07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2012/01/14//Sat * 01:04
●○ブロックアート ①

ブロックアート01
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / NEOPAN 400 PRESTO

廃墟ってのは大抵明確な場所を伏せられているのが多くて、機会があれば見に
行ってみたいと思っても中々そう旨い話はなかったんですけど、ここはそんな
へほ~な私でもなんとか見つけられた場所でした。通称ブロックアートという
名で呼ばれています。
見に行ったのは去年の五月。その時はカメラ四台を使って、やたらにたくさん
撮ってしまい、現像処理のことを考えたら面倒になりそのまま放置されました。
そして完全にUPの機会を失っていたのですけど、最近になって急に現像処理を
がんばったため、やっと日の目を見た訳です。

そういうことなので、なんだか写真がたくさんあって絞り切ることが超ど下手
な私が絞り切ることが出来る訳が120%なく、記事にして全三回分はUPしないと
収まりそうもないので、大変申し訳ありません・・・


ブロックアート02
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

入れそうな二箇所の入口は、このように鉄格子っぽいもので塞がれています。
とは云っても、この入口はちゃんと隅から入れるようになっているのですけど。


ブロックアート03
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / NEOPAN 400 PRESTO

この建物は骨格は鉄筋コンクリート、壁はブロックで造られ、崖に沿って何層
にもブロックが積み上げられるように建てられています。なので構造はとても
単純なのですけど、一歩中に入ると何故か迷宮に踏み入ったような感覚に陥り
ました。ここは、数十年前にバーベキューだか、焼肉だかの店を開こうとして、
結局は営業が出来ないまま頓挫し放置された建物らしいです。


ブロックアート04
Ricoh GR DIGITAL lll

迷宮っぽく感じる最重要アイテム「階段」。
いかにもゲームに登場するダンジョンにあるような階段なので、ワクワクです。


ブロックアート05
Ricoh GR DIGITAL lll

でもそれだけでは構造が単純なので、きっとすぐに飽きあまり心には残らない
物件になるのでしょうけど・・・


ブロックアート06
Ricoh GR DIGITAL lll

こういった階段はなんだかすごくいい感じだと思うのです。


ブロックアート07
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

単純な素っ気無いコンクリートの塊に華を添えるのが、建物の壁大部分に及ぶ
落書き。中にはすごく高レベルな落書きもあり、この場所が「ブロックアート」
という名でどうして呼ばれるのかが分かります。特に絵心というものが、120%
無いっていうか欠損している私にとっては、大変な場所です。壮観です。


ブロックアート08
PENTAX SuperA + SMC PENTAX-A 50mm F1.7 / NEOPAN 400 PRESTO

兵どもが夢の跡・・・


ブロックアート09
Ricoh GR DIGITAL lll

この物件を見つけた時は、多分こんな風なアングルを最初に見ることになるの
ではないかと思われます。断崖に沿って嵌め込んだように建てられているため、
海側からは容易にこの存在を見つけることが出来るのだろうけど、道路側から
見ても建物の存在は全く分からないようになっていて、心理的な盲点というか、
なんとなく忍者的な感じがします。なので見つけた時はちょっと感動しました。
この建物が廃墟とならず、普通に営業されていたら一体どんな感じだったんだ
ろうって思うと、とても不思議な気がします。


ブロックアート10
Ricoh GR DIGITAL lll

この景色は一体何なのか?ということは、云わぬが華ってモノでしょうか。
もしもこの写真を見た方が、いつしかこの場所に行く機会があれば、嗚呼そう
いうことなのか~って思うかも知れません。。

・・・なんだか、また小賢しいことをしているな?なんてきっとご推察をされ
ていることでしょう。「兵どもが夢の以下略」などと書いた割には、後二回程
はお付き合いいただくことになるところが小賢しい感じです。

               撮影地:神奈川県足柄下郡真鶴町 2011/05/19


>> 2012/01/24 23:44
>めいさん
廃墟は全く何処にあるのかを載せていないものが大部分なので、今回の場所はかなり運がよかったんだと思います。独りで踏み込むのは確かに躊躇するものがあります。私のとった今回の策は、一番人とかち合わなさそうな早朝に踏み込むっていうだけでした。おかげで誰にも会わずに何度もこの場所を出たり入ったりを繰り返せました(笑)
トップ写真、実はこのモノクロ以外にもカラーで二台のカメラでも撮っていて、どれを載せるのかを本当に悩んだので、嬉しいです。
三枚目、思いっ切り狙ってみましたが、予想外にうまく行ってよかったです。
四枚目は、とにかくこの階段がお気に入りだったので、色々と試して撮っていたんですよ(笑)
六枚目、これもまたフィルムでも同じ場所から撮っていて、すごく悩んだけど、こっちにしました。今回の廃墟は色があってこその場所ではあったんですけど、こういう時に敢えてモノクロってとても新鮮に感じます。

>> 2012/01/24 18:40
よ~かんさん、こんばんは。。

よく見つけられたなぁって思いました。
踏み込むのには勇気がいりそうで。。
TOPの空気感が好きです。殺伐としてるけれど
なんか惹かれて、魅入ってしまいます。
3枚目。。こういう撮り方大好きです。額縁的な感じで。。おまけに額がずっと続いてるのっていいですね

4、6枚目の階段もいいです。
4枚目の階段はこうやって撮るのかぁって感心しました。私はいつも同じようなアングルで撮ってしまうので、勉強になりました。
6枚目は光がとっても好きな感じです。
モノクロだから余計にいいなぁって思いました。

>> 2012/01/18 02:41
>そらさん
こんばんは~♪
すごい写真!って褒め言葉なら嬉しいですね~
廃墟ってホント全く場所が伏せられているのが多くて、探すのが本当に面倒なんです。でもここはなんとかなりました。
カメラを変えて何度も同じ日に突入したので、かなり夢中にはなっていましたよ(笑)
またさっきUPしたので、よかったらまた見てくださいね♪

>ぜいぜいさん
怖さを感じるのは多分モノクロだからでしょうかね~
ああ、でも人工物が段々植物に侵食されて行くって雰囲気は怖いかもしれません。廃墟の魅力ってそういう風に時間をかけて段々と元あったモノが別の何かに変化したり浸食されて行くこともそのうちの一つなんだろうなって思います。

>> 2012/01/18 00:01
わあ、なんだか怖さを感じる廃墟ですね~
9枚目の草に覆われた廃墟がまた別の意味での怖さを持っています。
なんていうか、別の生き物に征服されちゃったような感じかしらん。

>> 2012/01/17 18:39
こんばんは!

すごい写真!
見てると怖くなるけど
もっと見たい!って気持ちにさせてくれる。
でもよく見つけたねぇ!
拍手~拍手

よ~かんさんが夢中で撮ってる姿が目に浮かぶ^^
次回も楽しみに待ってま~す!

>> 2012/01/17 17:56
>めいこさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします♪
九州はもう何年も行けてないんですよね。なんだか行きたくなってきた・・・
確かに落書きは邪魔だと思います。色んな風合いが台無しになりますから。ただここは無機質な感じはいいのですが、構造が単純の上特に気になるアイテムもなく、落書きがあって一つの作品になるのかなって感じもします。廃墟としてはちょっと異質なのかな~
カメラ四台は、実は一台でグルッと中を巡って車まで戻って今度は違うカメラでまた中を巡るってのを繰り返しました(笑)

>びーぐるさん
まさにこんな場所にこんなものが!って感じでした。
私も廃墟で一番怖いのは、人的な危険です。どんなに理不尽なことがあっても不思議はありませんから・・・

>NINA 27さん
初めまして、コメントありがとうございます♪
いつも見ていただいているなんて、嬉しいです。
廃墟ってモノに殆ど行ったことがない一般な人がこういう場所で写真を撮ったらどんな感じなのか?って懸念があったので、そう云っていただけると救われます♪

>> 2012/01/15 19:05
こんばんは 初コメさせていただきます
いつも楽しんで拝見させていただいてます

今回の廃墟シリーズ、構図もすべてかっこいい!です

>> 2012/01/15 09:00
なんだか凄まじい廃墟ですねぇ・・・
建物の廃墟は人的な危険性がありそうで及び腰です。

>> 2012/01/15 00:01
遅ればせながら今年もよろしくお願いします!
最初1枚目見たとき佐賀の有名な某造船所の廃墟かと思いいつのまに九州に!?
と思ったら、別の場所だったのですね!
迷路みたいな無機質な感じいいですねー。
しかし、落書きがなければいいのにと思うのは
この場所の存在を否定する事になるのかな・・・?
カメラ四台ってすごいですね!とても重そうで
それだけで鍛えれそう・・・。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/583-a92b40ca

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。