05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/11/23//Tue * 21:51
●○雪輪の滝

雪輪の滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

ゆきわのたき。日本の滝100選の一つ。花崗岩による緩やかな一枚岩の斜面を
約全長300mに亘って滑り落ちる滑滝です。ただし、遊歩道、展望台から見える
部分は最下部の80mとなります。これも落差ではなく長さかと。そして雪輪の
由来は滝を見れば一発で分かる程、絶妙なネーミングかと思います。どういう
仕組みか、水紋がうまい具合に半輪のようになって落ちて行きます。まあ私に
は輪というよりも鱗っぽい感じに見えましたが、多分水量によって色々と変化
するんでしょうね。本当に自然っていうのは不思議で、しかも滝と一口にいっ
ても本当に色んな形態のものがあって、全然飽きさせないなあって改めて思わ
せてくれるものでした。

トップは展望台からのものですが、激しい逆光に逆らって何とかしようとして
みたものです。手前の葉が光過ぎているわ、どうも輪もイマイチだわ、意外と
(全然意外じゃないけど)中途半端な情景が哀終感を醸し出しています。

雪輪の滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

駐車場を8時半過ぎに出て滝には9時半位に着いたので、結局一時間近くかかっ
ています。まあカメラ付けた三脚担いでいる訳ですからそうなる宿命ですが。
この滝は、滑床渓谷本流ではなく、支流から落ちていました。本流の方のすぐ
上流にある落合淵(写真の右手に見えています)も、いい雰囲気でした。

雪輪の滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

実はこの滝、写真等で見ると面白そうで、密かに見たいと思っていた滝なんで
すけど、実際に自分で撮ってみるとちっともいい絵になりません・・・
まず、滝に着いたら思い切り日陰だったので、そのままで撮ろうとすると雪輪
にならず流れてしまいます。なので、ISOを上げ、絞りを開放にしてなんとか
SSを1/30以上(1/30でもちょっと厳しい)にして、やっと雪輪が描かれるのです。

雪輪の滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

SSが遅いと、つまりある程度絞ってISO100で撮ろうとすればこの通り。この滝
の特徴が全く出ません。ただの滑滝になってしまいます。

雪輪の滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こうやって見るとかなり傾斜が緩いのが分かります。

雪輪の滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

下部を見るとなんだかピンボケのように見えますが、これはSSが1/30程度だと
こんな感じに流れてしまうのでした。なので本当はもっとSSを稼ぎたいところ
ですけど、非常に厳しかったです。それとF4(絞り開放)にしているので、どう
してもピンポイントなピントって感じになってしまい、風景写真としては少し
残念なむふふ。

雪輪の滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

ここは夏になると滝滑りをしたりするらしいです。

雪輪の滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

それにしても中々美しい雪輪とは行きませんね・・・
しかもISOは400以上にしたくないし、もっと絞ってもっとSSを稼ぎたいですが、
なんとも中途半端な写真ばっかりです・・・

雪輪の滝09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

今回の目的はこの滝なので後は引き返すだけだったのですが、せっかくなので
上流側がどうなっているか見てみることにしました。何せ全長300mってことで
あるからして、展望台から見えない上の方がどんな感じか確認したいのは人情
ってものでしょう。何か大袈裟です。

展望台を過ぎて雪輪橋って橋を渡ると、渓谷本流と雪輪の滝がある支流側との
二俣になりますので、適当に支流の方に向かいます。するとすぐに今まで親切
に付いていた遊歩道がなくなって、やっと登山道らしき感じになりました。
それも少し歩いてすぐ滝の方へ逸れて、適当に林の中を歩くとすぐに雪輪の滝
最下部の途中に出ました。そこから下方向を見たのがこの写真です。

雪輪の滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そのまま少し上に向かって歩くと、三枚目の写真の一番上部に見える滝の一番
高いところの段差辺りまで行けました。そこから上部を覗いたのがこの写真。
本当に一枚岩でずっと上まで続いています。このままずっと滝に沿って歩いて
行ってみたかったのですけど、時間的に微妙(何せこの後大移動が待ってます)
だったことと、靴底を水に濡らした途端、素晴らしく滑りやすい状態になった
んで、断念することにしました。この岩、見た目程は滑らないんですが、いか
にも滑りそうな感じだし、水に濡れた途端滑り効果テキメン。ここから約80m
を下まで滑り落ちたなら、きっと尻ズル剥け赤い人となったに違いありません。
そのまま大人しく戻るが吉です。

結局滝には一時間程度いました。SSを稼ぐには暗いし、展望台に上ってみると
手前の木々に激しく日光が当たってなんだか滝がよく見えないし、中々面倒な
条件でした。後はレンズもちょっと中途半端。もっと滝に近付くかもっと望遠
よりのヤツも持って行けばよかった気がします。写真的には相当イマイチです。
渓谷自体も結局本来の長さの1/10しか歩いてないし、また機会があれば行って
もっと歩いてみたいですね・・・

滝でウダウダしていたら、段々人が増えてきました。朝は全くいなかったけど、
考えてみればこの日は休日。観光さん、ハイカーさんと結構来ます。私は入れ
違いで駐車場に戻る感じになりました。ナイス私。帰りは左岸側を通って戻り
ました。下り勾配なのでアッサリと30分弱で戻れました。そういえば、駐車場
に猿に餌を与えるな的な緩い猿が描かれた看板があったんですけど、駐車場に
戻って来たら今まで一つもいなかったのに、何匹も現れた!
これって人が増えてきたから何かいいコト(いいコトと言うのは勿論喰いモノ)
がありそう!って出てきたのかな? だったら残念だったなおい。

                  撮影地:愛媛県宇和島市 2010/11/03


そうしてその後どういう風に動くか検討し、11:30頃に駐車場を後にしました。
もうこの辺りまで来ると高知が近いので、そのまま向かい、四万十川に沿って
みようか思った次第でございます。
で、一旦ある程度道を戻るので、その途中にあった、ぽっぽ温泉とかいう心温
まる名前の温泉や、「虹の森公園まつの」という道の駅(アカメがいる淡水魚
水族館があるらしい。見たい(><))等々、気になるもの幾つかに寄って行こう
としたのですが、ぽっぽ温泉は最早何処にあるか不明、道の駅はそうか今日は
休日だったんだよなあと心底感じさせる程の超混雑ぶりを呈したので、今日は
勘弁してやりました(泣)


>> 2010/11/27 01:02
>yasuさん
ありがとうございます♪ この滝はもちろん見ていると雪輪になっていますが、写真にしようとするとちょっと考えないとなりません。とはいっても、もう殆どやることは限られてしまうのですけどね・・・
水量は多過ぎると雪輪にならないようなので、この日の水量はよかったんだと思います。
yasuさんはこれから四国の滝を巡る楽しみがありますよね~♪ よかったら一緒に讃岐うどんツアーに行きましょう(笑)

>condorさん
こんばんは~♪
今回の撮影はやれることがかなり限られていました。結局ISO400より上にするのは嫌だったので、絞りを開けた上、少し位暗くなってもいいから、RAW現像時に調整しようと最初から考えて撮ったのです。この滝も雪輪さえなければ何も考えずにスローシャッターだったんですけどね~(笑)
私も大抵朝早くに行けばみんなスローシャッターになってますよ~
どう贔屓目に見てもちょっとなあって思ってしまう感じですが、暖かな目で見ていただいて嬉しいです。
そして、また一歩前進いたしました。今年はもう四国で巡った分で打ち止め。冬季は行かないので、来年の春以降までしばらく凍結です。もう遠くばっかりなのでなかなか増えません(笑)

>> 2010/11/26 22:13
こんばんは。
暗い滝の高速シャッターは厳しいものがありますよね。
絞らないと甘くなりますし・・・苦労が伝わります。

そういった状況の中で、素晴らしい表現力だと思いますよ!
写された流れはまさに雪輪という風情を感じます^^

特に5、8、10枚目の流れは鳥肌ものです。
最近はスロシャッター一辺倒なので、良い刺激になりました。

スローシャッターでは駄目な滝がある事も勉強になりました。
ありがとうございました^^
そして、また1歩前進!おめでとうございます!!

>> 2010/11/25 23:19
雪輪の滝の写真、素晴らしいじゃないですか~♪
とくに僕は二枚目と三枚目の写真が好きです!

本当にちょっと特殊な形態の滝ですね。
初めてこの滝の写真を見たときは水量が少ないのかと思ってましたが、これが本来の雪輪の滝なんですね~!

僕なんて四国の滝は一つすらまだ未到達なんでうらやましいばかりです♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/515-8841f8ee

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。