08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/07/12//Tue * 21:30
●○大山滝

大山滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

だいせんたき。二段で落差42m。日本の滝100選の一つ。
中国地方の最高峰大山の東側に位置し、元々は三段の滝だったのが、昭和九年
の室戸台風による洪水で二段になったとのこと。その三段の時の写真が一向平
野営場の管理棟に飾ってありました。かなりカッコよかったです。

前回記事の続きみたいな感じで話を続けると、大体一向平野営場から40分程度
となっていましたが、鮎返りの滝に寄ったり写真をちょっと撮ったりしてたら
一時間と少しかかって展望台に到着となりました。遊歩道自体は普通の山道っ
て風情で、歩きやすかったです。

大山滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

展望台からは滝を見下ろすことが出来ます。ただ夏の時期ということもあって
木が繁っていて全体がきれいに見えるって感じではありません。
この写真は展望台よりも遊歩道を少しだけ上へ歩いた処ら辺からのショット。

大山滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

展望台からは更に滝壺まで下りる道が続いていて、これはその途中から撮った
ものです。さすがにこの季節の緑はとってもきれいです。

大山滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これも滝壷へ行く途中から。展望台から撮るよりもこの途中からの方が好きな
感じかも。結局展望台からのはUPしてません。
そして、滝壷への道は今までの遊歩道とは違って急な斜面を下りる山道という
風情となり、ちょっと気楽な道中ではなくなります。滝壷へ下りる最後は岩場
に作られた鎖場になっていて、ここは両手が空いてないと無理でしょう。

大山滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

鎖場を下り切ると少しだけ開けた滝前になっていて、そこからの眺めは↑写真
の通り。バランス的には上から眺める方がカッコいいかもしれません。

大山滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝前から下流方向を向くとこんな感じ。

大山滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

ISO1600にして1/500秒で。

大山滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

水がとてもきれいで、ほんの少し太陽光が射し込みこれがまたとてもきれいだ
ったので、すかさず。この滝の滝壷は結構広い方でした。

大山滝09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

やたらに上段の滝の方が短く見えるので、なんか変な感じです。

大山滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これなんかローソクのようです。ものすごく無理な解釈をすると白いネズミ男
っぽい感じ。細くて無理があります。

この滝には展望台から含めると大体一時間半弱いました。そしてまた来た道を
引き返し、今度は文字通り立ちはだかった急階段をヘロヘロと上り、ヘロヘロ
と歩き、駐車場までヘロヘロ~っと帰ってきました。そういえば、平日だった
こともあったかも知れないけど、滝への行き帰りまで全く人と出会わなかった
ですね。駐車場に幾人か(トレッキングとか目的じゃなさそうな人たち)と途中
の遊歩道で草刈とかをしている方たち位しか見かけませんでした。

                撮影地:鳥取県東伯郡琴浦町 2011/06/13


滝から駐車場に戻って来たのが11時46分。そして片付けをし駐車場を後にした
のが12時30前位。結構ヘロヘロしてたので、何か昼飯を喰わなければならない。
と念じながら来た道を引き返し、次は岡山唯一の百名瀑を目指します。そして
蒜山ICからまた高速に乗ろうかと思ったらその直前に道の駅「風の家」を発見。
なんかこの辺りのマップとかないかなと立ち寄ったら、蒜山のB級グルメなる
モノを発見してしまい、これは喰らわなければなりません。で、昼飯にはこの
「蒜山焼きそば」を喰らいましてございます。そして風の家を出発し13時50分
米子道蒜山ICに乗り、10分ちょっと走って湯原ICで下りました。そこから20分
位で次の目的地に到着したのでした。


>> 2011/07/16 03:49
>yu-yu-yuさん
結構滝に行くまでが暑くて大変だったりしますが、滝前に行くと全く他とは違う気温になったりしますね。滝は写真もいいかもしれませんが、やはり実際に目の前に見るのが気持ちいいですよ♪

>レオちゃんのママさん
ありがとうございます。
でもやっぱり被写体のおかげなのです。ママさんも同じ場所に行けばきっと素晴らしい写真がとれるかと思いますよ♪

>ぜいぜいさん
今回の旅は比較的短めではありますけど、下手をすればこれが今年最初で最後の大きな旅なのか? もしそうならかなり哀しいです(泣)
この滝は上から見た方がバランスがいいのですが、やはり滝壷まで行かないと迫力とか涼しさとか霊気は味わえないですね♪
白ねずみ、ツボでよかったです(笑) しかし一反木綿は確かに!自分でキタロウ関連振っといて何見逃してんだか(笑)

>tomoさん
こんばんは、初めまして、コメントありがとうございます♪
滝がすごく好きなのですが、いつもうまく撮れなくて悩みながら巡っています。お恥ずかしいのですが、よく見ていただきすごく嬉しいです。よろしければまた見てやってください♪ リンクもすごい嬉しいですよ! こちらもtomoさんのところに時間がある時にお邪魔させていただきます。そしてこちらもリンクをさせていただきますね。これからもよろしくお願いします。。

>ぷーさん
こんばんは~♪
こちらもとてもご無沙汰しておりました。復活されたんですね。またぷーさんワールドを見られるかと思うと嬉しいかも♪
フィルムはなんだか始めてしまいました(笑)
すごい楽しいですよ。少なくとも写真を撮るという行為に関してはデジよりも断然上なんじゃないかと。。
もうぜひ!フィルムやりましょうよ~(誘) アレですよ、もし名機とかに拘らないのなら、一眼レンズ込みで一万位で買えてしまうことも可能ですよ~
手を出してしまうことを楽しみにしています(惑)
なまくらボディ、実は自分でも書いておいて痛いところを自分で突いてしまって困ってます(笑) お互いになんとかなまくらをぶっ飛ばしましょう! 無理かも・・・ぐふぅ

>きらりさん
ホント、実際にこういうところを経験すると、後でこういう猛暑に出遭うと余計に耐え難いかも(笑)
暑い!って時にこういう場所に行けると素晴らしいんですけどねえ。。

>condorさん
こんばんは~♪
ありがとうございます! 水はとてもきれいでした。形的には上から見た方が美しい感じですが、やっぱり直に滝と向き合えって楽しめるのは滝壷ですね。
一、五枚目ありがとうございます。何しろすごい遠くに一発勝負みたいに行くので、何とか絵にしたいという気持ちは普通よりも強いかもしれませんけど、何度も同じ場所に行って精度を上げるってのはそれこそ写真の奥義だと思います。しかも同じ場所で何度も色んな表情を見られるのは最高だと思いますし♪ 私は逆に一つところに通い詰めるってのが欠けているので、それこそ反省です。。
また一つ達成しました。まだまだ先は気が遠くなる程遠いですが、そういって頂けると励みになりますよ。ありがとうございます♪

>> 2011/07/15 22:39
こんばんは。
幻想的な雰囲気で素晴らしいですね^^
これぞ滝100選という感じで、文句なしの雰囲気です。
水もまた美しいではないですか!
こういう滝は実際に見てみたいです。

写真の方は1、5枚目が好きです。
1段目の見え方が、絶妙なところがニクイです^^
写真を見ていると水の音が聞こえそうな表現力です。
初めての場所でこのクオリティーは素晴らしいです!

何度も行って徐々に精度を上げていく、自分のスタンスにちょっと反省^^;
あっ、滝100選の新たな1歩、おめでとうございます!

>> 2011/07/15 17:08
この暑さ、、、、
この滝に飛びこみたい!
この冷たそーなお水飲みたい。
って思うような涼しげな写真^^

>> 2011/07/15 00:21
よ~かんさんこんばんは。
ご無沙汰しておりましたが、相変わらず素敵なお写真v
…イエ変わらないどころか、フィルム写真まで!(笑)
私もフィルムカメラ欲しいんですけど中々手が出ず…。
でもよ~かんさんのお写真見てたらそのうち買ってしまうかもしれません^^;

滝!
写真からマイナスイオンがあふれ出ておりますv
見てるだけで癒されるのですが、ただ一つ
前回記事の”なまくらボディ”という言葉に
痛いところをつかれているぷーでした(;=△=)

>> 2011/07/13 13:39
初めまして~こんにちは~!
めいさんの所から、巡って来ました。

凄く迫力の有る滝に、引き込まれてしまい
一気に最後まで拝見させて頂きました。
此れから、遡って「目指せ日本の滝100選!」を拝見させて頂きます。
此れからもお伺いさせて頂きたいと思います。
リンクさせて頂きました、宜しかったでしょうか~?

>> 2011/07/13 11:24
西の旅のはじまりですね。
大きな滝は迫力があっていいですね。水量も多いし。
涼味絶佳です。

で、白いネズミ男、やだ~ツボです。
その上の写真は一反木綿。。。

>> 2011/07/13 06:46
ヤッパリ!凄い!
よ~かんさんの滝はいつ見ても溜息が出ます。

>> 2011/07/12 22:23
とても涼しげでこの季節にぴったりです
滝の写真わたしも撮りたいなー









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/557-7dfa10ba

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。