09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/08/13//Fri * 00:41
●○雨と霧と清里と大滝

雨と霧と清里と大滝01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

雨と霧は当然のことながら、枕詞ですので気にしてはいけません。
あ、清里と大滝ってのも全く変ですね・・・
前回の勢いで、口がすべ・・?筆がす・・指が滑ったようです。
っていうか、単に「大滝」っていうタイトルでよかったんじゃないか嗚呼。

・・・どさくさに紛れて先に進みましょう。
前回記事の「やまの時間」で昼食を摂った後、少し時間があったのでもう一つ
くらいどっか見に行こうと地図を見ていたら、近くに「大滝」っていう名前が。
雨も一応上がっていたので、じゃあ寄ってみようということになったのです。

R141からちょっと外れちょっと分かり難い道をくねくねと下って適当に走って
いたら、「大滝駐車場」という立派な看板がある駐車場着。そこに車を停めて
道路を渡り、川に向かって階段をひたすら下りて行きます。

雨と霧と清里と大滝02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

ちゃんと調べた訳では無いのでよくは分からないのですが、清里4滝と呼ばれ
ている内の一つみたいです。大門川という川に架かっています。
大滝は、一の滝、二の滝とあり、階段を下りて行くと途中に遊歩道(階段)から
川の上流側に向かって道が外れるところがあり、その通りに外れてみるとすぐ
行き止まりとなり、そこから奥に一の滝(落差14m)が見えます。
さすがにフル一日中雨が降っていたせいか、やや水が濁って水量が多くて怖い
くらいでした。

雨と霧と清里と大滝03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

中々中途半端にピントを手前にした不思議写真。一体何考えて撮ったんだか?

雨と霧と清里と大滝04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

↑の写真を撮った位置から視線を左下に落とすと二の滝の落口が。水量が迫力
のため、ちょっと怖いくらいです。

雨と霧と清里と大滝05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そして階段まで戻り、また下に下りて行き、下まで下り切ると大門川に到達し
吊橋が架かっています。↑で落口を拝んだ二の滝(落差16m)の正面を見ること
ができます。吊橋を渡って向う岸まで行けるようになっていて、その辺り全般
が二の滝を見る為のスポットって感じです。写真は吊橋左岸側。

雨と霧と清里と大滝06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

とにかく吊橋上をウロウロして殆ど撮りました。どうでもいいですが、すごく
久しぶりにX2がお出ましでした。吊橋は人一人分の巾で、川の水量が多く迫力
なので、結構怖かった。

雨と霧と清里と大滝07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

本当はこういう時、高速シャッターで迫力を狙えるといいんですけど、何しろ
素晴らしい天候のため、薄暗くてどうにもなりません。なので、こんな感じで
逆迫力を目指してみました。っていうか、こういう風にしか撮れなかったとも
いいますが(笑)

雨と霧と清里と大滝08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは吊橋を渡り切り、右岸側から撮ってみたもの。岩と緑がかなり風情。

雨と霧と清里と大滝09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

この迫力の流れって、結構モノクロも似合います。

雨と霧と清里と大滝10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

吊橋上から下流方向を撮ってみました。

気軽に寄った場所だけど、ちょっとした自然の猛威を感じられてよかった♪
一日雨ばっかりでも、たまにはこんないいこと?もあるのかなあ。
また駐車場に戻ってくる頃には雨が降ってきたけど、後はもう帰るだけだな。
なんて帰り始めると、現金にもう雨はすっかり上がりやがる。 -- 哀終 --

                   撮影地:山梨県北杜市 2010/07/14


>> 2010/08/25 21:53
☆コメント返事が大幅に遅れてしまい、申し訳ありません・・・ 忙しいのもあったんですけど、タイミングが合わなくて、ネットは見るだけって日が続いて放置状態となってしまいました。


>ちびこさん
そう言ってもらえると嬉しいです。滝ってホント、見ているのと写真と違い捲くり、全く雰囲気を写してくれなかったりするので(笑)
水の勢いが結構怖かったので、その怖かった感を出してみたかったのがラスト写真です。
大体滝の近くってものは滑り易くて、転ぶものです(-_-)

>no-riさん
こんばんは~
なんだか涼というのには水量が多過ぎる気がしますけど(笑)
no-riさんの近くは山はないのですか? あるのなら、どんな滝があったりするんだろう?って興味があったりしたりして。
あ、あとこの滝を描いてくれたのですね。ありがとうございます♪ 時間がなくてチラッとしか見れていないので、また後で見に行きますね~

>condorさん
こんばんは~♪
いや、とんでもない、私の方こそかなり放置状態になっていました。
condorさんはてっきりあちらの付近の滝は見ていらっしゃるかと思っていたので、意外でした。吐竜は私も見ていないんですよね。
あまり時間がなくて大した枚数を撮れなかったのですけど、その分集中できたのかな・・・ ありがとうございます。
四枚目、滑ったら終わりそうだった感が出ているかも(笑)
八、九枚目、なんせSSが全く稼げ無いので、スローで激流と共にならどうだろう的な写真です。
condorさんもですか。ああいう時ってだからじゃあもう少しいようと思っても、その時は止まないんですよね。

>niccoさん
水量がある癖に吊橋を渡るというのが怖くてよかったです(笑)
この時は結構天候が回復に向かっていて、たまに太陽光が雲の間から射したりするものだから、うまい光線具合になったものと思われます。ありがとうございます。

>ぜいぜいさん
こんなのに入ったらそのまま流されて終わってしまいますよ~(笑)
そっか、確かにこんな日は沢には行かないですよね。私もこういうおっかない時に滝を見に行くのは稀で、以前には浄蓮の滝くらいですかねえ。
三枚目のやヴぁいやヴぁい、よく分かります♪

>畑ちゃんさん
こんばんは~♪
多分普段はそうすごい見事なって感じではないのかもしれないけど、これだけの水量があると怖いくらい迫力がありました。
初めて行った滝でこうだと、普段はいったいどうなっているのか?って考えないでもないですが。。
ありがとうございます。

>そらさん
こんばんは~♪
いつも出かける度に雨ってのも、たまにはこんな楽しみもあるのかなという一例?(笑)
足なんて入れたら速攻でまず靴、靴下が見事に消え去るかと思われます。
しかしホント毎日毎日暑いですよね・・・ ホント、脂肪が燃焼しないかな・・・

>> 2010/08/23 13:16
こんにちは~♪

すごい水量だね!
足なんて入れたらあっという間に流されてしまうね。

今日はとっても暑いので1枚づつゆっくり見ていたら涼しくなりました^^

まだまだ猛暑が続いているので夏バテしないようにね☆

>> 2010/08/20 21:36
こんばんは!(。・▽・)ノ

(∩´∀`)∩オォ♪

素晴らしい滝ですね・・
見事ですね~(o^―^o)ニコ

水量も多くて~゚+。゚(・∀・)゚。+゚イイ!!ですね

素敵な滝を~(人'▽`)ありがとう☆です

>> 2010/08/20 14:43
こんな水量のときに沢に入ったら大変、、、なのでこんな水量の滝には中々お目にかかれません。
すごい迫力ですね。3枚目がやばいやばいって感じで好きです。

>> 2010/08/19 21:22
見るからに水量があって、迫力あります~!!
でも、迫力がありながらノーブルですね~。
つり橋を渡った右岸側からの一枚が、
光の入り方とかすごく好きです。

>> 2010/08/19 20:16
こんばんは。
ちょっとご無沙汰しました^^;
じつは清里方面の滝は一度も見た事がありません^^;
以前に吐竜の滝に興味を持ったことはありますが、結局訪れじまいでいます・・・。
写真の方ですが水量が多く水も濁り臨場感ありますね。
なによりもよ~かんさんの努力を感じます。
4枚目、レンズについた水滴にゾクゾクします^^
私には8枚目と9枚目が印象に残りました。
帰り始めると天候が良くなるのは、私も一緒ですよ(笑

>> 2010/08/16 15:51
ちょっと色鉛筆でこの滝を描いてみました
難しいです~~><
^^ノ
また 挑戦してみます

>> 2010/08/16 14:34
こんにちは~
蒸し暑い中にピッタリの写真です♪
ありがと~~
清流の音が聞きたいなぁと思いました
休みの日に山の方まで出かけてみるのもいいですね
近場でどこか・・・・ww
見つけてみます

>> 2010/08/16 08:15
滝の写真って、みているだけでもヒンヤリします。
モノクロもいい感じです。
最後のグルグルと渦をまいた写真が、幻想的で好きです。(^^)
でも天気が悪いと足下が滑りそうで、それだけでヒヤヒヤしますね。

>> 2010/08/14 22:51
>yasuさん
やっぱりそうでしたか。この日は雨のおかげで結構な水量で中々よかったですよ。
この滝は○○大滝って名前なのかどうか探したけど、やっぱり大滝っていう名前みたいですね。
清里にまた行ったら、吐竜の滝に行ってみたいですねえ。

>> 2010/08/14 00:18
あぁ~そうですそうです僕が行ったのもこの大滝です!

聞いてはいましたがよ~かんさんが訪れたときは水量が多いですね~♪同じ滝でも水量の違いで本当に同じ滝かと思ってしまうこともあるものですね~。名前も○○大滝などではなく大滝としか書かれてないのでさすがにわからなくても無理ないですね(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/493-d8dcef40

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。