07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/06/13//Wed * 23:45
●○大船観音

大船観音01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA Venus 800

いつだったか忘れましたが、Web上をウロ付いてた時、偶然階段を上った先に
ぬっと顔を出している真っ白な観音様の写真を見つけました。うをっ?なんて
シュールな感じのする風景なのか?これは一体どこなのか?と???を連発し
ながら調べたら大船観音でした。これは行こうと思えばすぐにでも行けるでは
ないか!行かいでか!と一瞬張り切ってすぐ忘れました。少なくとも二年位は
忘れていました。ですが、湘南辺りの風景を見に行こうとした時にハッと思い
出し、んじゃそれらと共に見るといいね。と見に行く計画を画策したのです。

それにしても、なんてシュールな絵なんだろうか。以前に見た写真は、階段の
左右に赤い幟が派手にダーっと並び、それがまた熱い雰囲気を醸し、大変それ
を見てみたかったんですが、まあ贅沢はいいません。。


大船観音02
Ricoh GR DIGITAL lll

電車に乗って大船駅に近付くと、ごくありきたりな普通の風景に巨大な白い顔
という、いたってシュールな光景に出迎えて頂けます。これはいい感じです。
一体アノ近くまで行ったらどうなっているのか? 存在は知っていたけど一度
も近くまで行ったことがなかったから楽しみでしたよ。


大船観音03
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA Venus 800

大船観音は大船駅から結構歩いてすぐって感じです。が、ホンのちょっとした
ことから道を間違え見事に違う道を普通に上って行ってしまい、普通に下って
来ました。そうして入口に辿り着きましたが、まだ開いてませんでした・・・
なので、開門するまで周辺をウロ付くしかなかったのです。ウロ付いてる途中
の風景を一枚・・・


大船観音04
Ricoh GR DIGITAL lll

参拝料300円をご奉納し、入場いたします。入って少し歩けばすぐにアノ例の
階段が。おお、見えてる見えてる! コレが見たかったのです。


大船観音05
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA Venus 800

階段を上り切ると、遂に観音様の全貌が。全身像ではなく半身像というか胸像
っていうか、そんなニュアンスの像です。半身だけでも全長は25mもあるので、
とにかく大きい感じを受けます。そしてこれが重要なんですが、上半身は台座
とかじゃなく、直接地面から生えているように建てられているので、下半分は
本当は地面に埋もれているのではないか?というような疑惑というか、希望と
いうか、あっても不思議ではないのではないか? あ、あと、頭にも観音様が
おわします。

そして、背中の部分から胎内にも入ることが出来、中には、ちょっと雰囲気が
違うやはり観音様の胸像が安置されています。あと、木彫りの小さな像が沢山
置いてあります。何か不思議な雰囲気がします。


大船観音06
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA Venus 800

近くにあったお堂の扉。中がどうなっているのか気になっていたので、撮った
のでしょう。開けられないモノってのはどうしてこう気になるのか・・・


大船観音07
Ricoh GR DIGITAL lll

違う角度から。なんかこう髪がワシャワシャと。って感じじゃないですかね?
あ、違いますか。そうですか・・・


大船観音08
CONTAX T2 / Solaris FGPLUS 100

最後にもう一枚だけ階段のシーン。こういう絵も撮りたかったんですが、残念
ながらなんかもう一押しが欲しいかもしれません・・・

・・・ずっと前から見てみたいと思いながら、しかも見るのにそんな大変でも
ないにも拘らず、まだ見ていないモノって意外と結構あったりする気がするん
ですが、その内の一つを消化することが出来てささやかに幸せです。

                  撮影地:神奈川県鎌倉市 2011/09/22


>> 2012/06/18 21:39
>ぜいぜいさん
そうそう、あの電車内からの風景は、結構な衝撃ですよね(笑)
私もずっと近くには行った事がなかったので、胸像ってこともこの写真を撮る直前までは知りませんでしたよ。
四枚目、ありがとうございます。やはり階段の下からの姿は強烈ですね~

>> 2012/06/18 12:02
大船観音って東海道線の車窓からでも結構インパクトありだけど、
実際近くもインパクですね~
立像かと思っていましたが、胸像なんですね。知らなかったです。
4枚目のモノクロがわたしのツボでした。

>> 2012/06/17 22:45
☆06/15 17:13の鍵拍手様。訪問、ありがとうございました。


>びーぐるさん
大船観音は、全体像を見るよりも、山からぬっと出ているとか階段の先にぬっと出ているとかの方が私のツボだったようです。
他にもこういう大きい像とか見てみたいですね~

>> 2012/06/16 07:34
大船観音って実際に行ってみると「なんじゃこりゃ?」
って感じなんですが、こういう視点は面白いですね。
さすがよ~かんマジックワールドであります!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/606-790c5ff6

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。