09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/12/21//Tue * 23:59
●○讃岐UDON祭り

讃岐UDON祭り01
Ricoh GR DIGITAL lll

うどんよりそばが好き派でした。
しかし、東京で「はなまるうどん」や「伊吹や製麺」等、讃岐の名前がついた
うどんを喰らった時、コシとかダシ全てが旨く、うどんってこんなに旨かった
んだ?と軽い衝撃を受けまして、ならこれが本場の讃岐で喰らったらどんなに
かすごい目に遭わせられるのか?と密かに楽しみにしていたものです。

そんな訳で、四国旅最終日。
今回の旅の裏メインである、讃岐うどんハシゴ大作戦をスタートさせました。
えっと、毎度のコトながら、ホントにそんな名前の祭りがある訳じゃないので、
するっと流していただけると。。

空の夢もみの木パークというすごい名前の道の駅にて、朝の5時半起床。でも
こんな早くにはまだうどん屋がやっていないので、ここでこの日のルートとか
考えながら大変まったりし、ついでに道の駅の中を冷やかしたりしました。
そんなこんなで8:25、遂に出発。それでも一番最初に行こうとしている、この
場所から一番近い店「山内うどん」の開店時間は、9:00となっていたので若干
早過ぎるかなと思っていたけど、多分道に迷ったりしていい時間に着くだろう
と読んでいたら全く当てが外れ、10分程度で着いてしまいました。事前に調べ
ておいた限りでは結構この店は分かり難いって感じだったので、覚悟していた
のにちゃんと分かりやすく看板とかあるもんだから(笑)

讃岐UDON祭り02
Ricoh GR DIGITAL lll

で、こんなに早く着いてしまいどうしよう?と思う間もなく店は開いてました。
私の前には二組の客のみ。その内の一組は東京の方のナンバーの車。開店時間
よりも早く開いているとはいきなり出鼻を挫かれましたが、嬉しい驚き。
そしてこの店の外観はどうですか! メチャクチャ私の好み。いかにも昔から
やっていそうな雰囲気、それも老舗とかじゃなく掘っ立て小屋から育って行き
ましたって感じです。写真はうどんを茹でるのに使う薪とこの雰囲気に似合わ
ない自販機まで全部入れたかったので、こんなんです。

さて、扉を潜りました。生まれて初めての讃岐うどんの店に入る。そしてここ
はセルフの店。緊張しました。恥ずかしい話、いったいどうすればいいのか?
と思う間もなく、私のすぐ前に入った兄さんがこれからどうすればいいのかを
実技で示してくれました。入った途端おばちゃんに「何にする?」といきなり
聞かれ、それに答えると殆どすぐにうどんを渡されます。したら目の前に積ん
である色んな天ぷらから欲しけりゃ何かとり、代金払ってウヒヒって感じ。
そして私の番が来ました。この店はひやあつ(冷うどん熱ダシ)がオススメとか
ガイドブックに書いてあったのでそれの小を頼み、その他げそ天がオススメの
ようなんですが、ハシゴする関係上自粛。つまりひやあつ小のみ。200円也。
とにかく生まれて初めての讃岐の関門を切り抜けた! 後は食してサッと出る
のみ。で、ここでグルッと店内を見回す余裕が少し出たので見回してみた。
厨房の奥の方ではガッシリとした男性がうどんを茹で、手前にはおばちゃんが
切り盛りしている図。店内は外観から受けるイメージ通りの感じです。
そしてトップ写真が、ひやあつ小。麺は真っ白、ダシはまさに讃岐の地方の色、
いい香り。では早速いただきます。 ・・・一番に思ったのがダシがきっと私
の好みだったと思うのだけど、とても美味しい。イリコのいい香り甘み。そう
そう、このダシなんですよね。そしてうどんを啜ります。あれ?ちょっと思っ
たよりもコシが弱く柔らかめだな・・・ 私は讃岐のコシのよさで讃岐すごい!
って思ったクチなので、ちょっと物足りない感じがしないでもない。まあこれ
は完全に好みの範疇と思いますが。これはひやひやかあつあつにしてもう一度
チャレンジしたいです。雰囲気も味もとてもよかった。ごちそうさまでした。

と、店を出てみればまだ9時前。開店前でした(笑)

讃岐UDON祭り03
Ricoh GR DIGITAL lll

さて、まんのう町から綾川町へ。お次は「山越うどん」です。
先にお話しておきますと、今回のうどん巡りの店たちは予め決めておきました。
そのままだとあまりにも多過ぎて、一体何処へどうすればいいのか全く不明に
陥っていたので、とにかく有名どころを三つ押さえて後は時間や腹具合で決め
ようかと。その一つ目が山内だったのです。

そして特に迷うこともなく、二つ目の山越うどんには9時半前に着きました。
ここで何より驚いたのは、駐車場がやたらに大きく、しかも一つじゃなかった
こと。山内も店の規模に対して数十台は停められそうな大きな駐車場を持って
いたんですが、ここはその比じゃなく、しかも駐車場の監視員らしき人まで。
一体どれだけ大規模な店なんだ?と思わせて、実は製麺所の傍らにイートイン
をくっ付けたって感じの規模で、明らかに駐車場負けしている気分。でもこの
店、実は超有名店で、休日ともなればハンパない大行列が出来るそうで、この
オーバースペックな駐車場も実は全然大袈裟じゃないらしい。そしてその片鱗
はうどん喰らって帰る時に垣間見ました。まあそれは今は置いておいて、車を
停め、とぼとぼと店に歩いて行ったのでした。

讃岐UDON祭り04
Ricoh GR DIGITAL lll

この店も9時が開店となってましたが、入口に立ってみるとうどん受け取る所
に一人待っている人がいただけだったので、あっという間に注文ができました。
店に入るとすぐおばちゃんに声をかけられ、ここで注文。この店はかまたまが
有名なので、もちろんそれを。少し待つと、半熟よりももう少し生に近い卵が
サックリ絡められたうどんが入った丼を渡され、そいつを持って左方向へ行く
とすぐに揚げ物コーナーが。そこで好きな揚げ物を取りすぐ左で会計。これは
↑の写真の図を見ると分かり易いかも。揚げ物は、豆腐と枝豆の厚揚げっぽい
ヤツを選択。かまたま200円、揚げ物100円。〆て300円也。や、安い。なんて
安いのか? これを持って途中でお冷やを汲んで進めば、途中から座る場所が
現れるので適当に座る。ここで私はこの通路で喰ってしまったのだが、実は先
に庭園?があり、そこで喰えるようになっていたらしい。↑写真参照。
まあそれはどうでもいいので、座ると長テーブルにつけダシとか薄口濃口醤油
とか調味料が置いてあるからそれを使う。かまたまの場合、推奨はつけダシを
少しかけるとのことなので、それに倣いました。
そうして、うどんをグチグチ混ぜてズズズーっと。嗚呼旨い。アっという間に
ズルズルと完食。卵うどんつけダシの絡み具合が絶妙でした。しかしやっぱり
ここもうどんのコシは・・う~ん? まあかまたまは熱いので柔くなってしま
うんでしょうけど。揚げ物はふんわりしていてこれもとても旨かったです。

ちょうど出口でばったり会った店員さんにごちそうさまと声を掛け、店を出ま
した。そしたらなんだかゾロゾロと店に向かってくる人が多数。まだ店に来て
20分位しか経ってないのに、人が明らかに増えてきてます。そうして駐車場に
辿り着いたら・・満杯でした! 平日の10時前だよ? 何考えてんだろう?
ちょっと危なかった。もし一軒目の山内さんが9時前に開店だったら、混雑の
真っ最中に山越さんに到着したことになり、この時私はこんな余裕こいてふら
ついていられなかったでしょう。

讃岐UDON祭り05
Ricoh GR DIGITAL lll

さて、綾川町から坂出市へ。ちょっと次の店へは距離があるかもと思ってみた
ら、そんなに遠くはなかったかも。車で30分位しかかかっていません。しかも
何処に店があるのかあまり地図で確認しないまま走っていたらいきなり道路の
左手に店が現れて、息も付かせずスーッと左折しいきなり店の駐車場に駐車し
てしまいました。しかも到着時刻が10時20分なのに、店が開くのは11時半。

という訳で、三つ目は「日の出製麺所」でございます。この店はなんと11時半
から12時半までの一時間しか開いていないのです。今回はどうしてもこの店に
行きたかったので、いい具合の時間にこの店に到着できるように調整した積り
でした。でも全然早く着いてしまいましたが。ちなみに一時間だけというのは
あくまでも店でうどんを喰らう場合だけであって、ここは製麺所なのでうどん
直売とかは朝から夕方までやってます。そして流石に早過ぎたこともあり私は
イートインの客としては一番乗りでした。あまりにも時間があるので、店内の
偵察を兼ねてお土産用にうどんを買うことにしました。その時に駐車場はここ
に停めていいかとか聞き、問題ないとのことなので、ホッとして車の中で待つ
ことに。そうして時間が経つにつれ、次々とうどん目当ての車がやってきます。
そしたらおや?何やら山内うどんで見かけた東京の方のナンバーの車が。考え
ることは皆同じって感じですか? ホント、県外ナンバーがやたら多いです。
そうしてハッと気が付いた時には開店30分前だというのに、もう20人近く店の
前に並ばれてしまい、私も慌てて並びました。

少しすると店からお姉さんが出てきて、この店での頼み方とかの説明と、その
場で並んでいる人たちに注文を聞き始めました。なる程、合理的だし親切です。
これなら初めて来た人も不安ではありません。ここでは冷たいのか暖かいのか、
サイズ(一玉とか二玉とか)を聞かれます。私は冷たい一玉にしました。その後
少し待っていたら開店15分前には店の中に入れてもらえました。

讃岐UDON祭り06
Ricoh GR DIGITAL lll

店は元々飲食用の場所ではなく、しかも広くないです。この場所に会議で使い
そうな安そうな長テーブルが二つ置かれ、それにグルッと片側四人で八人ずつ
座らされました。せ、狭い。両手を前に置いた状態でキューっとなる感じです。
テーブルの上には葱、天かす、ダシがあり、後は有料で竹輪揚げとか温泉卵と
かが置いてあります。少し待つと「○○の方~」と店の人に呼ばれ、うどんを
受け取ります。そしたら葱を自分で鋏で切り、天かす入れて、ショウガを少し
乗せ、ダシかけてはい!写真の通り♪
ここのうどんは、「さぬきの夢」という国産の讃岐うどん用に作られた小麦粉
で作られたうどんを限定100名まで出しているとのこと。そんな説明を聞きな
がらいただきました。色は真っ白ではなく、少し茶色がかかったような感じで
した。そしてこのうどんが私のハートに大ヒット! 噛むともっちりした感触
とコシです。こんな讃岐が喰らいたかったのですよ。ダシは冷たいのにしまし
たが、これもよかったです。まあダシに関しては山内の方が好きでしたが。

この店はうどんを受け取り、喰らったら最後に自己申告で代金を払います。
例えば冷たいの一玉+温泉卵+竹輪揚げって風にお姉さんに申告すれば、幾らで
すと云われるので支払う。で、私といえば有料のトッピングは取らなかったの
でお姉さんに冷たいの一玉と申告。そしたら「100円です」と請求されました。 
え?100えん?と一瞬動きが停止しました。そしたらお姉さんがニヤリとした
ように見えたのは決して錯覚ではないと思われます。っていうか、なんですか
100えんって? この店の値段は予め幾らか見てなかったので、純粋に驚きま
したよ。そんなショックを引き摺りながらごちそうさまを言い店を去って行き
ました。前方に見えた讃岐富士がいい感じだったです。

結局この三軒である程度腹もくちくなったことだし、帰ることにしました。
帰るというのはお家に帰るということです。結局この三軒で使用した食事代金
は合わせて600円也です。三軒で600円・・・ どんな冗談なんだろうか?
本当に恐るべし讃岐うどん! とにかくまたすぐにでもうどんを喰らいに行き
たいです。今度四国に行ったらまたうどん日を一日作ってやるです!
っていうか、本場讃岐でうどんをってのは念願だったので、この充足感足るや
ハンパじゃありません。今回の三軒は全て再訪して、更にまだ見ぬ店も行って
みたい・・となると一日じゃ全然無理じゃないですが。悩ましい・・・

讃岐UDON祭り07
Ricoh GR DIGITAL lll

そんな訳でですね、帰りは坂出ICから高松道に乗り込みました。鳴門海峡とか
を通ってみようかという企みです。時刻はまだ全然12時前、怖ろしく順調です。
そして12時過ぎ、津田の松原SAに寄ってみました。お土産とか買わないとなら
なかったので。そしたら流石讃岐、うどんコーナーが偉く充実しています。

讃岐UDON祭り08
Ricoh GR DIGITAL lll

そして極めつけはコレ。さすがだなあ。しかしこれはしまった。ここでも話の
タネに喰らって行けばよかった・・・ まだ少しは腹に入りそうだったし。
ここもまた四国に行ったら絶対に寄ろうと思いたい。そんなこんなでここのSA
に一時間弱いて、お家に向かってまた旅立ったのでした。 -- 了 --

ってことにはまだちょっとならないのでした。もう少し、後二つの記事で四国
の旅偉い長い編が完結となります。もうちょっとだけお付き合い下さい・・・

        1、2枚目 撮影地:香川県仲多度郡まんのう町 2010/11/05
           3、4枚目 撮影地:香川県綾歌郡綾川町 2010/11/05
              5、6枚目 撮影地:香川県坂出市 2010/11/05
             7、8枚目 撮影地:香川県さぬき市 2010/11/05


>> 2010/12/26 10:48
>きらりさん
これを参考に是非本場讃岐へどうぞ(笑)
そうなんです、私も生まれて初めてでしたから、一番最初の山内に入る時は緊張しました(笑) 幸いすぐ前に人がいてしかもその人も初めてっぽい動きだったので緊張が解けたし参考になったのでした。
でも終わってみれば、他県からもやたらに押しかけるせいか特に有名店はとても初心者に優しい配慮がされているという感じだったので、多分ディープなところに入らなければ大丈夫でしょう。それにしてもすごく安いです♪

>akiさん
すごくドキドキでした。初めての店が山内で、この店構えが結構また緊張感を生みまして、しかもまだ人が全然いなくてもいい時間だったので。やっぱり誰か居てくれないと結構困ります(笑)
讃岐に近いのは羨ましいですね~ 私もすぐにでもまた行きたいです。しかも詳しい方がいるのならいつでも行けそうじゃないですか♪ でも私も今度行く時はもうあまり緊張しなくても大丈夫そうです。
三杯で、ちょうどいい位でしたよ。一玉ならそんなに量が多くないので。しかもハシゴ覚悟だったからトッピングはなるべくしないようにしましたので。ちくわ天、私も大好きです。でも我慢しました(笑)
とにかく安いですね。東京の方で全く同じように讃岐の店に行って100~200円台のものを頼んでも300円以上は必ずします。
書いててもう私もうどん食べたくて仕方ないです・・・

>ちびこさん
ちびこさんところからも私のところからよりは比較的四国は近そうですが、それでもちょっとうどん食べにって感じにはならなさそうですね(笑)
とにかく旨いし安いし、特に何も言うことありません。やっぱり私は高級な○○料理みたいなものよりも、こういうのが芯から好きなんですね。
SAのうどん屋も入っておけばよかったとちょっと悔しいです。

>yasuさん
yasuさんはお遍路さんやってたから、正にチャンスだったのに(笑)
確かに讃岐うどんを攻略しようとしたら、事前に調べておかないと難しいですね。今は讃岐うどん専用のまっぷるとかある位ですから、ああいうのを買えばたくさんの情報とマップが乗っていて非常に楽です。私は同僚から借りて行きました。
それとやはり行くなら製麺所のような店も行きたいと思うのは分かります。私もそうでした(笑)
今度四国へ行ったらぜひ♪ 私もまた行ったら、今度はもっとハシゴしたいです。

>びーぐるさん
おや、グルメのびーぐるさんも本場讃岐はなかったのですか?
とにかく安くて旨いです。特に安いので旨さに拍車をかけているのかと思われます(笑)
東京のうどんやソバは高いですね。まあソバは東京だけじゃなくそれなりの店はどこでも高い気がしますけど。
一軒目の店、実は佇まいで選びました♪

>トリコロールさん
いえいえ、とんでもない、もう是非四国へ行った際は是非うどんハシゴをやってみてください。観光客相手の心遣いがあって、とても行きやすいです。しかも他県の観光客等もすごく多いので、不安も殆どありませんでした。本当はそういった店じゃない方が好みなんですが(笑)
私も又四国に滝巡りに行かないとならないので、その時は又ハシゴろうと思ってます♪
うどん渋滞にハマらないというだけでなく、朝の方がうどんが作りたてとかで、いいらしいですよ。平日の朝に行って快適に巡りましょう♪
はなまるうどん、旨いですよね。私もはなまるうどんで、うどんってこんなに旨いのか?と目が覚めた一人です。もうこんなチェーン店っていう店構えから全く期待してなかったので、それもよかったのかな(笑)

>tacaさん
旨かったですよ~♪ もうこういうのにとくにかく行きたかったので、とても大満足でした。tacaさんはうどん派なんですね。私はソバ派ですが、うどんも大好きになりました♪
本場に行かれたら近所の店と食べ較べるのも面白いと思いますよ。とにかく安くて気安いのが嬉しいです。
SAはさすが讃岐、うどんばっかりすごい熱の入れようでした(笑)

>> 2010/12/23 23:04
おいしそぉ~(*^o^*)
アタシうどん派なので行ってみたいですぅ~(^o^)

近所のセルフうどん屋さんは行ったことありますが、やっぱり本場は違うんだろうなぁ~。
お土産用にも色んな種類があるんですね♪

>> 2010/12/23 22:57
これは良い情報を頂きました! ありがとうございます♪
うどんは大好物のひとつで、職場近くの“はなまるうどん”では「毎度!」と言われるほどの常連さんです(笑)

本場はとにかく安いみたいですね!! 
私も四国で滝巡りした際は讃岐うどんハシゴ大作戦を実施したいと思います♪
・・・うどん屋渋滞にハマらないように早めに行動、ですね(笑)

>> 2010/12/23 18:11
本場の讃岐うどんって食べたことがないので興味津々です!
しかし、べらぼうに安いのには驚きですねぇ!
逆に東京のうどんや蕎麦が高すぎるのかな?
一軒目のお店の佇まいが最高ですね!!

>> 2010/12/22 23:48
僕は讃岐うどんを食べつくそうと考えておきながら一軒しかまわっていなかったです。
本当は○○製麺所とかのうどんを食べたかったのですが、何の情報もなかったのでよ~かんさんの山越うどんのようなお店で食べました。それでもやはりおいしかったですよ♪

今度四国へ行った際は滝だけじゃなくうどん巡りも数軒してみたいです~。

>> 2010/12/22 11:53
くわ~、美味しそうですな~。
私もうどんを食べに四国に行ってみたいのですが、なかなかどうして腰が上がらず・・・。
しかしお品書きの値段、とても良心的ですね~。
SAのうどんコーナーにもびっくり。

>> 2010/12/22 09:44
初めてのお店ってドキドキですよね。
先々月、さぬきうどんのチェーン店へ初めて入ったとき、前の人をずっと見てましたもん。
広島からは比較的、香川は近いので、うどんを食べる計画を去年から立てて、待ってくれてる人(めっちゃさぬきうどんに詳しいのです)もいるのですが。
うどん、3杯も食べておなかいっぱいにはならないのですか?
私はちくわ天が大好きです。これだけでおなかいっぱいです。
おうどん安いですよね~。
チェーン店は高めですが。。
おうどん食べたい!

>> 2010/12/22 09:01
本場のさぬきうどんの食べ方。参考になりました(笑
こういうのは常連さんがいるから初めてだとドキドキしちゃいますよね。(入る時頼み方を教えてくれるお店もあるんだ)
三軒まわって600円。得した気分ですね。
朝っぱらからお腹がすいてきたー









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/523-8ce8de5f

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。