09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/02/05//Sat * 23:54
●○早戸大滝(氷Ver.)

早戸大滝(氷Ver.)01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

もう何度も見に行ってる早戸大滝。でも3月~6月の間ばかりで、他の季節には
一度も行ったことはなく、ましてや冬なんか全く行こうとすら考えていません
でした。それが先日、リンクさせて頂いているちしろさんのブログにこの滝の
氷瀑がUPされて、それを見た途端「カッコいい!」と矢も盾も堪らなくなって
しまいこの結果です(笑) ちしろさんからは林道の状況を教えて頂き、何とか
行けそうと思って前回記事となった訳です。

氷結した滝の前に立った時は、そのカッコよさにしばらく見とれていました。
やはり実物の臨場感はハンパではありません。大自然が創ったモノは別に人を
喜ばせるためのモノではないのに、何でこんなに見とれて、喜んでしまうので
しょうか。それも大喜び。

少々前回の記事の途中まで話を戻しますが、雷平から右岸側を遡行します。
この辺りはほぼ浅く雪が積っていて、結構滑るしすぐ下の石に当たるので歩き
難い。それでも進路は足跡が付いているので、歩けるところを探しながらって
いう負荷はかなり軽減されました。徒渉も水量が少なくて楽だったし。

早戸大滝(氷Ver.)02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そうしてポコポコ歩いていて、ハッと気がついたらちょうど大滝のある分岐に
いました。そして遂に氷瀑とのご対面です。この位置から見ると上部の一筋を
除けば他はみんな凍っているように見えました。まあ実際は全然そんなことは
なく、下部は殆ど凍っていなかったんですけど。

早戸大滝(氷Ver.)03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

↑写真の一番下の部分をクローズアップにしてみました。

早戸大滝(氷Ver.)04
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

滝の中間辺りをクローズアップにしてみました。望遠を持ってきてよかった。
薄っすらと蒼い氷柱がとてもカッコいい。

ここで少し撮ってから滝下へと移動しました。その時雪で濡れてしまった滑り
止め付き軍手を、撮影中近くの岩の上に置いておいたのですが、両方ともホン
の数分で置いてあった形、「く」の字のまま凍り付いてしまって使えなくなり
ました。風がなかったので寒さ自体はそんなに気になってはなかったんですが、
改めて気温が低いんだこの辺りはって思いましたね。ちなみに標高は約1000m。
予備を持っていてよかった・・・

早戸大滝(氷Ver.)05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

次に岩の小さな尾根状に登り、そこから滝下へ。ここまで結局アイゼンは付け
なかったけど、ここからはアイゼンがなかったら怖くて先に進めませんでした。
で、ここで初めて装着。そうしてアイゼンの安心感を身をもって体験すること
になったのでした。そうして遂に滝の目の前へ。氷の下は水が流れてますけど、
とにかく素晴らしいお姿♪

早戸大滝(氷Ver.)06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この辺りはワナがたくさんありました。地面かと思っていたら薄い氷だったり
するのです。まず最初の一歩がニセ地面で、いきなり踏み抜きました。氷の上
に雪が被っているので岩なんだか水なんだか氷なんだか全く分からないのです。
そこからは超慎重にしずしずと移動。時折「めこっ!」とかいうので冷や汗。

早戸大滝(氷Ver.)07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝へ向かって一番右端の岩盤に貼り付いてみました。凍ってなければ水飛沫で
ここまで近寄れません。下部はご覧の通り、殆ど凍っていなくて、上部と較べ
ると下が弱そうに見えて何か不安定な感じでした。

早戸大滝(氷Ver.)08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

↑でも書きましたが、下部が凍ってないので、引いて撮るととってもしょぼく
感じてしまうのです。なので、迫力を出そうと色々とやってみます。どうして
も実物に較べると哀しい迫力になってしまいますが。
しかし、素晴らしい造型です。この滝は形が複雑なため、色んな飛沫が色んな
形で育って行ったんでしょう。そして本流はお見事な氷柱。そしてこのお見事
なビツシリ具合。こうして見上げているだけでも全然飽きませんでした。

早戸大滝(氷Ver.)09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

下部全景。殆ど凍っていません。この下まで全部凍ることはあるんでしょうか。

早戸大滝(氷Ver.)10
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

落口の奇怪な塊。奇怪だけど緻密な氷の芸術。素晴らしいです。傍に行ったら
相当巨大なんだろうなあ。

結局滝前に着いてから約二時間もいました。しかもその間一度も座って休まず
変な姿勢での撮影も多数。そして日陰でメチャクチャ寒い。冷凍庫の中にいる
ような感じといえばいいのか。具体的には上記の軍手くの字事件、三脚伸ばせ
なくなる事件、三脚引っ込まなくなる事件、ザックに入れておいたウィダーin
ゼリーが凍ってシャリシャリしていた事件、お茶が若干シャリ気味事件、それ
らを呑んだら身体が芯から冷え切った事件。が私を襲いました。こんな身体に
悪いことばかりやってるもんだから、おかげで帰り道にご丁寧に片足ずつ順番
で攣りやがりまして、結局魚止橋まで三時間位かかってしまいました。ホント
何やってんだか・・・
あと、平日ってこともあるからだろうけど、魚止橋までの往復は誰一人として
出会いませんでした。戻って来たら橋に車が一台停まってましたが。

今回は超広角レンズを持って行かず、17-40mmと70-200mmの2本にしてみました。
前からこの滝は全景を写してもイマイチ絵にならないと思っていたし、迫力を
出すのに望遠は役に立つかなと思いまして・・・

せっかくなので、今までに載せた早戸大滝の記事を下記にリンクしておきます。
凍ってない時との比較にされるといいやも知れません。あと、それとおまけに
氷っぽい滝もついでに。。 よろしければどうぞお願いします・・・

早戸大滝 ★早戸大滝再び ☆散策 ② ★早戸川散歩 ⑥
本棚(氷Ver.) ★下棚(氷Ver.)

                 撮影地:神奈川県相模原市 2011/01/28


>> 2011/02/13 22:45
>そらさん
こんばんは~♪
正確にいうと氷の下を水が流れているんだけど、それでも素晴らしい景色でしたよ。やはり間近で見るとすっごい迫力です。
層雲峡の氷瀑・・すっごい見てみたいです。もし行けたら是非見に行って教えて下さい♪

>-さん
お久しぶりです♪
了解です、またこれからもよろしくお願いしますね~

>ぜいぜいさん
素晴らしかったです。今回、とにかく色々とタイミングがよくて、立派な氷瀑を見ることが出来ました♪
落口のところは、きっと近くに行ったら相当大きな塊なんだろうなって思いましたよ。すっごい不思議で奇怪な形をしてますよね。
またここんところ寒いから案外いい感じになってたりして? まあぜいぜいさんなら行くのに全然問題なさそうですよね~♪

>とっとこさん
初めまして、コメントありがとうございます。
ありがとうございます、とっとこさんもここに行かれたことがあるんですね。でも夏ならきっとヒルが大変だったんじゃないですか? 私もあまりにも道中が難しい状況だったら滝下まで行けなかったと思いますが、今回は色々と運がよくて下まで行けました。

>> 2011/02/11 20:14
初めまして 里山のとっとこと申します
あまりの素晴らしさにコメントさせていただきます
私は、夏に行った事が有りますが、結構大変でした
今の季節はとてもとても行く勇気が有りません
脱帽です

>> 2011/02/10 23:57
氷瀑の早戸大滝すばらしいですね。
落口のドームのアップの写真は初めてみたかも。
今年はそれだけ氷の発達がすごいってことなのでしょうね。
あ~なんか行きたくなってきたなあ。

>> 2011/02/10 22:47
このコメントは管理人のみ閲覧できます

>> 2011/02/10 19:04
こんばんは~!
滝が凍ってる~~!!!
まだ見たことはないけど層雲峡の氷爆まつりも
たぶん滝が凍ってるんじゃないのかなぁ~
どの写真も素晴らしいねぇ!
そばで見たらすごい迫力だろうね。

>> 2011/02/09 16:17
>トリコロールさん
カッコいいですよね~ この滝の氷結を全体で見ると下部が結氷していないために微妙なんですが、上部を見上げるとホント素晴らしかったです。
あはは、事件といってもただ寒かったと書いただけなんですけど(笑)
この時の条件だったら、普通にこの滝へ行ける人なら行けたと思いますよ。私も冬の山歩きは全くといっていい程経験が無いので・・・
トリコロールさんももし機会を作れればぜひ氷Ver.を♪

>ユウカ☆さん
ありがとうございます、ホントに素晴らしかったです。
大自然の創るモノって、なんでこうも素晴らしいんでしょうか。もしユウカさんに何らかの機会があれば、こういう氷の世界を体験してみてください。写真よりも迫力が違いますよ♪

>はっぴーさん
ありがとうございます、やっぱり写真にすると実物には到底敵わないのですが、そういっていただけると嬉しいです♪
多分氷具合は、写真で見る限りはあまり1/23のものと変わらない気がします。ただ、この滝へ行くタイミングだけは素晴らしかった。まず林道が車で入れたこと、大滝へのルートが私でも歩ける状態だったことが全てでした。はっぴーさんの記事がなければこのタイミングで行くことはなかったので、感謝しています♪
落口は今考えると行っておけばよかったなあって思うんですが、何せ大滝新道へ行くまでの部分が雪で真っ白で、とてもその時は行く気になれませんでした。
滝に一時間二時間ってのは私には珍しいことではないので、特にこの滝に執念をって訳ではないのです(笑) 独りで行くと特にきっかけがない場合いつもこんな感じです。まあそのおかげでいつも行動に制限がかかるのですけど・・・
三日月の滝、造林小屋も見てくれてありがとうございます♪

>レオちゃんのママさん
私も冬は殆ど行動しないので、滅多に見られない氷結した風景を見て感動しましたよ。やっぱり現物は写真に較べることはできないです。
もしママさんの周りでそんなに車から歩かなくても見られる氷結した風景があったら是非実物を見てみてくださいね。感動しますよ~♪

>condorさん
こんにちは~♪
私も先程condorさんの大滝不動尊の女滝を拝見させていただきました。っていうか、メチャクチャ美しいじゃないですか! 私が撮ってきた滝は、少なくとも光線具合ではとても敵わないですね~
滝はあまり勢いが強くない方が、冬には凄い結氷となる可能性がありますよね。それと地形が複雑であればそれだけ色んな形の氷になる可能性も。
一、五枚目、ありがとうございます。どうしても写真は実物に較べると迫力が劣ってしまうので、なんとか迫力を出そうとした結果なので嬉しいです。
ツンデレとはなる程と思いました(笑) しかし近付いたら危険ですが(笑)

>びーぐるさん
写真だとどうしても実物の迫力に欠けますが、少しでも臨場感が伝われば嬉しいです♪
黒部の大滝・・・ あまりにも無理過ぎて、ホンの少しでも「行こう」と考えたことさえないです(笑) あの滝って今現在一体何人の人が実物を見たことがあるんでしょうねえ。

>> 2011/02/08 08:47
うわぁ!これは素晴らしい光景で息を飲みます!
写真でもこれだけだから、本物はすごいでしょうねぇ!
今年は是非黒部の幻の大滝を見せてください!!

>> 2011/02/08 00:45
こんばんは。
私も大滝不動尊へ氷瀑撮影に行きましたが、早戸大滝のスケールに圧倒されました。
超広角でなくこのクオリティー・・・よ~かんさんのカメラワーク恐るべしです。
1、5枚目の臨場感に唸りました^^
青く輝く氷もとても美しいですし、何者をも寄せ付けない険しさを感じます。
でも見るものを優しく迎えてもくれるんですよね。
やはり氷瀑はツンデレをイメージしてしまいます^^;

>> 2011/02/07 20:57
氷結した滝 !!!
よ~かんさん 素敵な滝ですね。見てみたい~でも、なかなか怖くて行けません。よ~かんさんの写真を見せて頂いて~ただただ、憧れています。言葉にならない迫力です。

>> 2011/02/07 18:07
美しいですね~
凛とした滝の清澄感が伝わってきます。
やっぱり、よ~かんさんの写真は違います。
見られて嬉しいです。

私が行った時より迫力UPしています、良かったですね。
こういうのってホント、タイミングですから。
落ち口はこんなに怖い?形なんですね~ビックリ!
と同時に見たことないので新鮮!!

それにしても2時間もここにいらっしゃったとはスゴイ執念を感じます(笑)
以前の三日月の滝、前回の造林小屋、こんなふうに撮るとステキですね~♪

>> 2011/02/07 14:16
いや~とても美しいですね~
自然が作りだす光景に感動ものですよね!
こういった場所には行けないので楽しませて頂きました(#^.^#)

>> 2011/02/06 17:46
早戸大滝氷Ver.、めちゃめちゃカッコイイです!!シビれますー!!

臨場感はハンパではないのですね! んー・・・見てみたい(>_<) でもたぶんムリ(T_T)。。

しかし、所々ワナがあったり事件も多々あったご様子・・・ご無事でなによりでございますm(__)m

よ~かんさんは素晴らしい大冒険家ですね!!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/540-5db8b5c8

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。