07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/02/06//Wed * 19:11
●○木曾路へ。

木曾路へ01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

AM04:37 中央道中津川ICを下り、木曾の小旅の始まり。

っていうか、夏です。今の季節に行った記ではなくて、夏です。俗世間は雪も
降ろうよ!って云うこのご時勢に真反対の夏の旅をやってしまいます(泣)
いや、相当悩んだんですけど、もうそんなこと気にしていてはいかんレベルに
まで色んなモノが出番を待って侘びているので、目を瞑って「夏はやはり水辺
がいいよね♪」的なモノを繰り出すことにします。

石川県の百名瀑観光から約一ヶ月後、長野県で残り一つになっていた百名瀑に
行こうかと思い立ちました。因みにこの頃はまだ石川県の時並みのヘホ体力で
あり、真夏にハイキングが必要そうなこの滝に行っても大丈夫なのか?という
疑問も無きにしも非ず。だったのですが、なんだか水辺だし涼しそうだしまあ
大丈夫!みたいなゆるい自信が押し切ったため、敢行されました。
出発していきなり滝へ行ったため、一発目の記事はいきなり滝でもよかったん
ですが、なんとなくイメージ的な写真を置いてプロローグ的なモノを前に置く
ことにしました。まあこんな小旅にプロローグも何もあったものでもないけど。


木曾路へ02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

AM05:40 大滝川の遊歩道に入る。


木曾路へ03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

誰もいない朝の森の中。


木曾路へ04
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

時折、深呼吸をしながら黙々と歩く。


木曾路へ05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

抽象と具象の中間にあるオブジェみたいな木切れ?が木の根元に置かれていた。
その艶かしさに、思わずしばらく見入ってしまう。


木曾路へ06
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

開けている箇所は多くないが、開けた時の遠望が素晴らしい。


木曾路へ07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

水がとてもきれい。そして涼しい。


木曾路へ08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

遊歩道に入って出るまで八時間弱。
人と出逢ったのは最後の一時間の間に少しだけ。

               撮影地:長野県木曽郡南木曽町 2012/07/19
                ※1枚目のみ:岐阜県中津川市 2012/07/19


なんだかいきなり普通の旅写真記みたいで笑っちゃいますね(泣)

今回の旅期間は2012年07月19日 00:30 ~ 2012年07月20日 夕方 までです。
この編集を始めたのが旅してから半年以上も経ってから。に加え、旅の記録が
帰りの中央道諏訪湖SA上りまでで途切れてしまっていて、写真旅行記自体には
影響はなかったものの、一泊二日のこんな短い旅なのに、総距離とか何時自宅
に着いたのかとかの正確な時間とか判らない歯痒さが歯痒くてなりません。
一応走行距離は行きの諏訪湖SAまでの走行距離が判ってるので、ソレを足せば
大体は出せました。総走行距離は約611㎞。帰宅時間はETC記録で最後に下りた
時間が判るので、そこからプラス一時間半以上を取れば着いたろうと予測出来、
それで20日の夕方と判断しています。まあこんな細かいことホントにどうでも
いい感じですが、なんとなく意地ですか。帰った時に、車の走行距離計を一枚
だけパチっておけば、何の苦労もありはしない。

00:30 家発⇒中央道諏訪湖SA下り⇒駒ケ岳SA下り500円カレーライス喰う⇒
中津川IC⇒R19⇒R256⇒道の駅 きりら坂下⇒県道6号⇒05:27 粒栗駐車場


>> 2013/02/10 23:58
>ぜいぜいさん
ホント、メチャクチャ唐突ですよね~(笑) もう散々悩みましたが、もう開き直りました(笑)
多分全く問題ないと思いますよ、沢登り。ここってハイカーのレベルの場所なので、観光客一杯ってことにはならないと思います。遊歩道は思い切り登山道ですし。しかも沢登りの記録も結構ありますよ。ただ、沢登り中は遊歩道がすぐ近くを通っていることもあって、ハイカーたちから注目されることは間違いないし、滝群というだけあって滝だらけなので、巻くことも多くなると思います。

>かぷちーのさん
こんばんは~♪
やっぱり山はいいなあって思える、とてもいいところでした。
三枚目、自分でモノクロにしてハマった!って思っていたので、嬉しいです。ありがとうざいます。
オブジェみたいなもの、アレはきっと誰かがわざと置いたものだとは思います。でも造型は自然のものに見えるんです。足?の部分は人工的に切られているけど、他の部分はそう見えない。もし自然のものだったらすごいですよね。
5時半過ぎに駐車場に着いて、その時は一台も車がありませんでした。そしてずっと誰にも会わず、最後の最後、帰り道を下って行く途中でやっと人と会いました。私は比較的山の中ではこういうことが多いのです。誰にも会わないこともしょっちゅう。まあそういう山域に行くのが多いからなんですが。
この時は不思議と全然虫にはやられませんでしたよ。確かに場所によっては酷いことになりますよね~
私も編集していてこんな水辺に行けるような季節に早くならないかなあなんて思ったりしました。気に入っていただけて嬉しいです。

>> 2013/02/10 18:25
よ~かんさん、こんばんは!
空気が、お水も、おいしそうなところですね。
3枚目の朝の森の中の光がいいですね。
モノクロだからこその木肌の質感とか
葉っぱ一枚一枚の質感とか、光の感じとか
感じられることがあるような気がします。
こんな写真を撮ってみたいのです。
モノクロで木の写真。
木のオブジェみたいなの・・・
誰かが置いたんでしょうかね。
思わず見入っちゃいますね(o^∇^o)
人と出会ったのが最後の一時間弱ですか。
たまにはそんなところで、自然とお友達になって
対話してみるのもいいのかも。
でも、夏だと虫とか凄そう。
以前夏の奥会津のこんな渓流のある森の中へ入って
虫がずっと耳元でブンブン言っているのに参ったことが(;^_^A
だけど、写真を拝見していたら、
なんだか夏がとっても恋しくなって
またこんなところに行ってみたくなりました♪

>> 2013/02/09 10:08
よ~かんさんらしい悠久の時間の流れ、この唐突感たまりません(爆
ここいいとこですね~思わず遡行したくなるような沢だけど、
観光地だからだめなんでしょうね、きっと。
木曽はこういったいい感じの沢が多いですね。

>> 2013/02/08 22:06
☆02/07 12:26の鍵拍手様。コメントありがとうございます♪ 森、意外とモノクロにしたらいい感じだったのでそういっていただけると嬉しいです。まあ最後のヤツは、几帳面というか、書いたまんま意地だったのです(笑) なんとなく悔しかったんですね。


>びーぐるさん
インフルは完治して、昨日から仕事に出られるようになりました。ご心配ありがとうございます。
木曽路はやっぱり山の中で、いいところですね~
五枚目、もしこれが自然に出来たのであれば相当すごいと思うんですがどうなんでしょう。

>> 2013/02/08 18:47
インフルエンザは無事終了でしょうか?
木曽路ですかぁ、深山幽谷という感じが素晴らしいですねぇ!
5枚目思わず笑っちゃいますね。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/633-7d74703a

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。