07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/02/18//Fri * 23:26
●○凍ってる話。

凍ってる話。01
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

「見るなあアア嗚呼~! ズザザーっ!!」或いは単に「ズザザーっ!!」
って云う風情でしょうか。何にしても横顔でカメラ目線ってのが卑屈さを感じ
させるところが素敵。まあ、妙に寒そうなのは仕方がないところでしょうか。
ちなみにこの写真は、前回記事に載せている風景のある一部をズームしたもの
なのですが、果たしてどこの部分なのか? 判ったところで得るモノなし(><)

そんな訳で、前回、前々回の氷瀑祭りの時に撮った氷風景をザカザカっと載せ
て置こうかと存じます。ラスト二枚は三年前に本棚下棚の凍った風景を見に
行った時のヤツをおまけに。。

凍ってる話。02
Ricoh GR DIGITAL lll

地獄棚に行く途中の沢歩き中で。一見雪?とか思う訳ですが、これが全然雪で
はなかったのです。大自然の不思議なヤツ。

凍ってる話。03
Ricoh GR DIGITAL lll

↑の雪っぽいモノの正体はコレ。
とはいっても一体コレが何なのか?というのは別の話。っていうか、判んない
んですが。なんだか薄い板のような氷が組み合わさって地面の上を覆ってます。
これが雪みたいに見えていたのでした。何なんでしょうねコレ? 霜柱の上品
版って風情です。この上を歩くとサクサクとした感触で意外と深い。水際の所
のモノは踏み抜くと水だったので注意。

凍ってる話。04
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

ガラスの欠片みたいです。

凍ってる話。05
Canon EOS Kiss X2 + TAMRON SP AF90mm F/2.8Di MACRO1:1

有象無象の蟲どもという風情です。
水が飛び散るようなところは、面白い凍り方をしますなあ。

凍ってる話。06
Ricoh GR DIGITAL lll

霜柱の通常版。

凍ってる話。07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

コレも霜柱。地面からニョキニョキと生えて、石を押し上げてます。

凍ってる話。08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

一見、水がドドドーっと落ちてる途中で凍り付いたかのような賑やか具合。
色んな凍り方が寄り合い中です。

凍ってる話。09
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

岩や地面から水が染み出て、ひっそりとあちこちで氷柱を創っています。

凍ってる話。10
Canon EOS Kiss DN + EF50mm F1.8 II

陸に水が押し寄せている途中でそのまま凍り付いたって感じ。よく見ると氷の
下には色んなモノが封じ込まれてるようです。しかしこんな風に波状になんて
どういう状況で凍ればこうなるんでしょうね・・・

以上、一連の氷UPはこれで完了です。この記事は少し地味だとは思いましたが、
地味に寒そうなお話を見ていただいてありがとうございました。

        1~5、8枚目 撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2011/02/03
            6、7枚目 撮影地:神奈川県相模原市 2011/01/28
         9、10枚目 撮影地:神奈川県足柄上郡山北町 2008/02/18


>> 2011/02/25 21:50
>tacaさん
すいません、わざわざありがとうございます♪
三枚目でしたか~(><)
ホント不思議な状況でした。これはかなり近付いて撮ってますよ♪

>> 2011/02/24 23:08
何枚目か書いてなかったですね(^^ゞ

気になった、氷が重なってるのは3枚目の写真です。
不思議な写真だなぁ~って思いました(^_-)-☆

>> 2011/02/23 00:17
>シビルエンジニアmanさん
ありがとうございます。コレを叫びと見ていただけたのが非常に嬉しいです。
大自然の芸術は、ホント素晴らしいですよね。私もあまり寒さが得意という訳ではないんですが、意外と寒さは感じないのです。
リンクありがとうございます♪ 私も時間が出来たらシビルエンジニアmanさんのところにお伺いしますね。

>akiさん
こんばんは~♪
トップ、日陰で色温度が低めだと青くなるんですよね。
それと氷って何かの条件で青く見えるそうです。確か光の波長だかそんな感じでした。スイスの氷河、見てみたいです!
四番目、確かにこんな感じでキレイに光ってて思わず撮って、帰って来て気が付いたんですが多分これ周りの景色を映し込んでいるみたいです。青い光は青空。
六枚目の霜柱は結構立派でした。ホント、自然の意図的なモノが入っていない芸術って美しいですよね。

>tacaさん
自然ってホント素晴らしいです♪
氷が重なっているヤツって七枚目のことですか? かなり近寄って撮ってますよ。面白い凍り方ですよね。霜柱って色んなパターンがあって面白いです。

>きらりさん
ありがとうございます♪ 氷って透明で光を反射するからきれいですよね。
寒い写真はとりあえずここまでですが、これからまだ凍った風景が見られるのなら、またUPするかもです。
こういうのは暖かい部屋で見てこそいいのかもしれません。私自身は寒い中ですが、その代わり臨場感を味わえてますので、引き分けでしょうか(笑)

>そらさん
ありがとうございます♪ っていうか、そらさんの方が雪国らしい素敵な写真を撮ってらっしゃるじゃないですか~ さすが雪国。溜息が出ましたよ。
これからのそらさんの雪国写真も楽しみです♪

>びーぐるさん
色を見ると本当に寒そうなんですよね(笑)
でも意外と殆ど寒さは感じなかったです。天気がよくて風がないとかなりいい感じです♪
ありがとうございます。二枚目と三枚目は今まであまり見たことないような不思議な氷の世界でした。最初雪かとばかり思ってたらこんなんです。

>condorさん
こんばんは~♪
この記事は案外一枚のヤツを載せたくて作った気もしないでもないです(笑) あまりにもツボだったんで。
四、五枚目ありがとうございます。マクロは望遠持ってくよりも軽いので、大体山に入る時は広角ズームとマクロの二本立てが多いです。色んな場面でマクロって役に立つんですよね。
二枚目ですが兎よりははるかに大きい足跡です。かといって人間にしては小さい感じ。シカなのかな?と思っているんですが。この氷を踏むとサクサクしてなんかいい感じです。

>ぷーさん
初めまして、訪問&コメントありがとうございます♪
いや~、このズザザーっ!に同じ声を聴きとっていただけるとはメチャクチャ嬉しいです(笑)
私にとってこの場面はメチャメチャツボだったので、ここに共感していただけるとまさに甲斐があった!ですよ♪
ぷーさんのブログは私もこそっと見てたんですが、ぷーさんの語り口のセンスは私にはまさにツボでした(笑) 時間が出来たら是非もっと読ませていただきます。
蟲'Sとぽわっとした光、ありがとうございます。光ですが、あれは多分周りの景色の映り込みです。青い部分が青空、茶色っぽいのは山ですね。。
お気遣いまでありがとうございます。しばらくはこんな感じで遅いですが、またよろしかったら是非是非♪ 私も時間を作ってお邪魔させていただきます。

>> 2011/02/22 00:17
よ~かんさん、はじめまして。
綺麗な写真と共に、よ~かんさんの語り口もツボで
何度かこそっとお邪魔させていただいていたのですが、
今回のズザザーっ!に思わずコメントさせていただきました。
まさにズザザーっ!私にも彼の叫びが聞こえました(笑)

でもこうして見ると氷(凍り方?)も色々ですね~。
蟲ズと、その前のぽわっと光っているように見える欠片が好きですv

前回記事で忙しい季節到来とおっしゃってましたが、
無理しないでくださいね~。
それではまたお邪魔させていただきます^^

>> 2011/02/20 20:41
こんばんは。
1枚目、よ~かんさんの遊び心を感じました^^
氷の祭典で昨年のキノコのエントリーを髣髴させますね。
4、5枚目がそんな感じで素晴らしいです。
マクロレンズを持参しているところも天晴れですね!
私なら離れたところから望遠レンズで撮影してしまうと思います^^;
3枚目は興味深いですね、と思って2枚目に目を凝らしたら・・・。
ウサギの足跡のようなものが見えますね(笑
思わず嬉しくなりました^^

>> 2011/02/20 16:58
いやはや、ほんとに寒そうでまさに
凍らんばかりの光景ですね!
2枚目の模様が素晴らしいではありませんか!!
とても行けませんから、よ~かんさんの写真でお腹いっぱいに。

>> 2011/02/20 14:16
わぁ~~~~!きれい~~!
霜柱がすごい!
自然にしかできない作品ばかりだね。
雪国にいるのにこんな素敵な写真撮ってないよ~~!
探しに行かねば。。。

>> 2011/02/20 12:58
きれ~きれ~
寒い写真続いてますね^^
すっごくきれ~です。
へ~こんなんなってるのか~って感じです。
自分では絶対行かないような場所なので、
あったかいお部屋で見させていただきました。ありがとうございます^^

>> 2011/02/19 23:08
自然って素晴らしい芸術ですよね!

氷が重なってる写真はアップで撮ったのでしょうか?
自分の目で見れるなら、もっと素敵ですねぇ~♪

>> 2011/02/19 17:13
こんにちは~。
TOP,青っぽいのがいいですね。。
父がスイスで氷河を写してきたのですが、それも青っぽかった。。お水が綺麗なのでしょうかね。
4枚目が一番のお気に入りです。
淡いオレンジと青の光があって宝石みたい♪
自然が作り出すものはホント『美しい』っていう言葉が合うと思います。
6枚目はおもしろい凍りかたですね。

>> 2011/02/19 08:18
氷の顔確かに叫んでいますね~
大自然の芸術作品素晴らしいです
あまり寒いのは苦手なもので
よ~かんさんの作品を見させてもらって
行った気分にさせてもらっています

よろしければ、リンク貼らさせてもらえれば
嬉しいです(^O^)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/542-79de8ec5

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。