07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/11/12//Mon * 20:55
●○増穂浦

増穂浦01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

「世界一長いベンチ」という看板がどうしても気になり、ふらりと立ち寄った
海岸でしばらく時を過しました。そのうち、段々と陽が傾いて・・・


増穂浦02
MINOLTA TC-1 / FUJICOLOR 100 (業務記録用)

増穂浦は、能登半島のちょうど中間、西側に位置している白い砂浜の海岸です。
「日本小貝三名所のひとつ」だとか。


増穂浦03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

もうすぐ夕暮れ時で、人も殆どいない静かな心地いい海岸でした。
私は海よりも山。の人なので、そんなに興味があって寄った訳じゃなかったの
ですが、何だかこの場所には惹き付けられるモノがあって、しばらくウロウロ
したりボーっとしたりして過したりしたのです。


増穂浦04
MINOLTA TC-1 / FUJICOLOR 100 (業務記録用)

穏やかな日本海の風景。


増穂浦05
MINOLTA TC-1 / FUJICOLOR 100 (業務記録用)

コレが元々この海岸に寄ろうと思った目的の「世界一長いベンチ」の一番端。
海岸に沿っていつまでも続いてます。全長460.9mもあって、ギネスにも載った
らしい。でも現在世界にはそれよりも長いベンチが幾つもあるのですが、看板
はまだ「世界一長いベンチ」のままだったりします。まあ十二分に長いのです
けど。一応端から端まで行ってみようかと思ったのですが、同じようなモノが
ずっと続いているだけなので止めました・・・ しかし、この長いのに腰掛け、
海を眺めるのは大変精神衛生上よいかと存じます。


増穂浦06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

そうこうしているうち、陽が段々と傾き始めて、海がキラキラな感じになって
きました。やっほーい!


増穂浦07
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

入り日の方向ばっかり見ていて、反対側の景色を全く撮っていなかった・・・
なので、残念ながらみんな同じ方向の写真ばっかりです・・・


増穂浦08
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんという定番のような景色であることか。素晴らしき。
いい時間帯に到着したものです。


増穂浦09
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

かなり咄嗟に撮ったため、トリミングをしたりしてまあまあな編集具合だった
ため、おまけ扱いで載せておきます。


増穂浦10
Ricoh GR DIGITAL Ⅲ

「日本小貝三名所のひとつ」? ふ~ん。なんか貝が拾えるのかねえ?
ってな訳で、なんとなく貝拾いを敢行してみたんですが、その成果がコレ。
今迄に私自身見たことがないような海産物を幾らも拾えて、超ハマってしまい
ました。特に、大きさは百円硬貨位より小さく平べったくて丸い形に花びらの
ような模様がついた「ハスノハカシパン」には参りました。こんな不思議生物
がこの世にいるなんて、世の中不思議だらけだね!って感じです。このおかげ
で、その後海モノ拾い(ビーチ・コーミングというジャンルらしい)にハマって
しまうことになるのですが、それはまた今のこのブログの状況で云ったら気の
遠くなる程先のお話・・・(泣)

ところで「日本小貝三名所」ですが、他の二つはどこか、というのが気になる
やも知れませんので載せておきますと、和歌山の和歌浦、神奈川県の由比ヶ浜
だそうです。こうなれば制覇するしかありません(泣) 何をもって制覇なのか
知りませんが(泣)

※10枚目のみ別の場所で次の日の撮影になってますが、単に撮った場所がそう
なのであり、貝を拾ったのは勿論前日の増穂浦です。


                撮影地:石川県羽咋郡志賀町 2012/06/11
            ※10枚目のみ 撮影地:石川県珠洲市 2012/06/12


真っ暗になり、もうここにいてもどうにもならないので移動開始。大体19時前。
この後の目標はもう後なんか喰らって寝るだけなのですが、大体こういった地
ではほぼ喰いモノに関しては夜はどこも閉まってしまっていて、絶望的である
ので、もう早くから諦め、コンビニで何か買うのが吉なのでビアーと共に何か
を買いました。そしてとにかくR249をひたすら北上し、21時前に到着したのは
道の駅「千枚田ポケットパーク」。何故ここかというと、翌朝にここの風景を
見たかったから。ここで寝ればいきなり翌朝一発目の目的地だ得したなあ嗚呼
って訳ですね。場所的には能登半島の先端まで後ちょっとガンバレって位。

そうして寝支度をし、ビアーかっ喰らって寝るかって感じになったんですけど。
通常道の駅には寝泊りの車が何台かあったりするのですが、なんかこの道の駅
一台もいない・・・ あまり車が多かったりする人気の道の駅も煩くて寝難い
ので好きではないのですが、誰もいないと結構怖かったりします。着いた時は
もう真っ暗で周りの様子が全く分からなかったことと、暗がりに何か人のよう
な影っぽいのが見えていたこと、あと風がカラカラと葉っぱを巻き上げる音が
結構響いたことから、かなり不気味色が強くなってきて不安感侮り難し。
こういう時は中々寝付けないのでたまりません。車も近くの道路を殆ど通らず、
その内この道の駅に入ってくる車も殆どなく、淋しい夜を過したのでした。

そうして夜が明け、外に出たところ、何であんな怖かったのか不思議な程な位
長閑な風景が目の前に広がっていました。あと、人のような影に見えたモノの
正体は、観光地によくあるコイン式の双眼鏡だったのです。人騒がせめ。


>> 2012/11/24 12:44
☆11/16 11:14の鍵拍手様。訪問、ありがとうございました。お礼がすごく遅くなってしまって申し訳ありませんでした・・・ 最近は殆ど冬といってもいい感じの寒さになってきましたね。お体には気をつけてください。。

>> 2012/11/15 23:19
>ゆきぶーさん
お久しぶりです! 大変ご無沙汰をしてしまっています・・・
ゆきぶーさんもこの辺りに行かれていたんですね。私は子供のころに能登半島に行ったのが最後なので、実に数十年ぶりにこの地を踏んだって感じです。
ここの風景も世界一長いベンチって言葉に釣られなければ、全く出逢うことがなかったんですよね~
能登半島、結構楽しめましたよ。ゆきぶーさんも是非♪
貝殻の写真、結構配置に悩んだんですが、ここを褒めていただけるとはかなり嬉しいです(><)

>> 2012/11/12 21:58
よ~かんさん、お久しぶりです^^
相変わらず素敵なお写真でウットリしましたが・・・
うわー、昔このへんにドライブに行ってたのに
全然遭遇しない景色でビックリです(^^;
行ってみたーい!
写真撮りたーい!!
それにしても・・・貝殻の撮り方が最高にツボです!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/619-d61b540b

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。