07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/07/21//Sat * 22:43
●○廃屋MIX 貳

廃屋MIX 貳01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 40mm F2.8 / Solaris FGPLUS 800

続けて第二弾も行ってしまいましょう。前回とは全く別の場所です。こちらの
方が微妙な雰囲気ではなくて、正に廃屋って感じが全体的にするかと思います。
何故ならこちらは完全に廃屋だからです。もう使われなくなってからどれ位の
年月が経っているんでしょうか。


廃屋MIX 貳02
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 40mm F2.8 / Solaris FGPLUS 800

私はあんまり廃墟慣れしていないので、誰も居ないひっそりとした廃屋に独り
でいると、恐怖感や孤独感は相当なものです。そしてシャッター音だけは妙に
響いたりするんですよね・・・ まあこういった感覚とか雰囲気とかが写真に
出ていれば、甲斐があるってなものですけど、果たして。。


廃屋MIX 貳03
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 40mm F2.8 / Solaris FGPLUS 800

前にやったの写真集では、扉の向こうが気になって開けたくなる的なことを
書いてましたが、この扉は向こう側が気になるけど開けたくはありません。。


廃屋MIX 貳04
Ricoh GR DIGITAL lll

屋内へは開いている扉から普通に入ることが可能でした。恐る恐る歩を進めて
行くと、その先に何があるのか不安と期待がどんどん大きくなって行きます。


廃屋MIX 貳05
Ricoh GR DIGITAL lll

直線の中に曲線がある違和感。


廃屋MIX 貳06
Ricoh GR DIGITAL lll

屋内の荒れ方を見ていると、これが自然にこうなって行くのか、それとも違う
のかっていう疑問が頭の中をグルグルします。素人考えでは自然にこんな風に
なるとは思えないな・・なんですけど。実際どうなんでしょう。


廃屋MIX 貳07
Ricoh GR DIGITAL lll

こんな風な構図は、あそこまで行けば出口で希望が・・でもまだここは・・・
ってイメージが素敵な感じ。現像処理も私的にいい感じで、お気に入りの一枚。


廃屋MIX 貳08
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 40mm F2.8 / Solaris FGPLUS 800

この場所は外に出ても人気が全然なく陰鬱な雰囲気で、あんまり開放感らしき
モノはないんですけど、それでも屋内から外に出た時はちょっとホッとしたり
しました。しかし、如何にも和廃屋の醸す特有の雰囲気が渋いです。

今回の写真集とかで使用しているソラリスというフィルムですが、特有の質感
が大好きで、特に古い建物や廃な感じのモノとか昭和ちっくな感じのモノとか
を撮ると、すっごい自分的にツボで多用してしまいます。特に中でもASA800の
モノがお気に入りだったんですが、どうやら生産終了になってしまったようで
メチャクチャ哀しいです・・・
GRDの方はこういった撮影の時、大抵補助とか記録的に使うのが殆どなんです
けど、絵的に考えて撮ればやっぱり主戦力になるなあって改めて思いました。

               撮影地:山梨県南都留郡鳴沢村 2011/12/05


>> 2012/08/04 08:31
>BigDaddyさん
ありがとうございます。廃墟系は撮り慣れていないこともあって、中々歯痒い場面も多いので、嬉しいです。
仰る通り、廃墟廃屋は以前人がいた時の様子とか光と影がつくり出す世界とかとても素敵だと思いますし、とても絵になりますよね。
私もほぼ独りで山歩きをしてたので、とてもよく分かります(笑) カモシカをクマと間違えて腰を抜かしそうになったり、正体不明の藪をガサガサする音にビクビクしたり、とにかく全身をアンテナにする状態っていうのでしょうか。廃墟はそれに人の怖さですね。得体の知れないモノよりも遙かに怖いです。
こうしたことがあると、安全な場所に出た時の安堵感と達成感は理屈じゃないんですよね~

>めいさん
廃屋や、昭和的な古さの和のモノって、このフィルムにとっても合うと思ってます。
↓のドラム缶のサビサビ、きっとめいさんなら見逃さないだろうなって思ってました(笑)
最後の写真、ありがとうございます。こんな影絵を見つけ、かなり構図に悩んで撮ったので、嬉しいです。このフィルム、生産中止とか特定の感度のみ生産中止とか、話が色々出ていてどれがホントの情報か分かんないんですけど、とてもお気に入りなのでなくなるのは嫌ですね・・・

>> 2012/07/28 09:44
こちらにも~♪

廃屋はソラリスが合うなぁって思いました。
↓はドラム缶のさびさび~に惚れてしまいましたが(笑
このUPの私のHIT賞はラストです!
戸にあたる光加減、光によっての色味、木の枝の影。。
好きなもんがたっぷりんこと詰まったお写真。
これでソラリスはあらためてええなぁって思ったのでした。

>> 2012/07/27 17:14
1、4、7枚目が特に素晴らしいですね。さらにその中でも4枚目は最高です。

廃墟、廃屋を撮る時って、かつて人が居た、当時の生活観を記録すると同時に、やはりこのゆな光のアートとでも言いましょうか、それが素敵で、外からだけでなく、中から外の光を映す、そんな撮り方にもなるんですよね。

私もほとんど一人で廃墟を撮っていますが、耳の機能は常に最高レベルにあります(笑)。得体の知れないものよりも、人だとか、蜂だとか、その辺に気をつけて、トンボの羽音と蜂を間違えてダッシュで逃げた事もあります(笑)。

でもこういう緊張感があって、書かれている通り、外に出た時の安堵感、そしてデジタルの場合、液晶を見ながらニタニタとそこを後にするのが好きです。


>> 2012/07/27 00:10
>きらりさん
フィルムは加工なし(稀に明るさ調整、水平直しとトリミングをやる場合もありますが)でUPしています。
ソラリスってフィルムはなんというか、かなりお気に入りなのです。まさにこんなシーンにはうってつけ!って気がします。
この場所で何が起きたのか?って想像は、こういった場所では大切なことだと思います。やはり何も考えずにシャッターを切るよりも絵に現れるような気がするし。

>はっぴーさん
確かに家の中だけの方が全く逃げ場がないですからね~
はっぴーさんはかなり感受性が豊かなんでしょう。でも確かにあまり感受性が強いとこういう場所に一人では行けないですよね。少々感覚を麻痺させないと(笑)
最後のヤツ、ありがとうございます♪ 思い切り和の廃屋感がお気に入りなのです。そう云ってもらえて嬉しいです。

>びーぐるさん
去年に撮ったモノを小出しにしてます(笑)
あまり廃墟系は積極的に探してはないんですが、見つけたら覗きたくなります。
最後の、ありがとうございます♪ 木の影が壁に映ってるのを見て、かなりツボでした。
ご心配、ありがとうございます。細心の注意を払わせてもらってます。

>-さん
嗚呼、よく気が付かれましたね~
まさにまた一つとりたくもない歳をとってしまいました(泣)
でもホントにありがとうございます・・・(泣)
ホントに暑かったですね。サウナの中にいるようでした。
さて、これから一年、どんな年になるのか・・・

>> 2012/07/26 20:09
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2012/07/24 17:39
またもや廃屋ですかぁ、ゾクゾク、ぶるぶるしますねぇ!
ほんとに自然のままで朽ちていく廃屋って殆ど無いのでしょうね。
最後の写真が抜群のお味です!
廃屋はまかり間違うと危ない目に会いますから
十分お気をつけ下さい。

>> 2012/07/23 17:52
こわがりの私は、内から外より家中だけの写真がこわい~
4,5,6枚めにゾーッですが、特にくもりガラス効果の4枚めは
想像力をかきたてますね。
こんな所に一人では入れません!

写真のこと全然分かりませんが、
最後のカラ―写真、イイ味 出していますね。

>> 2012/07/23 16:05
どんな加工してるんだろと思ったらソラリスというフィルムなんですか。
こういう雰囲気にめちゃめちゃあいますね。想像をいっぱいかきたててくれるっていうか。
ワクワクっていうか、昔ここで事件が興ってという想像しかできない私・・・でもその妄想が結構楽しかったりします。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/612-10a5272a

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。