07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/11/30//Tue * 23:57
●○四万十川

四万十川01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

高知県の西部を流れており、全長196kmにも及びます。よく日本最後の清流と
云われているのを耳にしたことがありますね。まあそういったことが正しいの
かどうかは分からないので置いとくとしても、すごく好きですこの川。雄大と
いうのとはちょっと違う気もするけど、なんか水はきれいだし、道路に沿って
いつまでもあるし、説明は出来ないけどなんだかいいのです。

トップは、若井沈下橋から見た若井大橋。別に観光スポットでもなんでもない
けど、撮るモノがいちいち絵になる気がします。

四万十川02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

はげ駅の手前辺りで四万十川にぶつかってからは、ひたすらこの川と共に旅を
する感じです。ある程度の幅があり蛇行していますが、道もそれに沿って造ら
れて、ほぼ川を右手に見ながら走ります。途中途中で幾つもいい景色が現れる
ので、その度に車を停めてしまってキリがありません。

四万十川06
Ricoh GR DIGITAL lll

R381を走っていると、「四万十とおわ」という道の駅が現れました。もう13時
をまわっていたし、昼飯か?と思い寄ることに。とてもきれいな道の駅で裏に
は当然四万十川が。ここにある食堂に寄ろうとしたら準備中でした・・・
地元の主婦がどうたらこうたらのバイキングで美味しそうだったんだけどなあ。
仕方なく、売店に。ここは四万十の色んなお土産があってよかったです。人も
ウジャウジャいました。少しだけお土産を買い、パンフレットをやたらに頂く。

四万十川07
Ricoh GR DIGITAL lll

そして着いた時から気になっていた、しまんとクリクリーム。クリクリームが
完全にツボに入ってしまい、もうこれしか考えられん。クリクリームですよ?
しかも栗をひっくり返して顔にするとは卑怯です(笑) 

四万十川08
Ricoh GR DIGITAL lll

という訳で、クリクリームを頂く。うん、旨い。旨いが、あまり思った程栗の
味が感じられなかったのが惜しいかも。ちなみに、もう一つのしまんとソフト
クリームというのは米だそうだ。こっちも相当気になるです。

そうして減った腹を抱えて道の駅を後にしました。今度は食堂に入ってみたい
なあ。また四国に来てここを通ったら是非寄るのでしょう。

四万十川03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

更に進みます。すると右下に鉄橋が見えたので車を停め、下りてみました。
上流側を見やると川は右へ緩やかにカーブしていて、国道もそれに沿って走っ
ています。こうやって後から写真を見ると、山々が川にかなり迫っているので、
山がいい感じに写り込んだモノが多いです。

四万十川04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

肝心の鉄橋。手前の塀が低かったのでちょっと乗り出し気味にして撮りました。
左下に見えるのは第一三島沈下橋。第十三じゃなく、「だいいちみしま」です。
こんな時に電車が来るがいいと思って少し待ってみましたが、全然来やしない。
後で調べたらこの橋はJR予土線でした・・・ さっきはげ駅から来たんだから、
この時少し位待ったって来る訳がなかったのでした。

四万十川05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

この後も、少し走ったらもうなんかいい感じの景色があったので、停めざるを
得ません。やっぱり山と一緒。なんか季節がちょうどよかったのか、草紅葉の
ようなオレンジっぽい色の草っ原がいたるところの河原にあって、これがまた
きれいなのです。

そんな感じでフラフラ走っていたら「四万十大正」という道の駅が現れました。
時刻はもう14時で、朝早くにコンビニ握りを少し喰らっただけだった私の腹は
もう限界でしたので、ここで何かを喰らわないと大変。この道の駅はさっきの
と較べるととても地味だったのですが、とにかく飯だ飯。って勢いで中に入り
中を見回すと、食堂と土産コーナーが一つとなった小さな建物。中では確実に
地元のおばさまと思われる方々が数人で切り盛りしている模様。そして食堂の
メニューを見てみるとまあ安いのです。例にとってみるとカツ丼が600円とか。
他にも、しいたけ丼とか云う変な不思議なものもあったりしたが、見なかった
ことにしました。そして私はその中でも特別メニューなる鮎丼という高いヤツ
に漢らしくいってみましたよ。四万十の天然鮎なんて書いてあるし~ 基本的
には美味しく頂いたのですが、付いてきた澄し汁の中に不思議なものが(泣)

食事を終え代金を払っている時に、レジのところにあったパンフレットを見て
いたら、店の方に「どうぞ~」と四万十マラソンのパンフレットを勧められた
のです。私はそれをさっきの道の駅でもらったと勘違いして、それはもう持っ
ていますと辞退したところ「マラソンには参加されないのですか?是非参加を
して下さい。応援していますよ~!」と熱く薦められました。まさか相模の国
から来た弱観光人が、西の遠い地でマラソンを薦められるとは思ってもみなか
った展開でございました。っていうか、無理だから。

四万十川09
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

さて、腹もくちくなったし(実はそんなに一杯でもなかったけど)、とにかく先
へ進まないと。本当は出来たら高知の百名瀑をこの日の内に一つ位は行けない
かなあって密かに思っていたんですが、全然これは無理だった。ならばせめて、
次の日の為にいい位置にあるホテル(道の駅のこと)にいい時間に辿り着きたい。
そんな思いで走っていたらまた寄り道ポイント発見。車停める下りる。

四万十川には沈下橋が幾つもあります。ずっと川を見ながら走っていて、橋を
見る度に寄ってみたいと思っていたのに全然寄らず、もういい加減にしようよ?
と遂に車停める下りるを発動したのが、若井沈下橋(多分)。
ここは車は通れないようになっていました。この時はこの橋の名前は全く分か
らず、すぐ近くにJR予土線の若井駅があることさえ知りませんでした。予土線、
中々ずっとついてくるよね。それに沿って走っているんだから当たり前だけど。

四万十川10
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

橋の上。増水時に抵抗が少ないように欄干とかがありません。酒に酔ってフラ
付けばいとも簡単に川に落ちることが出来ます。
何だか分かんないけど、こういうものが好きなんですよね。なので、ドライブ
していてもいちいち反応してしまう。

四万十川11
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

橋の端から下を覗いてみました。水深は結構浅く感じます。魚が結構いたけど、
きっと天然鮎だと思いたい。水はやっぱりきれい! そしてこの橋から上流側
を見たのがトップ写真です。今はその橋が出来たおかげでこの橋の役目は終り、
保存対象外となっているようです。ということは、もし増水時に破損してしま
えばそこで終りってことでしょうか。

四万十川12
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

こっちは橋の上から下流方向を見たもの。なんというか、とてものどかな風景
は、しばらく時を忘れさせてくれました。っていうか、この沈下橋自体の写真
を撮るのをすっかり忘れてしまっているのは一体何を考えているんだろうか?

               撮影地:高知県高岡郡四万十町 2010/11/03
             2枚目のみ 撮影地:高知県四万十市 2010/11/03


この後更に走って川自体を渡り、遂に四万十川とお別れです。たった3、4時間
しか一緒ではなかったのに、妙に寂しく感じました。そしてこの後すぐR56に
ぶつかって進路を北へ。途中ローソンで万が一何も食料が手に入らなかった時
の為の食料とビールを買い、そして本日のお宿「かわうその里すさき」という
道の駅に16:26着。この道の駅も「四万十とおわ」と同じく中々大きな道の駅
で、すごい賑わいでした。海は見えなかったけどすぐ近くに海と漁港があるよ
うで、海産物がメインで売られていたし、さすがに土佐らしく龍馬関係も大変
推されていた感じです。
そんなことよりなんだか既に腹が減って来ました。まだ鮎丼から2時間半しか
経っていないのに、なんでだ?と思っても減ったものはしょうがない。ならば
ここは土佐。土佐といったらカツヲのタタキじゃないですか? 絶対それ喰う!
とばかりに食堂になだれ込もうとして、メニューの前で足を止めました。
どうやらこの須崎市は鍋焼きラーメンが密かに熱いらしい。これは弱りました。
ならそっちを食してみたいじゃないですか。カツヲのタタキ膳にするか鍋焼き
ラーメンにするか・・・すごく悩んだまま店内をウロウロしまくり、パンフを
やたら取り車に置きに行き、出した結論は鍋焼きラーメン!
そうしてこの道の駅のレストラン「とれた亭」(嗚呼)になだれ込んだのでした。
ラーメンは私のすごく好きな味で、私には大好評でした。

その後、もういい加減に温泉に入りたかったので、地図を睨むとここから少し
山のほうに行ったところに桑田山という地名があり、温泉マークが付いていた
のでそこに行ってみることにしました。R56からR494へ入って少し行った所を
左折して行くようなんですが、なんか物凄い山の中でそれらしいものが全く見
つかりやしない。なんだか騙されたような変な感じです。どうやっても分から
なかったので、諦めました。前日はあまり寝られなくて寝不足だし、かなりの
疲れと眠さが温泉を今回も嗚呼!

無駄に走っただけに終り、18:20に再び「かわうその里すさき」に戻って来ま
した。道の駅の施設はもう終わっていたので、ウジャウジャいた人たちも殆ど
いなくなり、車も好きなところに停められる状態になったので、適当なところ
に停めて今日のお宿造り開始。いい具合に寝室が出来上がりましたので、この
日は抜かりなく買ってきておいたビールとつまみで、やっと前日分のお祝いを
独り乾杯しました。お疲れ(><)
そしていい気分になり寝にかかろうとしたところが、隣に来た車がエンジンを
かけたままにしてやがる。いい加減にしろと思い始めた頃、やっと切ったので
これで静かかと思いきや、今度は反対の隣に数人のおっさんどもがやってきて
でかい声で詰まらん話をし始めて閉口。しかもこれが本当に詰まらん話であり、
しかもループしやがるのです。おいそれさっき話しただろ?やめれ!ホントに
詰まらん!やめれ!と心の中で呪文を唱え続けていたら、やっとヤツらも話が
詰まんなかったことに気が付いたのでしょうよ。バタバタと帰っていったです。
そして今度こそ静かな夜が訪れたのでした。ふう。

こんなにも海に近いところまで行っていたのに、結局海を見ずにまた翌日から
は山の方に入って行くのです。ちょっと心残りはカツヲのタタキかなあ・・・


>> 2010/12/04 23:38
>ちしろさん
ありがとうございます♪ でも文章と写真はちしろさんが断然素敵ですよ。なかなかコメント入れられないけど、とても楽しみに読ませていただいてます。やっぱり私が真似できないことを楽しそうにされているということがすご過ぎます! 私のなんか、本当に弱観光人が何かヘロヘロしてる~(><) 以上のものではないですからね~
ちなみに四国編はまだまだ終わりません。やってる私はもうお腹一杯になってます(笑)

>yasuさん
そうそう、沈下橋、走っていると結構目に付いて面白そうなんですよね。でもちょっと面倒で中々傍まで行かない感じだったんですが、なんとか一つだけ傍まで行ってみました。
四国のイメージは、思ったより広くないな・・でした。勿論すごく広いんですけど、想像よりもってことです。
次回は完璧にカツヲのタタキを行く積りです!

>akiさん
こんばんは~♪
三枚目、道の駅の裏にある景色だったんですが、とてもいい感じでした。七枚目、鉄橋ばっかり目に行っていたんですが、後から見たらこれ沈下橋じゃん! という程影が薄かったんですが(笑) ローアングルは昔よくやっていた手法です。という訳で、ありがとうございます♪
akiさん、沈下橋巡りやられていたんですね~ さすが私と同じです♪ 今回私は巡りこそしなかったけど、こういうの大好きなのです。でも確かにみんな同じですよね(笑)
現地のお酒、喰いモノを楽しむってのは超賛成だし、すごい贅沢な楽しみ方ですよね♪ 私はどうも貧乏癖が抜けず、イマイチな食生活になってしまうことが多いのですが、akiさんみたいなことをすごくやってみたいです。超羨ましい(><) 特に鰹のタタキ、土佐鶴が気になって仕方ありません・・・ 車中泊なので、どこかに車を停めて歩いて行ける範囲で美味しい居酒屋さんでも見つけられたらなあって最近思ってますよ~
そうそう、とにかく最初の日以外は全て天気は素晴らしくよかったです♪

>tacaさん
そうですよね、やっぱりクリクリーム気になって仕方ないですよね? そう、お米の方もすごい気になりました。お米の方は要望すればポン菓子をトッピングとかなっているし、やっぱりあの絵が嵌ります(笑)
私はミニじゃなくても危うくもう一つにも手を出しそうになりました(笑)

>ぜいぜいさん
そうそう、四万十ってそんな風な、何故かとても居心地がいい雰囲気を出しているのですよ。そんな気持ちで撮ったから、そんな雰囲気が感じられるのかなあ・・・
写真はやっぱり撮った人の個性が出なければって思うので、そう言っていただけると泣いて喜びです♪
海産物に関してはやはり後悔のため、毎日枕を濡らしています(さすがに大袈裟)が、しい・・・なんとかってヤツには特に何の感慨もありません(笑)

>> 2010/12/02 22:52
なんだか安心して見ていられるほっとする風景ですね。
文章にも個性が出るように、写真にも個性が出るんだなあ。と、おもわずにはいられないよ~かんさんならではのやさしい写真ですね。

高知にいって、特産のしいたけと海産物を外すとは。。。惜しい、惜しすぎる。。。

>> 2010/12/02 22:50
アタシもクリクリーム買いますぅ~♪
名前もかわいいし(^_-)-☆

しまんとは普通のソフトクリームと思ったらお米なんですね。
そちらも気になりますね!
ミニサイズがあったら両方食べてみたいですね(^w^)


>> 2010/12/02 18:05
よ~かんさん、こんばんは。
3枚目の山、青空、四万十が写ったお写真が好きです。
7枚目の鉄橋の影が沈下橋に映ったのもいいなぁ。
10枚目のローアングルのも好みです。
3年前に四万十川を上流から下流にかけての旅を
2泊3日でしました。沈下橋ばかり撮ってて、一番の沈下橋は上流のが風情あってよかったです。
最初のうちは沈下橋の名前まで撮ってたのだけれど、
だんだんとどれも同じように見えてきて(笑
途中でやめました。
食べ物は四万十のウナギ、川海老、鰹のタタキ、高知づくしを頂きました。高知は日本酒土佐鶴がめちゃ美味いので、鰹のタタキ、土佐鶴のために旅をしてました。
現地でその土地のもの、お酒を呑むのが一番って思うので。。
お天気がよかったみたいなので、青空の写真が眩しいです。よかったですね~。

>> 2010/12/01 23:31
沈下橋いいですね~!
四万十川沿いを走ってるいるとよく見つけましたが、僕も降りて歩いてみればよかったです~。

四国はのどかなイメージがあって好きです♪魚介類もおいしそうですし♪

今回はラーメンでしたが、また次回四国の際はカツオのタタキ食べられるといいですね~!

>> 2010/12/01 19:46
よ~かんさん

草紅葉の色と水の色がシブイですねぇ。
写真、みんなステキで文章も楽しくて、
自分が行っているような気になります。

つづき、楽しみにしていますね~
って、自分の更新はサボってるくせに(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/517-d1a94a0d

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。