09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/07/16//Fri * 10:20
●○明月院ブルー

明月院ブルー01
Ricoh GR DIGITAL lll

周りからは「雨をとこ」と太鼓判を押されている私。特に梅雨時は絶大な相乗
効果を発揮し、休みの度に雨率97%(目測)をマーク。
とにかくことごとく休みの日に何も出来ずあまりにも悔しいので、こうなった
ら雨こそ風情なところに行ってやれば勝ちなんじゃないか?と考えた訳です。
そこで浮上したのは雨の鎌倉。紫陽花の時期なので絶大な混雑が予想されるの
ですけど、平日だし少しは緩和されるのではないかと甘い期待を抱きました。
そして6/23当日。予定通り雨。しかもちょっと止めて欲しい位強く降ったりし
て、私を大層喜ばせました(泣)

そんな訳で、京都ただの観光から一ヶ月ちょい。お次は鎌倉ただの観光を実施
しました。京都と較べれば異様に近いので、お得感が五割り増しです。ここも
まともに大人になってからここを目的に訪れたことがないことが、京都と共通
なんですよね。
とにかく時間が遅くなればきっとすごい混むだろうと、紫陽花の名所、明月院
観光をスタートに持って来ましたけど、それは大正解でした。

明月院ブルー02
Ricoh GR DIGITAL lll

北鎌倉にある明月院は、6月、つまり紫陽花の季節は通常より30分早い8時半に
開門となります。7時半に北鎌倉駅に着き、どこかで朝飯を喰らいながら開門
を待ちましょうなどと駅周辺を探したのですが、何一つ店なぞありはしない。
ウロウロした挙句8時になり、まだ早いけど門の所に行ってみますかと行って
みたところが、もう既に10人程並んでました。そしてそこから少し経ち、ふと
後ろを振り向いてみると20人程いました。さすが紫陽花の名所です・・・
ある程度並んでるんだから、もしかしてフライング開門すんじゃね?とか淡い
期待を抱いていたものでしたが、全くそんなことはなくカッキリ8時半に開門
されました。

明月院ブルー03
Ricoh GR DIGITAL lll

受付で拝観料を払って坂を上って行くと山門があり、潜るとすぐちょっとした
広場に出て、方丈があります。この方丈へ行く道は何箇所かあるようですけど、
全てそんなに広くありません。そして境内中、紫陽花の花々・・・
紫陽花は殆どが青い色で統一されていて、しかも天候は雨。素晴らしいです。
途中すごく強く降ってきて閉口しましたが、それでもこの時ばかりは雨に感謝
しました。やっぱり紫陽花には雨がとてもよく似合います。
ちなみに、トップ写真は山門への参道。二枚目は山門、三枚目は参道とは別の
小径です。

明月院ブルー04
Ricoh GR DIGITAL lll

明月院に来たら、この方丈にある丸窓のある部屋がすごく見たかったのです。
それと、思った以上に境内が狭かったのは意外でした。なんとなくもっと広い
気がしていたので。

明月院ブルー05
Ricoh GR DIGITAL lll

なんだか色がおかしいですが、気にしてはいけません。
今回紫陽花を撮っていて、ものすごく下手であることが発覚。しかもこういう
繊細な色調を求められる場面で、簡単に白トビを起こすGRは厳しい。まあ私の
撮り方がまずいのかもしれないけど。次回、もしこの季節にここに来ることが
あるなら、kissを持ってこよう・・・

明月院ブルー06
Ricoh GR DIGITAL lll

瓶ノ井。思い切りトリミング。バッサリです。

明月院ブルー07
Ricoh GR DIGITAL lll

境内の中の帰り道で。とても繊細な色調。このしっとり感は雨の賜物ですね。

明月院ブルー08
Ricoh GR DIGITAL lll

門を出て帰り道。ちょっと面白い店だなと、気になって一枚。今回の記事の中
で唯一人が写っています。

と、今回の記事を見る限り、なんだかしっとりゆったりと境内を散策している
ような気配が漂っていますがとんでもなく、実際は大雨、人が沢山でゆったり
していられず、静寂の中、この紫陽花の咲く境内を散策できるような所だった
ら素晴らしいのだろうなあと妄想しながら、結局30分程度で寺を後にしました。
門を出る時に驚いたことに、門の手前で人が並んでました。どうも勢いから考
えても思ったより人が少ないと思っていたんですが、入場制限をしていたので
すね~ 一体どれ位の人数をどういう制限をしているのかのシステムは、全く
分かりませんでしたが。

この後、雨がかなり酷く、全然止む気配がないので、とにかく朝食に行くこと
にしようと北鎌倉駅へ戻り、鎌倉駅まで行き「のりおりくん」を買って江ノ電
に乗り込むのでした。 ※のりおりくん ⇒ 一日乗車券のこと
しかしまあこのまさに梅雨が明けたんじゃないかという、よく晴れ渡った青空
の中、梅雨の時期の話をしなければならないとはなんともやるせない感じでは
ありますが、しばらく雨の鎌倉をご辛抱下さい・・・

                  撮影地:神奈川県鎌倉市 2010/06/23


>> 2010/07/20 12:21
>びーぐるさん
私も相当覚悟していました。きっと人で沸き返るようなんだろうって。でも平日の朝一番でなら何とかって感じでしょうか。それでも十分多かったですけど。
雨の風情を楽しむのに絶好かというとそうでもなく、ただ単に鬱陶しいだけなんです(笑)

>niccoさん
ありがとうございます♪ 人が多いので、ゆっくりと構図考えることは出来ないし、傘が邪魔でとにかく面倒でした。まあ他の人もそれぞれ同じことを思っているんでしょうけど(笑)
とにかく人がいないところを狙ってあまり考えずにシャッターを切ったってのが正直なところで、テクニックなんてとんでもありません(笑)
niccoさんから羨ましいなんてお言葉、畏れ多いです。私の方こそniccoさんのセンスがすごく羨ましいのですよ~
ちなみに↓の写真ですが、アレ、左側にいる別の人が持っているのです。実は私は昔は全身左だったんですが、矯正されてしまい、今はモノを投げるのとか、腕相撲くらいしか左が残っていません。結構面倒です(笑) niccoさん、左だったんですね~

>はちこさん
ここの紫陽花は明月院ブルーと呼ばれていて、境内殆どがこの色で統一されているという、とてもセンス溢れた場所なのです♪
ドリカムの歌詞に・・ということは、はちこさん、きっと鎌倉は行ってみたいのではありませんか? もし来ることがあれば、声を掛けてくださいね~♪
私は鎌倉とは同じ県内だし、そんなに遠くないんですけど、全然行ったことがありませんでしたよ。

>akiさん
こんにちは~♪
私としては、人が多過ぎて傘が邪魔での雨なので、そんなに楽しい撮影でもなかったんですけど、贅沢言い過ぎですか(笑)
akiさんは中途半端に雨を呼び寄せる体質に変わったんでしょうかねえ。前は結構いい具合に雨を呼んでたような気がしましたけど(笑)
雨は結構な土砂降りが50%の割合で襲ってきて、あっという間に背負った荷物とかグショグショで、結構弱りましたよ~
一枚目と三枚目、ありがとうございます♪ なんとなくよくある撮り方かな・・と不安でしたけど、嬉しいです。それと二枚目、実はカラーとモノクロどちらでUPするか本当に悩んだんですけど、紫陽花の白飛びに若干の違和感があったので、モノクロにしました。
四枚目の丸窓は、大抵この場所の紹介されている本には必ずといっていい程載ってるので、見たかったんです。やっぱりいい雰囲気でした♪
akiさんの雨上がり紫陽花、楽しみにしてますね~

>condorさん
こんにちは~♪
鎌倉も結構楽しかったです。それに近いから、行こうと思えばすぐに行けるのがかなりポイント高いかもです。でもそういうのってまた中々行かないんですが(笑)
四枚目は確かに京都って言われたら信じてしまうかもしれませんね~
紫陽花の青はとてもきれいでした。これだけは雨に感謝しています。
ハイライトの白トビは、普段なら私も気にしない方です。でもこういうしっとりな場面に白トビって異様に目立ってしまって。特に紫陽花が飛んでると。。
GRDは今のところ、RAWよりJPEGで撮った方が決め細やかか写真になる気がします(笑)

>> 2010/07/19 19:06
こんばんは。
写真を見る限り鎌倉も京都の風情に負けてないですね!
特に4枚目の写真は京都の名所のようです。
3枚目の紫陽花の青も美しいですし、シットリ感も絶妙です。
現地での気象的雰囲気が出ている2枚目もいいです^^
ちなみに私はハイライトの白飛びは気にしませんよ。
GR DIGITALは一眼の写真と思うほど頑張っていると思いますよ。
もちろん撮り手のよ~かんさんあってのGR DIGITALだと思います^^

>> 2010/07/19 08:17
よ~かん さん、おはようございます!
雨の紫陽花の撮影なんてうらやましすぎぃです。
雨狙いで何度出かけたことか。。そして、目的地へ着いたら、ピタっと雨が止んで、撮影がおわり帰り始めると降り出すというパターン。
2枚目を見る限りは土砂降りですね。。カラーでも見たいです。
1枚目もしっとり感が出て好きな写真です。
この紫陽花の青がなんともいえないですね。
3枚目のバックのボケ具合が絶妙で、前の紫陽花を引き立てていいですね。濡れた紫陽花、いいなぁ♪
4枚目の丸窓の写真、これぞ『和』って感じで好きです。
一番のお気には2枚目です。
こういうの撮りたかったのです。。

今日、雨あがり(笑)の紫陽花の現像があがってくるはずなので取りにいきます。。

>> 2010/07/18 17:46
綺麗な青ですねーヾ(≧▽≦)ノ
雨の日の紫陽花は、本当にえぇですよね♪
お寺門とモノクロ、合いますねぇ。
ドリカムの曲の中に、
『鎌倉まわって江ノ電で旅をした
 曇り空 見たかった紫陽花には早くて…』
といぅ歌詞のある曲があるんです。
よ~かんさんの写真を見ていて、
頭ん中を曲がめぐりました♪

>> 2010/07/18 17:41
わ~ステキな風景!
雨の中、人の中の撮影、大変だったでしょうね。
お写真だけ見ていると、とても入場制限するくらい人がいっぱいなんて想像できません。
シットリ静かな時間が流れているように感じましたが、
そこは、よ~かんさんのテクニックなんですね(^^)

お写真も文章もステキなので、心底うらやましいです。


※追記です
あれ?よ~かんさんレフティですか?
↓の記事のお箸の向きが…。
私もレフティなので、違和感なかったです(^^)

>> 2010/07/17 11:20
明月院はかなり前に一度訪れただけで、その後は
混雑を恐れて行けていません・・・
しかし、雨の風情を楽しみには絶好の特質をお持ちなんですねぇ!!









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/485-ac377107

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。