09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/12/10//Mon * 01:23
●○見附島

見附島01
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

かなりの大昔のこと、小学生の頃に写真でこの島を見て、行ってみたくて仕方
なかったのだけど、あまりに遠く、更に小学校の頃一度だけ能登へ旅行に連れ
て行ってもらった時もここまでは来なかったので、私にとって幻の場所でした。
そういえば今回の旅は思い切り能登半島巡り。この場所を行程に組み込まずに
いらりょうか!
・・・なんだかラスト変な日本語になっている気がしますが、この島をこの目
で見ることが出来た時はホントに嬉しかったです。

トップは、ちょっと幻想ちっくな雰囲気で攻めてみました。


見附島02
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

みつけじま。別名軍艦島。空海が最初に見つけて「見附島」と付けたとか。
・・・見つけたからみつけじまってのは相当微妙な感じもしますが、とにかく
そんな地方伝承があるらしいです。
昔写真で見たものとなんか雰囲気が違っている感じがしたんですが、まあ見た
こと自体大昔なのと、実際に災害や経年で姿が少しずつ変っているようです。


見附島03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

島へは大きな石が敷き詰めてあり、ある程度近くまで行くことが出来ます。
この石、どうやらこの見附島自体から崩れて海中に落ちたモノを使用している
ようです。なんともエコですね。島までは大体200m程あるとのこと。
この島の魅力は、なんといっても島自体の形の面白さです。この角度では想像
が出来ないけど、横から見るとホントに軍艦っぽい感じです。今回は横からは
見てませんが。ちなみに、長さ約150m、幅約50m、標高約30mあるそうです。


見附島04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

観光地にありがちな光景。この写真よりも左側の沖に見附島があります。
本来であれば、島とは全く関係のない観光地丸出しのアレだよなあ。とか思う
のですが、どうもここら一帯は見附海岸、恋路海岸という名が付いているので、
そんな名が付くのも道理なのかも。


見附島05
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

この辺りからの角度だと、とにかくパーマのおっさんに見えて仕方ありません。
なんだかやけに鼻の下を伸ばしてるし・・・


見附島06
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

やはり、パーマのおっさん、おばちゃんに見えて仕方ありません・・・
遠くから見た限りは島のすぐ傍に行けるのかと思っていたら、少し前で石の道
は完全にぶった切られていて、海に入らない限り先まで行けなくなっています。
この歯痒さは相当なものです。もうちょっとなのに・・・
まあどの道ぶった切られた部分を越えられても、最後の部分で結局海に入らな
ければ島にタッチ出来なさそう。しかももし島に辿り着けても、そこからもう
どうにもならなさそうですけど。


見附島07
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

振り返って陸側を見てみた。
遠目にはサクサクと歩いて島へ近付けそうだけど、実際に歩いて見ると石自体
が大きくて結構歩き難くてしかも距離200m位。


見附島08
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

相当引いて浜から。この角度だとあまりおっさんぽくない。


見附島09
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

こんな感じで撮ると、結構渡るのが面倒そうなのが分かりそうですね。


見附島10
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

個人的には島の左の方に見える鳥居がなんか好きです。かなり昔からあるよう
なんですが。って訳で、実際に目にした見附島、やっぱり昔写真で感じていた
イメージとはかなり違ってました。昔のイメージでは観光地ということを考え
てはいなかったので。それでもやはり見ることが出来たのは嬉しかったです。
駐車場も広くて無料だったし、変なベタな観光地化も特になかったのもとても
よかった。出来たら、晴れていて海もベタ凪になった状態の時にもう一度見に
行ってみたいです。

                   撮影地:石川県珠洲市 2012/06/12


さて、ここまで来たら、後は能登半島を脱出するべく半島を南下して行きます。
見附島では浜にあった見附茶屋でお昼を喰らい、南下を始めました。10分位で
何か呑み物を買おうと自販機で車を停めたのですが、そこが宗玄という酒造屋
さんで、奥能登の地酒という名前に惹かれてお店を覗き、お土産に一本買って
みました。「宗玄 純粋無垢」って名前でした。スッキリして思ったより甘口
でしたけど、とても美味しいお酒でした。こんな偶然の出逢いもあるんですね。
そうして、能登半島を出る前にあと一箇所だけ行ってみたい場所があったので、
そこへ向けて走ります。


>> 2012/12/15 23:31
>びーぐるさん
ホント面白い光景ですよね。昔からずっと気になっていた場所でした。願わくば登ってみたかったですよ~ でもまず島に近付くのに海中にって時点で早々に諦めました(笑)

>竹の子さん
すっごく面白い形をしています。子供の頃結構この島を見てみたいって思っていたので、見れた時は嬉しかったです。北陸はもうすっごい寒いんでしょうね・・・

>☆MIYA☆さん
そうでしょう? 昔写真で見たイメージでは全然こんなギャグみたいな光景はなかったのに、今ではもうダメです(笑)
鳥居はどうなんでしょう。多分行けないような気がします。ネットでもココを潜ったみたいな話が出てないし・・・
島は直前まで行けると思いきや、思い切り途中で石が無くなり、少し離れたところからまた続いてます。絶対にジャンプでも届かない距離です。多分わざとそうしてるんだろうなあ・・・

>犬山にゃん太郎さん
ええ?銭湯のペンキ絵って富士山のイメージしかないですが、まさか見附島の絵もあるなんてびっくりです。
確かに面白い形の島ですけど、流石にこんなペンキ絵は能登半島の一部位しかなさそうですけど・・・

>> 2012/12/12 20:14
僕は銭湯のペンキ絵での富士山とこの見附島が気になってました。
とはいえ銭湯で実際に見た訳でもなく「銭湯のぺんき絵」のブログなんですが、
富士山に対抗するかのような存在感のこの島はなに?って思っていたのですが、
こんなにいっぱい ありがとうございました。

>> 2012/12/12 11:19
パーマのかけたおじさま。。。もうそれ以外には見えなくなってます(笑)
島のそばに 鳥居???潮が引けば行けるのですかねぇ。。。
石の道。。。島まで続いてないんですかぁ。。。
行けると思ったのに。。。見てるだけでも えぇぇぇなので
小学校の頃の思いもあるし そのときのよ~かんさんの気持ち
歯がゆさは 相当なものですねぇ

>> 2012/12/10 13:46
面白い島ですねぇ~~~♪(^O^)
私も撮りに行きたいような風景ですけど・・・
これからの時期のこの辺は、恐ろしく寒くないそうですね!

>> 2012/12/10 07:24
ほんとに奇景としか言いようがない眺めですよね、素晴らしい!
よ~かんさんのことだから、てっきりこの島によじ登ったのかと思いました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/622-70ee2522

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。