09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/07/31//Sun * 23:57
●○鳥取砂丘

鳥取砂丘01
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

鳥取県に来たら絶対に行ってみたかった鳥取砂丘。前日は瀬戸内海にいました
が、一気に北上して日本海までやって来ました。まあどったらことがない写真
ばっかりですが、適当に並べ立ててみたので、どうぞ。。

トップは砂丘の番地が記されている杭。100mごとに設置されていて、砂丘入口
とかに置いてある無料マップに番地が表示されていて、きっと便利な筈。しま
ったことにそのことに家に帰ってきてから気が付いたので、私にとってのこの
杭は全くもって只の杭でございましたよ。ついでにちょっとトリミング。

鳥取道を降りた時には丁度いい朝の時間帯だった為、擬似通勤ラッシュっぽい
感じでしたが、擬似なんでちっとも問題ではなく、砂丘駐車場に8時過ぎに着。
砂の上を歩くので、これは長靴でも履いて行った方がいいのか?と長靴を履く
フリをながらも普通のスニーカーで砂丘に突入しました。


鳥取砂丘02
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 28mm F2.8 / Kodak GOLD 100

駐車場は有料だし、すぐ目の前に観光地特有のお土産屋建物ドーンだし、大変
ベタな匂いを醸していたんですが、いざ階段上って砂丘入口に立ったらこれが
いい感じなんですこれが。こういう観光地って大抵順路みたいな制限が設けら
れて、そこから先は危険だから立入禁止みたいなのばっかりってことが多いの
にここはそんなのがない。入口から何も道なんかなく砂丘があるのみ。なので
この砂丘内を好き勝手に動き回れるのです。これが素敵。まあそうは云っても
大体観光客が歩いているのは、入口から↑写真の「馬の背」という場所の間を
往復しているだけみたいです。あの高い所まで行くとその先に日本海があると
いう寸法ですね。私もとりあえず馬の背まで行きました。砂は意外と歩き難い
とは思いませんでしたね。


鳥取砂丘03
Ricoh GR DIGITAL lll

馬の背に乗ってまず右方向。
水平がなんだか変な気がしますが、気にしてはいけない気がします。


鳥取砂丘04
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

そして入口を背にして真正面を。気持ちいいです。
海の縁に行こうと思えば行けますが、真正面はすごい急斜面で回り込まないと
行けなさそうです。そのまま急斜面をずり落ちるって手もありますが、代償と
して全身めでたく砂まみれバカ一代は免れ得ないし、回り込むのもとても面倒
だし、今日はこの辺りで勘弁してあげました(泣)


鳥取砂丘05
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

三つ↑の写真の左側にチラッと見えている池っぽいものを、馬の背側から見て
みたらこんな感じ。まあこんな感じで、馬の背上でひとしきりグルグル回りま
して、この後は適当にっていうか日本海を右手に見ながら進み、観光たちから
離れて歩いてみました。そしたらこれがとにかくよかった。馬の背と入口の間
はひっきりなしに人が往復していていかにも観光地っぽいんですが、ひとたび
ここから離脱すると一気に観光客がいなくなり、広大な砂丘に独りって感じに
なるのです。これはかなり嬉しいです。


鳥取砂丘06
Ricoh GR DIGITAL lll

ナニモノかがフラフラとやってきて蟻地獄に落ち餌食になったのか、蟻地獄が
フラフラとやってきて、ここに落し穴を作ったのか・・・ なんか擬似哲学的
な感じがしないでもないです。おほほ。


鳥取砂丘07
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ほら、こんな感じが広大な砂丘独り旅って感じです。おほほ。


鳥取砂丘08
Ricoh GR DIGITAL lll

これがかの有名な風紋ですか。大体足跡が着いてしまっていて、きれいな景色
には全然出逢えませんでした。足跡ナシで夕焼けの中とかにこんな景色が現れ
れば完璧風紋ですが、そんなのは徳を積んだ人しか見られないでしょうよ(泣)


鳥取砂丘09
Ricoh GR DIGITAL lll

砂丘上から海とかどっち向いてもいちいち絶景です。


鳥取砂丘10
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ほら、これも広大な砂丘独り旅って感じです。おほほ。
この超広角特有の大好きな感じの写真。ポツポツっといる人もよき添景です。


鳥取砂丘11
PENTAX MX + SMC PENTAX-M 28mm F2.8 / Kodak GOLD 100

ハマヒルガオが花期ということで、砂丘入口で場所を把握した積りで探してた
のですが、全く見つかりません。そんな感じで泣きながら砂丘を彷徨ってたら、
前方に調査員さんらしき人が現れたのでダッシュで追い縋り、群生地が何処に
あるか聞いたら全く正反対の場所でした(泣)

「Kenko CLOSE-UP NO.3」というクローズアップレンズ(中古)をレンズに付け
て撮ってみましたが、中々悪くないかと♪ マクロは結構高いから、こんなん
でも全然OKかも知れません。

こんな感じで、砂丘内をウロウロ散歩しましたが、とても楽しかったです。
笑っちゃうのがMX、Kissと一眼を二台肩から下げ、手にはGRDを持って彷徨っ
たことですか。まるでカメラマンみたいです(笑)

                   撮影地:鳥取県鳥取市 2011/06/15


さて、砂丘内をひとしきり彷徨し、独り旅人を味わった後入口まで戻って来た
のです。したら、なんだか駱駝がいました。有料で乗ったり写真撮ったりする
らしいです。ちょっと嫌なのが、駱駝をただ撮るだけで料金を頂きますとかに
なってることですか。だったら人を乗せるまでは人目の付かないどっかに駱駝
を格納しておいて欲しいものです。普通に見えちゃうし、見えたら「あ~駱駝
だ~」とか写真撮っちゃいますよ。
まあそれはどうでもいいのですが、独り旅人が終わったと思ったらアノ駐車場
目の前の一大お土産屋に突入しなければなりません。ここで粗方ほぼ俗世間へ
のお土産を完了。そしてこのお土産屋にはレストランが併設されておりまして、
そこに「あごカツバーガー」なる謎のバーガーが。それは頂かなければなりま
せん。あごカツカレーなるものもあり、これにもかなり引き寄せられましたが、
勇気を振り絞ってバーガーに着手したのです。まあちょっと早い昼飯です。

結局砂丘にはあごカツバーガー含めて三時間強いました。
そして11:25、砂丘脱出、R9に乗り次の目的地へ。鳥取県のもう一つの百名瀑
です。R9⇒県道37号⇒県道31号と走りますが、途中の山道は細いグニャグニャ
している上カーブミラーもガードレールもなく対向車来ると超面倒そうな場面
もございます。そして12時過ぎに滝駐車場に到着したのでした。 -- 続 --


-------------------------------------------------------------------------

※トラックバックピープルを使ってる方にちょっと宣伝?です。

PENTAX MX
おさんぽカメラ

というトラックバックを作ってみました。まあMXはあまりにもコア過ぎて使う
のは難しいと思いますが、おさんぽの方は使い心地がよさそうな感もあります
ので、もしよろしければお使いいただければ喜びです。

-------------------------------------------------------------------------



>> 2011/08/14 23:00
>ぷーさん
こんばんは~♪
鳥取に行ったらここには絶対に行きたかったのですよ。
ああ、確かに裸足は気持ちよさそうですね~ でも私だったら夏の暑い砂に二秒と持たないでしょう(笑) ここは確かに駆け回り甲斐がありますよ~
6枚目ですが、まあ蟻地獄なので、大きさはそんなでもないんですが、この穴に向かってずっとナニモノかが這った跡が続き、この穴で消えているんですよ。主なのかエモノなのか、気になります(><)
超広角の写真、私も結構気に入ってまして、っていうか、正にこういうのが超広角の醍醐味なんじゃないか思うのです。
そして「あご」。確かにしゃくれそうです(笑) 気になるお味ですが、私はかなり気に入りました♪ 詳細は記事に載せようかと思っていますが一体いつになるのか・・・
リンクありがとうございます♪ こちらこそこれからもよろしくお願いしますね~

>> 2011/08/08 22:50
よ~かんさんこんばんは!

うう、相変わらず素敵な場所を巡っておられますね!
鳥取砂丘は私も一度行きたい場所であります。

時々砂浜行ったりすると私は即裸足ですねぇ。
しゃりしゃり気持ちよいのです。
(たまにナニガシの破片踏んで痛かったり、夏は砂が熱かったりしますが…)
ここは駆け回りがいがありそうです!

6枚目の、ナスカの地上絵的ナゾの模様、
結構な距離を一体どんな生物が…そして最後何があったのか!?
砂丘ミステリーですね(笑)
そして広角での大きな空と砂丘がなんともいえないです。
ぐおーっと静かな迫力を感じて大好きですv

”あごカツバーガー”のところを読みながら
思わずあごがしゃくれてしまいましたが、あごってお魚ですね^^;
勇気を振り絞ったバーガーのお味はどうでしたか??

(追伸)私の方でもリンクさせていただきました。
ご報告遅れてすみません。
これからもよろしくお願いいたしますv

>> 2011/08/07 08:50
>ゆきぶーさん
おお、その為に免許取ったくらいですか!
ならとりあえず行っときましょうよ(笑)
確かに期待し過ぎはいけないかもしれないけど、そんなにしょぼくないですよ。少なくとも私は結構感動しました。特に人がいない方に歩いて行くと、ちょっと不思議な雰囲気になるかと。
一枚目、こういう杭が100m置きにあり、それぞれ番号が振ってあるので、対応するマップを持ってれば迷わないって感じです。風紋はすごく広いところに広大に出来ている感がありますが、実際は様々な大きさのものがありました。もちろん私も特がないので殆ど足跡が近くにあったりと興ざめのものばかりのしか見れませんでしたけど(笑) あと、こういうところはやはり超広角レンズが面白いです。それとハマヒルガオ、ありがとうございます♪

>ユウカ☆さん
やっぱりここって行ってみたいって思う方多いですね~ 私もその一人で、今回は楽しみにしてました。
風紋は結構あちこちに出来てましたけど、足跡が着いてたりと殆どが台無しになってるものばっかりだったのが惜しかったです。砂丘と空っていいですよね~ ありがとうございます♪

>condorさん
おはようございます♪
中田島砂丘、静岡にも砂丘があったなんて知りませんでした。風紋やウミガメの産卵まであって楽しそうですね~
三枚目、馬の背という多分この砂丘中で一番観光客がいると思われる場所からの眺めです。さすがにそれなりのことはあると思います♪
十枚目、こういう描写は超広角は得意ですよね。余計に広く感じるかと思います。
そしてハマヒルガオ、ありがとうございます。アイデアというより、F2.8のマクロは高くて手が出ないので中古で買っておいたクローズアップレンズを使ったのでした(笑) でも悪くないですね。数m先はもうピントが合わなくなるので、ホントにクローズアップ専門になりますが・・・
ヒルガオって何故か好きなのです。朝顔よりも好きな位です。普通のヒルガオもハマヒルガオも花は同じですが、断然葉っぱがハマヒルガオの方が好きです。最初は全然見当違いの場所を探していたので見つかってよかったです(笑)

>めいさん
おはようございます♪
めいさんのところからの方が全然砂丘まで近いですよね~ 是非機会があったら行ってみて下さい。そこの銭湯に昼間入ってみたいなあ。
馬の背からの眺めはとてもいいですよ。なのでここに観光客が集中してます。ここを往復するのはそんなにきつくないです。そして私は普通にスニーカーで歩きましたが、砂は殆ど入らなかったですね。運がよかったのも歩けど(笑)
砂の美術館は宣伝やってましたね。それとなんか変なオブジェがあちこちありました。
トップ、やっぱり撮りますよね(笑) あの影の角度がツボで、でもあの角度だとどうしても自分の影も入ってしまうので、トリミング覚悟で撮りました。
風紋はやはり何か気象の変化がある時に撮れるとすごくいいんでしょうね~ まあ私的には見れただけでも嬉しかったですけど。
ハマヒルガオ、これは絶対にフィルムで撮ろうと思って撮ったんですけど、めいさんの仰るとおり、特に葉っぱの色が気に入ってます。KodakGOLD100はなんか懐かしい感じの風合いになるんですけど、それがいいんですよね。安いし(笑)
めいさんの鞆写真、中々時間取れなくて少しずつ見てます♪ また時間を作ってみさせていただきますね~ にゃんも楽しみです♪

>tomoさん
おはようございます♪
鳥取砂丘、私は結構感動しましたよ。多分日本だし広大だなんて思わない方がいいって潜在意識があったのかもしれないけど(笑)
杭はあちこちで見かけて結構気になってました。存在を予備知識で持ってなかったので、砂丘から戻って来て番地代わりに使えるってことを知りました。全く意味がない(笑)
特に観光客がいない場所に来ると孤独感も手伝って広く感じますよ。そしてハマヒルガオ、ありがとうございます。思った通り、優しい色合いで私も気に入ってます。

>めいこさん
めいこさんも行った事がないのですね。もし機会があったらぜひ♪ 日本とは一瞬思えない(ホントに一瞬)風景が広がります。海外みたいです(私も出たことないけど)。
結構暑かったです。あの時はまだ耐えられる気温でしたが、猛暑の時は絶対に行きたくないですね・・・

>畑ちゃんさん
おはようございます♪
鳥取県自体目的で行ったのは今回が初めてでしたが、鳥取行くなら砂丘は絶対に!って思っていたのです。
私は日本の滝100選を見に行っている関係上、自然に日本全国旅になるので、中々一石二鳥感があります。ありがとうございます♪

>> 2011/08/06 22:35
こんばんは!(。・▽・)ノ

あら・・・・・

鳥取砂丘へも行かれたのですね・・・

良かったですね・・・

砂丘も随分と前に行ったきりで中々行けません

写真を見ては思いだしていましたよ

色々と旅をされて~゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!ですね

いつも(人'▽`)ありがとう☆です

>> 2011/08/06 21:36
おぉお~私も是非一度行ってみたいです。
日本にはなかなかない風景で海外みたいですね!(出たことないけど)

そんなことはないだろうけれど勝手なイメージで凄く暑そうだなと思ってしましました。

>> 2011/08/03 15:46
こんにちは~!
鳥取砂丘へは、行った事が有りません。
行って見たい所の一つだけど、壮大な景色を想像して行くとガッカリする・・・と聞いた事が有ります。
1枚目の「砂丘の番地が記されている杭」良いですね~
何故か好きです・・・多分tomoも撮るでしょうね~(笑)
10枚目のお写真を見ていると、広大な砂丘ですよね~(^0^
最後のハマヒルガオのお写真が優しくて良いですね~

>> 2011/08/03 07:53
よ~かんさん、おはようございます。

鳥取砂丘は歩いたことないですね。一度、友人がいたので、鳥取砂丘の近くにある銭湯へは連れていってもらいましたが。湯船から日本海が見られるのですよ。
といっても、夜いったので、日本海なんて真っ暗で見れなかったのですが。いい銭湯でした(笑
馬の背といわれる場所から海の眺めはいいんだろうな。
写真ではなくて、実際に見てみたいです。
そこまでいくのが大変そう。。砂がいっぱい入りそうで。。去年のGWをこの近くを通りましたが、砂の美術館っていうのがあって、けっこう人が多いのですよ。
GWちかくの開催だったと思いますが。。
近そうで遠い鳥取砂丘です。。
だから、通過点かな、わたしにとって。。
前置き長くなりましたが。。
TOPはよ~かんさんらしいなぁって思いました。
と同時に私も撮る撮るって思いました(笑
風紋もいいですね~。
確かに夕焼けと一緒に撮ったら、最高かも..
お気にの写真は鳥取砂丘の広大さを感じる2枚目も好きだけど、ラストのハマヒルガオのお写真です。
優しい色合いがいいです。
2枚目も選んだのは色合いもいいなぁって思って選んだのだけど、やっぱりフィルムで撮られたお写真ですね。
私はやっぱりフィルムの色合いが好き。
このコダックの優しい色合いがいいです。
ハマヒルガオの花、葉っぱの色がホントにいいです!
このお写真は欲しいなぁ♪

鞆の浦のにゃんの写真UPしました。
私にとって今までにない表情や姿を撮れた写真であります。これはあくまでも私にとって(笑
お時間のあるときにでも見てやってくださいな。

>> 2011/08/02 23:40
こんばんは。
鳥取砂丘、素晴らしい眺めです!
砂丘の撮影には憧れがあって、中田島砂丘へ遠征に行ったこともありました。
規模は鳥取砂丘の比ではないですが、大満足だった事を覚えています。

3枚目良いですね!やはりこの高さが鳥取砂丘の魅力だと思います。
風紋も絶妙で砂丘の広大さも感じさせてくれる10枚目も魅力的です^^
そして1番のお気に入りの最後の1枚。
砂丘に咲くハマヒルガオに生命の息吹、たくましさ、健気さを感じました。
クローズアップレンズでマクロ調にしたのもナイスアイデアですね♪

よ~かんさんは、ヒルガオやユウガオが好きですよね。
何度かこのブログでも見たような気がします。
砂丘のハマヒルガオ、撮れて良かったですね^^

>> 2011/08/02 16:24
鳥取砂丘、行ってみたいところの一つです(^^♪
風紋がやはりステキ(^^)
人物が写ってるのも良いですが、やはり砂丘と空とのショットが好きです(#^.^#)

>> 2011/08/01 20:16
鳥取砂丘は、行って見たい場所のベスト3に入るところです!
免許を取った理由のトップですもん!
免許とってすぐに旅立とうと思ったら、父に「とりあえず止めとけ」と言われ断念しましたが。。。
あー、行ってみたいなぁ。
でも写真のような風景で、壮大な景色を想像して行くと
か~な~り~痛い目を見ると聞いたことがあります。
よ~かんさんのレポを読むと、やっぱりかぁと思いますね。
でも行ってみたいのであります!!

1枚目と風紋と、最後から2枚目のがツボです♪
ハマヒルガオの1枚は、なんとなくよ~かんさんっぽくてイイです♪

・・・徳が無いから、風紋にはお目にかかれないこと請け合いですがw

>> 2011/08/01 15:55
>びーぐるさん
鳥取砂丘、びーぐるさんも行かれていたのですね~
入口と馬の背往復だけだったら観光地って感じでそんなに大したことがなかったんですが、やはり人がいない場所の方へ行くとすごいいい雰囲気でしたよ。

>> 2011/08/01 05:22
鳥取砂丘は昔一度行った事があり懐かしいです。
その頃は写真にあまり興味が無かったのですが
面白い被写体ですね!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/561-1986ed54

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。