09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/07/23//Fri * 14:36
●○鎌倉大仏

鎌倉大仏01
Ricoh GR DIGITAL lll

豪華絢爛な朝食の後、すっかり雨が止んで爽やか気分で鎌倉観光を続ける気で
いたところが、店を出るのをまるで待っていてくれていたかのような雨風(強)
が出迎えてくれたため、弱り切った気分で鎌倉の大仏見物を実施です。

江ノ電を長谷駅で降り、高徳院まで10分位の歩き。普通なら楽しみながら散歩
って感じなんだろうけど、何しろ歩道上には修学?遠足だか分かんないが学生、
外国人、遠くから来た人、そこら辺の人等々がウロウロし、しかもそれぞれが
傘を差しているので、歩くのが面倒でしょうがない。途中に紫陽花で超有名な
長谷寺があったけど、大変な数の人々が吸い込まれて行きました。あれに行く
予定じゃなくてよかった(笑) そうこうしているうちに大仏のある高徳院に着。

そして、トップ。雨宿りをしている様々な人種の人たち。
まるで大仏ライブ(なんだそれは?)を観に来ている観客のようです。

鎌倉大仏02
Ricoh GR DIGITAL lll

台座を入れて高さ13m位。近くに行くとやっぱり存在感があります。
こうやって結構有名な筈の大仏ですが、この大仏自体も大仏がある高徳院自体
も謎だらけらしいです。高徳院は誰が何の目的で誰が建てたかも資料がなくて
不明、大仏は最初は木造だったのにいつの間にか銅になっていたが、どのよう
な経緯でこうなったかは分からん!といった感じらしい。こんな有名な名所が
こんなミステリーな感じだったとは面白いです。

鎌倉大仏03
Ricoh GR DIGITAL lll

しかし、この日は雨だったということもありますが、なんというかすごくもの
哀しげなのですよ、この大仏様。特にこの後姿の哀愁感! 半端ないです。
この背中に開いた窓が拍車をかけていて、窓が目、なんかの白い跡が涙ドバー
に見えたりしちゃうものですから、再度しつこいですけど哀愁感半端ないです。

鎌倉大仏04
Ricoh GR DIGITAL lll

思い切りトリミング。バッサリです。モノクロも似合う大仏。

鎌倉大仏05
Ricoh GR DIGITAL lll

モノクロの似合う公害。

鎌倉大仏06
Ricoh GR DIGITAL lll

これもかなり哀愁感がきてます。なんでこんなに哀愁感なんでしょう。きっと
猫背だからですか? そして、20円を支払えば胎内に入れます。入りましょう。

鎌倉大仏07
Ricoh GR DIGITAL lll

狭い出入り口を過ぎるとすぐ階段になってます。その数段の階段を上がれば。。

鎌倉大仏08
Ricoh GR DIGITAL lll

行き止まり。はい終了。短い胎内の旅でした。見上げると頭の部分がちゃんと
凹んでいます。頭の部分の玉々もちゃんとそれに応じて凹んでました。そして
下の二箇所の窓は、もうお分かりの通り、あの背中の涙窓ですね。

鎌倉大仏09
Ricoh GR DIGITAL lll

胎内からの脱出。胎内なのに階段とか窓とかドアとか、なんかミスマッチなの
がいい按配ですね。

鎌倉大仏10
Ricoh GR DIGITAL lll

大仏と対峙す。

ここには一時間以上いました。まあ半分は雨宿りだったんですが(笑)
この後、また歩き難い目に遭いながら長谷駅まで戻り、江ノ電に乗り鎌倉見物
最終章に突入します。のりおりくん、小活躍です。まあ鎌倉見物とはいっても
次から鎌倉じゃないんですけど。

                  撮影地:神奈川県鎌倉市 2010/06/23


>> 2010/07/27 15:34
>ぜいぜいさん
なんせ謎だらけなので、学校の歴史の教科書に載せられなかったとか。
雨の鎌倉は、ホント、できたらゆったりと過ごせればいいと思うのに、こればかりは残念ですね・・・ まあ観光名所を外せば結構何とかなる気もしますが。
鎌倉のハイキングコースと、その他の、なんちゃってアルプスは結構歩いてみたいんですよね~

>畑ちゃんさん
大仏、見に行かれたんですね~ 私は覚えてないんですが、見に行ったとしてももう20年以上は経ってるかも・・・
中は入ってすぐに行き止まりになって終わってしまうので、中々微妙でした(笑)

>> 2010/07/26 21:09
こんばんは!(。・▽・)ノ

あら

鎌倉の大仏様~懐かしいですね
もう7~8年ぐらい前に初めて行ったきりです・・
中に入ったのを多い出しました良~(o^―^o)ニコ

素晴らしい大仏様を又見れて良かったです・・

(人'▽`)ありがとう☆です


>> 2010/07/26 14:34
大仏様の由来がそんなに謎だらけとは知りませんでした。
雨の鎌倉も風情なのに、やっぱり相変わらず人多しなんですね。
もう何年も鎌倉には行ってないです。子どもが小さい時は、ハイキングコースによく行ったんだけど。
いきなりお寺の裏とかに出るのが楽しかったなあ。

>> 2010/07/26 00:35
>びーぐるさん
結構人がいたのですけど、雨がすごくて雨宿りする方多数のため、意外と大仏前が空いてる時間が出来てたりしました(笑)
後姿の哀愁感は半端じゃないですよね~

>> 2010/07/24 16:13
大仏はいつも人だらけなので、2枚目みたいのが新鮮であります!
たしかに後姿は哀愁感が漂っていますね!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/487-d855406f

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。