09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/05/05//Sat * 23:45
●○酉と肴と還と甕

酉と肴と還と甕01
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

「あそこにあるのはなんだ!」「なんだか知らんが遅れるな!」
「早く!早く!」「オレもオレも~」
「待てや~!」「わ~!」「ひぃ~!」


酉と肴と還と甕02
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II

「あれ?どこに行った?」「確かにここら辺で見たんだけど…」
「何を?」
「あれ~?」「あれ~?」

ってな訳で、私の中ではかなり数少ないイキモノ写真集をお届けします。
とは云ったものの、数少ないイキモノ写真を掻き集めてみると、どうにも様子
が違う・・・ なんだか鳥とか亀とかの地味なモノばっかりなんですね。結構
困ったけどもう自分の中ではイキモノで行こう!って頭になってしまっていた
ので路線変更が出来ず、なんだか地味でなんだか後半に行けば行く程哀愁感が
漂う感じが強いし、全くよく分からない写真集になってしまった感が強いんだ
これが。そんな困った状態のままお届けします。一緒に困りましょう。


酉と肴と還と甕03
Canon EOS Kiss DN + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

何かに向かって進んでいますね。だからどうしたと云うのか?


酉と肴と還と甕04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

悟りの人。


酉と肴と還と甕05
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

ちょっと判り難いが、左奥のちょっとしたコンクリートの出っ張りに亀四人衆。


酉と肴と還と甕06
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak PORTRA 160NC

↑写真の場所を真上から別の日に見たヤツ。きちんとある程度幅がある部分に
お行儀よくキレイに乗るのが、ヤツらなりの美学なのやも知れません。残念な
ことにこの時は一番端の人がいらっしゃいませんけど。


酉と肴と還と甕07
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / NEOPAN 400 PRESTO

川鵜のダンス。


酉と肴と還と甕08
Canon EOS Kiss DN + EF70-200mm F4.0L IS USM

なんだかものすっごく哀愁感を感じさせるのが小憎らしいです。
「我、何思ふ。」みたいにカッコ付けちゃってるんでしょうかねえ。。

以上、ちょっと微妙な生き物たち写真集でした・・・

          1、2枚目 撮影地:熊本県上益城郡山都町 2006/08/28
           3枚目 撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2006/11/27
               4枚目 撮影地:神奈川県秦野市 2009/09/08
               5枚目 撮影地:神奈川県綾瀬市 2010/06/22
               6枚目 撮影地:神奈川県綾瀬市 2011/08/14
               7枚目 撮影地:神奈川県綾瀬市 2011/07/24
                8枚目 撮影地:京都府宮津市 2008/11/28


>> 2012/05/22 16:39
☆コメントのお返事が遅くなってしまって、本当にごめんなさい・・・ ここのところ、全くブログ関連に手を付けられませんでした。。


>ぜいぜいさん
一、二枚目、ありがとうございます。ホント、動物ってそんな感情を持ってはないと思うんだけど、こういうのを見ると人間っぽくて笑えますよね(笑)
でも例えば飛んでいた鴨が同時に着水したり、この記事のように亀がきれいに感覚を空けて甲羅干しをしているのを見ると、何らかの感情があるのかなと思ったり。。

>condorさん
こんにちは~♪
ありがとうございます。一枚目、二枚目はずっと前に撮ったものですが、ずっとUPしたかったんです。撮った時も何かを目指して集まって来て、でも特に何も無くてその場を探しているような感じが面白かったんです。
三枚目は丹沢湖なんですが、撮った時は特に何も考えてなかったけど、後で調べたらどうもカナダガンが住み着いているようですね。
四枚目、ありがとうございます。これは被写体が中々動かないので何とかなった写真ですね。何しろスローシャッターでもぶれないんです(笑) 私的に残念なのは目の先の小枝です(泣)

>> 2012/05/11 20:52
こんばんは。
すご~く楽しい写真に癒されました^^
1枚目はその騒ぎが聞こえそうな雰囲気です。
3枚目は珍しいカナダガンですね。(写真の内容ではありませんが^^;)
そして私には大ヒット、いや場外ホームランとなった4枚目。
タイトルがまた良いです^^
せせらぎの音すら消えそうな空気感で、まさに悟りの境地が伝わってくるようです。
よ~かんさん、これは傑作ですよ☆

>> 2012/05/10 12:17
1.2枚目の解説が最高です~
カモと鯉が登場キャストなのに、まるで群像を見ているようで笑えました~
群集心理って生き物共通なのかしらん。

>> 2012/05/09 22:27
☆05/06 19:28の鍵拍手様。訪問ありがとうございました♪ GWはいかがでしたか? 私は殆ど仕事って感じでした・・・


>[2012/05/06 09:26]の-さん
ありがとうございます♪ イキモノ写真、狙って撮ることが殆ど無く、モノのついでってことばかりなのでホント少ないのです。今回はイキモノっていうよりは、イキモノと風景って感が強いんですが、そう云っていただければホントに嬉しいです。
私の正体はただの小太りのおっさんであり、それ以外のナニモノでもなく、まあへっぽこな人と思っておいていただければ間違いないです(泣)

>[2012/05/06 14:10]の-さん
こんばんは~♪
いやいや!こちらこそ、多分遙かに訪問さっぱり状態が続いていて、そちらにもホントに全然訪問できず申し訳なくて申し訳ないお化けが出ました(泣)
っていうか、ホントにありがとうございます! 目の付け所に関してはきっと感性が似ているところがあるのではないかと思っているのですが。。 今回タイトルは結構(っていうかいつもだけど)悩んだので、嬉しいですね~(笑)
亀写真の川の映り込みは狙いました。2パターン撮っていて、波紋があるヤツとないヤツです。波紋の方が完全に私の好みなのでこちらをチョイス(><)

>びーぐるさん
すいません! なんだか壮大な褒め言葉を(><)
まあ行き掛けの駄賃写真ばっかりでございまして、写実主義のびーぐるさんの写真たちには遠く及びません♪

>はっぴーさん
六枚目、ありがとうございます♪ 思った以上の雰囲気が写し込めてしてやったりな感がある写真なのです。出来れば一番右端の人もいてくれればよかったのに、この時はいませんでした。

>Scanoさん
四枚目、ガマ仙人は中々動かないので撮る方にとってはラッキーなイキモノです。三脚使ってスローシャッターでも全くぶれません(笑)
ホントこんな小さな生物たちでも絶対に何か悟ってたり黄昏れていたりしてるよなあって思いますよね。

>> 2012/05/09 22:17
4枚目と6枚目が好きです。
穏やかな空気感。。
ちいさな生き物にも、悟りや美があるんだなあ・・・とか、ぼんやり思いを巡らせてしまいます。(^^;)

>> 2012/05/07 00:16
6まいめがだいすきです♡
ひがな一にちながめていたい~

・・・・かきわすれました (^^;

>> 2012/05/06 17:50
さすがによ~かんさんが撮られる生き物は
一味も二味も違うんだと感動したのであります!!

>> 2012/05/06 14:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2012/05/06 09:26
このコメントは管理人のみ閲覧できます









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/601-a68380f0

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。