08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/10/30//Sun * 22:22
●○横濱喰いモノ祭り

横濱喰いモノ祭り01
Ricoh GR DIGITAL lll

まず最初にお断りしておきますが、そんな名前の祭りはないので調べたりして
はいけません。人生が無駄に空虚な感じな何か?になると困ります。
ただ単純にアキバさんぽ⇒祭りって続いたので、横浜でもさんぽ⇒祭りってな
方向でマネしたら楽というか行きがけの駄賃というかなんかすいません。
まあ単純に横浜に遊びに行った時に昼飯を一体どうすればいいのか悩み、喰ひ
モノに一喜一憂している漢の記録と思っていただければ、あながち間違いとは
云い切れないかもしれないような気がしないでもありません。

↑を要約すると「横濱で喰らった喰いモノと私」って感じです。
そんな訳で、一発目はまず一鶴横浜西口店で鶏を喰らう前に乾杯!
乾杯と云えば、私たち大人の人はジョッキをぶつけ合う瞬間って意外と細心に
標準を合わせコツン或いはゴツンとぶつけたりして、せっかくの弾けて高まる
瞬間にちょっとトーンダウンしないでもないですが、なに、勢いよくガチンと
ぶつけ過ぎジョッキが割れ中身をぶちまけこれからの楽しい一時が出だしから
台無しと哀しみと面倒なこれから。を思えばなんてことはございません。


横濱喰いモノ祭り02
Ricoh GR DIGITAL lll

一鶴は、香川県の丸亀市に本店がある鶏モモ焼きの店です。何店かある店舗は
ほぼ関西圏にあり、東日本には何故か東京にはなく横浜に二店あるだけです。
何故なんだろう?と思っていたら、二店ある内の一店舗は既に閉店になってた
という輪をかけて風前の灯状態の哀しみ。関東にウケないんだろうかこの店?
その割には残り一店舗は大繁盛してますけど。不思議不思議。
まあ不思議な話は置いておいて(置くんか!)、この鶏モモ焼きというのがコレ
がまたビールに恐ろしい程合うことといったら! 相当やヴァいレベルです。
この店は鶏モモ焼きがメインで、サイドメニューはそんなに多くありません。
鶏モモ焼きはひな鳥、親鳥とあり、ひな鳥は比較的柔らかめ、親鳥は固めです。
味付けは少々和を感じさせるスパイシーな感じ。濃くてしょっぱ目です。でも
この濃くてしょっぱ目がビールの為にあるといって過言ではありません。多分
きっとビールの為に考え出されたモノに違いありません。銀色の皿に乗せられ
出てきたコイツをガブリとやれば、外はパリッと香ばしく中はジューシーとか
いうモノ凄く陳腐な表現っぷりです。そして返す手でビールをガブリと行けば
なんだか幸福感が私を襲う。そうしてこの皿に溜まったオイリーな何かに付け
合わせのキャベツ、別注文のおにぎりを浸して喰うとまた! 身体に悪そうな
感じが罪悪感を生んで、これがなんかまた旨いのです。
親鳥の方はかなり固くて喰い千切るのがちょっと大変な為、そのままで出して
いただくと「喰い千切れん!うむーん・・」とばかり格闘しそのまま千切った
瞬間にオイリーな皿とかに激突して大惨事になる可能性を考慮して、最初から
カットして出していただきます。噛み噛みしていると旨い何かが口に広がって
旨いです。という訳で、この店に行くと必ずひなも親も頼み、ビールとともに
堪能するのでした。


横濱喰いモノ祭り03
Ricoh GR DIGITAL lll

前回記事五枚目の写真で書いた、元町では二店舗しか・・の件ですが、その内
の一軒がこの店。仲通りにあるEL ELLAというフレンチレストランです。また
私からフレンチとか云う言葉が発せられて驚いてはいけません。ここも十分に
気楽なお店です。店の前のメニューを見てたら、なんとなく入ってみたくなり
飛び込みました。店内は私のような別にオシャレでもなんでもないおいちゃん
にも優しい雰囲気であり、助かりました。


横濱喰いモノ祭り04
Ricoh GR DIGITAL lll

ランチは前菜と主菜を幾つかあるものから選ぶようになっていて、散々悩んで
前菜「三浦野菜と新じゃがのシーザーサラダ」、主菜「牛バベットステーキ」
にしてみました。なんか両方ともいかにも旨そう感が漂っています・・・
そして待ってたらパンとともに前菜が運ばれて来ました。いかにも旨そうです。
パンの大きさは申し訳程度ですが前菜は丁度いいボリュームであり、最近私は
色んな野菜をワシャワシャ喰らうのが至福なので、これはかなりいい感じです。
地味にナイフフォーク置きが長いネコでした。


横濱喰いモノ祭り05
Ricoh GR DIGITAL lll

そして更に少し待っていたら、来ました主菜。これがバベットステーキです。
バベットとは日本で云うハラミで、フランスでは一般的な感じらしいのですが、
当然その時私はバベットというモノが何か分からず、注文したはいいけど一体
どんなモノが現れるか不安でした。まあ来てみれば超好きな感じの肉だったの
で、嬉しいことしきり。柔らかいではなく、適度な弾力のある噛むといい味が
口内に広がるヤツです。
雰囲気も対応もよかったので、この店はお気に入りになり、次に元町に行った
時もご利用になられました。


横濱喰いモノ祭り06
Ricoh GR DIGITAL lll

こうなったら前回記事五枚目の写真で書いた、元町では二店舗しか・・の内の
もう一軒にもスポットを当てなければなりません。しかももう一軒の方もこれ
また仲通りにありました。TBC DINERというアメリカンなレストランです。
元町と川崎と一軒ずつあるらしい。なんとなくチープさが漂う外見、中に入れ
ばアメりカーンな雰囲気。いいです、これ。大好きです、これ。


横濱喰いモノ祭り07
Ricoh GR DIGITAL lll

もう、どかーんとビフテキ(使ってみたかった死語を無理やりin!)とか勢いで
超行ってみたかった気もしましたけど、なんとなくバーガーにしてみました。
なんてバーガーかどうしても思い出せません。クラシックだかカリフォルニア
だかそのような名前のランチセットだった筈。そしてセットのコールスローが
やってきました。バーガーには必須アイテムのケチャップ&マスタードが泣か
せどころです。


横濱喰いモノ祭り08
Ricoh GR DIGITAL lll

しばらくしてメインのコイツが到着。むっはー。どうにも旨そうですね。付け
合わせのフライドポテトがまた。むっはー。どうにも旨そうですね。とにかく
バーガー袋に入れて齧り付くんだ!

この店もこの前の店も、観光客よりは地元の人率が高い感じで、大変落ち着け
るのが高ポイント。まあ平日だからであって、休日はダメかもしれませんが。
何にしても落ち着いてランチを楽しめるのはとても嬉しく、今年に片手位しか
行ってない元町の内、98.7%がこの店たちでランチしてたりします。


横濱喰いモノ祭り09
Ricoh GR DIGITAL lll

横浜家系ラーメンの総本山、吉村家。家系ラーメンは神奈川とかにお住まいの
方であればどちらかに入られたことがあるかも知れません。まあその親玉です。
ラーメンは今流行りのなんとなく高級志向のものよりも、圧倒的に街の中華屋
さん的な中華そばが好きなのですが、中華そばとは明らかに違う家系ラーメン
も結構好きです。「ナンだ?このスープは?呑みモノじゃなく喰いモノじゃね
ーか!!」的な印象を私に残した近藤家を皮切りに、結構昔から家系は行って
たんで、慣れているのかも。。 とにかく豚骨醤油に海苔に叉焼にほうれん草
に太麺に油で攻めてくるラーメンと思っていただく。麺の固さ、味の濃さとか
を選べるのですが、味濃い目とお願いすると店の兄ちゃんが復唱をするのです
けど、何度聞いても「あじこめ~」と聴こえることがあることはどうでもいい
ことですか?
とまあ、昔から親しんでいる感じの家系ですが、この総本山に初めて行ったの
は一年前とかなり新しいです。一度は本家モノを喰らってみたいとは思っては
いたものの中々行く機会はなく、やっとって感じです。この日は横浜で呑んで
まして、〆にラーメンはどうよ?ってことになった訳です。〆に家系は違うの
ではないのか?と思わないでもなかったんですが、そこは酔っ払いの戯言だし、
この時一緒に呑んでたヤツが酒は底なし胃袋も底なしなモンで、つい。
つい。なんだってんでしょう? まあとにかくこの日選ばれたのが吉村家だと
いう訳です。ハッキリ申しまして、腹はかなりいい感じで一杯で、ラーメンを
一杯喰らえるのかどうか、かなり自信はなかったんです。まあとにかく何にも
トッピングしない普通のでスープまで行かなきゃ何とかなるだろう。と思って
突入しましたよ。もう夜の10時って感じでしたけど、この写真の通りこの店は
何時行っても行列店です。まあ並びました。


横濱喰いモノ祭り10
Ricoh GR DIGITAL lll

しばらく並び、次は私たちの番だね?ってところまで来ました。したら私たち
の後ろにいたファミリー(大人二人小人二人構成)分の席が丁度空いたらしくて
店の兄ちゃんが、もしよろしければファミリーを先に入れさせてやっては頂け
まいか?と聞いてきたのです。私たちは快くファミリーに席を譲ったのですが、
その後私たちに順番が来て空いた席に座り一番ノーマルなヤツを注文をしたら、
カウンターの中の兄ちゃんが「先程は譲って頂いてありがとうございました。
トッピングをサービスさせて頂きますので、好きなものを云って下さい。」と
こう来たのです。何い?私は腹が一杯な筈だ。なので一番シンプルなラーメン
を注文した。これでも多い。それなのに更にトッピングとは何の拷問か?相当
悩み、一番辛くなさそな海苔を選びました。ところが出てきたラーメンを見て
驚愕。海苔がずらっと豪勢に器の三分の一以上を占め、更に困ったことに注文
してない玉子が乗って(写真参照)やがる。オロオロしていると先程の兄ちゃん
が「玉子もサービスさせて頂きました!」とにこやかに軽やかに宣言(泣)
・・・なんでこんな腹が一杯の時にこういうことになるのか? 気が遠くなり
そうになりながら必死の形相で喰らいもうどうやっても無理な麺を必死の形相
でスープの中に沈めて形式上軽やかに「ごっそさま~」と店を出ました。腹は
パンパカですパンバカ(泣)

と、悲劇みたいな話になってしまいましたが、この店の接客は素晴らしいです。
ただ来た客を流れ作業で座らせるのではなく、ちゃんと客が気持ちいいように
考え、動いています。そして声かけ一つも私たちにやってくれたサービス一つ
も心から云ってくれているように見えました。すごく沢山の人が毎日来るのに
こうした丁寧な接客があるから、人気が衰えないんだなあきっと。


横濱喰いモノ祭り11
Ricoh GR DIGITAL lll

さて、恒例のおまけを一つ。
↑の吉村家の日、その前に呑んでた店が、ぢどり屋横浜店。九州の地鶏を喰わ
せてくれる店で、とても旨くてお気に入りの一つなのですがその中のメニュー
に「カラカケン」というモノがあります。写真の通りなにやら赤くて辛そうな
物体を、炭火で炙ったフランスパンに載せて喰らう。これがハンパなく辛くて、
その時点で相当呑んでた知人が「酔いが全部ぶっ飛んでしまいました(泣)」と
また呑み直す程のシロモノ(><) まあとは云っても、辛さに強い人にはさほど
のモノではないかも知れませんが。コレを喰らって辛がってる私たちを見てた
他の客(カップル)がそんなに辛いの?と注文して目茶苦茶辛がって、ホントに
辛いですねコレ、ガハハってなって、和んだことがありました。
なんというか、コレを一口パクつくと一瞬遅れて顔面の周りの気温がシュッと
下がったようになり、更に一瞬遅れて顔面から火、ノドから火火ー!(><)って
感じになり、その後は私の場合大発汗大会となります。タオルを持ってないと
大惨事です。なんて楽しい喰いモノなんでしょうか。癖になってしまって行く
と必ず頼んでしまいます。

               1枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2010/07/29
               2枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2010/09/04
              3~5枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/04/28
               6枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/09/14
             7、8枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2011/05/26
             9~11枚目 撮影地:神奈川県横浜市 2010/09/25


>> 2011/11/12 01:37
>そらさん
こんばんは~♪
私は少しずつこの記事の文を書いていたので、その度にこの記事にアクセスしなければならず、自分で撮っておきながら自分でダメージ受けてました(笑)
何を云っているんですか、私程ナイフフォークが似合う人間は中々いませんよ(笑)
アメリカンな店はこの壁のイラストとかでアメリカンな雰囲気を出してましたよ。
そしてそう、最初の一杯はやっぱりビール! 私はそんなにビールは好きじゃないんですけど、最初の一杯だけは別です♪ サルー(inスペイン)!

>> 2011/11/09 12:35
こんにちは~!
この記事見逃していた!
どれもこれも美味しそうで空腹のときに来なくてよかった^^
最近よ~かんらしからぬフォークとナイフのお店が多い気が・・・笑
似合うからいいんだけど。。^^
壁に飾ってあるイラストとっても素敵だね。


やっぱり最初の乾杯はビールだよねぇぇぇ~~~♪
カンパ~~~イ☆

>> 2011/11/04 23:36
>ユウカ☆さん
やヴぁいでしょう? 写真だけでもかなりの破壊力なんですけど、実際に目の前にしたら匂い、色、音、全てにやられてしまいますよ(笑)
ビールが呑めなくても、この肉汁オイルに付ける用のおにぎりがちゃんとメニューにあって、浸して喰らうとそれはまたすごいです。
ココのラーメン屋さん、すごい元気なんですけど、それだけではないなってちゃんと思わせるところがすごいです。しかもこういった不測の事態の時にこそ、心がけがちゃんと現れるんですよね~
博多のその店の人も、心からのサービスが身についているんでしょうね♪

>tacaさん
おお、tacaさんもビールはダメですか~
まあそれでもお握りに禁断の肉汁オイルを浸すという業があるので、全く大丈夫です(笑)
ハンバーガーの店は正しくちょっと昔のアメリカンです。ここってそういったファミレスみたいな店なのかと思っていたんですが、どうやらチーズケーキの店が元らしいです。
確かに昔はビフテキって云ってましたよね。絶対にこの云い方の方が美味しそうな気がするんですけど、なんで死語になってしまったんだろう(笑)

>びーぐるさん
確かに前半におフランスとかあったり、オシャレさんな雰囲気があるかもしれませんが、一番最後のはなんで地鶏料理屋にこんなのがある?って一品です。まあでもすごい辛いけど何かがリセットされるような気がするけど旨いですよ~♪

>ぜいぜいさん
わろてくれてホントにありがとうございます♪ このシリーズ、一日に少しずつ文を書いて作っていたんですが、ブログのページを開く度に旨そうな料理を見なければならず、夜中とかはかなり辛い思いをして書いているので、そう云って頂けると相当報われます!
ビフテキ、ブタってのは結構酷いですね(笑) 確かに今だったら大変かも(笑)
そいえば全然関係ないんですが、私は野崎のコンビーフ(馬と牛が混ざってる方)が大好きでして、そのコンビーフがどうも純粋に牛だけで構成されていないものはその名を名乗ってはいけないらしく「ニューコーンミート」ってのに変わった時はすごく哀しかったです・・・ あまり美味しそうじゃないし・・・

>> 2011/11/04 16:37
おいしそうな感じもそうですが、エピソードが軽妙でおもわず引きこまれてしまいました。
写真の説明だけではないお話は、さらにお料理が印象深くなりますね。
なんかすごくわろた。。。

ビフテキ、子供の頃のは注文すると豚肉でした。
その時は、「うそだ」とも思わなかった。。。今じゃ、ジャロに訴えられますね。

>> 2011/11/04 08:40
最初のはなかなか美味しそうな料理でございますね!
店の雰囲気も洒落ていて楽しそう。
後半のはなんだかゲテモノ風な感じですが・・・

>> 2011/11/03 14:41
ビール以外は食べてみたい!
お酒ダメなので(笑)

ハンバーガー屋さんはちょっと昔のアメリカンですね。
映画に出てきそう(^^)

そう言えば最近ビフテキって言いませんね(笑)
アタシが子供の時はビフテキって言ってましたが、いつ頃からか言わなくなりました(^_^;)

>> 2011/11/01 11:03
お昼間近にじっくり見させて頂きました(~o~)
一枚目の鶏モモ焼き、ヤバいですって!(^^)!
肉汁とか想像したら、なんだかPCから匂いが一瞬しました^^; 食べたいですよ~♪
ビールは飲めないので、白いご飯をお供に食べたいです。

ラーメン屋さんの対応、見事ですね!
やはり人気店は、接客の良さもあるんでしょうね(^^♪
以前、博多で食べたラーメン屋さん。
食後に薬を飲もうとしていた年配の奥様に、頼んでもないのに、すっとお水を持ってくる従業員。
その接客に、惚れましたよ(*^_^*)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
袋に興味を持ってしまったネコが大惨事
何、この白い袋? 入ってみるか。ザワザワうるさいなー。いつまで付いてくるの? (取れない……。)いや、焦るんじゃない。水飲んで落ちつけ、自分。ヤバイ……一生取れないかも。
//映像トピックス【バックナンバー】 2013/07/26 23:25
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/571-0bd5a296

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。