07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/02/02//Wed * 22:22
●○早戸川散歩 冬

早戸川散歩 冬01
Ricoh GR DIGITAL lll

人工の極致っていう感じの前回、前々回の記事から一転、今回と次回は大自然
の極致っていう感じ(あくまでも感じ)でどうか。そんな風情で今年初の山歩き
をして来ました。ターゲットは早戸川源流部にあるアノ滝の氷瀑。そのお姿が
どんなかってのは次回の記事に譲りまして、今回はその道中を地味~にUPなど
させていただきます。何しろ生活圏内では全然雪を見ないので、少しとはいえ
同じ神奈川県内とは思えない雪景色が全身を楽しませてくれました。

今回のお散歩では、一番のネックが一体車でどこまで行けるのか?ということ
でした。早戸川林道はさすがに標高がある為、雪が降れば道路に残るし凍るし
それがあまりに酷いとノーマルタイヤのP-Mini号では手も足も出なくなります。
と思いながら恐る恐る走ってみたら、ちょうど三日月橋のところから雪で道路
が真っ白になり、所々凍っていたりしたものの、慎重に走って結局魚止橋まで
問題なく行けました。ここから車を下りて歩き始めます。今回は前日に買って
おいた軽アイゼンを持って行きました。が、アイゼンは生まれて初めての使用
になるので、非常に不安・・・

早戸川散歩 冬02
Ricoh GR DIGITAL lll

伝道に到着。早戸大滝は日本100選の滝の癖に、道路には全く案内板がなくて、
ここに来て初めて案内板を見ることになります。初めてこの滝に行こうとした
ら、この場所に来るだけでも迷うと思うのに、こんなところに今更こんなのが
あってもどうなのかっていつも思います。まあそうは云っても、あるだけでも
なんだか嬉しいんですけど。ああ、まだあったって。
いつ来ても落書きと汚れで結構モノ哀しい状態になっていましたが、久し振り
に訪れたらとてもきれいになっていて驚きました。あと、ヒルの看板が新しく
設置されていました。

早戸川散歩 冬03
Ricoh GR DIGITAL lll

よくありそうな、雪が転がって玉になるってヤツ?
コレを見れば分かりますがこの辺りは深さが全然ないため、すぐに地が見えて
しまい、下の枯葉を巻き込んですぐにブレーキがかかった風情です。このまま
育てばリアル塊魂になったに違いないので、すごく惜しいなあ嗚呼。

早戸川散歩 冬04
Ricoh GR DIGITAL lll

伝道からは一旦早戸川から離れ一尾根越えることになりますが、この辺りから
結構な雪景色になってきました。とはいっても全然浅いのですが。なので普通
よりも滑って歩き難くなってきました。でも歩けなくはないので、アイゼンが
未経験な私はこの場面でこれを着けるべきなのか違うのかが判断できず、結局
着けずにそのまま歩いていました。

早戸川散歩 冬05
Ricoh GR DIGITAL lll

一尾根越えて造林小屋に着。特に休憩もせず、もふもふと通り過ぎました。
雪は場所によって積もってたり積もってなかったりという中途半端な状態です。

早戸川散歩 冬06
Ricoh GR DIGITAL lll

小屋を過ぎてからは山の中腹を歩き、しばらくすると早戸川に下り立ちます。
そうしてその地点にトップ写真の丸太橋が。そしてこの橋下は飛沫が凍った氷
がビツシリと貼り付き、丸太は濡れていると素晴らしく滑る、氷は素晴らしく
滑る、の相乗効果でとても滑り易くなっていて、とんでもなく怖かった・・・
この時に軽アイゼンを着ければいいのに全然忘れていまして、滑らない部分を
手探り(足探り?)で慎重に探り、杖でバランスを取りながらカメの歩みで突破
するという無駄な労力を発揮。

早戸川散歩 冬07
Ricoh GR DIGITAL lll

丸太橋を渡ってしばらく右岸を歩きます。途中トラロープが張ってあるへつり
の場所がありますが、これをへつっている時、とても無様な様を大自然相手に
見せ付けてやりましたよ(泣) どうもあのへつりはスマートに出来ません。。
そうしてしばらく行くとまた丸太橋があるので、渡って今度は左岸を歩きます。
ここからは雷平までずっと徒渉はありません。

そうして、雷平に着いたら右岸側に進路を取り、道無き沢を遡行して行きます。
無雪期に較べると水量が少なくて、徒渉にはあまり苦労しませんでした。それ
でも雪に見せかけて浮いた氷を踏み抜いたり、雪に見せかけて下が歩き難い岩
ゴロゴロだったりして歩き難いので滝まで二時間半位かかってしまいました。
歩く場所については雪上に足跡があったので、それだけは少し楽が出来ました
が、途中どうやってこんなところ通ったのか?とか不思議な所に足跡が付いて
いたりして、却って惑わされたりもして痛し痒しです。

早戸川散歩 冬08
Ricoh GR DIGITAL lll

滝近辺のことは次回の記事に譲るとし、ここからは帰り道をサクサクっと流し
てしまいましょう。これはよくやる好きな影撮り。やっぱり雪が普段ない所に
住んでると、コレ位の大したことない雪でも嬉しくてしょうがないんですね。
嬉しさが影から滲み出てます。雪はサラサラのパウダースノーでした。

早戸川散歩 冬09
Ricoh GR DIGITAL lll

行きはずっと河原に日が射さなかったけど、帰りは射し出して眩い中途半端な
銀世界となりました。

早戸川散歩 冬10
Ricoh GR DIGITAL lll

徒渉はそんなに大変じゃなかったけど、こういう橋は逆に凄く怖かった。特に
この雷平のヤツは見た通り(笑) 

早戸川散歩 冬11
Ricoh GR DIGITAL lll

今回とてもお世話になった軽アイゼン。EVERNEWの6本爪で、とても簡単に装着
できて、特に滝下付近では絶大な威力を発揮しました。というか、これがなか
ったら滝下に行けませんでした。

早戸川散歩 冬12
Ricoh GR DIGITAL lll

早戸川林道の或る地点。標識類が物々しく並んでます。何か書いてあることに
矛盾があるようなないような・・・ 行きは車が通れましたが、帰りは塞がっ
てたので、壁抜けの能力を発揮してすり抜けました。

今回の記事は、何処のどんな場所かっていうのを全然説明していない為、初め
てここに来ていただいた方には特に何云ってんのか分からないかと思います。
なので、下記に今まで載せた早戸川周辺の記事をリンクしておこうかと思いま
すので、ご参考に・・・

天翔る白馬 ☆ヒトリシズカ
三日月の滝 ☆早戸川林道
造林小屋  ☆散策 ①
★早戸川散歩     

                 撮影地:神奈川県相模原市 2011/01/28


>> 2011/02/06 09:24
>竹の子さん
こんばんは~♪
そちらは雪が多いですか? こちらは全くといっていい程降りません・・・ 今回歩いた場所は逆に「雪だ~」って喜んだくらいですよ(笑) そいえば今まで冬に滝を撮りに行くなんてこと、殆どありませんでした。ありがとうございます。

>condorさん
こんばんは~♪
アイゼン、悩みました。私が今回一番のポイントに置いたのは装着しやすいということでした。そして実際に装着してみると素晴らしく簡単♪ そして実践では大活躍でしたよ。
condorさんもタイヤはノーマルでしたか。すっごい行動範囲が狭められますよね。
雪玉が下ってきたら脇に逸れずに真っ直ぐ進行方向に逃げます(笑)
造林小屋の写真、ありがとうございました♪

>tacaさん
私の影です。っていうか、雪男はこんなにスマートじゃないですよ(笑)
やっぱりそうですよね、私も全然雪を見ないので、やっぱりテンション上がりますよ。

>はっぴーさん
何か凄いプレッシャーを感じるんですけど(笑)
はい、UPさせていただきました。ホントは滝だけUPして終りにするつもりだったんですけど、せっかく道中を撮ったのお蔵入りにするの勿体無いかなあって思って、つい今回の記事を作ってしまいました。でも思うんですが、あの滝って特に滝下に行けば撮ることが出来る角度が限られてくるので、そんなに新鮮味のある写真じゃないかなあって気がしますよ~ でも少しでも楽しんでいただければ嬉しいです♪
あのへつり、百戦錬磨のはっぴーさんでもそうなんですか?何か嬉しいです(笑) どうもどうやってもトラロープに摑まって体重をかけてしまう箇所があるのが怖いんですよね。。 帰りは巻き道見つけてへつりませんでした(笑)

>びーぐるさん
あれ?びーぐるさん、これよりももっと凄い雪のところに行った記事を見たような気がしますが(笑)
でもこの滝にまさか冬に行くとは自分でも思ってませんでした。

>akiさん
ここの滝は何回も行っているので、凍っているとどうなっているのか実際に目で見たかったんですよ。
雪といってもとても浅かったのでそんなに厳しくはなかったです。
ラストから三枚目は私も相当怖かったですよ。さすがにアイゼンを着けました。凍ってる場合、両足とも滑ることがあってそうなると全くふんばりがきかずにあっという間に転んじゃうんですよね。私も今回メチャクチャ歩くの遅かったですよ(笑)
そいえばまだ一面の銀世界は見てないので私も見に行きたいです。
コメントをたくさんありがとうございます。とても嬉しかったですよ~♪

>ぜいぜいさん
イマイチ氷瀑って興味がなくて、中々行くことはなかったけど、今回は急に見に行きたくなりました(笑)
この滝ももう五回は行っていたのに、冬は私も初めてでした。今回はとても運がよくて、林道がノーマルタイヤで問題なく行けて魚止橋まで入れたことが最大のヒットです。これがなければ行きませんでしたから。
そうそう、例のへつりですが、巻き道が分かりました♪
このアイゼンはメチャクチャ楽ですよ。ベルトを二箇所通してカキカキカキっとするだけ(何云ってるか分かんなくてごめんなさい(><))です。滝をUPしましたのでよろしければどうぞ~♪

>トリコロールさん
行けるんですよ(笑) 今回は運が多分とてもよかったんだと思います。車で魚止橋まで入れたことが全てだったのかも。
あそこには何度も行っているので道に迷うこともないし、慎重に行けばそんなにきつくはないと思います。
滝下に行くにはアイゼンが必携だと思いますが、それ以外は特に絶対に必要って感じでもなかったので、ホントに条件がいい時に行けたんですね~ まあ所々にワナがあったのは否定できませんが(笑)

>> 2011/02/05 22:41
えーーっ!?冬に早戸大滝ですか!!??
行けるんですか!? いえ、行っていいのでしょうか!?(笑)

超ビックリです!!
雪が覆ってては危険な所が随所にありますよね(汗)いえ!雪がない時でも危ない所はあります(汗)
ス、スゴイです・・・!!

>> 2011/02/05 14:50
わあ、雪の早戸大滝に行かれたんですね。
わたしは積雪期はまだ行ったことないのでうらやましいです。
アイゼンいいの買いましたね~私のは6本も10本もベルトひもをぐるぐるしなくちゃいけないので、とっても面倒です。
次回レポが楽しみです。

>> 2011/02/05 08:48
雪が降っていても歩かれるのですね。
山歩きホントにお好きなのですね。
ラストから3枚目の橋は雪があるだけで怖いです。。
高さがなくても・・・。
私、歩道橋からすべって落ちたことがあるので、雪恐怖症なのです。。
雪が積もったら、そろり~と歩くので、めっちゃ遅かったりします
久しぶりにちゃんとした雪景色は撮りたいなぁって思います。。
まとめての拝見、失礼しました

>> 2011/02/04 21:08
うわぁ、素晴らしい雪景色であります。
私は一生見ることが出来ないのは確実です。
まさに怪人の面目躍如であります!!

>> 2011/02/04 01:23
滝は?滝はまだか?いつ現れるのか??
文章も読まず探し続けた結果、最後になっても出てきません。
終わっちゃった!!!

え~~っ!?なんでなんでなんで!?!?!?
・・・はい、ちゃーんと文章拝読いたしました。
まさか前後篇で引っ張るとは、全く読めませんでございました(笑)お見事です・・・

でも、よ~かんさんの写真は滝じゃなくてもいいですね~!
満足させていただきました。
願わくば滝を早く見せてくださいませ!!

実は私も、あのへつりは苦手というより恐怖です。
意識するとよけい手足が逆になったりして焦ります(笑)

>> 2011/02/03 22:40
よ~かんさんの影でしょうか?
雪男の影みたいですぅ~(^w^)

アタシもあまり雪が積もらない所に住んでるので、雪を見るとテンションあがります♪

>> 2011/02/03 21:24
こんばんは。
アイゼンは種類が多いので、はじめて購入する時は悩みますよね。
私は4本爪と10本爪を持っていますが、横型の4本爪はズレる事があるんですよね・・・。
6本爪は良い選択だと思います^^
その効果を実感すると無しでは歩けなくなりますよね。
後は車のタイヤですよね・・・じつは私もノーマルタイヤです^^;
3枚目の雪玉が成長してリアル塊魂と化して、4枚目の尾根を下ってきたらどうします(笑
よ~かんさんがリアルインディージョーンズになっていたかも!?
リンクの造林小屋、凄く渋かったですよ^^

>> 2011/02/03 13:56
こんにちは♪
今年は、雪が多いので滝を撮るのにもホント一苦労ですね。
ご苦労さまでした。。。(^-^;









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/539-32dca392

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。