソレを挟んで左側の風景。やっぱりカクカクした岩の細い隙間を縫って落ちる
滝が大変いい感じです。


田立の滝 ②10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この大きな角岩の右側がトップ写真の部分、左側が一枚上の写真の部分になり
ます。つまり、上写真で云ってる「その左側に大きな角岩があり」の岩がコレ。
この岩を挟んでそれぞれ独創的な光景が展開しているのに、非常に残念なこと
にこれらを一辺に見ることが出来ません。だからと云って両方見られない中途
ハンパなこんな写真にすることはないじゃないですか(泣)と、載せてからそう
思いました。しかも結構写真撮った積りだったのに、帰って来てから見直して
みると全然引きで箱渕っぽい感じを撮ったものが皆無でした。全くもって一体
何をやっているのか(泣) あとついでに書いておくと、せっかく沢靴履いてる
のだから、普通では見られないような角度から撮ったモノをたくさん撮ってた
積りだったのですが、こうして見ると別に普通っぽい写真多数。この中途半端
さ加減はハンパじゃありません(泣)

まあそれでも、久しぶりにこういった自然をたくさん楽しめてよかったです。
この箱渕をもって本流の田立の滝群を全て見終え(案内図による)、この時点で
11時前。この時点で6時間以上経過していました。久々に運動した感じです。
そしてこの後少しだけこの遊歩道沿いで寄り道をしましたが、それはこの後の
記事にて。ここではもっと時間を進め、13時半前に遊歩道入口の駐車場に戻り
ます。田立の滝群で、もう一つ滝を残しているからです。その滝はで触れた
ように大滝川の支流にありかなり離れているので、車で移動します。


田立の滝 ②11
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

遊歩道入口の粒栗駐車場から5分程車を走らせ、今回目標にしていた九つの滝、
その最後の、うるう滝に到着です。これだけは支流にあり、かなり距離も離れ
ているので、これを滝群の一つに入れるのってちょっと違和感がなくもないの
ですけど・・・ 適当に付近に車を停め、登り勾配を歩いて2,3分で滝に到着。
落差は30m程、思ったより遙かにいい滝で、感動しました。

これでやっと田立の滝、完了でございます。山道を歩いて、次から次へと滝が
現れる様は圧巻でしたし楽しめました。写真の出来はまあアレですが。。
こうやって楽しく山歩きしていると、意外とへほ~体力でもそれなりに何とか
なってしまうものですね。疲れはしましたが、ズタボロって程じゃなかったし。
そうしてこの田立の滝をもって、長野県に三つあった百名瀑全てを見ることが
出来ました。最初に行った三本滝は2008年、米子大瀑布は2009年に行ってます
が、この田立の滝は2012年と少々時が経ってからの訪瀑でした。

               撮影地:長野県木曽郡南木曽町 2012/07/19


>> 2013/02/28 23:25
>びーぐるさん
実際はもっと面白い場所なんですが、今回の写真ではこの面白さを伝えるにはちょっと微妙になってしまいました。ええ、いつも通りハイテンションでへろへろしています(笑)

>condorさん
こんばんは~♪
ありがとうございます。一枚目は、とにかく水のきれいさに感動して、流石にもう忘れましたが確か水の中に立って撮ってたと思います。PLで水の透過度を調整して撮りました。
五枚目もやはり水の美しさに気を取られて撮っていた気がします(笑)
七、九枚目、配置と光の具合は気にしながら撮っていたので嬉しいです。七枚目は特に時間帯を狙っていたのではないのですが、ちょうどいい場面に出逢えたという感じです。
流石にもう半年以上経ってしまって写真の現像処理は面倒でした(笑)

>> 2013/02/24 23:38
こんばんは^^
前エントリーとともに素晴らしいです!
刺激的というか圧倒的というか、とにかく1枚1枚が素晴らしいです。
個人的には1、5、7、9と奇数番の写真がお気に入りです^^
1枚目はPL使用ですよね。前のエントリーとは違った効かせ具合が魅力的です。
5枚目は構図も良いですし、緑に輝く流れの部分がなんとも美しいです。
7、9枚目は流れと岩の配置が絶妙で、流れと岩の美しさと迫力を感じました。
7枚目はきっとこの時間帯を狙ったんでしょうね。
右岸の濡れた岩肌に差し込む光が素晴らしいです☆

>> 2013/02/24 08:48
面白い形の岩盤の中を流れる滝、とても珍しく素晴らしい眺めです!
よ~かんさんも何時になく、じゃなかった、いつも通りハイテンションですね!!

>> 2013/02/23 00:12
>七森さん
こんばんは~♪
そうなんです、ここは特に水の美しさが際立ってまして、とても癒されました。
そしてこの不思議な岩たち。ホントにカクカクなんですよ。ここは是非実際にその場に立って見て欲しいです。まあここに限らず、自然の景色ってその場の臨場感に勝るものはないかと思うのですが、写真を撮る者がそんなことを云ってはいけませんね(笑)

>> 2013/02/22 21:50
こんばんわ~

水量も多く透明で美しい滝ですね(*´▽`*)
水の香りが薫ってきそうな素敵なお写真です♪

それにしても…
揃えられたかのような直角の不思議な岩ですね~
まるで石切場のような(゚o゚;

機会があれば自分の目で見てみたいです☆









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/635-268f9237

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。