08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2013/01/17//Thu * 23:14
●○由比ヶ浜

由比ヶ浜01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

少し前にUPしていた石川県旅の中で「増穂浦」ってタイトル記事がありました。
その中で「日本小貝三名所」ってのに少々触れていて、増穂浦はその内の一つ
でした。ここで貝殻拾いに大きく興味を持ってしまった上、しかも小貝三名所
の内の一つが、地元といえば地元にある湘南海岸の一部、由比ヶ浜とあっては
行かない訳にはいかないじゃないですか(泣) いかいでか!(泣)
と、そんな感じで、今まで殆ど好んで海に行くことなんかなかったのに、この
ひと夏、偽ビーチコーマーの嵐が吹き荒れました。正にその発端となった最初
の一歩が由比ヶ浜であり、今回はその風景を少々載せてみたいと思います。


由比ヶ浜02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

実際この浜は私の集めモノ魂に火をつけた発端ではあったんですけど、私的に
この浜では収穫がイマイチで、すぐに隣接している材木座海岸に舞台が移って
行きますが、それはまた後のお話。この写真は由比ヶ浜と材木座海岸を分ける
滑川河口。左岸側が材木座、右岸側が由比ヶ浜です。


由比ヶ浜03
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

奥へ向って行く足跡の先にはちゃんと人がいて、なんとなくライブ感。


由比ヶ浜04
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

まだ海水浴シーズンには早いので、海にはサーファーばかり。
出来れば絵になるようなシーンをと思ったけど。別にそんな。


由比ヶ浜05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

諸行無常。


由比ヶ浜06
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

この日はやたらに海草が打ち上がっていて、異臭はするわ烏はたくさんいるわ
中々の状況でした。肝心の漂着物も海草ばっかりであまり・・って感じでした
けど、それなりに楽しかった。


由比ヶ浜07
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

烏はとにかく多かった。ヤツらにしてみれば、海辺はご馳走の類なんでしょう。
鳶も多くて、よく観光客の持ってる喰いモノを攫われているのをTVとかで見て
るので、何か手に持っていると危ないのではないかとヒヤヒヤしていましたが、
全く襲われませんでした。ってことは私が持っているのは只の漂着物ってこと
が見抜かれているのか? それはそれで怖ろしいかも(><)


由比ヶ浜08
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

以上、なんだか由比ヶ浜という響きからかけ離れた写真集でした。

この由比ヶ浜をきっかけに、2012年6月~10月まで相当海に通いました。目的
はビーチコーミングです。ビーチコーミングとは、浜辺でさまざまな漂着物を
拾い集めて観察しながら散策することを云うようです。私はとにかく集めモノ
に弱い上に、少なからず海の生物や打ち上がる珍しいモノに興味があったため、
瞬く間にハマりました。湘南の海に車で気軽に行けるのが更にいけなかった。
漂着物拾いって、なんとなく波打ち際でキレイな貝殻を拾って眺めて遠い深い
海の底に想いを馳せる。みたいな優雅なイメージがありますが、実際はそんな
ことは稀で、波打ち際になんぞ殆ど目的の漂着物なんかなく、殆どが少し陸側
に様々なゴミと共にあったりするので、なんだか時折ゴミ漁りしているような
哀しい気分になったり、朝早く行ったのに同好の先行者がいたりすると、もう
その後に付いていっても残るは先行者の足跡ばかりなり。みたいな哀しい気分
になったりします。
それでも、朝早く砂浜を歩き、おいしい空気、潮の香り、開放感のある景色を
眺め、時たま珍しい何かを拾った時の喜びは、他のナニモノにも換えられない
かも知れません。何か古い漂着物を拾った時、一体どのような経緯でソレが海
に運ばれどれだけ長い眠りにつき、そして打ち上げられたのか、考えるだけで
楽しいし、海の懐の深さに感動します。そして何度同じ場所に行ってもいつも
違う発見があるのです。あと、子供のころ図鑑とかでしか見たことがなかった
生物とかを色々と見ることが出来たのもとても嬉しかった。

まあ私のはマネゴトみたいなものなので、集めた漂着物も慎ましいモノばかり
ですが、機会があれば紹介出来ればと思います。こういう小物たちって写真に
するの難しいんですよね・・・
そして今は一時休止していますけど、またそろそろ海が見たいです。でも朝が
寒過ぎて海にも山にも足が向かない素晴らしいヘタれっぷりが見事(泣)

                  撮影地:神奈川県鎌倉市 2012/06/18


>> 2013/01/20 22:11
>かぷちーのさん
こんばんは~
全く同じです! 集中してハマったのと、自分もなんか集めたものでうまく飾りとかアートなインテリアみたいななんて思ったりしたんですが、アートとはかけ離れた室内にもうガッカリで・・・ そもそも私にそんなアートなセンスがある訳が無いので、どうにもなりはしないんですけどね(笑)
私も後半は三浦に集中して通いました。ちょうど行ってた場所まで片道50kmだったんで、もうっちょとだけかぷちーのさんよりはお手軽な感じな位でしたし。なんだかここまで似たような過去があるとは(笑)、嬉しいです♪
収集物は機会があれば撮ってUPしたいんですが、ホント大したものはないですよ~ 私もかぷちーのさんの収集物見たいですね~ 特に流木は拾わなかったものなので、興味がありますよ。
三枚目、そうなのです、空の映り込みを狙いました。諸行無常は多分ダツかなんかが打ち上がったもので、烏に突かれてこんな状態です。
トビにやられたことがあるんですね。そうそう、後ろから狙うんですよね。怖ろしい・・・
やっぱりこの寒さでは世間一般人には難しいですよね(笑)
ネコたち、ありがとうございます。少しずつ溜まったらまた載せようと思っています。

>> 2013/01/19 12:59
よ~かんさん、こんにちは!
ビーチコーミング!
一時期私もちょこっと嵌って
貝だの石だの流木だのと集めてました。
家から三浦まで車で1時間半から2時間ぐらいなんですが、
月1から2ぐらいのペースで通ったことも。
それらを綺麗に、まさにアートして飾られている方がいて、
凄いなぁって、自分もと思ったのだけど、
そもそも家にそんなものを飾るスペースもなく
アートとはかけ離れた室内にもうガッカリで(;^_^A
以降、すっかり止めてしまって・・・
でも、まだ当時拾った残骸が結構あったりしますが
写真に撮ろうと思ったことはなかったかもです。
上手くアートにでもなってればきっと・・・(苦笑)
よ~かんさんの収集物を、ぜひ見てみたいです(o^∇^o)

3枚目の波打ち際にうっすらと写った空の感じに惹かれます。
諸行無常・・・は、魚の骨でしょうか?
カラスたちは、何か会話しているみたいで面白い。
横浜で中華まんを手に持って食べていて
見事にとんびに持っていかれたことがあります~。
姿がないと油断していたら、後ろから見事に。
口に運ぶ動作とかで食べ物と認識するんでしょうか?
どうやって判断するのか聞いてみたいですね~(笑)

私も寒すぎて全くどこにも足が向きません。
↓のネコちゃんたちに、ほのぼの癒されました♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/629-553b64a9

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。