07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/11/20//Sat * 23:59
●○滑床渓谷

滑床渓谷01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この渓谷は四万十川の支流にあり、渓谷に沿って12kmもの遊歩道が通っている
とか。その内のほんの一部を歩いて来ました。笑っちゃう程ほんの一部です。
だからと言って本当に笑ってはいけません。そして渓谷とか言っておきながら、
トップ写真は渓谷の脇の水が溜まったようなのにしてみました。

11/3 AM5:00 松山道伊予灘SAで目を覚ましました。就寝モードを全て解除して、
5:55にSAを出発。前回記事で書いた通り、愛媛県にもう一つある百名瀑を見に
行くのです。ここは四国の西端の方にありちょっと遠いかなと思っていたので、
今回の旅の目的に入れていませんでした。なので下調べが全く出来てなかった
けど、なにまあ平気でしょう。
というか、いきなりメインのイベントが前日に終わってしまい、RPGに例える
なら、スタートして最初のダンジョンに入ってみたらラスボスが居ていきなり
倒してしまったものだから、なんかもう、抜け殻というか、真っ白な灰という
か、もう帰る! みたいな、まあそんな気分の朝だった訳です。
しかし冷静になって考えてみるとまだ旅は始まったばかりであり、序盤であり、
嗚呼この抜け殻(精根尽き果てた)の状態のまま幾日もこの小さな大陸で過すの
かな嗚呼みたいな感じが嗚呼。 ・・・などとその時は思って抜け殻っていま
したが、実際は全くの杞憂であり、全編が楽しい旅であったのですが。

松山道は川内ICより下り方向へ向かうと片側一車線の対面通行になり、すごく
面倒になります。何が面倒?ってのは面倒なので書きませんが、キーワードは
「遅過ぎる車、速過ぎる車」です。
終点の西予宇和ICを下りたところにLAWSONとGSがあったので、車と私に補給。
今考えると、IC下りてほんのちょっと南西の方に下れば、すぐに海だったんだ
なあ。今回四国巡りしていて殆ど海を見ていなかったので、見ておけばよかっ
たかも・・・ しかしもし行ったとしても、そこは瀬戸内海なのか太平洋なの
かどっちだったんだか。そして県道29号⇒県道31号⇒県道57号⇒R320⇒R381⇒
県道8号⇒県道317号⇒県道270号と進み、8:12に滑床渓谷駐車場に着きました。
途中には、ぽっぽ温泉とかいう心温まる名前の温泉や、「虹の森公園まつの」
という道の駅(アカメがいる淡水魚水族館があるらしい。見たい(><))等々気に
なるものが幾つかあったけど、早過ぎてやってないし、どうせ後でまた通るし
後回しです。
道は快適でしたが、渓谷へ至る県道270号の部分はすっごい狭い山道。しかも
所々ガードレールもなくてすれ違えなかったりするし、中々面白い道でした。

駐車場は幾つかあるようで、一瞬どうするか迷いましたが、橋を渡ったところ
にある第2駐車場に車が一台もなかったので、そこに停めました。3日は祝日な
ので、結構もう車がいるかなと思っていたら全然いなくて拍子抜けです。
支度を整え、8:30に車から出発。遊歩道が整備されているとなっていましたが、
念のためトレッキングシューズを履き、ザックを背負い、渓谷沿いを歩くので
カメラは三脚に着けて担いで行くことにしました。目指すはこの渓谷の途中に
ある百名瀑「雪輪の滝」です。滝まで歩いて40分となってました。

滑床渓谷02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

遊歩道は渓谷の左岸側右岸側両方に付いてました。どっちから行くかちょっと
迷いましたが右岸側から行くことにしました。なんとなく入口の扱いがメイン
ぽかったからです。ちなみにスタート地点は万年橋という橋で、ここから両岸
に遊歩道が延びています。

もういきなり岩だらけの川って感じで、これはきっと奇景、美景が色々と見ら
れるんじゃないかと予感させるものがありました。そしてこういう水溜り映り
込みは見逃してはいけません。

滑床渓谷03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

三筋の滝。ちょっと離れて四筋目が見えますけど、あれは数えてはいけないの
かなあ。ダメなんだろうなあ。

滑床渓谷04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こんな風な岩ゴツゴツな感じの渓谷です。遊歩道はずっと石畳のような感じの
ものが続いていました。トレッキングシューズはオーバースペックかなあ。

滑床渓谷05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

河鹿ノ滝。なんでこんな名前が付いたんだろう。河鹿っぽいのか?

滑床渓谷06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

出合滑。手前は小石がゴロゴロって感じですが、奥は一枚岩の上を水が滑って
います。山の上の方に陽が当たり、それが水面に映りました。ここで左岸側に
渡れるように橋が架けてあり、そこから撮っています。でも渡らずまた戻って
右岸側を歩きました。

滑床渓谷07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

まさにコレは滑床渓谷って感じ。

滑床渓谷08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

河床がとにかく一枚の岩っぽく、そこを割ったり侵食したりしたような絶景が
次々と出てきます。しかし40分位などと軽く考えていましたが、意外と上り坂
ばっかりで、結構しんどいかも・・・ まあ渓谷を遡るんだからちっとも意外
じゃないとも言いますが。この後は橋を渡って左岸側の道に合流してそちらを
歩くことになります。

滑床渓谷09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

手前の木の加減がお気に入りの風景。
この後、程なく雪輪の滝に到着。滝については毎度のコトながら次回の記事で。

滑床渓谷10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

三筋の滝と河鹿ノ滝の間にあった鳥居岩。これはどちらの岸からも見られます
が、左岸側に位置するため、左岸からなら直接岩に触れたり潜れたりします。
写真は左岸側から帰りに撮りました。すごく大きい岩が真ん中でパックリ割れ
ているモノ。両方の出口に注連縄が張ってあります。

                  撮影地:愛媛県宇和島市 2010/11/03


>> 2010/11/25 17:58
>tacaさん
こんばんは~♪
注連縄は多分この大岩が鳥居に見立てられているので、神域という意味で張られているのかと思われます。が、何せ説明が書いてないので予測となってしまいますけど。
そうなんです、寒い時期に山に滝はちょっと辛いかもしれないので、これからは違う写真ばっかりになるかも(笑)

>そらさん
こんばんは~♪
この二つの滝はそんなに落差がなく、渓流の段差が立派になったって感じですけど、いい景観でしたよ~
鳥居岩は、あんな大きな岩がどういう状況でパックリと割れたのかってだけでもパワーを感じます。この間は通らなかったけど、通ってみればよかったかな・・・
いやいや、まだまだ北海道以外にもたくさん残っていますよ~ 沖縄にもあるし・・・ でも北海道も早く行ってみたいです。もし車で普通に走って渡れさえすれば既に訪問してたかもです♪

>ぜいぜいさん
おお、ぜいぜい家のリストに入っていたのですか♪ ここはすごい長い渓谷なので楽しいかもしれませんね~
前半はかなり本格的な沢登りになるようですけど。

>yasuさん
こんばんは~♪
ホントそうなんですよ。出来たらご来光は一番最後にすればよかったんじゃないかと思っていたんですけど、でもやってみたら全然最初でもよかったです。
雪輪の滝は確かにちょっと他には見ない滝で、私もかなり期待していたのです。で、確かに面白い滝だったんですが、私ごときのレベルではイマイチな絵にしかなりませんでした・・・ むしろこの記事の行くまでの渓谷の方が絵になっているんじゃないかと感じてしまう始末です。なので、楽しみにされていたというのは申し訳なくて仕方ないです(泣)
次回があればもうちょっとなんとかしたいですね~

>condorさん
こんばんは~♪
二枚、ありがとうございます。中々面白い景色かなって思って気に入っています。七枚目はやっぱりこういう滑はスローシャッターがいいですよね。十枚目はまさにスポットライトを狙ってみたのですが、なんだか空気感が思っていたようなものになりませんでした。でもお気に入りです♪
残念ながら、前哨戦の方が滝よりも出来がいいので、あんまり期待はしない方がいいかも知れません(笑)

>> 2010/11/23 17:31
こんばんは。
水面に写る紅葉はよく目にしますが、2枚目は見事に構図になっていますね。
7枚目は絶妙なシャッタースピードで、滑るような流れが美しいです。
10枚目は葉っぱと岩のスポットライト・・・ゾクゾクします^^
全ての写真から手付かずの自然の雰囲気が感じられます。
前哨戦のエントリーでこのクオリティーなので、自然と雪輪の滝の期待が大
きくなります(笑

>> 2010/11/22 23:20
こんばんは~♪

初っ端から御来光に行かれたので、確かにこれだけでも十分満足して帰還もできそうですね~(笑)

そして雪輪の滝ですか~この滝は本屋やネットの写真でしか見たことがないのですが、ちょっとまた特殊な滝のように感じていましたが、よ~かんさんの雪輪の滝の写真がまたとても楽しみでしかたがありません♪

目指す滝までの道のりにもたくさん綺麗な風景がありますね♪これだけでも満足してしまいそうです。

>> 2010/11/22 12:07
いい渓谷ですね。ここはわが家が行きたい沢のリストに入っていたので、うれし~

>> 2010/11/21 16:37
こんにちは~^^☆
三筋の滝も河童ノ滝も小さくて優しい滝だね。
いつもの迫力ある滝と違ってこんな滝も好きです^^

最後の鳥居岩って不思議な岩ですね。
すごいパワーがありそう~~

滝も残すところ北海道だけになりそうですね^^
お待ちしてますよ~~~

>> 2010/11/21 15:24
こんにちわ(^_^)

最後の注連縄には何か意味があるのですか?

夏は涼しげに見えてた滝の写真が、寒そうに見えてくる季節になりましたね。
これからは撮影も寒さとのたたかいですね!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/514-12e5e766

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。