07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/11/07//Tue * 21:55
●○朔光

朔光01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2006/01/30


○○富士を撮ろう!っていう時にはお目当ての現象が起こるまで
の待機時間と、終わった後の余韻時間にもバシバシ写真を撮るの
ですが、そういう時にもいい光景に巡りあうことがあります。

この写真は朝霧高原の端っこでダイヤモンド富士を撮ろうとして
いた時のもの。まだ日が昇る前です。この後結局山頂は雲に隠れ
てしまい、ダイヤは見ることが出来なかったのですが・・・

今回の富士山特集も前撮った写真のストックからです。
少し変わった?富士山とRAW現像時に遊んでみた写真を集めてみ
ました。今回載せるにあたって過去の画像を掘り起こしたりRAW
現像をやり直したりしてみました。

朔光02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県富士吉田市 2006/02/08


朔光03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県富士吉田市 2006/02/08


朔光04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県南都留郡山中湖村 2006/02/08


二番目、三番目の写真は特に普通の富士山じゃん?とか思われる
かも知れないけど、確かに普通です。
この二枚を含めた上四枚の写真は全てRAW現像時のピクチャースタ
イルを「クリアー」にしています。
このクリアーってのが普通ではとても癖が強くて使えないのです
けど、使ってみて「ああなる程、こういう写真に使えるな」って
思いました。三枚目の写真が特にハマった例だと思います。

二、三枚目の写真は富士北麗公園という所で撮っています。
景色を求めて富士山の方向へ車を走らせていたら辿り着きました。
なんだか妙なオブジェが立っていますが、妙に富士山と調和して
いる気がするのがなんか悔しい(笑)
四枚目の写真は山中湖の長池親水公園でダイヤモンド富士を撮っ
た時のもの。日が落ちてしばらく面白い景色にならないか待って
いたらこんな光景が撮れました。

朔光05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2006/01/30


最初の写真と同じ場所、同じ時間帯です。
トカゲ(腹が赤いのでイモリ?)みたいなやつが山頂にのしかか
っているようで面白かったので。
天候の変化はめまぐるしくて、このような雲が次々と湧いては消
えてを繰り返します。最初は全く雲がなかったのに、一時間後に
は完全に山頂が見えなくなってしまいました。ダイヤを撮る時は
大抵こんな調子で悔しい思いをよくします。

朔光06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2006/02/08


富士ヶ嶺というところにダイヤを撮りに行き、夜中に着いて夜明
けを待っていた時のもの。
そのまま待つのもなんなので、長時間露光をしました。そうした
ら目の前をトラックが通り過ぎてご覧の通り・・・
ちなみにこの時の気温は-7℃。夜明けを待つのは結構堪えます。

朔光07
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM
撮影地:山梨県南都留郡富士河口湖町 2006/02/08


↑の写真と同じ日同じ場所。前に載せたダイヤモンド富士の記事
ではこの日のダイヤモンド富士も載せていますが、この記事では
ちょっとイタズラした写真にしてみました。別にレタッチした訳
じゃないです。レンズに息を吹きかけて曇らせると、このように
撮れます。

朔光08
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
撮影地:神奈川県海老名市 2006/03/14


朔光09
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
撮影地:神奈川県高座郡寒川町 2006/03/19


上の二枚、富士山が分かるでしょうか?
一枚目の写真は殆ど雲に隠れて見えなかったのがほんの少し姿を
現した時のもの。
二枚目の写真はダイヤモンド富士を狙って撮りに行ったのですが、
計算を一日誤って山頂の右側に日が落ちてしまった中途半端写真。
この日は夕方全く富士山が見えず、太陽が山頂にかかって欠けて
初めて判りました。

朔光10
Canon EOS Kiss DN + TAMRON AF18-200mm F/3.5-6.3 XR Di II
撮影地:神奈川県平塚市 2006/03/31


最後のやつは、やっぱりダイヤ狙いの時のもの。
前のダイヤモンド富士の記事で、最後に載せた写真より少し後の
時間のもの。すごい光景になりました。日が暮れて全く見えなく
なるまでいつまでも見ていました。

朔光11
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II 2006/02/28

おまけ。
どこだか忘れたけど、多分山中湖の139号線沿い。
この辺りはさすが富士山の町ってだけあって、信号機も粋です。

>> 2006/11/11 14:31
>ちびさん
こんにちは~♪
そんな、あやまらないでください・・・来てくれるだけでもすごくうれしいのに・・・
私もちびさんのところにはよく見に行ってますよ。あまりコメント残せていないんですけど・・・ご、ごめんなさい・・・
七枚目のやつですね♪金平糖って言われてみればなるほどって思いました(笑)
富士山は何年か前まではそんなに気にしている山ではなかったんですけど、一度本栖湖ですごい朝焼けの風景を見てから好きになってしまいました。まだこれからも載せていく予定なので、また見てみてくださいね~♪

>> 2006/11/11 10:07
こんにちは☆
いつも訪問はしても…たくさんのコメント書かれてるなぁッて素通りしちゃってました。ゴメンナサイ(;^_^A
と…何枚目だろう?富士山のてっぺんから見える太陽の光が、金平糖のように見えて、少し(*'ー'*)ふふっ♪って笑っちゃいました。
日本一の山、やはり堂々としていて、荘厳な姿がとても凛々しいですね。

>> 2006/11/10 00:28
>yochanさん
初めまして、真琴さんのところから来ていただいたのですね。コメントありがとうございます♪
お褒めの言葉、うれしいです♪今回の富士山は副産物的に撮ったのが殆どですけど、本番よりいいように見えたりするのは何故なんだろう?(笑)
よかったらこれからもよろしくお願いします。私も後ほどyochanさんところにお邪魔させていただきますね~♪

>> 2006/11/09 09:28
はじめまして。
まことさんところからフラフラとやってまいりました。
この富士山すごいですねぇ~私にはできないです。
きれ~っと感動してしまいました。

ありがとう~
最後の信号機も好きですw

>> 2006/11/09 01:21
>そらさん
いやあもう本当にありがとうございます♪
前に撮った写真って、その時はあまり?とか思っていても掘り出してみると再発見することがあるんですよね。
そうですか、すっかりやられてしまいましたか♪これからもそういう風に言ってもらえるような写真を撮っていければいいんですけど・・・
オブジェは最初見た時、何だこれ?とか思ってしまいました。

>おきろんさん
たまにはあまり見たことないような富士山もいいでしょう?
プロみたいってのは言いすぎです(笑)でも写真ってやっぱり遊び心だと思いますよ~それにこうやってみなさんにいい!って言ってもらえれば少しくらいの苦労なって吹っ飛んでしまいます。ありがとうございます♪

>蒼ノ心さん
ありがとうございます♪
普段富士山を見ることが出来ない方たちに見てもらえるのってうれしいです。
オレンジのやつは、簡単に駐車できない場所で、結構辛かったんですけど、この光景はそんなことを少しの間忘れるほどすごかったです。しかもこの光景の写真を撮っていたり見ていたのは周りに私以外誰もなし!ちょっとお得?(笑)

>夕づつさん
この頃撮った写真は、とにかくデジ一眼を手に入れたらやってみたいと思っていたことを実行に移していた時期だったんです。なので、とにかくいろんなことを集中してやっていましたね。少しくらいへぼでも富士山には大分助けられました♪今こうしてこのブログに載せてみななに見てもらえるのがとてもうれしいです。
朝霧高原は全般的にいい景色が見られますよね。特に手前が牧草地で富士山を遮るものがないところが多いので、素晴らしい景色が広がるし。
これから空気がきれいで、景色も一段と素晴らしいと思うので、楽しんできてくださいね♪私もまた通うことになるのかなあ・・・

>真琴さん
こんばんは~♪
ダイヤモンド富士はいろんなところで見られるし、事前に日時場所を計算できるので、富士山の難易度的にはそんなに高くないと思うのですが、なんといっても天候が・・・とにかく一時間後にはどうなっているか分からない世界なのです。直前まで大丈夫だったのに、あと10分で日の出っていう時にアッという間に山頂が雲に覆われた時もありました(笑)
富士山はどこでいつ見てもその時その場所の良さがあると思いますよ♪
最後から二番目のやつは後ちょっと条件がよければ影富士が出来そうだったのが少し残念でした。
富士山愛好家はすごいです。とても私はそこまでにはなれません。

>びーぐるさん
その通りです!富士山はいつどこから見ても素晴らしいですよね~♪
四枚目を選んでいただけたのはとてもうれしいです♪私の今回の中で一番のお気に入りは四枚目のやつなんです。よく見ると少しだけ富士山の影が浮いています。ピクチャースタイル(Xだとカメラ側で設定できるんですよね)の「クリアー」がとってもハマりました♪

>ミューさん
10枚目の写真は大好評ですね~、とってもうれしいです♪この写真って撮っている場所が最悪で、落ち着いて撮れるような場所じゃなかったんですよ。とにかく車を停められなくて、時間が来るまでぐるぐる回っていたんです(笑)
四枚目をミューさんにも気に入ってもらえてうれしいです。寒さの中を待つのは体力っていうより忍耐力の方が大きいかも。それといかにヒマを潰せるか(笑)

>polepoleさん
富士山愛好家に較べたら私の努力なんか10分の1にも満たないかも知れないけど、やっぱり少ない時間を見つけて何度も行くので自分なりに大変です。スカもかなり多いし。それだけに気に入った写真が撮れた時は感動もひとしおです。さすがにマニア程までのことは出来ないけど、富士山はこれからも撮りに行きたいですね。今度はどんな富士山を見ることが出来るのか楽しみです♪労いの言葉、本当にありがとうございます。
トカゲ雲に目をつけてくれる人がいてくれてよかった(笑)

>ららさん
こんばんは~♪
言われてみればららさんの仰るとおりですね。富士山の写真はとにかく待ちが多いです。しかもやっぱり一番寒い時期に行くことが多いので、寝袋と毛布はかかせません。そうして出た結果を楽しんでもらえるなんて、本当にありがたいことです。今回載せた富士山は普通よりもダークな印象が強いと思いますが、こういう富士山も魅力的ですよね。ありがとうございます♪

>かげろうふん
富士山の場合、努力してもよいものが手に入らないことの方が多いんだけどね~(泣)
このまま続けていたら天候を読む達人になったりするんじゃないかとちょっと期待(笑)

>> 2006/11/09 00:23
良いものは努力無しには手に入らないということですな~
ぶるぶるぶるぶる。。。。

>> 2006/11/08 23:58
よ~かんさん、こんばんは。
富士山、いままでただの富士山しか見たことなかったので、こんなにいろんな表情を持っているのにはびっくりデス。
ってかこんなに空の変化の中で多彩な美しさをとるには耐えることですね。
寒さ厳しいですね。
でもそれだけ耐えただけのそれ以上の作品ですね、
みんな大好きです

>> 2006/11/08 13:34
ひとくちに富士山といってもいろいろな表情があるのですね~
撮りたいと思われるシーンをTPO にあわせてセッティングされるのも忍耐と根性ですね。
これも何回も通われたご経験から生まれるものですね。
トカゲのような雲の富士山 面白かったです。
ダイヤモンド富士って簡単には撮れないのでしょうね。
寒い中 お疲れ様でした。
いながらにして いろんな表情を拝見できてありがとうございます。

>> 2006/11/08 07:47
ヤッパリ富士山はいいですね~。
写真の撮り方にもあると思いますが、いいな~。
一枚目もいいけど、4枚目と10枚目特に好きですね。
びーぐるさんと同じ?
寒い中での長時間の待機、体力要りますね。

>> 2006/11/08 07:35
富士山はいつ見てもどこから見ても結構ですが
多彩なテクニックが発揮されていて驚きます。
ダイヤモンド冨士はもちろん良いですが
4枚目と10枚目が好みです。

>> 2006/11/07 23:23
よ~かんさん・・こんばんは
朝霧高原でのお写真みさせてもらいました。
ダイヤモンド富士・・ってなかなか撮れないって
いいますよねぇ・・。
でもこれだけステキな写真が撮れれば満足だよね。

うちの方から見える富士山は裾の方まで見えないから
あんまり絵にならないけど・・
朝霧高原の方までいくとこんなステキなショットが
撮れるんですねぇ・・最後から2番目の燃えるような夕日に富士山のシルエットが映ってる写真息を呑むようでした。ほんと美しい!
私も撮りにいきたくなりました。
富士山愛好家がいるのわかる気がします。

>> 2006/11/07 23:17
凄い凄い!!
いいですね~富士山♪
どの写真も,みんな素敵で見入ってしまいました^^

朝霧高原は,わたしも大好きな場所です^^
今月中にはまた出かけたいと思っていますが,
どんな富士山に出会えるのか,とても楽しみです^^

>> 2006/11/07 23:01
綺麗~~っ!
いいな、いいな、富士山^^
最後から2番目のオレンジの背景に
富士山のシルエット、これ最高!
見えなくなるまで見てしまう気持ちがわかりますぅ♪

>> 2006/11/07 22:41
オオーw(*゚o゚*)wす、すごい!!
なんだか拝みたくなるような写真ばかりで。。
パンパンってしたくなっちゃいます。
よ~かんさんみたいにプロみたいになっちゃうと、
写真の取り方も色々工夫して遊ぶんですね~。
なるほど~。
富士山写真感激!
もう一度ながめてから帰りますねd(⌒ー⌒) グッ!!

>> 2006/11/07 22:35
よ~かんさん!!お見事です!!
すんばらしい~パチパチ
富士山にはさほど興味がなかった私ですが今はすっかり
富士山の魅力にやられちゃいました。
どれもこれも言葉が出ないくらい素晴らしいです!
私にしたら2枚目、3枚目も普通の富士とは思えないです。
今回はどれも最高だけど、7枚目のいたずらした写真と10枚目がより好きかな。
でも・・オブジェ面白いね^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/56-ff5cb654

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。