09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2011/01/11//Tue * 00:01
●○そらの木 肆

そらの木33
Ricoh GR DIGITAL lll

前回の続きでありまして、壱、弐の時とほぼ同じルート、つまり押上⇒十間橋
⇒業平橋⇒言問橋と歩き、隅田川を渡り墨田公園沿いをツリー見ながら吾妻橋
まで行って、浅草駅から帰れっ! という感じでした。左に見えるのは言問橋。

意外と若干ながら工夫が見られる、参の写真たちに較べると、ちょっと今回の
肆はいたって普通な感があるかも知れません。

そらの木34
Ricoh GR DIGITAL lll

夜の隅田川は結構色んな光を反射して美しかったです。
この写真では手前の部分が何故か気に入ってます。

そらの木35
Ricoh GR DIGITAL lll

一番右側のビルにツリーが映っています。このビルはツリーが映るってことで
有名だったらしい。今はもうツリーが成長してしまったため、全体が入り切れ
なくなっています。ついでに云うと、左上部にオリオン座が写っているんです
が、あまりにも薄くリサイズしたらほぼ分からなくなってしまいました。でも
幾つかはなんとかまだ見えるので、その見える部分を使って夢想するのもいい
もんだなあ嗚呼。

そらの木36
Ricoh GR DIGITAL lll

浅草名物○○○と一緒。○○○の一部がぶっ飛んでしまって見苦しいのですが、
これはGRDの宿命なのか。多分Kissならぶっ飛ばせずに済んでいたと思います。

そらの木37
Ricoh GR DIGITAL lll

浅草名物○○○と吾妻橋。この吾妻橋自体が結構派手です。ちょうどこの袂に
水上バス乗り場があります。

そらの木38
Ricoh GR DIGITAL lll

吾妻橋の向こうに見えるは駒形橋。

そらの木39
Ricoh GR DIGITAL lll

吾妻橋上から、これまた確か浅草名物○○○と一緒に写せる有名なスポット。
あ、○○○に人が重なってしまった。

そらの木40
Ricoh GR DIGITAL lll

橋上からなんとかいい感じで写せないかウロウロしてたら、いつの間にか消灯
してしまってました。どうやらイルミ点灯は20時までだったようです。おかげ
でますます○○○ばっかり目立ちやがる。。 潮時ですね。

以上、東京スカイツリークリスマス限定イルミ点灯編でした。正月明けに昨年
のX'masイベントをUPする心意気、楽しんでいたましてらでyうか(噛んでる)。 
ではまた、いずれまた(><)

                   撮影地:東京都台東区 2010/12/24


>> 2011/01/23 01:07
>ぴょんこさん
初めまして♪ ご訪問&コメント、ありがとうございます♪
ぴょんこさんはツリーが見える地域にいらっしゃるのですね。そうすると毎日成長して行く様が見えて楽しいですね。もう今年の三月で形は完成するってことみたいなので、それまでにもう一度位下に行ってみたいと思っています。
もしよろしければ、今後もよろしくお願いします~ 私も遊びに行かせて頂きますね。

>> 2011/01/20 00:53
はじめまして。
履歴からお邪魔させて頂きました。
意外と私が目にする場所のお写真が
こんなに美しく写って・・・
一瞬、違う場所かと思えるほどでした。
スカイツリーも、もうすぐですね。
今度、少し温かくなったら写真撮りに行こうかな?
素敵なお写真、たくさん見せていただきました。
ありがとうございました(^^♪

>> 2011/01/14 23:18
>tacaさん
その通り、金色の雲みたいのが○○○です(笑)
アサヒビール本社横、アサヒスーパードライホールの屋上にあります。金の炎のオブジェらしいですが、○○○にしか見えません(笑)
スカイツリーは、かなりな耐震構造になっているらしいですよ。

>ユウカ☆さん
もっと遅くまで点灯しているかと思っていたんですけどね。一枚撮ってもう一枚行こうかと思ったら消えてました(笑) まあ工事用の照明での仮イルミなので余計仕方ないかも知れないですが、イブなんだからもう少し遅くまで点灯していてくれてもよかったんじゃないかと思いましたよ~
さすがの東京も冬はある程度空気がクリアーになります♪

>そらさん
そいえばこの辺りにそらさんも来たんですよね~♪
また機会があったら是非また○○○(笑)と共にスカイツリーも鑑賞してください。
やっぱりなんだかんだいって、近くで見るとすごいですよ~ 上に上らなければ特に怖いってことはないでしょう♪

>びーぐるさん
オドロオドロしく撮ったつもりなんですが、やっぱり私のセンスがそれを許さなかったみたいですねえ(笑)
今回は限定の点灯だったから夜に来られた方が特に多かったと思います。

>> 2011/01/12 19:38
スカイツリーって夜のほうがいい感じですね!
よ~かんさんのことだから、オドロオドロしく撮られる
のかと思いましたがバッチリじゃないですか!!
夜でも結構撮るひとが多いんですね。

>> 2011/01/12 18:50
浅草、懐かしい~~~!
数年前友達と水上バスに乗りましたぁ~!
楽しかった♪
その黄色い○○○・・目立つねぇ~~
いつ見ても○○○に見える(笑)

1,2枚目の写真を見ると恐ろしいくらい高く感じる。
キャ~~~怖~~い!!!
スカイツリーは写真だけでいいかな^^;

>> 2011/01/12 15:05
あららイルミはそんなに早く消灯ですか(>_<)
残念でしたね(;_:)

さすがに東京はイルミは派手ですね(^^♪
夜空が澄んでいてこれも綺麗ですね(#^.^#)

>> 2011/01/11 22:57
金色の雲みたいなのが○○○でしょうか?
すご~く気になりますぅ~(^_^;)

スカイツリーきれいですね♪
地震のとき大丈夫なのかしら?って少し恐いですが(^_^;)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/531-2ab34f59

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。