09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/09/30//Thu * 00:07
●○大山 下ル

大山22
Ricoh GR DIGITAL lll

トップは下社からの眺望。相模平野一望。行きに下社に着いた時は、こんなに
眺めがいいなんて全く気が付きませんでした。下りて来て進行方向を見た時に
初めて気が付きました。

大山23
Ricoh GR DIGITAL lll

いきなりもう下社の話から始まってしまいましたが、話を山頂に戻します。
11時前。人が多くなってきたので下界に向かいます。帰りは本坂を通らないで、
見晴台経由で下りることにしました。こっちは本坂に較べると土の割合が多い
気がしました。でもやっぱり木で階段ばっかりだった気もするけど。。

大山24
Ricoh GR DIGITAL lll

下りを適当にこなすと必ず右膝がダメダメになり、必ず少なくともどっちかの
足を攣るので、杖を使って慎重に慎重に・・・

途中で見た風景。朝と較べるととても天気がよくなってきました。暑いけど。

大山25
Ricoh GR DIGITAL lll

一時間ちょっとで見晴台に着きました。早いんだか遅いんだか分かりませんが、
かなり慎重に下りて来たのできっと遅いんでしょう。結構急なところが多くて、
行きに使わなくてよかったかも。下りて来たところを振り向くと、今まで頂に
いたところが見えていて、嗚呼ここまで下ってきたんだという実感が・・・
ちなみに見晴台からもなかなかな眺望が望めます。写真は振り返って大山山頂
を望んだところです。

大山26
Ricoh GR DIGITAL lll

30分位見晴台にウダってから出発しました。
ここからは針葉樹林帯の中を縫うような道に変わりますが、今までと違い坂が
あまりなく、超楽な道のり♪ 嗚呼山なんかみんなこんな感じならいいのに。
っていうか、それは山ではないね。

途中、謎の杉?とか二重の滝とかスポットがあり、適当に楽しみながら30分位。
ついに下社の下にある休憩所とかお茶屋さんとかが集まっている場所に到着。
でも下社に用があり、また下社への階段を上って行きました。その用とは行き
に時間外で買えなかったご神水の水筒を買ってご神水を詰めることである。
本当は行きに買って行って登る時の飲料にしようと思っていたのに、素晴らし
く意味がない気がするが、なに、家に土産で持ち帰って呑めばいいのです。
という訳で、買った水筒、持っていったペット三本に全部ご神水を詰め、明ら
かに行きよりも重くなった気がします・・・ 更にまたグビグビと呑りました
ので、きっと私の体内は浄化され捲くった筈! きっとすごいぞ。

さすがに下社は朝来た時と違い人が多くなっていましたが、それでも平日昼間、
しかも暑い最中、そんなに多くなくていい感じでした。

大山27
Ricoh GR DIGITAL lll

目的を果たしたので階段を下り、お茶屋さんの前を通り過ぎようとしたら客引
に引っかかって(笑)「さくらや」というお茶屋さんで休憩しました。
何故かかき氷がメチャクチャ喰らいたくなってしまったのです。通常私はこう
いうところにはほぼ立ち寄ることがないんですけど。不思議だ~
かき氷を喰らいながら、店のおばさん(兼客引)と大山話を繰り広げ、畳んだ。

大山28
Ricoh GR DIGITAL lll

お茶屋さんで楽しい一時を過ごし、更に下山開始です。こうなるともう意地で
もケーブルカーを使う気にはなれないので、女坂か男坂のどちらかを下ること
にします。まあどちらというなら男は黙って男坂でしょう。下りだから。
そして男坂を下っていて思ったのは、行きにこっちにしなくて本当によかった
ということ。とことん急階段ばかりで構成されています。男坂は。しかも途中
になにか楽しみがある訳でもなし。っていうか階段本気でもう嫌なんですけど。

大山29
Ricoh GR DIGITAL lll

ウンザリする階段を下り切り、やっとこま参道に辿り着き更に階段を下り。
途中煎餅屋さんを通りかかったら旨そうなので割れ煎餅を買い求めました。
ここでも店のおばさんと大山話を繰り広げ、畳んだ。

大山30
Ricoh GR DIGITAL lll

そして遂にこま参道一つ目の踊り場に到着!
あと数段下りれば階段などという無粋なものは二度と見ることはないであろう!

そうして駐車場に戻ってきましたのです。なかなかのヘロヘロぶりは必見です!
そうしてまず素晴らしかったのは、素晴らしく暑かったこと。溶けました。

大山31
Ricoh GR DIGITAL lll

おまけ。家の方から見る大山。斜めなんかにして分かり難いですが、アイツに
登って来た訳です。なんか不思議だ~

以上、ただの一日ハイクが三回分も記事使って書いてしまうという大風呂敷を
やってしまいました。参りました。なんだかダラダラとした微妙な登り下り等
を見せつける羽目になってしまい、申し訳ございません。。


行程なんか書いてみます。

市営第2駐車場(06:57)⇒こま参道始点(06:59)⇒こま参道終点(07:13)⇒
女坂男坂分岐(女坂へ)(07:16)⇒大山寺(07:35)⇒女坂男坂合流(07:55)⇒
阿夫利神社下社(08:05~08:25)⇒本坂追分(十六丁目)(09:08~09:18)⇒
山頂(二十八丁目)(09:52~10:49)⇒見晴台(11:55~12:28)⇒二重の滝(12:47)⇒
阿夫利神社下社(12:58~13:12)⇒さくらや(13:14~13:22)⇒
女坂男坂分岐(男坂へ)(13:29)⇒女坂男坂合流(13:58)⇒こま参道終点(14:59)⇒
こま参道始点(14:10)⇒市営第2駐車場(14:12)


※市営第2駐車場の標高が328mで、ケーブルカーを使えば標高差が552mの登り
 で済みますが、ケーブルカーを使わない場合は標高差が924mの登りとなって
 しまい、意外ときっついです・・・ 下社の標高は約700m、山頂は1252m。


                 撮影地:神奈川県伊勢原市 2010/09/01
              10枚目 撮影地:神奈川県藤沢市 2010/08/23


>> 2010/10/04 01:56
>そらさん
こんばんは~♪
う~ん、過酷なというのはちょっと違くて、辟易というのがちょっと正しいかも(笑)
やっぱり山を登るのに階段はいやだなあ(笑)
おお、そちらの方はもう紅葉を見られるんですね~ いいなあ。
今年は紅葉の時期が全然読めなくてやり難そうです・・・
かき氷は最近全く食べたことがなかったんですが、アノノボリを見たら吸い寄せられました(笑)
アイツに登りました。なんか不思議な感じです。

>びーぐるさん
いやいや、私も迷うことなくケーブルカーの筈だったんですが、まさか営業時間外とは(笑)
まあ大山に限らず、丹沢なら何処でも熊の危険はありますので、もう山に行く以上は仕方ないのかもしれません。

>akiさん
こんばんは~♪
おお、弁当、ちょっと地味かなあって思ったけど、美味しそうですよね~♪ ホント、お腹が空いている時に食べモノ写真は酷ですよね~ 私も他のブログとか覗いていてしょっちゅうやられます(笑)
後半は結構天気がよくなって、暑かったけど見晴らしはとてもよかったです。
そう、下り階段のような段々ってきっついんですよねえ。私も膝を痛めてまして、特に右膝が厳しいです。でもこれを庇って歩くと左足を攣ってしまうんです。もうどうすればいいんか!って感じです。akiさんももし今度歩く時は特に慎重に歩いてくださいね。気をつけながらならもう少し何とかなりそうです。
コマは踊り場に到達する度に数が一つずつ増えていきます。面倒な階段上りの気晴らしにって感じのようです。
ラストの写真ありがとうございます。GRDで撮る時って結構斜めにすることが多いんですよね。

>condorさん
こんばんは~♪
こんな締りのないヘロヘロ日記を読んでいただき、ありがとうございます。
確かにいつもあまり人がいないような山ん中をウロついていると、こういう人が多いところもたまにはいいかもしれないです。かき氷はいいですね~♪
私の場合、特に山歩きは山頂が目的では無いので、頂に上る時は殆ど行き掛けの駄賃なんです。だから気分によってあっさり上まで行かないで下山してしまいますし。今回は修行だったので山頂まで行ってますが(笑)
condorさんの歌で乗り切りって分かります(笑) 私も変なリズムで拍子をつけて急な登りとか登ったりします(笑)
あと全然関係ないですが、全く関係ないしかもくどい曲が歩いていて突然頭の中を駆け巡ってどうにもならなくなってしまうことがあります。そんな時はその嫌な曲と共に山頂に到達してしまったり(笑)

マップの情報ありがとうございます♪
確かにフリーってのは大きいですよね。こういう情報ってとても助かります。ウォッちず上に編集できるっていいですね。

>> 2010/10/03 17:56
追伸です^^;
登山記や滝巡りに地図があると内容的に濃くなる場合がありますよね。
私は 「Trekking Map Editor」 というフリーソフトを利用しています。
このフリーと言う部分が大きいのです(笑
もし良かったらどうぞ^^
ご存知の情報でしたら、スミマセン。

>> 2010/10/02 18:03
こんばんは。
大山登山記、楽しませてもらいました^^
景色を見ながら、そして人に触れながら登山は、こういう場所ならではですよね。
途中で食べるかき氷はとても魅力的です(笑
登山はいろいろな楽しみ方がありますが、マイペースが長続きのコツだと思います。
そして登りや下りがキツクなったら、アントニオ猪木の 「道」 を口ずさみます。
私の場合はこれでかなりの局面を乗り越えてきました(笑
ちなみにそんな私はプロレスファンではありません^^;

自身のシルエット雄姿、カッコイイです^^

>> 2010/10/02 10:27
よ~かんさん、おはようございますぅ。

↓のお弁当、めっちゃおいしそうですね。
私、今朝食のパン、牛乳買い忘れて、おなかぺこぺこ状態であります。朝からあの写真は酷ですね(笑

TOP,3枚目とても眺めがよいですね。
ヤッホーと叫びたくなります。
2枚目のような道だと、とくに下りは疲れますね。
去年の今頃、こういう道でのプチ登山をしたのですが、
膝を痛めました。
ラストから2枚目、駒のタイルかわいいです♪
お気に入りはラストです。
斜めに撮られてて、空を大きく切り取りされるのは
とても好きです。
空の色もいいですね~。雲の動きも気持ちいいです。
登山お疲れ様でした。。


>> 2010/10/02 10:23
しかしさすがにお元気ですよねぇ!
私なら迷うことなくケーブルカーですね!!
大山でも熊が出るんですか?こわ!!

>> 2010/10/02 10:06
こんにちは~♪

お疲れ様~^^
過酷な登山になりましたね^^
私も先日紅葉を見るのに赤岳に軽い登山をしてきました。
とっても楽しかったぁ~
階段は嫌ですよね。
私は足が絡まりそうになりました^^;

「さくらや」で食べたカキ氷美味しかったんだろうなぁ~
きっと食べてなかったら倒れてたかも(笑)

最後の写真きれい!
アイツに登ったんですね!^^









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/501-a160c63c

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。