09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/09/26//Sun * 00:55
●○大山 山頂

大山12
Ricoh GR DIGITAL lll

大山山頂に在る御神木の雨降木。扇状に枝を広げるブナの木です。
存在感が素晴らしく、この木と一緒に眺める下界の眺望も素晴らしいです。
この時の天候がホンのちょっと微妙だったのがちょっと残念でしたが。

大山は別名「雨降山」と呼ばれるそうですが、この雨降木があるのでそう呼ば
れるそうです。逆かと思ってました。雨降山にあるから雨降木なのかと。

大山13
Ricoh GR DIGITAL lll

いきなりもう山頂の話から始まってしまいましたが、話を下社に戻します。
下社で20分程度休憩し、下社正面左手奥にある登山口から山頂目指してハイク
開始です。・・・と、登山口からいきなり急な階段が私を襲う。かなり階段で
お腹一杯だってのにまだ喰わせますか。

大山14
Ricoh GR DIGITAL lll

急階段を上り切ると、下が土の道が。でもやっぱり石段っぽい・・・

大山15
Ricoh GR DIGITAL lll

山頂へ行くのに本坂というルートを選んだんですが、このコースは○○丁目と
いう標識がある程度の間隔で立っていて、登る時の励みになるのです。全部で
二十八丁目まであります。写真は旧標識の七丁目。新しい標識とは立っている
場所も結構ずれているものもありました。

大山16
Ricoh GR DIGITAL lll

八丁目にある夫婦杉。

しかし今思い出そうとしても、山頂まで行くのに自然の岩のように見せかけた
石段や、石段に見せかけた石段、階段っぽい石段等、きっと道のようなものも
沢山あったんだと思うのだけど記憶には段々しか残っていないのです。それを
ただひたすら登る。信仰の山でもあり、イメージとしては登山道というよりも
ひたすら長い参道って感じを受けました。

大山17
Ricoh GR DIGITAL lll

そして登り続けることキッカリ86分。二十八丁目、つまり山頂に到着です。
っていうか86分のどこがキッカリなのか?

時刻は9時50分過ぎ。ケーブルカーの人たちよりも絶対に先に着いて静かな頂
を楽しまなくてはいけなかったのですが、山頂には見た目二人くらいしかいな
かったし、つまり勝ったと言っておきましょう。まあ大幅にフライングしてる
から当たり前なんですけど。
そういえば、かなり暑い筈なんですが日陰を歩くことが多かったのでそんなに
きつくはなく、相当助かりました。

大山18
Ricoh GR DIGITAL lll

一応記念に山頂標識。
山頂は思ったよりも広い感じではなく、子供の頃に登った時のイメージと誤差
がありました。それにしても毎日のように見ている山のてっぺんにいるのって
のは、なんだか不思議な感じです。

大山19
Ricoh GR DIGITAL lll

阿夫利神社奥の院。シャッターが閉まってます・・・
ここに限らず朝早いと何処も殆どやっていなかったんですが、やっぱりみんな
ケーブルカーの運行に合わせているんだろうなあ。

大山20
Ricoh GR DIGITAL lll

雨降木の右隣から見える風景。下々の世界を見下ろせる絶景っぽい景色。
もうちょっと天気がよかったらスッキリとした絶景っぽい景色だったのになあ。

大山21
Ricoh GR DIGITAL lll

前回記事で記述した、某旅番組で見てやたらに行きたくなってしまった原因と
いうのが、この写真の弁当。見るからに旨そうで仕方がなく、前日この中村屋
という店に予約を入れて行く時に受け取ったという訳です。そう、このために
今回の靴慣らしを大山にしたようなものです(笑)
ちなみに、このお店は前日予約しておけば一番早くて朝の七時に受け取れます。
内容は釜で出汁で炊いたお焦げ付きお握り二つ、厚焼き卵、大山豆腐の厚揚げ
となっており、お値段は630円也。弁当箱はちゃんと竹の皮で作ってあるのが
泣かせます。サイズは結構小さめで、ハイク中はあまり多く食べられないので
ちょうどいいのです。ちょっと謎だったのは、Webを見ると手拭い付きとなっ
ており、しかも上記の内容にプラスしてキャラブキも入っていたのに、今回の
ヤツには入っていなかったことですが、これはどんな誤差なのかやたらと究明
したいところです。しませんけど。

と、上記弁当をまだ10時過ぎで早過ぎるけど昼食として、雨降木の下で喰らい
ました。特に大山豆腐の厚揚げが沁みてましていい味出てました。美味しゅう
ございました。ごちでした。

山頂で一時間位過していると、段々賑やかになってきました。ケーブルカーを
使用している人たちも到着できる時間にいつの間にかなっていたのです。退散
をすることにしました。

                 撮影地:神奈川県伊勢原市 2010/09/01


>> 2010/09/30 01:17
>niccoさん
そうなんです。とにかく階段ばっかりで・・・ 勿論厳密にいえば階段じゃないところだって結構あった筈なんですが、とにかく階段の印象が強烈で、あまり覚えていないんですよね(笑)
二枚目、ありがとうございます♪ こういう感じのモノクロが好きなので、多用してしまいます。
弁当はとにかくTVで見た時は美味しそうで、ほぼこれのために大山に行きました(笑) サイズもちょうどよくて、もし次回も大山に行くなら買いたいですね。

>びーぐるさん
色的には地味ですけど、美味しそうですよね。美味しかったです。今回は絶対に山頂でこの弁当だ! っていう気概で登ってきました(笑)
この山は決して楽ではないと思いますが、さすがに観光の山だけあって、結構安全な部類に入るんじゃないかと思います。機会があったらぜひ再戦を♪

>きらりさん
ありがとうございます。結構この28丁目っていうのがいい目安になって楽だったかもです。これが何もなくただ山頂に向かって登るっていうのは結構応えるのですよ。
でも階段は本当に嫌でした。
まさにこの弁当のために登ってきたようなものです(笑)
いいですよね、こういうシンプルなヤツ。手拭はまだしも、キャラブキはいいお握りの相手だと思っていたので、ちょっと残念でした~

>condorさん
こんばんは~♪ ありがとうございます。
まあ今回に限らず修行のようなもので、辛くしないといけないんですけど、どうも楽な方に逃げようとしてまして(笑) でも結局はケーブルカーも使えないと分かったら、絶対にケーブルカー使うヤツよりも先にって感じでした(笑)
そうそう、登山の装備で行って思い切り観光客だらけだと嫌ですよね~ 高尾山なんか思い切りそんな目に遭いますよ(笑) 大山の場合はケーブルカー使ってもまだちゃんと登らないといけないのでマシですけど。
最後の写真、ありがとうございます♪ ピントがイマイチ思ったところに来ていないのでアレですが、とにかくこれが主役だったので撮りまくりました。

>tacacoさん
そうなのです。なんかいい感じの弁当でしょう? 竹の皮で作ったものなんてホンと久しぶりに見ましたよ~
色合いが地味なのもなんか好きなんですよね。
ネットでは確かに手拭い付きって書いてあるのに入っていない。キャラブキはもし季節じゃなければ他のものが入っていてもよさそうなんですけどね。ただ単に忘れられたのか?

>no-riさん
こんばんは~♪
おお、no-riさんこの神奈川の大山を知っているのですね~♪ この辺りは丹沢という神奈川の山岳地帯で、とても自然が素晴らしいところなのです。
この山は小学校とか遠足で登らされるような場所なのですよ。で、その小学校以来登ったことがなかったので、どんな感じなのかなという感じで登ってみました。

>> 2010/09/29 10:04
こんにちは~
大山好きですよぉ
登ったことはないのですが・・・汗
あのあたりの緑色が好きです
空気も美味しいですよね

山頂はこうなってたんですね
よ~かんさん登ったんですね?
すごいデス


>> 2010/09/28 23:14
レトロな香りのお弁当ですね(^_^)
なんだか気持ちが温かくなるようなお弁当ですね♪

手ぬぐいは品切れ中だったのでしょうか…。
キャラブキは旬じゃないから?
キャラブキの旬がいつかはわかりませんが(^^ゞ

>> 2010/09/28 21:15
こんばんは。お疲れ様でした~^^
天候云々もありますが、自分の力で登ると達成感がありますよね。
私的には美味しいお弁当の楽しみで、足取りが軽くなりそうです(笑
写真から周りの景色を楽しみながらのハイクが伝わってきます。
ケーブルカーよりも早く着きたい気持ち分かります(笑
山梨の羅漢寺山(らかんじやま)も似た感じです。
登山の装備で歩いて登ったら、バリバリの観光地で恥ずかしい思いをしました・・・^^;
今回の印象的な写真ですが、やはり最後の写真でしょう!
ここで手を抜かずにきちんと撮った、よ~かんさんのセンスを感じます^^
美味しそうです。

>> 2010/09/28 09:56
ひたすら28丁目まで、お疲れ様です^^
読んでいて、は~階段大変そうって、よ~かんさんの息づかいが聴こえてきそうな気がします。
このお弁当をTVで見て行きたくなったってのわかるな~(笑
こういうシンプルなのが1番おいしそ~
でも手拭いとキャラブキ残念でしたね。

>> 2010/09/28 09:26
なるほど美味そうな弁当ですね、さすがに凝り性のよ~かんさん!
11年前に行った時はまだデジカメを持っておらず、
記憶も曖昧なので再度挑戦してみます!

>> 2010/09/27 19:16
登山というか登段というか、階段の連続だったのですね~。
2枚目のお写真、モノクロかっこいいです!
安夫利神社の文字の光り具合とか、奥にズンズン伸びて行く階段の雰囲気とか。シビれます。
お弁当、見るからにおいしそう!!思わず手が伸びましたよ(笑)
ご自身の足で一歩一歩登ったから、おいしさが更に増したでしょうね(^^)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/500-38b6514e

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。