07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/11/11//Fri * 22:22
●○三頭山

三頭山01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

ちょうど去年の今日、三頭山に登ってきました。読みは「みとうさん」。何か
「おとうさん」。に似てますが、違うので気を付けてください。場所は東京都。
と、これだけでは確かに不親切なのでもうちょっと云うと、東京都の本州唯一
の村、檜原村(他にも奥多摩町、山梨とも鬩ぎあってますが)にあります。名前
の通り、山頂が三つある山です。色々とバタバタしている内に、載せる機会を
思い切り逃してしまい、キッカリ一年を待ってUPとなりました。まあこうした
日の目を見ない写真たちが他にも幾つも大量に眠ってたりして、地味に困って
いたりしますよ。

三頭山02
Ricoh GR DIGITAL lll

都民の森駐車場というところに車を停めまして、ここから登り出しました。
山頂までの標高差は550mない位なので、この時の私は結構山にちょくちょくと
出かけていたこともあって、かなり気楽な風情で登ることができました。それ
がどうでしょうか。一年後の今日、酷い体たらくでございます。ついでに云う
と一年後の今日、山に行こうとしてましたが、見事な雨男っぷりでございます。

・・・なんだかお話が逸れましたので元に戻しますと、都民の森駐車場という
ところに車を停めまして、ここから登り出しました。いきなり登山口に、これ
から通る鞘口峠に数日前にクマが出た!って看板が。いきなり中々いいジャブ
を放ってきましたね。その鞘口峠をちんまりと通り抜けまして、山頂を目指し
ます。しかし、この辺りの登山道は素晴らしい。自然林の中を登って行くよう
になっていて、晴れて秋の素晴らしいことと云ったら! 紅葉の時期には少し
遅い感じでしたけど、それでも超気持ちいいハイキングでした。


三頭山03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なんとなく標識。


三頭山04
Ricoh GR DIGITAL lll

晴れているというのは何でこんなに晴々なんでしょうか。


三頭山05
Ricoh GR DIGITAL lll

さて、山頂が三つあると、その中で一番高い山頂が真の山頂じゃね?って思う
じゃないですか。ところがこの山は不思議なことに、一番高い頂が何故か真の
山頂扱いっぽくないのです。
今回のルートだと、三つの山頂は東峰⇒中央峰⇒西峰の順で巡ることになった
のですが、それぞれ順に東峰1527.5m、中央峰1531m、西峰1524.5mという標高
になっています。ですが、この中で一番低い西峰が明らかに一番偉い山頂扱い
になっているんですよね。この写真の中央峰なんか一番高いのにひっそり感が
すごく強い。東峰も似たような扱い。なんでなんでしょうか? ちなみに西峰
はトップ写真です。中央峰の写真と較べると明らかに西峰が三頭山山頂扱いと
なってます。なんか不憫な気がしないでもありません。


三頭山06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

西峰が主峰扱いなのは、この風景が見えるのはこの峰からだけだからっていう
のもあるんでしょうか。確かに見晴らしは素晴らしいです。富士山が見えると
いうのは知らなかったので、ちょっと得した感じ。まあ結局どんな事情で西峰
が偉くなったのかはよく分からないんですが、お茶を濁しましょう。


三頭山07
Ricoh GR DIGITAL lll

山頂でお弁当など頂きまして、一時間位へたばった後、違うルートで下山です。


三頭山08
Ricoh GR DIGITAL lll

青空に色付いた葉がとにかくきれい。


三頭山09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

途中沢とぶつかって、しばらく沢に沿ったり渡ったりしながら下りました。


三頭山10
Ricoh GR DIGITAL lll

結構もう都民の森駐車場に近くなって来た頃の一枚。とてもお気に入りです。


三頭山11
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

一番最後を飾るのは下山途中にあった三頭大滝(落差33m)です。
今回の写真の中でも一番お気に入りで、この滝だけで記事を作ろうと思った位
だったんですが、この一枚以外が載せる程か?と云われるとそうでもないかも
知れないので、この一枚だけ記事の最後にひっそりと置かせていただきました。
もし紅葉が一番いい時にここに来れたらすごい景色になったんでしょうか?

この滝から都民の森駐車場までは道がとてもよく整備されていて、道にウッド
チップなんか敷き詰められていて足にとても優しい、すごい贅沢な道となって
まして、しかもあまり坂になっていないのでこの滝を見て引き返す人々も多い
感じでした。それにしても三頭山、ホントに素晴らしい山でした。また晴れた
日に登りに行きたいです。


行程なんか書いてみます。

都民の森駐車場(08:18)⇒鞘口峠(08:38)⇒見晴らし小屋(09:24~09:30)⇒
東峰(10:07~10:10)⇒中央峰(10:13~10:16)⇒西峰(10:22~11:22)⇒
三頭大滝(12:37~13:02)⇒都民の森駐車場(13:30)


※三頭大滝--都民の森駐車場間は、正にビクトリーロード!

               撮影地:東京都西多摩郡檜原村 2010/11/11


>> 2011/11/22 23:08
☆今回は輪をかけてすごくお返事が遅くなってしまい、ごめんなさい・・・


>ぜいぜいさん
確かに西峰が境ですよね。確かにそういう考えもあるのかもしれませんねえ。中央と東峰は本当にひっそりで、なんかもの悲しいのです。
三頭山、冬はどうなんでしょう? 少なくとも私が歩いた秋は素晴らしく気持ちのいい道でしたよ~♪

>びーぐるさん
三頭山は結構高いんですが、登り始めも結構高いので、差は500m位の登りで済んでしまい、お手軽ですよ♪
晴天の歩きは本当に素晴らしかったです。

>condorさん
こんばんは~♪
去年のこの時期は私にしては結構山を歩いていたので、とてもお手軽で気持ちいい山歩きを楽しめました。
最近はとにかくお蔵入りの写真が多過ぎて、それもまだ現像処理さえしていないものばかりで存在をどんどん忘れてしまってきています(笑)
西峰はやはり展望と、あと県境ってのが大きいんでしょうね。富士山はつい最近見たので、condorさんが仰ったことは分かりましたよ~
写真はもう素晴らしい天気に助けられただけとしかいいようがないんですが、10枚目は特にお気に入りでそういっていただけるとすごく嬉しいですよ♪
今年も出来る内にチョコチョコと山歩きをしたいと思っていますが、さて天気がどうなるんだか・・・

>> 2011/11/13 23:09
こんばんは。
なかなか気持ちよさそうな山歩きでしたね。
私も去年の写真をアップしようと思っていたので、この流れには親近感を感じました(笑
標高とは裏腹に西峰が主役扱いは、文中の記述どおり富士山の展望でしょうね。
展望の良い場所しか行かない人も多いでしょうし。
ちなみに昨日〇回目の雪化粧を行って、富士山もちょうど写真のような姿になっています。

富士山の雪は似たような状態でも、空の色を見ると寒そうですね。
空気が冷たく、そして澄んだ時の青空が、素晴らしいです^^
2、4、7、8枚目は素晴らしい青空ですし、光の使い方が絶妙です。
特に4枚目、影がニクイですね^^
そして10枚目、稜線で奥行きが感じられ、空にも適度に雲があって、素晴らしい構図となってますね!
今回は滝も脇役になってしまいましたね。

>> 2011/11/13 08:03
三頭山って登ったことはありませんが、結構高い山なんですね。
晴天のもとで爽快そのものの登山でしたね。

>> 2011/11/12 12:55
三頭山の山頂、たぶん都民は東から歩くから、せっかくピークが3つあるのに、中央峰を山頂にしちゃうと、西峰までだれも行かずに不遇になってしまうので、なんちて

想像ですが、西峰が山梨県との県境だからっていうのもあるかもです。

三頭山、まだ行ったことないですが、冬とかに歩いたらいいかもかなあと思いました。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/573-2c33c601

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。