07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/02/14//Tue * 02:14
●○横濱さんぽ 貳

横濱さんぽ 貳01
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak SUPERGOLD 400

「雨上り」

ってな感じで、横濱練り歩き第二弾をやっとこうかと思います。なんだかまた
今年撮ったものじゃなくなった気配がありますが、何せお蔵には未現像のモノ
も含めて見かけ上無尽蔵に載せたいモノがあるものですから仕方ないのです。
そして、今回の練り第二弾は第一弾も結構バラバラな印象でしたが、更にそれ
に迫るっていうか上回るっていうぶっ飛ばしさ。もう知らない。って感じです。

トップですが、中華街手前の何気ない一角っていう場面です。この小さな一枚
に自分的に結構ドラマが詰まってまして、まずこの右側にあるかなりボロボロ
ちっくな「パンアメリカン ホット・ドッグ コーナー」というお店。ここに
すごく入ってみたくてこの日行った訳ですが、閉まっていたので今日は休みか
って思って後で調べたらなんと閉店していたという大ショック! 一度入って
ホット・ドックとか喰らいたかった嗚呼。そして真ん中辺りにある中華屋さん。
名前がすごい。○○飯店とか○○中華飯店とかじゃなく、ただただ真っ直ぐに
何のてらいもなく、どストレートに「中華飯店」ですよ? なんて素晴らしい
名前か! しかも店はまさに結構入るのに勇気が要りそうな雰囲気ピシパシ!
素晴らしいです。いつか入ってやりたいです嗚呼。

写真自体の話しを話しますと、ちょうどまだMXを使い始めた直後で、ASA400の
フィルムをASA400で設定して撮ったら、全体的に露出不足っぽい感じになって
しまい、ガッカリしました。でもその内の何枚かは、面白い出来になったから
まだ救われましたけど。


横濱さんぽ 貳02
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 28mm F2.8 / Kodak GOLD 100

元町。頼もしそう?な番犬二匹に見守られたお店。


横濱さんぽ 貳03
PENTAX MX + Super-Takumar 55mm F1.8 / FUJI SUPERIA X-TRA 400

撮るのが苦手な赤レンガですが、数少ないなんとなくバランスが取れてそうな
お気に入りな一枚。ハトが素晴らしくいい仕事をしています。


横濱さんぽ 貳04
Ricoh GR DIGITAL lll

山手・外交官の家玄関にて。


横濱さんぽ 貳05
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / Kodak SUPERGOLD 400

何でこんな風景にいきなりぶっ飛ぶのか理解できませんが、何か好きなんです
よねえ。ここは元町から道路挟んだ石川町の裏路地って感じの場所。私の特徴
として、こういう風な構図で撮るのが結構多いです。


横濱さんぽ 貳06
CONTAX T2 / Kodak PORTRA 160NC

またぶっ飛び戻って来て、赤レンガテイストちっくな場所へ。汽車道。


横濱さんぽ 貳07
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / Kodak SUPERGOLD 400

横濱にもヒットマンが!


横濱さんぽ 貳08
Ricoh GR DIGITAL lll

「二人」

って感じで本日は〆させていただきます。これも汽車道から。
横濱さんぽの二回目は一回目の韻を踏んでみました。どんな風に踏んだのかは、
まあ見れば分かるかなって程明確っぽいので特に語りませんが・・・
なんとなく最近横浜は、新しく手に入れたカメラとかレンズとかのお試し場所
と化している気がします。しかも歩く場所が、ワンが付く程ワンパターンって
感じで。それでも何度同じ場所に行っても飽きなくて、毎回何か発見があるん
ですよね。まあ実はそれ、横浜に限らないんですけど。とか云ったら台無し。

              1、7枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/05/07
               2枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/04/28
              3、8枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/09/14
               4枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/02/08
               5枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/05/26
               6枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/04/08


>> 2012/02/23 00:56
>めいこさん
こんばんは~♪
赤レンガの辺りは比較的楽に行けるので、結構カメラとかフィルムとかのお試しでついつい行ってしまいます。
一枚目はフィルムと露出のせいです。フィルムの味はやはりデジでは出ない(すごいレタッチが上手い人がいて、そういう人がレタッチしたらどうだか分かりませんが)と思います。あと、この写真では露出不足気味になったのがプラスに働いたかと(笑)
この瞬間に信号が赤だったのは幸運でした。青より断然赤がいいですね~
パンアメリカン・・は、もう一見普通の人は入る事はないだろうって外観(多分中も)をしていて、ホットドックとかナポリタンとかを出すすごい味わいのある店だったらしいのです。なので叶うなら新装ではなく、そのまま開けて欲しいかも(笑)

>> 2012/02/22 20:00
こんばんは。
私は横浜と言ったら「赤レンガ」なので
よく撮影にいかれてていいなぁと思います。
1枚目はフィルムというか懐かしい感じのする撮り方ですね。露出とかのせい?
私にはよく分かりません(;・∀・)が好みです。
信号が赤なのも中華街カラーに合わせてでしょうか。
「パンアメリカン」といいつつ、店舗が和風に見えるのですが・・・気になりますね。笑
是非また新装オープンとかあったらいいのに。

>> 2012/02/20 01:57
>Scanoさん
こんばんは~♪
あんまり街撮りは以前はそんなに多く行ってなかったんですが、フィルムを再開してからは格段に多くなりました。横浜はまあまあ手軽に行けるので、結構ターゲットになっています(笑) そうなんです、元町と石川町の辺りはかなりいい味出しているんですよね。
「どう撮ろうか」ですけど、私の場合、特に街撮りはホントに何も考えずにただ直感で撮ってます(笑) カメラ持ってウロウロして気になったものをパチってやるのが楽しいんですよね~

>> 2012/02/18 02:12
よ~かんさん、こんばんは!

横浜、そういえばあまりじっくり撮った事がなかったです。
元町のあたり、表通りと裏路地に表情があって良いですね~。

私はどう撮ろうかなあと考えてみましたが
“横浜とは?”に思い至りました。
なんだろう。。難しいもんです。(^^;)

>> 2012/02/16 03:29
☆02/15 06:02の鍵拍手様。拍手訪問、ありがとうございました♪


>めいさん
こんばんは~♪
一枚目、私にしては珍しくいいセンスの構図になったなあって思ってまして、まあこの暗さは偶然なんですが、そう云ってもらえると嬉しいです。
五枚目、これはもうめいさんと共通の世界ですね(笑)
ラストはもうこの影を見つけた時、影だけを気にしてタイミングを計ったんです。ありがとうございます。
このASA400の話ですが、これは私の書き方がすごい中途半端で申し訳ないです。本当はかなり長いことを書いていて、これは長すぎるからってことで削除したら中途半端で意味が分からない文になってしまいました・・・
普通にASA400のフィルムをセットしてカメラ側もASA400に設定したんですけど、何故かフィルム一本分に渡り、全体的に露光不足になってしまったんです。ホントなら普通に撮れていなければおかしいのに。なのでこれはASA400のダイヤルか露出計に問題があるのかなって思ったんですけど、結局この後同じように400フィルムを400に設定しても問題がなかったので、結局謎のままです。まあその内の何枚かが、例えばトップみたいな味のある描写になったのは救いでした。でも殆どが露光不足で使い物にならない写真ばっかりだったのですけどね。

>きらりさん
ホットドック、ホントに残念でした・・・ 中華飯店はなんかしぶとく生き残っている気がします(笑) まあコレとは関係ないんですが、私が通勤しているアキバに、永久になくならないと思われた街の中華屋さんがあって、よく行っていたんですが、この間閉店してしまったんですよ(泣) かなりショックでした。。
ヒットマンがいるのは天賞堂って店なんですけど、銀座のが結構有名です。でも横浜のダイヤモンド地下街にもいたんですね。発見した時は嬉しかったですよ。
韻を踏むのは今までもやってますよ。写真だけでなく文だったり色々ですが。これはお遊びの部分なので特に説明とかしないんですけど、そういうのを見つけてきらりさんのように云ってもらえると嬉しいですね♪

>ぜいぜいさん
そんな風に云ってもらえるとありがたいです。私の基本は特にそこら辺にあるような風景に自分なりの視点(まあそんなカッコいいことではなく、適当に歩いていてコレいい!を見つけることなんですけど(笑))を見つけることなので、特にこういったおさんぽカメラ写真は大好き、そこで私なりの視点と認めていただけるとホントに嬉しいのです。
ラスト写真は、かなり影に拘ってチャンスを待ちました。もうちょっと真ん中にキレイに影が入ればよかったんですけど・・・

>NINAさん
こんばんは~♪
特におさんぽカメラは、フィルムで撮るのがメインになってしまいました。デジでは出せない味だと思います♪
写真を寝かせてなのか、それとも撮って出しなのかは、私的にはどちらともいえない微妙なところだと思います。写真って自分の感性の部分が大きいので、その時いいと思った写真が感性としてはいいと思うんですよね。時間を置くと何かそういったものとは違う計算みたいなモノが出てきてしまうような気がして・・・ まあでも寝かせて初めてこれいい写真じゃん!ってのも多いのも事実なんですけど(笑)
私は寝かせ写真がすごい多いんですけど、それは寝かせたいからじゃなくて、ただ単に遅筆な上、現像処理が間に合わない、フィルムだからすぐにデジタル化できないという、ただそんな野暮な理由のことが多いんです(泣)
NINAさんみたいに撮って出しを連発したい思いはすごいあるんですよ~
赤レンガとハトポッポ、ありがとうございます♪ これかなり気に入っているんです。自分にしてはホントにバランスよく建物が撮れたし、ハトの素晴らしさといったら(笑)

>siabooさん
こんばんは~♪
最初の写真のアンダーはこれは偶然の産物なんです。まだMXを手に入れて間もない頃、フィルムのテストをしていた時期で、ASA400のフィルムを正直にASA400で設定してどう撮れるかとやっていたんですが、どうした訳か、全体的に露光不足になってしまって、殆ど使えない写真ばっかりになりました。この写真自体はそのおかげでいい味になったという感じなんですが。。
この後オーバーホールに出したんですが、露出計は問題ありませんでした。そしてこの謎の露光不足もこれ以降はなったこともなく。まあ何かの粋な計らいってことで納得してます(笑) MXはデザインも操作も大好きです。

>condorさん
こんばんは~♪
フィルム写真はやはりデジタルとは確実に違う不思議な雰囲気がありますね~
一枚目、構図はかなり自分でよくやったと思っています(笑) でも色合いは謎の露光不足が功を奏しました(笑)
三枚目は唯一持ってるM42のレンズで購入金額も3800円だったんですが、すっごい好きな描写をします。ただし、コイツを付けるのにマウントアダプターがいるので、コイツを付けた時はこのレンズ一本だけで勝負します。他のレンズに替えるのが面倒なんで(笑)
五枚目は人が通るのを待って撮りました。50mmのレンズはAPS-Cサイズのカメラに付けると使い難い画角ですが、本来の画角だとお散歩にちょうどいい感じになるんですよね~
昔のカメラとレンズは、今のデジカメにはない質感と、持つ喜びがあって、使うだけでも楽しいです。こうやって楽しんで使って撮れたものをよく云っていただけるのはホントに嬉しいです。ありがとうございます♪

>> 2012/02/15 23:24
こんばんは。
よ~かんさんの腕があってこそですが、フィルムの写真はどことなく温もりを感じます。
50mmの単焦点での絶妙な立ち位置が印象的です^^(1、3、5、7枚目)
特に1枚目、切り取りが絶妙ですね!色合いも良い感じです。
中央の賑やかな看板に対して、両サイドの赤信号がニクイ演出です♪
5枚目は得意なパターンですね!視線の誘導と奥行き、とても素晴らしいです。
裏路地の錆びたトタンと蔦は、日本の(路地)文化ですよね。
昔のレンズといえども、解像感と(F値による)余裕のある作風は魅力的です。
こうして大切に使ってもらえて、機材も喜んでいるでしょうね^^

>> 2012/02/15 18:13
こんにちはです。
最初のカットのアンダー加減は
感度設定のせいだったんですかあ。
いい味が出てますけどね。

MXの露出計は元気なんですよね?
癖を掴んだら逆に愛しくなりますね!
デジタルに慣れた身には
フィルムの不自由さがまたおかし。

>> 2012/02/15 13:08
ちぃーっすw

フィルム、良いですねー

以前、「写真は撮ってだし」より「少し寝かせて
発酵させて(これはウソ。話つくりました)
改めて見てみる方が良い」、と2人ばかりから言われた
ことがあります。(私なんか撮ってだしばかりだ・・・)

ぶっちぎりで3枚目の赤レンガ&はとぽっぽが好きです!

>> 2012/02/15 12:30
よ~かんさんの写真を見ると、インパクトってなんだろう、ぬくもりってなんだろうと、あらためて考えさせられます。
決して派手でもない見慣れた日常の風景なのに、すうっと目が引っ張られていくんですね~
ラストの写真、やっぱりすてき!

>> 2012/02/15 09:12
ホットドック、残念でしたね。
次来た時中華飯店もなくなっている可能性あるような・・・(笑

ヒットマンはひとりじゃなかったんだ。

一回目の韻を踏むなんて、よ~かんさんらしいです。
そっか~前回の韻を踏む事もあるなんて。今までもこういうの多分ありましたよね。
色んな面白い設定があって隠れキャラ見つけるみたいでワクワクしてきますよ。

>> 2012/02/14 11:04
よ~かんさん、こんにちは~。

1枚目のなんか暗さ加減が好みです。
今風じゃないのがよけいに感じられます。
5枚目は私も絶対に撮るでしょう(笑
一本路地に入ると、こういう光景って目に付くし
魅力を感じます。緑にさびさび~のトタンなんて
鉄板でしょう(笑
5枚目も好きだけど、一番のお気に入りはラスト。
手をつないだ影がめっちゃいいです。
あったかいお写真です。
質問です!
勉強不足で、400のフィルムをASA400で設定して、
撮ると、全体的に露出不足っぽい感じとは
どんな風なんでしょうか?
初心的なことでごめんなさい。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/589-4a9e7a01

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。