07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/05/22//Tue * 16:11
●○金環蝕

金環蝕01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:34:05

前後を含めてかなりの枚数を撮りましたが、その中でもどういった条件なのか、
一枚だけ金色の輪になっていました。他の全ては白色に近い色味なのに不思議
です。左下に雲がかかり、少々翳りがあるのが残念に思わないでもないですが、
トップに持って来るならこの一枚だろうと思いました。日食の時間帯は実際に
この時が来るまで厚い雲に覆われ、最後の最後までどうなることかとハラハラ
し通しでしたけど、そのおかげで輪が見えた時の感動は半端ではなかったです。

※九枚目以外は全てトリミングしていますし、UPしている全ての写真は撮って
そのままということはないです。何しろ私の持っている一番の望遠は200mmと
いう哀しさなので、なんとも豆で御座います。

そんな訳で、俗世間ではスカイツリー開業ニュースでお祭り騒ぎをしている頃、
ひっそりこそこそと、昨日見てきた金環食をUPしておこうかと思います。多分
世の人々の関心は全てスカイツリーに集まっていることと思うので、この流行
遅れ感がまたなんとも微妙でいい具合ですね。

まず数日前、コレは私がいけないのですが、今持っているND16フィルターでは
全く話にならないので、これにND400を買い足して重ねようとヨドバシに買い
に出掛けたら、そりゃあ見事にありませんでしたよ(泣) それでもなんとか別
店舗からの取り寄せ等で難を逃れました。いつもフィルターコーナーにこんな
に人がいるのを見たことないのに、フィルターを求める輩がまあ次から次へと
やって来ることであり、恐るべし日食直前。こうなるの判っていて結局直前に
行動するところが哀しきかな。

段々日食の日に近付くにつれ、天気予報が段々悪くなって行く中、何処に見に
行くか最後の最後まで悩みました。幸い生活圏内の綾瀬市が中心線ビシバシで
真円率が半端じゃなかったため、最初はもうここで確定よ!って思っていたん
ですけど、天気予報がどんどん悪くなって行くので、まだマシそうな北関東の
方も候補にすることに。目を付けたのが茨城県の河内町。ここも真円率が半端
なかったし、なんとなく綾瀬よりも天気が少しでもマシな感じだったのです。
それでも結局日食当日までどっちに行くか悩みました。問題は綾瀬ならば場所
を決めて既に下見までしていたのに、河内町だとぶっつけ本番になるからです。
結局当日になって決断したのは河内町でした。
そもそも遠出しなくてもお手軽に宇宙の神秘を経験できるなんてすごいなあ♪
って感じだったのに、いつの間になんでまたこんな遠くに行くことになってる
んだろうか(泣)

現地に向かっている途中、天気はそんなに悪くなかったのに、どんどん雲が空
を覆い始めました。そうして現地に到着したものの、今一場所を決め切れずに
彷徨った挙句、決定したのは利根川を挟んで向う岸にある千葉県の栄町でした。
そして空は太陽の付近に結構厚い雲が覆っていて、絶望的な見かけでした。

余りにもどうにもならなさそうな空を見て、機材も出す気力なくぼんやりして
いたんですが、いつの間に太陽の辺りの雲が少し薄くなり、日が透けて見えた
と思ったら、なんと右上が欠けていたのです。もうびっくりして機材を抱えて
車を飛び出して、超特急で準備しました。私がいた場所は利根川河川敷の土手
みたいな場所で周りには誰もいなかったけど、車を停めた公園の駐車場に何人
かいて、それぞれ日食メガネや撮影機材で空を見上げてました。そしてこの後
からはうまいこと太陽の周りだけ雲が薄くなったり切れたりして、ドタバタ劇
が始まったのでした。


金環蝕02
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:06:17

雲に隠れたり出たりしますが、明らかに右上が欠けた太陽を見て、一気に気力
が倍増するのですから現金なものですね。でも太陽がこんな姿になるってのは
ホントに神秘的で、日食メガネとカメラを交互に見ながら大わらわ。


金環蝕03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:31:36

日食関連では、子供の頃にそんなに大きく欠けなかった部分日食を見たことが
あっただけで、こんなに細い太陽を見るのは生まれて初めて。出来ることなら
バタバタとせわしない撮影をやめて、只じいーっと見ていたかった位です。


金環蝕04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:33:29

この太陽が遂に輪になる頃から、かなり雲行きが怪しくなってきて、太陽が雲
に隠れる率が多くなって来てしまい、おかげで薄ぼんやりした太陽を量産。


金環蝕05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:34:12

そうして遂に輪っかに! もうこの姿が見られた時の感動ったらなかったです。
なんて不思議な光景なんでしょうか。相変わらず日食メガネ、カメラと交互に
バタバタとせわしなく動いていましたが、ふと気が付くと辺りが薄暗くなって
いて肌に冷気が。金環食は皆既日食と違ってそんなに暗くならないと聞いてた
んですが、十分暗さを感じました。曇りの暗さとは違う不思議な感じ。

そして数分間。輪になってからとにかく雲の中に隠れることが多くて、しかも
いきなり太陽が現れたりするので、露出がかなり難しく何度も失敗して、輪に
なっている間のきれいな写真は殆ど撮れませんでした。


金環蝕06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:37:42

そんなバタバタを演じていると、遂に輪っかが途切れる時が来ました。繋がる
瞬間とか切れる瞬間をすっごく見たかったんですけど、残念ながらいい時に雲。
でもこの写真はアノ時の状況からすれば結構マシな気がします。


金環蝕07
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:38:05

そして完全に輪が切れて、三枚目とは真逆の大きく欠けた太陽が。


金環蝕08
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:56:38

そして元に戻り始めました。この頃からまた雲に隠れることが多くなり、遂に
集中力が切れました。もうコレだけ見られれば十分だろうと。
一時はもう無理かなって思われた天体ショーが、まさかこんなに長くうまく雲
の切れ間を縫って見ることが出来たとは、幸運としか云いようがありません。
ホントに素晴らしい朝でした。しかしこの後は結構晴れて、一日中日が出てた
気がします。。

この日は流石にこのニュースで持ち切りでした。最初候補にしていた神奈川県
綾瀬市は前半から輪っかまで見えないどころか雨まで降ったようです。そして
後半輪っかが切れてからやっと見えたとのことでした。


金環蝕09
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:34:33

おまけの壱:じゃあ200mm(KissX2だと1.6倍で320mm)で撮ったのをトリミング
しなければどんな大きさなのか? 正解はこんな感じ。これだと少々さすがに
小さ過ぎて微妙な味わいが見難いのではないか? と云う感じで御座います。


金環蝕10
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:35:16

おまけの弐:今回見た目真円っぽい状態の時、思い切り雲がかかってまともな
モノが一枚も撮れなかったんですが、その中で一番載せられそうなヤツを一枚
だけ。結構雲がかかっているので、これ以上クリアーな状態のものはないです。


金環蝕11
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

AM 7:36:32

おまけの参:今回は終始雲の中にヤツはいて、出たり隠れたりを繰り返してた
から大体こんな感じで見えることが多かったのです。だからそんな雲の中写真
も一枚位は載せておいても損は無いだろうということで、題して「朧輪」。

最後に撮影時のことなど。使ったフィルターはND16にND400を重ねて使用。ND8
も持ってたので足りなければ使おうと思ってましたが、必要ありませんでした。
撮影時は相当せわしなかったです。とにかく雲に入ったり出たりで全然露出が
しかもコロコロ変わるので、モードはマニュアルにして絞りSSをそれに合わせ、
必死に変えながらシャッターを切りました。場面によってはND400を外さない
と全く見えなくなったので、外したり付けたり・・・ 一番ヒヤッとしたのは
輪になった時。この時が一番雲からの出入りが激しく、露出を失敗してばかり
で、泣きそうになりました。あと、結構悩んだのがピント。最初は合せてから
マニュアルにしようかと思いましたけど、何かの拍子にずれる事を怖れ、一枚
ずつAFで合せて数打ちにしました。おかげでボケも量産したけど・・・
あとですね、ホントは例えば木漏れ日の影とか変化球もすっごく撮りたかった
んですが、手元が忙しい上に日食メガネで見ることをやってたら、もうそんな
ことを考えている余裕はなかったです。まあこの辺が凡人の限界でしょうか。

※各写真ごとにある撮影時間ですが、正確ではない可能性があります。日食の
撮影後、電波時計を撮影しカメラ内臓時計との誤差を割り出したらなんと12分
51秒もカメラの時計が狂っていたので、その分を修正した時間を載せています。


                 撮影地:千葉県印旛郡栄町 2012/05/21


>> 2012/05/28 13:24
>dahanさん
初めまして、コメントありがとうございます。
ぜいぜいさんのところから、っていうのもすごく嬉しいです♪
金環食は幸運にも見ることが出来ました。写真的には大きい望遠もなくて、あまりいい出来とは云い難い部分もありますが、そう云って頂けるとありがたいです。
同じくKissX2なんですね。カメラを持って山に入るのに、軽いKissシリーズはいいですよね~

>ぜいぜいさん
どうやってこんな色になったのか、まさに金環食ですね。
当日までホントにどうしようか悩んでましたが、よく自分でも神奈川を脱出したなあって思います。そちらは土砂降りだったんですね・・・
望遠が大したこと無いのでどうしても大きくトリミングする必要があり、ちょっときついんですけど、まあブログにUPするサイズなので問題ないかって(笑)
ぜいぜいさんは私のへぼい文に反応してくれるので、書いてよかったって思うことが何回あったか・・・ センスはぜいぜいさんには到底及ばないんですけどね~
ぜいぜいさんのお知り合いからのご訪問、嬉しかったです。

>niccoさん
お久しぶりです。私が最近殆ど某みくしぃにアクセスしていないので、そちらで活動していらっしゃる方々とはかなり疎遠になってしまっています。
本当に奇蹟の日蝕でした。直前の分厚い雲に半分以上諦めていたので・・・ ありがとうございます。

>tacaさん
いいえ、とんでもない! 私の方こそいつもコメント返事がすっごい遅くなってしまっています。どうしてもそれぞれ事情があると思うので、返事が遅くなるのは全く気にしていませんし、こちらもみなさまのご好意に甘えてしまっています・・・
コメント返事ありがとうございます♪ 見に行きましたよ~

>びーぐるさん
いやいや、凝った写真と云うにはお恥ずかしいです・・・
只のバシバシ撮った系です・・・
出来たら木漏れ日とかの写真を撮りたかったですね~

>> 2012/05/27 20:40
よ~かんさんのことだから凝った日食写真が見られるんだろうなぁ
と思っていましたがやっぱりですね!
まさに金環食そのものをバッチリものにするとはさすがであります!!

>> 2012/05/26 21:20
コメントいただいてたんですね!
お返事遅くなってごめんなさいm(__)m m(__)m

最近記事アップしたらすぐに変なトラックバックがくるので、お知らせメールちゃんと見てなくて…(言い訳ですね(^_^;)

コメントいただいた記事にお返事したので、お時間あるときに見に来てくださいm(__)m

>> 2012/05/26 19:14
ご無沙汰しております。

なんて美しい写真!
奇跡の日食でしたね~!
雲がかかった写真も、味があってステキだと思います。

>> 2012/05/26 10:48
1枚目、ほんとにきれいな金色ですね。
大移動した甲斐がありましたね。うちはもう土砂降りでしたし。。。

どれも感動のショット、家宝にしてくださいね。

そして何よりよ~かんさんの臨場感たっぷりなブログも読んでいて楽しいですが、
ネーミングがやっぱ上手ですね~「朧輪」笑いましたとも~

ってか、あれ、知り合いが見に来てる。。。だ~はんさん

>> 2012/05/26 09:32
はじめまして。
せいぜい様のリンクから訪問させていただきました。
金環日食の写真素晴らしいです。まさに金色ですね!
素敵な写真を見せて頂き、ありがとうございます。
KISS-X2、私も使ってまして、なんだか親近感^^

>> 2012/05/25 01:19
☆05/23 16:14の鍵拍手様。訪問、ありがとうございました。


>condorさん
こんばんは~♪
やっぱりそうですよね。私としてはスカイツリーは風景として興味はあるけど、営業開始日とか中身には殆ど興味なかったんで、比重はお話になりません。因みに今回の日蝕に世間がどれだけ興味があったかも余り興味がなく、とにかく何時何処で見られるか、天気がどうなのかばっかり気になってました。人が騒いでいるからではなく、とにかく日蝕は憧れの現象だったからです。
撮影場所は、アクティブな行動の結果、いい方に転んで本当にホッとしています。でも直前まで全然雲から顔を出さなかったので、下手に移動して大失敗か?と泣きそうでしたけど(笑)
condorさんの方も無事に見ることが出来てよかったですね~ 私の方は記録写真みたいな面白味の無い写真ばっかりですが、今回は雲の中の日蝕って写真が多くブログを賑わしていたようなので、却って新鮮味があるのではないかと自己完結してます(笑)
一枚目は不思議ですね。一枚だけこんな感じだったんです。現像処理するときにはもう少し手を入れてますけど・・・ ありがとうございます♪

>tacaさん
大拍手、ありがとうございます(><)
私が思うに、普通に一眼レフカメラで写すのと較べたら、携帯で写す方が全然難しいんじゃないかと。。
ただ今回は雲がいいフィルターになっていたんで、うまく撮れている方もいらっしゃったようですが。

>めいこさん
ありがとうございます♪ 今回はこの雲のせいで肝も冷えましたが、いい風景を醸したりもしたので、結局よかったのかもしれません。
ホント、球体の筈なのに、ぺらっぺらな感じを受けるのは面白いですよね。そう、太陽が月のように見えるのは本当に不思議でした。雲のおかげでかなり目に負担がなく見たり出来たのもよかったです。
今回写真を撮れたのもよかったんですが、やはり生で段々と欠けて行く太陽を見られたのが本当に嬉しかったです。私はこういう現象がとにかく好きなので、かなり気合は入っていたと思います(笑)
確かに中々チャンスがないのは辛いですね・・・

>siabooさん
こんばんは~♪
今回は撮影時よりも、一番は場所を何処にするかってのが一番神経減りました・・・
とりあえず天気が悪くても準備だけはしておこうと決めてましたが。
ダイヤモンド富士で太陽を何度か相手にしていたので、撮影自体はそんなに不安じゃなかったんですけど、雲のせいで露出がコロコロ変わるのは参りました。でもsiabooさん、フィルムでってのはすごいですね~ 私はとてもフィルムで撮る気にはなれませんでした(笑)
写真自体は記録写真のような味気ないものですが、実際に日蝕を見られて写真も撮れただけでも満ち足りてます♪

>竹の子さん
こんばんは~♪
場所選びから含め、かなりジタバタしましたが、なんとか撮ることができてホッとしています。まあフィルターのおかげで、記録写真みたいな味気ない写真ばっかりになってしまいましたが、撮れただけでもよし!と自己満足してます(笑)
でも今回の日蝕は雲のおかげでいろんな風景を見られた感じですよね。

>めいさん
こんばんは~♪
広島ではかなり大きな部分日蝕になったようですね。それはショックだったでしょう・・・
私はもうどんなに天気が悪くてもとにかく見える場所で待ってみる!と決めてたので、なんとか見ることが出来ました。
トップありがとうございます。一枚だけちょっと不思議な色で写りました。
日蝕、生で見るのは鳥肌モノでしたよ。実際に金環食中は薄暗くて肌寒くなったんですが。写真はちょっと味気ないものばっかりですが、とにかく自分の手で撮れたというだけでも嬉しかったです。

>トリコロールさん
こんばんは~♪ そちらの方は全くアクセスしてないので、ホントにご無沙汰になってしまってまして、ごめんんなさい・・・
ありがとうございます♪ 今回当日の朝まで悩んでました。何せ綾瀬市ってすっごい観測条件がいい場所だったので、ゆったり適当な近所から見るか、天気が不安なので神奈川から脱出するかで・・・
結果脱出して千葉で見ることが出来ましたが、綾瀬はやはり雨で、金環食が終わった後の部分日蝕がなんとか見られたと云う話でした。
それでもトリコロールさんも少しでも日蝕が見られてよかったです・・・
今回雲のおかげで色々と面白い見え方をしてよかったですよ。まあ写真はそんなに恩恵を受けてないものが多いんですけど・・・

>> 2012/05/24 21:29
こんばんは、お久しぶりです♪

キレイですね~!!素晴らしいです!!

千葉まで行ってらっしゃったんですね。
神奈川は分厚い雲が空を覆い、小雨も降り、最悪でしたよ(>_<)
私は仕事へ行く準備をしながらウチを出たり入ったりしてたのであまり時間が取れなかったのですが、8時頃雲の切れ間から一瞬日食を見ることができました。

雲がかかってる状態も幻想的でステキですね♪


>> 2012/05/24 16:34
こんにちは~。

綺麗に撮れてますね~。
私は広島では見られないって思ってたので、ずっとテレビで観てました。
友人から日食見れたよ~とか翌日に広島の方が日食のUpされてるのを見た時はかなりショックでした。
決め付けずにちゃんと玄関出ればよかったと(泣)
TOP,めっちゃ素敵です。
実際見ると、感動するんだろうなぁって思いました。

>> 2012/05/23 16:10
こんにちは♪
キレイに撮れてるじゃないですかぁ~~~♪
やっぱフィルターは必要ですね!(笑
私は、結局むりやり天然雲フィルターのみでの
挑戦となりましたが・・・(^ ^;

>> 2012/05/23 09:34
こんにちは。
撮影時の大変さがよくわかります^^
私は天気悪いと決め付けてたので何の準備もせず
かみさんの見えるよの声でふらふら外へって感じでした
デジで感覚をつかみフィルムで撮影したんですが
ホント雲のせいで露出難しかったですね
そうそう木漏れ日や影チャレンジしたかったですね
次の楽しみにしましょう^^

>> 2012/05/22 23:30
すごく綺麗ですね。雲がいい感じになっていたりします。

金環日食は太陽が月に見えるし、球体のはずだけの重なってるのなんかは
のっぺりした平面の太陽に見えて神秘的です。
普段そんな風に考えないけれど、写真としてあると色々考えて面白いですね。
こんな素敵に撮れた写真あってこそでしょうけれど。。。

私ももっと気合を入れて観察すればよかった!(TДT)
もうチャンスがなかなかないのが悔やまれます笑

>> 2012/05/22 22:47
すご~い(大拍手)

アタシは携帯で挑戦したのですが、メガネかけながらだと難しくて…
結局、断念しました(^_^;)

>> 2012/05/22 20:26
こんばんは。
個人的にはスカイツリーよりもこちらだと思います☆
一生に1度見れるかどうかの大イベントですから、スカイツリーも敵わないと思います。
でも良かったですね見れて。撮影場所の選択は、まさにファインプレーだと思います。
私は部屋からの撮影でしたが、ちょうど金環になる時に雲に覆われて焦りました^^;
一時はどうなることかと思いましたが、雲間からの幻想的な金環を楽しめました^^
はじめは雲が邪魔かと思いましたが、後からジワジワとその怪しげな雰囲気に惹かれるようになりました。
このエントリーでも1、6、10、11枚目の感じが好きです。
なかでもまさに金のリングな1枚目は、惚れ惚れするような美しさです^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/603-122cf957

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。