09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/11/27//Sat * 00:44
●○半家駅

半家駅01
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

滑床渓谷より来た道を戻り「虹の森公園まつの」という道の駅(アカメがいる
淡水魚水族館があるらしい。見たい(><))の少し手前ら辺から、R381に入って
四万十川目指して走って行けば程なく高知県に突入。11/1~3日午前中にかけ、
お世話になった愛媛県ともお別れ。これからは高知を横切るようなそんな感じ
でジリジリと進んで行くことになります。

R381に入ってからしばらく地図と睨めっこです。何せ人間カーナビ搭載なので、
いちいち地図読みに立ち止まらないとなりません。で、行く先を確認していた
時でした。四万十川にぶつかり、川に沿って北に行く方向を地図上で見ていた
ら、何やら気になる駅名が目に飛び込んできました。地図では平仮名で書いて
あるのですが、コレは強烈です。一体どんな漢字を当てるのか、はたまたその
まま平仮名のままなのか? 気になって気になって仕方ありません。幸い通り
道にあるようなので、これは是非実物を拝みたいところです。

という訳で、R381を走り、四万十川にぶつかり川に沿って北上していたところ
其れは不意に姿を現したのです。かなり不意だし漢字だったので通り過ぎた時
は一瞬気付かず、もしやと思い戻ったらこの駅でした。さて、この駅名、何て
読むのか分かりますでしょうか?

半家駅02
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

本当にこの駅は道路から目立たなくて、この駅を示すものはトップ写真の通り
古びた看板のみ。適当に車を停めて、その看板通りに行ってみます。民家?と
畑に挟まれた細い道で、すぐに階段となって上ります。そうして上がり切ると
駅に到着です。とは言っても到着などという大袈裟な書き方は変だ。という位
鄙び過ぎた駅でございました。

半家駅03
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

駅名についてはご覧の通りです。これが平仮名で地図に記してあった訳ですよ。
気になって仕方ないですよね? しかしなんで「はげ」ですか? 日本語って
のは奥が深いかも知れない感じです。この駅はJR予土線という路線にあります
が、私にそういった知識は皆無なので、ただ単にそういう路線にあるんだ~と
お茶を濁していただければ助かります。

はげは無人駅で改札とかなく、ただホームと小さい待合室があるだけです。

半家駅04
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

線路も見た通り、勿論単線でした。

半家駅05
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

端っこに来てみたら、こんなの。

半家駅06
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

この写真はハゲしくトリミングしてます。3:2を1:1とかしちゃってます。
で、そんなことはいいのですが、この待合室の時刻表を眺めていたら、上りに
12:45ってのがありました。ふ~ん・・などと思いながら時計を見たら12:43だ。
えっ? すぐじゃん! すぐ来るじゃん! どうしよう? こんな下手すると
数時間に一本しか来ないような中で何このタイミング?

半家駅07
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

などと、なんとなく意味もなく焦っていたら、本当にやって来たよ!

半家駅08
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

一体何両あるんだろう?と思って数えました。いち、い~ち・・・一両でした。
それに何か貨物車みたいのが連結されていて、何だか面白いです。私は鉄さん
ではないけど、なんだか嬉しくてバカバカ撮り捲くってしまいました・・・
車両は逆光で中がよく見えなかったのですが、何人か乗っていた感じ。きっと
嬉しそうにあちこち外で写真撮っている私は丸見えだった筈で、きっと冷静に
冷ややかな目で私を見ていたことでしょう。
そんなことしてたら運転士さんが外に出てきて何やら確認をし、また乗り込み
ました。そんな姿もビシバシ撮る。

半家駅09
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

行ってしまった嗚呼。

半家駅10
Canon EOS Kiss DN + EF-S18-55mm F3.5-5.6 II USM

はげには誰も降りなかったなあ。では、戻りましょう。

その後しばらくの間、四万十川をずっと遡ることになるのでした。
そいえば唐突だけど使用機材について。今回の旅では電池不足、メモリカード
不足を懸念してKiss X2の二世代前のDNも導入し、こういった移動中にチョロ
っと撮るような写真についてはコレで撮ってみました。実に使用するの七ヶ月
近くぶりです。さすがにちょっと操作に戸惑ったことがあったけど、まあ殆ど
なんとかなり、思った以上に大活躍でした。

それと味わい深いエピソードを一つ。。
滑床渓谷を出て、しばらく走っていた時のことでした。最初は気が付かなかっ
たのですが、何か車を出てまた戻って来た時に芳しい香りがします。いや全然
芳しくなく「臭い」といった方が妥当でしょうか。鼻をスンスンさせて臭いの
出所を探るとどうやら助手席の足元からのようです。更に捜査を発展させると、
遂に分かりました。助手席の足元に置いてあるトレッキングシューズが災いの
元でした。そいつを車外に出して助手席付近をスンスンと嗅いでも臭わなかっ
たので、疑いの余地はありません。そして怖々とシューズの裏を見た時に完全
に謎は解けたのです。そう。ベッタリとヤツは貼り付いていました。黄土色。
右足のシューズでどうやら渓谷を歩いている途中で糞を踏んだようです。何で
すかそのオヤジギャグが更に崩れて気温が低くなったような出来事は(泣)
もう一度言いましょうか? 糞を踏んだのです。嗚呼。
いい天気のため、車内の温度が上がっており、ヤツは調子に乗ってきたようで、
高知に入る頃にはもうその香りに耐えられなくなりました。車を停め、まずは
ベッタリしているヤツをそこら辺から拾ってきた小枝で引き剥がしにかかりま
した。殆ど取り去り、更に砂の上にソールを叩きつけて仕上げましたが、まだ
そこはかとなく香ってきます。仕方なく最終手段。ゴミ袋に入れ、完全に口を
閉じてやりました。そしてようやく車内に平穏が訪れたのでした(哀終)

                  撮影地:高知県四万十市 2010/11/03


>> 2010/12/01 01:23
>きらりさん
そうなんですよ~ あまりにも量が多いのであまり間隔を空けると後が大変なことになってしまうから仕方なく泣きながら私にしては早い更新をしています(泣)
結構なので雑になってしまっているかもしれませんが、読んでもらえているとは本当に感謝ですよ~ 本当にありがとうございます♪
糞は、私にだって謎です。が、まさか歩いて来た真ん中に人がする訳も無く、犬も結構散歩で連れてかれていたので、多分犬じゃないかなあ・・・

>akiさん
こんばんは~♪
ありがとうございます。駅は地図見ていたら何これ?ってなって、寄ってみたのです。もしカーナビが搭載されていたらこれは見逃してしまっていたかも。道路には平仮名で書いていなかったので(笑)
akiさんは何度も行かれているのに、電車は見られていないのですね。ってことは私は本当に運がよかったんだなあ。やっぱり糞のおかげですか(笑)
二枚目の影は、ちょうど時間がよかったのか真ん中に下りてました。五枚目も勿論ミラーはakiさんと同じく見逃しません♪
最初は駅の看板を撮って戻ろうと思っていたのに、色々撮ってしまいました。

>tacaさん
そうでしょう? かなりビミョーな名前ですよね。
これって、列車に乗っているとちゃんとアナウンスされるらしいです。「次は○○~、○○~」って。私が乗っていたらきっと吹き出してしまいそうです(笑)
臭いはそんなにきつくはないんですが、車内の温度が上がってきたのと、やはり狭いので段々耐えられなくなってしまって・・・ 何の糞か知りませんが、多分犬じゃないかと。

>ユウカ☆さん
こういう風景、やっぱり大好きです。駅名は、地図で予め見つけてなければ確実に通り過ぎてしまっていたので、見落とさなくてよかったです。こういうのも大好きなんですよね(笑)
糞には本当に参りました。最初は気が付かなかったんですが、車から下りてまた乗り込む時にうわなんだこれ?ってなりました。
今回の旅の記事はどうしても長い文章が多くなってしまいますが、また読んでもらえたら嬉しいです♪

>yasuさん
ホント、面白いですよね~ なんでこんな読みになったのかまでは分かりませんが、半家の由来は平家の落人が源氏から逃れるために「平」の横線を移動させて「半」にしたからとかそんなことが調べたらありました。
そうそう、無人駅っていい感じにひなびてますよね~ 私も普段は全くといっていい程駅とかには寄りませんが、変な名前とかだったら別です。そういうものを見つけたら好んで寄って行きます(笑)

>びーぐるさん
私も今回は四泊五日の駆け足です。なので、かなり色んなものを逃して後ですっごい悔しがっていますよ~ 例えば四万十川の源流点とか、なんでここまで行っときながら寄らないかなあ!とか。
滑床、面河渓、ありがとうございます。本当にいいところでしたよ~♪

>> 2010/11/29 08:13
四国の旅行は大昔に四日間で駆け足一周しただけですが
じっくりまわると見所が多いのがよく分かります。
特に滑床渓谷と面河渓が素晴らしいです!

>> 2010/11/28 23:23
しかし世の中にはおもしろいネーミングの駅があるんですね~♪
どういう経緯でそんな名前になったのかも気になりますね~。

それにこういった無人駅は田舎の魅力を感じて好きです。僕なんて遠出のときはまず駅によることがないので無人駅との出会いがほとんどないですね~。。

>> 2010/11/28 17:41
こういった風景ってのどかで良いですよね!(^^)!
駅名ビックリですよね^^;
しかもよ~かんさんが糞を・・・(:_;)
いろいろと想像しながら楽しく読ませていただきました(^^♪

>> 2010/11/27 23:57
かなりビミョ~な駅名ですね(^_^;)
友達に最寄り駅を説明するときに、相手によっては気を使ってしまうよな。。。(笑)

靴の匂いはとれましたか?
そんなにきつい匂いとは、何の糞なんでしょうか?

>> 2010/11/27 18:25
よ~かんさん、こんばんは!

記事、おもしろかったです。
駅もなんて読むんだろうって思ったら・・・。

何度も高知へ行ってるのに、しまんとの電車見たことないのです。
本数が少ないから仕方ないですけど。
よ~かんさん、ラッキーですね。。
やっぱり糞を踏んづけたから運があったのですよ。。
2枚目の階段のとこに映ってる影もおもしろいです。
5枚目のカーブミラーのお写真もお決まりですね。。
駅でけっこう撮られたんだぁ。


>> 2010/11/27 12:04
滝シリーズよ~かんさんにしてはサッサと更新ですね^^
よ~かんさんの文章は面白いので暇な時ゆっくり読もうと思って来ると次が更新されていて、読み応えがあって楽しいです^^v

えっと、渓谷にある糞って
いったい誰の糞ふんずけちゃったんですか?ナゾ・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/516-190ca3d5

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。