09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/08/20//Sat * 07:30
●○猿尾滝

猿尾滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

さるおだき。落差60m。日本の滝100選の一つ。
二段で上段は39m、下段は21m。下段が猿の尾に似ているとかいうことでそんな
名前が付いたとか。滝ってその場の思い付きで名が付いていることが多い気が
するんですが、この滝もまさにそんな感じ。さてどうでしょう、猿の尾っぽく
見えますでしょうか。実は真正面から見ても、下段はなんとなく猿が尻向けて
尾を垂らしているように見えるんですが、なんとなく載せませんでした(笑)

そんな感じで、前回の鳥取から兵庫にいきなり飛びましたが、距離的には前回
の雨滝とこの滝は結構近く一時間程度道を走ってれば着いてしまう位なのです。
しかも丁度帰り道方面だし、行き掛けの駄賃ってことで、寄ってみることに。
本当は更にこの滝から近い百名瀑もあったんですが、そこにまで寄るとさすが
にもう行き掛けの駄賃ではなくメインになってしまいそうなので、そこらへん
でもう勘弁してあげました(泣)

猿尾滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

今回巡った四つの滝の中で一番観光地っぽい滝でした。施設的には特に何かが
あるって訳じゃないんですが、滝までのアプローチが駐車場から徒歩三分って
感じですっごい楽なので、観光バスがやってきては観光客を吐き出し油断して
いるとアッという間に沢山の人が。なのであまり落ち着けない雰囲気で、長く
いようとは思えない場所でした。ちょっと許せないのが上段滝壷の脇まで柵が
作ってあり、思い切り下から見えること。滝を見るのに立派な観瀑台があるの
も好きじゃないんですが、滝の景観の一部に手を加えてしまう観光目的のため
の人工物は論外です。しかもその柵で上段滝壷に安全に行けるようにしている
のかと思いきや、立入禁止となっていて訳分かりません。危険だからっていう
ことなら、立ち入らせなくていいのでせめて柵は取っ払って欲しいです。

猿尾滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

一つ前の写真は上段と下段の途中まで。この写真は下段滝壷。

猿尾滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

上段全景。ちなみにこの上段の滝身の中には、観音様、仏様、マリア像、岩猿、
三人のマリア像が見え隠れするとか。実際にこの場所と指し示されてもなんか
分かるような分からないような・・・ あとは角度にもよるのだろうし。まあ
こういった岩がボコボコしているようなところって、こういう見方によっては
人の顔とか何かに似ていることとかってありますよね。この写真から何がしか
のお姿を見ることが出来ましたでしょうか。
こういうお姿系で、私が今まで百名瀑を巡っていて一番キタ!って思った滝は、
熊本にある鹿目の滝の雌滝です。滝を見た瞬間に烏帽子を被った人が座ってる
姿と雰囲気でゾクッときて、鹿目の滝で有名な雄滝よりも印象に残っています。
別にそういうのが見えるって話がある訳じゃないのですけど・・・

猿尾滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

上段下部と下段への流れ。ああ、なんとなくマリア像だけは分かったというか、
そう見えるような見えないような感じが。って、キリがないしもういいや(笑)

猿尾滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

何故かもう一度下段の滝壷。水の透明度はそんなにいい感じじゃないです。
前回の雨滝もそうでしたが、三脚使って写真撮ってる人が結構いました。

猿尾滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そして急に飛んで上段の上部。緑と岩肌と水飛沫って感じが結構好きです。

猿尾滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

上段の滝身スペースの脇に、滝を見守るお不動様が。何故か花とかのお供えは
なくて、お酒ばっかりやたらにお供えしてありました(笑) お酒好きですか?

                撮影地:兵庫県美方郡香美町 2011/06/15


こうして今回の旅で四つの百名瀑を巡り、やっと四分の三、24の滝を残すまで
となりましたが、この残りのヤツがまた大変なものばかり・・・ まあだから
こそ、こうして未だに残っているのですけど。。

これで今回の旅の目的は全て終えました。ここからは帰路に着きます。
猿尾滝には14:30~15:35までいて出発。R9を走って播但連絡道路をひたすらに
南下し中国道にぶつけ、あとは名神⇒新名神⇒伊勢湾岸⇒東名とひたすら休憩
もそこそこに突っ走り、飯も喰わずに突っ走り、そして23:44、自宅に到着の
こと。総走行距離は1871㎞でございましたよ。自分でも中々いい走りっぷりな
気がした突っ走り具合でした。 -- 了 --

・・・なんですが、記事的にはもう一つおまけを付けてみようかと思いますの
で、あと一つだけ微妙西旅をお付き合いいただければと思います。

>> 2011/08/29 22:31
☆コメントお返事が相当遅くなってしまってごめんなさい・・・ 最近はこんな感じが慢性化してきております・・・ 写真も溜まる一方です・・・


>デジカメ丸さん
そうなんです、名前によってそのものに対しての印象が変わりますので、名前ってかなり重要なんですよね。
オイデヤス・・すごい名前(笑) てっきり超慣れているネコかと思ったら中々手強いヤツだったんですね。是非時間を見つけて見に行かせていただきます。

>めいこさん
ありがとうございます♪ 滝の写真ってホントに難しいです。大体見た目の感動を写真にすると半減されるので、悩み捲くりなのです。
シャッター速度はスローと高速でそれぞれ撮ってみればいいと思いますよ。同じ滝でもかなり印象が変わりますし。中途半端なシャッター速度はあまりいい印象にならないことが多いんですが。。
滝はまた、ホントに色んな形態のものがあるので、色々と見に行くのは楽しいですよ。九州で云えば、熊本の鹿目の滝なんかかなりオススメですので、機会があれば♪

>tomoさん
こんばんは~♪
三枚目は確かにそんな雰囲気がありますよね~
七枚目は、風向きによって水飛沫がきてました。それでもこの滝はかなり大人しい方で、そういった意味では写真を撮るのが楽な方でした。
滝の撮影ですが、とにかく実物とのギャップに悩むので、出来たら見るだけの方が楽だよなあって何度も思ったことがあります。最近はギャップがどうしても埋まらないから開き直ってますけど(笑)

>びーぐるさん
滝の名前って植物よりも適当なのが多い気がします(笑) あ、でも確かに植物も結構適当ですね(笑)
さすがにそんな罰当たりなことは車だったから出来ませんでした。(そんな理由で?(><))

>condorさん
こんばんは~♪
滝の名前って本当に適当なことが多くて、この滝もホントその場で適当に決めた感が強いですよね(笑)
観光名所になっているため、かなり残念な部分も多いんですが、やっぱり滝に近付けばそれなりかなあって感じした。
一、七枚目ありがとうございます。ああ、そういえば黒戸噴水は未だに行けてなくてしかもそう云った山遊び自体最近全然出来てなくてかなり退化してます。でも見たい思いだけは強いです、黒戸噴水と篠沢の滝・・・
今回は四つ巡りましたが、時間の関係上付近の時間がかかる滝は行きませんでした。そして面倒なものがどんどん残って行ってます(笑) ありがとうございます♪

>そらさん
こんばんは~♪
そうですね、ちょっと複雑に組み合っている滝かと思います。
七枚目ありがとうございます。結構好きな構図なのです。
ホント、滝の名前って適当なのが多いです。「数鹿流ヶ滝」ってのがあるんだけど、由来は数頭の鹿が滝壷に流されたからという超ぶっ飛んだのもあります(笑)
そうなんです、北海道丸々残ってます。北海道に来るまでそのまま走って行ければもうとっくに行ってるんですけどねえ。

>ユウカ☆さん
実際に行くと観光客が多くて落ち着かないのですが、落差が大きいので見応えはありましたよ♪
七枚目ありがとうございます。結構涼しげですよね。
東北の100選の滝も見事なものが多いので、機会があればぜひ見に行ってみて下さいね~
最後の写真、こういうのって大抵花が飾られているんですが、ここまで徹底してお酒のみで構成されているのは初めて見ました(笑) でもなんか嬉しそう♪

>> 2011/08/25 11:31
見事な滝!と思ったら、やはり日本の滝100選ですか(*^_^*)
7枚目の緑と岩肌と滝の写真とって美しいです!(^^)!

それにしても最後の写真のお酒には笑いました^^;

>> 2011/08/23 18:35
こんにちは~!
すごく流れがきれいな滝だね。
7枚目の写真いい~~!
ほんと・・滝の名前って変わった名前が多いよね。
適当すぎない?ってのもあったりします。


もう~四分の三クリアしたんだぁ~
北海道に来る日もだんだん近づいてきたね^^

>> 2011/08/23 17:25
こんにちは。
岩を滑り落ちるような滝が美しいですね。
猿尾滝、名前はアレですが滝の美しさは見事の一言です(笑
観光名所であるのも頷けます。
1、7枚目の迫力ある描写に圧倒されます^^
黒戸噴水滝にも似ているように思えて親近感も感じます。
今回の遠征では4滝を巡ったんですね。
お疲れ様でした!
残りの滝は競合揃いとのことですが、いつか見れる日を楽しみにしています。
また1歩前進、おめでとうございます!

>> 2011/08/22 07:35
たしかに滝の名前って植物の名前と同様に
テキトーにつけた感じなのが多いですよね。
お供えのお相伴はされましたか?

>> 2011/08/21 16:29
こんにちは~!
滝の大迫力に圧倒されてしまいました。
③の滝壷で修行僧が~なんて思ったお馬鹿なtomoでした。(^^;
猿尾滝の⑦は、飛沫が此方まで飛んで来そうで、思わず避けちゃいますね~

滝の撮影は難しそうなので、見にだけでも行って見たいものです。

>> 2011/08/20 12:17
迫力ある写真ですね。
そういえば滝の写真2回ほどワタクシメも撮ったことあるのですが、シャッター速度をそうすればいいのか迷いに迷い
なんか分からなくなって「ええーい!難しいわ!」
と投げ出したことがあります。
おぉお滝だぁーと見てしまいがちですが、水の流れとかすごいですね。
写真からマイナスイオンがとんできそうです!

>> 2011/08/20 09:43
ネーミングの作用っておもしろいですよね。
なるほど~と見直したり、え?なんでなんでとおもったり。

コメントありがとうございました。
あのネコの名はオイデヤス、(と勝手に命名)
おもろい奴なんですよ。上のURLよかったら覗いてください。<オイデヤス>のカテゴリーもありまつ。









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/563-f099e4bd

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。