07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/01/24//Tue * 22:49
●○ブロックアート ③

ブロックアート21
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA X-TRA 400

ブロックなアレシリーズ最終回です。
この場所は崖に擁かれるように建てられているため、山側からは全く姿を確認
出来ないのですが、海方向への眺望が利くため、海側からは多分まるっきり姿
が見えているようです。静寂な誰もいない世界の中からこうして海を眺めるの
って、とても不思議な気分になります。ただ、ふと気が付くと小さな船が一隻、
じいっとこちらを見ているように静止しています。この建物を監視しているか
のように何時までもいるのが気になりましたが、その後すっかり忘れてしまい、
しかも特に何かあった訳じゃないので、問題ないと思いながら早八ヶ月。


ブロックアート22
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

①の九枚目の写真に引き続き、この場所に来て最初に目にするであろう構図。
右側はストーンと三階層分ぐらい落ちてるので結構危ないです。


ブロックアート23
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

非常にいい仕事をしている木。下から真っ直ぐ育って行ったら庇にぶち当たり、
仕方なく一回お辞儀してまたぐわんっ!と起き上がりましたって感じ。


ブロックアート24
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

同じ場所をいろんなところから撮っているのが多いこと。新鮮味なんかありは
しませんね。この写真の右側、変な黄色いヤツは、②の四枚目の左側のヤツと
同じ絵で、真正面奥の通路真ん中の椅子は、②の六枚目の写真とは真反対から
捉えたものです。そしてこの椅子の更に奥で口を開けている入口は・・・


ブロックアート25
Ricoh GR DIGITAL lll

コイツです。
なんだかサイケな感じと、ネズミ用の出入口っぽい穴が超ドツボです。ここを
潜って左側が一番最初に入ってきた場所です。そして①の八枚目にUPしている
「兵どもが夢のあ(以下略)」の場所でもあります。


ブロックアート26
Ricoh GR DIGITAL lll

散らかっているのに、妙に整理して置かれているかのように見える一枚。


ブロックアート27
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

最下層。ここは他の階と違い、地面は土剥き出しになっています。


ブロックアート28
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 50mm F1.4 / FUJI SUPERIA X-TRA 400

あ、これはなんだか廃墟っぽい。っていうかゴミ放置場っぽい。


ブロックアート29
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

やはりここにある階段にはとても惹かれます。多分、こういった地下へ降りて
行くようなコンクリート剥き出しの光景って、あまり日常的ではないからなの
かなあ・・・ 小説とか何かの本とかのこういった描写を思い浮かべると多分
こんな感じになると思いませんか?


ブロックアート30
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

左手の壁にスプレー缶を持ったパーマンたちが壮大に描かれているのですけど、
これを全部捉えてみたら、これがまたホントに詰まらん写真になりまして(泣)
諦めて無難なカットでお茶を濁しました。。


ブロックアート31
Ricoh GR DIGITAL lll

前々回、前回と現れたアノ例の階段、ラストにやっぱりまた現れました。現れ
ましたって、全く、自分でUPしていながら何云っちゃってるんですか。わはは。
そんな脱力風味な文を書きつつ、今回のシリーズを〆させていただきます。

思い切り大量UPになってしまったこのシリーズですが、なんだかこうして冷静
に見ると、やっぱり絵に撮らされている感が否めないし、しかも三回も連続で
続けた割にはオチも何もないという素晴らしさ! こんな時は必殺の鼻唄でも
歌いながら(イメージ:ふ~んふふ~ん♪ふふふ~ん♪)放置です。
大量のかけ流し写真UPにお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
このような日常では見ることが出来ない光景を、たまに覗いてみるのも面白い
かも知れません。まあ色々と危険が考えられる廃墟へのアプローチは、お奨め
することはできませんが・・・

               撮影地:神奈川県足柄下郡真鶴町 2011/05/19


>> 2014/01/14 18:57
>四ッ谷さん
初めまして。もう哀しい程更新出来ていない拙ブログによくいらしていただきました。
四ッ谷さんは廃墟巡りではなく、こういったアート好きということなんでしょうか。ここは面白い場所ですね。
あと、写真のことを良く云ってくださってありがとうございます。細々とした趣味ではありますが、そう云っていただけると励みになります。
もし機会があれば是非この場所を訪れてみてくださいね。

>> 2014/01/07 00:09
初めまして。グラフィティアート巡り趣味の通りすがりです。国内の著名なグラフィティライター達の作品を、他ブログとは違い、構図なども凝った素敵な写真で楽しく拝見させていただきました。って偉そうにすみません汗
自分もいつか見に行きたいです。では、お邪魔しました。

>> 2012/03/04 00:29
>はっぴーさん
はっぴーさんが「海」という珍しい(笑)題材でUPされていたので、時間を中々作れなくて少しずつですが読ませていただいていました。真鶴はぜひ島内のハイキングをもっとしてみたいですね~
ここはそんなに怖い感じの場所ではないので、複数で攻めれば全く問題ないかも知れません。まあでもやはりオススメはできませんけど・・・
でもやっぱり冒険家のはっぴーさんのことだから、こういう場所には興味があるのかなって思いますね~♪

>> 2012/03/03 17:10
先日、“平凡な真鶴”を歩いてきました。

こういうとこ、ちょっとだけ興味ありますが、
私は恐がりなので、やっぱりこわい~!!(笑)

>> 2012/01/31 01:08
>そらさん
おお、この写真集では恐怖感がありましたか。こういう風になんらかの印象を持ってもらうのは嬉しいですね~♪
この場所は片側が海となって開けているので、意外と怖さはないんですよ。行ったのは朝だし。まあこれで自分以外の足音が聞こえたらちょっと嫌ですけどね。
私自身、滅多に見られないような場所なので、私も楽しんで撮りましたよ♪

>> 2012/01/30 13:47
今回の写真は恐怖感がでちゃう。
こういうところの階段って怖い!
自分以外の足跡が聞こえたら悲鳴をあげて
逃げそう~~~^^;
よ~かんさんは怖くなかったの?
中々見れるものではないので隅々まで見れて得した気分♪

よ~かんさんの言葉もめっちゃ楽しかったぁ~^^

>> 2012/01/29 00:30
>びーぐるさん
私自身も行く機会を見つけるのが難しいジャンルの場所なので、勉強になりましたし、そう云っていただけると嬉しいです。ありがとうございます♪

>siabooさん
初めまして、コメントありがとうございます♪
拙作をダラダラと並べ立てただけのブログですけど、色んな場所の色んな面白いモノを見たいって欲望は結構あります(笑)
リンクありがとうございます。こちらも時間を見つけてsiabooさんのところに遊びに行かせていただきますね~

>NINA 27さん
こんばんは~♪
使ったカメラの内訳は、フィルム一眼レフ二台にそれぞれカラーと白黒フィルムを詰めたものと、超広角をつけた入門用デジタル一眼レフ、あとGRDです。
まあでもほぼ一台ずつ持ってウロついただけなので、意外とすごくないです(笑)
パーマンの絵はすごかったですよ。ホント何人でどうやって描いたのかって感じなんですが・・・
変な霊がいるような雰囲気ではなかったので、多分大丈夫かと思います(笑)

>> 2012/01/27 12:28
こんにちは
カメラ3台ですか?すごーい・・・

最後から2枚目に「パーマン」の絵がw
何人で描いたのか ここは実際に行って
肌で感じてみたいですねー(変な背後霊、
連れて帰ってきてないですか?)

>> 2012/01/26 15:34
初コメです。フットワークの軽さと、
写真への情熱いっぱいのブログですね。
 
地元の滝もまわりきれてませんが、
リンクさせていただきます。

>> 2012/01/26 07:01
迫力と恐ろしさ満載の、私には絶対行けない
珍しい画像をありがとうございました!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/585-2b3197d4

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。