07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/07/07//Thu * 00:01
●○一向平

一向平01
Ricoh GR DIGITAL lll

今は去ること六月。19日で高速休日1000円な話が終わってまう!的な一大事が
やってきてしまったので、その前になんかどっか遠くへ!と思ったはいいもの
の、例のフィルムアイテム群のせいでかなり金欠であり、一体どうしたものか
大変悩んだ挙句、結局それじゃあ微妙に西に行こうよ企画を目論んだ訳です。
そこでメチャクチャ今年サボっていた百名瀑観光をしようかと思い、鳥取とか
その辺りに参上してみることにしました。ただし、金欠でした。

ってことで、西ツアーの行き様を順を追って行くことにします。

6月12日夜、仕事から帰って来て次の日にならない内に高速に飛び込み、東名
⇒伊勢湾道⇒新名神⇒中国道⇒米子道と一睡もせずにひた走り、朝7:30前位に
蒜山ICで下りました。料金は1900円。嗚呼ホントのラストの高速休日お得(泣)
そこからは下道を40分程度チクチクと走って辿り着いたは一向平野営場。

トップ写真は野営場に着くホンの少し前の光景です。
因みに一向平は「いっこうがなる」と読むらしいです。絶対に読めない・・・
ここはキャンプ場であり付近の山とかの登山口でもあります。ここに車を置き、
滝用の簡単な登山届けを書いて滝まで歩きます。約1.9㎞、40分程度の行程と
のことなので、まあ軽~い軽~いハイキングって風情でしょうか。

一向平02
Ricoh GR DIGITAL lll

ほんの少しの上り傾斜をゆるゆる歩いていたら立ちはだかった急な下り階段。
いや、下り階段が立ちはだかるってのは何かおかしいな。でもそれに似たよう
な状態であり、今まで軽~い軽~いハイキング気分だったのが、一気に急下降
であり、それはなんとなく表現的にしっくり来るような来ないような感じでも
あり、とにかくこの階段がいつまでも下ってるんだなこれが。一睡もしてない
身としてはコレを帰りに上り返さなければいけないのかと思うと行きからして
げんなりです。そしてまあ結局この帰りにこのげんなり階段に挑まざるを得な
かったのですが、ヘロヘロであり、とても面倒な思いをしました。っていうか
これが去年あの御来光の滝の下へ行った人と同じ口から出る言葉なのか。なん
というなまくらボディ具合だ。

一向平03
Ricoh GR DIGITAL lll

げんなり階段を下り切ると吊橋があったので渡りました。そしたら渡り切った
ところで道が二股に分かれており、右は「鮎返りの滝200m」ってなってたので、
とりあえずそっちに行ってみることに。

一向平04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

それがその噂の鮎返りの滝でございます。10mはなさそうな中々勢いのある滝
ですが、すぐ上に堰堤っぽいのが。なんか滝っぽい風情を醸しだしてますけど、
立派に滝ではありません。これはちょっと哀しい。せっかくの景勝のすぐ上に
堰堤ってなんとかなんないのかな・・・

一向平05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なので、堰堤っぽいのを見えないようにもう一枚。あ、でも見えてるけど。

一向平06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

鮎返しから分岐へ戻り、先に進みます。これは途中道を横切っていた沢。

一向平07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

因みにげんなり階段以外は薄っすらと上り気味で、それがまたなまくらボディ
具合に心地よく響きます(泣)

一向平08
Ricoh GR DIGITAL lll

途中にあったカエル具合が妙にいい感じ。滝は次回記事でお願いします。

                撮影地:鳥取県東伯郡琴浦町 2011/06/13


今回の旅期間は2011年06月12日 22:46 ~ 2011年06月15日 23:44 までです。
総走行距離は1871㎞でした。短いながらも中々充実して楽しい旅でした。

6月12日の夜、仕事から帰り予め準備していた荷物一式を車に積み込み、出発
しました。2泊3日となりますが、いつも通り全て車中泊で通す積りなので布団
毛布寝袋等は欠かせません。と思ったけど、さすがに暑くて毛布は無理だろう
ということで代わりにタオルケット。その他、今回は荷物を考えてかなり絞り
ました。去年のお遍路さん祭りでは後部座席に山のように積まれた荷物に不安
なことしきりでしたが、今回はかなり抑えて美しく整理されて載せています。
嗚呼人間とは学習するイキモノなのだなあ。と一瞬思いましたが、考えてみれ
ば去年よりも宿泊数が少ないし、荷が少ないのは当たり前なんじゃないかと。
なんで一睡もしない強行出発をしているというと、とにかく日曜の内に高速に
入る必要があったためです。日曜中に入れてしまえば、後はもう鼻歌でも歌っ
ていればよろしい。などといつか何処かで使用した文章を殆どパクって出発し
たのは内緒です。

東名⇒伊勢湾岸⇒新名神⇒名神⇒中国道⇒米子道と乗り継ぎ、一睡もせず休憩
も殆ど給油以外ではせず、ひた走りました。そして米子道蒜山ICを下りたのが
7時20分頃、その後一般道を走り一向平野営場駐車場に着いたのが8時頃でした。


>> 2011/07/12 22:00
>めいさん
こんばんは~♪ こちらこそご無沙汰になってしまってます。
大抵こういった旅をすると、一日目がどうしても夜出発朝到着ってパターンが多くて、そのまま行動し、しかも時間に追われて寝る暇がないことがあり、一日が終わることにはグッタリです(笑) 今回もこのパターンに陥りました。
一枚目、正にめいさんが仰る通りの理由でUPしました♪
六枚目、正にこの季節の特権のような緑の写真です。
七枚目、最近は結構こういう信仰のモノとかを見かけるとよく撮るようになりました。
歩いているとそんなに涼しくはないのですが、それでも太陽を避けられるのでかなり楽でしたよ。
やっと今回の旅の第一弾をUPできました。これからもなるべく早めにUPが出来るといいなあと思っています。

>びーぐるさん
一睡もせずに蒜山ICはまだいいのですが、問題はその後夜までも一睡もしなかったのがかなり参りました(笑)
まあこの滝はそんなに大きいものではないですからねえ。
真打の滝は今UPしましたけど、迫力はちょっとどうなんでしょうか(笑)

>-さん
こちらもご無沙汰しています。
了解しました。わざわざのお知らせ、ありがとうございます♪ 近い内にお邪魔しに行きますね~

>きらりさん
マジですか? そっちも中々すごい気がしますよ(笑)
中途半端な西の方の旅の第一弾、やっとUPできました。今後もなるべく早めにUPしたいと思っていますが、どこまでそうなるんだか・・・ 適当に遊びに来てくださいね~♪

>> 2011/07/10 11:06
一睡もしないって、私生まれてから長いけど(笑)いまだかつて一睡もしなかった事ってないです。
私も西の方の写真楽しみにしてます。

>> 2011/07/08 10:54
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2011/07/07 22:16
一睡もせず米子道蒜山までですかぁ!
まさに貴人、じゃなかった奇人よ~かんさんの本領発揮ですね。
でもこの滝はちょっと迫力無いんじゃないの~
次に真打が待ってるんでしょうけど、むふふふ。

>> 2011/07/07 10:35
よ~かんさん、こんにちは。
プチおひさです。

眠らないで、ちょっとしたハイキングでも、私は無理です。よ~かんさんの執念ですね。
1枚目のモノクロいいですね。
一本道に電柱の影、電柱が何本も続いてるのが好きです。
6枚目はとても爽やかなお写真ですね。
緑もとても綺麗で涼しさも感じられます。
7枚目の苔むした石仏さまもいい感じですね。
こういう山道は涼しげでよさそう。
西の旅のお写真楽しみです♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/556-af857c0e

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。