07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/01/27//Thu * 23:54
●○工場もへ。

工場もへ。01
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

世間には「工場萌え」とかいうモノがあり、流行っているんだかもう終わって
いるんだか知りませんが、ちょっと前から興味はあったので、チョロっとその
世界を覗いて見ることにしました。ところが色々と何処に行くかとかこの世界
はどんなもんなのかを検索してたら、あまりに素晴らしい写真たちを見せ付け
られてしまい、私が撮ってきた写真たちを見ると地味だわ暗いわなんだか萌え
ないわで、UPする前に少しばかりトーンダウンいたしました。なのでさすがに
「萌え」となどというタイトルを付けるのは精神的に辛かったので「もへ。」
でいいじゃん「もへ。」で!とばかりにそんなタイトルでお茶を濁しましたよ。
「もへ。」とかやっとけば、タイトル見た人がきっと脱力しそのままの勢いで
「なんだか萌えなかったね」などとチラとも思わないまま見終わってしまうに
違いありません。そんな地味な感じなのに二回もUPします。嗚呼申し訳なし。

今回どこで萌えようか色々調べた結果、多分自宅から最も近い川崎の千鳥町と
いう場所にしました。夜中なら車で下道だけ使って一時間半はかからない距離
です。かなりお手軽に萌えられそうです。そんな訳でトップ写真は工業地帯の
入口「千鳥橋」から。

工場もへ。02
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

最初誤って、千鳥橋を渡ってそのままいつまでも真っ直ぐ進んでしまい、海底
トンネルを通って向こうの島まで行ってしまいました。しおしおと戻ってウロ
つき開始でございます。時刻はちょうど0時を過ぎたばかり。
千鳥橋のあるメインの通りはある程度車通りがありますが、メイン通りを外れ
るといきなり全然走っている車を見かけなくなります。道路脇には仮眠してる
トラック多数。でも工場は動いているので特有の臭いとシューシューしている
ような音とかが辺りを支配しています。長くいたら健康に悪そうだけど、結局
二時間半以上いるという萌えっぷり(笑)

工場もへ。03
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

フレアスタック。いつまでも焔を上げていました。

工場もへ。04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

嗚呼、これは萌えっぽい感じがします(笑)
何だかよく分かんない機械や部品や階段で複雑に組み合わされ、無機質な感じ
を醸し出しています。これは楽しいです。

この辺を撮り捲くっていたら、車で二人組の若者がやってきて「あの~すいま
せん、この辺りにオススメのスポットはありますか?」と質問してきました。
っていうか、貴方たちの目の前がきっとそのオススメのスポットだと思うんだ。
こんな真夜中に千鳥町なんてところに来ている位だから、まさか何処かの観光
スポットのことなんか聞いている訳じゃないよね?と思いながら「私も初めて
ここに来たんだけど、何かこういうモノが見たいってのがありますか?」など
と聞いてみたら、やっぱりどっかの写真集で見たようなモノが見たいとのこと。
きっと写真で見た世界そのままが見えると思っているんだろうなあ。と思って
「この辺り一体がみなそうですよ、実際は写真より暗いから分かり難いと思う
けど」と撮った写真を見てもらったら「なるほど~」って感じだったようです。

工場もへ。05
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

立入禁止があちこちにありました。

工場もへ。06
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

ロケット発射する前っていう風情。

工場もへ。07
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

何だかよく分かんない丸いモノから盛大に煙っぽいのが噴出されてました。

工場もへ。08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

なんというか、ホントに渋すぎます。メタリックなものってなんで夜に似合う
のでしょう。撮ってて「くはあっ」と言いっ放しです。

工場もへ。09
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

よく分かんないけど、この辺りが一番好みにあってたようで、いつまでも色々
と撮り続けてました。

工場もへ。10
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

モノを真正面から何故か全然撮ってなかったのですが、これは数少ない真正面
モノ。右側に突き出た階段といい、ゴチャゴチャしたモノといい、いいなあ。

工場もへ。11
Canon EOS Kiss X2 + EF70-200mm F4.0L IS USM

「大剣を両手に掲げ、祈りを捧げよ。カキーん!」っていう感じがします。

                   撮影地:神奈川県川崎市 2011/01/24


>> 2011/02/02 23:36
>☆MIYA☆さん
おお、もへもへですか~(><)
やっぱり誰もが凄いって思いますよね~♪ あんな何がなんだか分からないものがたくさん集まって何か機能していて妙にカッコいいんですから、そりゃあもへもへです♪
ありがとうございます。でもやっぱり私のはこのジャンルの中では結構地味だと思いますよ。凄い人のは本当にすごい写真ですからね~
ここ千鳥町は車を停めてすぐ目の前で見られますよ。しかも移動も夜中なら小刻みに車で動いて下りて撮ってってのが簡単に出来るので、私みたいな初心者向け?だと思います♪
最後のカキーん!ですが、やっぱり人に見えますよね。階段を上り下りしている人も時折いたので、一瞬ホントに人かと思いましたが・・・

>niccoさん
ありがとうございます♪ なんといっても被写体が既に凄くカッコいいので、かなり助かってます(笑)
ホント、線路と工場はやヴぁいですよね~ 無機質なもの同士の組み合せは反則です♪
niccoさんとこからなら、一大聖地の四日市がある程度近いのでは? 私は是非そこへ行ってみたいです。

>> 2011/02/02 22:36
もへ写真、カッコ良すぎです~♪
線路と工場の組合せは最強ですね!
夜の工場って、いつか私も撮ってみたいです^^

>> 2011/02/02 11:34
うおぉぉぉぉ♪
萌え萌えぇぇになりますよぉぉぉ
1度 この風景を車の中から 見たことがあり
すっごぉぉぉぉい ときらっきらに目が輝いていたのを覚えていますぅ
その後。。。CMで見たときは ここここぉぉって興奮し
よ~かんさんのところで くっきりとその全貌がわかり
今 大大興奮してますぅぅヽ(〃^・^〃)ノ
地味???どこがですかぁぁ
萌えぇぇぇとりますよぉぉぉ♪
。。。ここ止まって。。。近くで撮れるんですねぇ

最後の写真 カキ~んって感じに見えましたぁ
。。。って ホントに誰か立ってる?

 

>> 2011/01/30 00:45
>きらりさん
私も一度こういうのを撮ってみたいと思ってました。ただ、写真集とかは見たことがないんですが。そして実現はしたけど、やっぱり付け焼刃はよくないですね。なんというか華がない(笑)
もしきらりさんも機会があればぜひ見に行ってみて下さい。独特の世界ですよ~♪ そうそう、特に夜は実際に目で見ても煌びやかじゃないので、それを念頭に入れておいた方がいいかも知れません。

>tacaさん
おお、そうなんですか、ここ千鳥町は結構その方面では有名らしいので、もしかしたらテレビでもやったのかもしれないですね~♪
夜の工場は独特の世界で面白いです。でも写真程はきれいに見えず、かなり暗いです。なので、そのことを頭に入れていないとちょっと哀しいかもしれません。あ、でも伊勢湾岸道とか通っていて見る工場夜景はハンパないので、場所によっては凄いかも。

>yasuさん
こんばんは~♪
そうそう、yasuさんが、工場夜景を撮っていたのは前に見ていたので、今回撮りに行った後にyasuさんのところに行ってみたんですが、おお、同じ場所だ~と思ってました。そしたらもう四回も行かれていたんですね~ そして私のと違ってyasuさんの写真の方が華がありますね♪ 私が行った時は、私のように撮影目的で来ている人は一人もいなくて、観光?目的のが二組いただけでした。流行っていてもそんなもんなんですかね。まあ写真目的じゃないと夜の工場はそんなに観光になりえない気がしますが・・・
ここは私のところからも行き易いのでまた私も行くかと思います。

>> 2011/01/28 23:57
よ~かんさんこんばんは~!

よ~かんさん、工場夜景じゃないですか♪
とても綺麗ですね~♪

実は僕も工場夜景を撮りに行ったことは何度かあるんです~。
初めて行ったときはまだ工場萌えが云々の前だったのですがだんだんと工場夜景というものが知れ渡ってからはそれ以降は写真を撮りに行くと他にも撮りに来てる人と会いますね。

千鳥町には四度ほど来たことがあるんですがいつ来ても僕はとても好きです♪

>> 2011/01/28 23:17
同じ場所かは分かりませんが、テレビで“工場萌え”見たことがあります!
夜の工場とてもキレイですよね(^_-)-☆
1度見てみたいです☆

>> 2011/01/28 15:34
「工場萌え」知ってます!写真も見た事ありますが、一度ああいうの撮ってみたーい!と思ってしまうほど綺麗な場所でした。
よ~かんさんのもやっぱさすが~って感じです。工場萌えではまるのわかりますよね。
想像するのも面白い^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/537-65ba8790

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。