07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/07/03//Sat * 00:49
●○京のかけら 壱

京のかけら01
Ricoh GR DIGITAL lll

さっさか京の旅の、前回まででメインの記事のUPは終わりました。が、メイン
の他にも合間合間でチョロチョロと撮っているので、チョロチョロと行かせて
いただきます・・・

二寧坂の脇の路地から八坂の塔が見えているのに、無慈悲にも遠回りしないと
遺憾と言うダメ出し標識からスタートとします。分かってはいてもあの一番奥
まで行って「嗚呼、やっぱり行き止まりだった(泣)」を味わってみたかった。

京のかけら02
Ricoh GR DIGITAL lll

きっと相当有名なんじゃないか二寧坂。だってたまたまやってた土ワイちっく
なドラマで映っていたよまさにこの景色。
などと、こんな適当に景色をパチリとやっても絵になってしまうのが、さすが
土ワイちっくですね。

京のかけら03
Ricoh GR DIGITAL lll

その後に立ち寄った、八坂の庚申堂。ここの立派な朱の門や、見猿言わ猿聞か
猿や、色とりどりのお願い事書いたものとかを全て端折って、こんなん載せて
みました~ ここの番の人?がここの由来についていろいろと説明してくれて
いたのだけど、全て聞くのは友人に任せてしまってどんな由来なのか全く分か
らない状態のまま現在に至る。

京のかけら04
Ricoh GR DIGITAL lll

京のマンホールと共に。なんだかカッコいい蓋である。

京のかけら05
Ricoh GR DIGITAL lll

こういう路地が渋くてとにかく素敵。もうこういうのが見たかったんだよ~的
な音波を発しながらブツブツと撮る私。

京のかけら06
Ricoh GR DIGITAL lll

あと、この「何とか入ル」みたいな標識とかは是非見たかった。そういうのが
見たくて町屋とかが並んでるちっくな場所に行きたかったのです。でも、そう
いうところに行けなかったので、「何とか上ル」みたいな看板っぽいのを見つ
けたのはこれ一箇所だけ・・・しかも見難い。

京のかけら07
Ricoh GR DIGITAL lll

なんだかカッコいい八坂の塔。この路地を歩いて塔からどんどん遠ざかっても、
いつまでも見えるのがなんだかカッコいい。

京のかけら08
Ricoh GR DIGITAL lll

南禅寺に行くのに、蹴上駅で下りたらあったヤツ。
麒麟の首が都合のいいように使われている感であり、哀終。

京のかけら09
Ricoh GR DIGITAL lll

全く京の都とは関係なさそうだが、京を走ってるバス内で撮った。だから何だ?

京のかけら10
Ricoh GR DIGITAL lll

銀閣寺庭園内を歩いていたら、最後に現れたいい感じの何か。
いい感じだと思う。

京のかけら11
Ricoh GR DIGITAL lll

確か産寧坂から二寧坂に分岐する辺りで。
大変、京都らしいモノだと思いませんか? 京都って思い切り書いてあるし。

                   撮影地:京都府京都市 2010/05/17


>> 2010/07/04 23:07
>condorさん
こんばんは~♪
そうですね、レトロもうそうですけど、街撮り自体にGRDが向いているというかそんな感じでしょうか。逆にズーム使えないとかなり厳しい自然の中とかはやりにくい気がします。
一枚目の色合いも実はトイカメラ風の一種なんですが、こちらの感じはより古っぽい風味を出す感じで、とてもお気に入りのテイストなんです。でも確かにこの看板がなければあの塔が見えているこの道を進んで行き止まりに阻まれる人は多いのでしょうね(笑)
銀閣寺、あれって渋いですよね。ホント、あの人の多さがなければなあ。ダイブしたくてウズウズしますが、我慢してください(笑)

>niccoさん
そうそう、この細くて迷路みたいな京都の路地を体験したかったんですよね~ 残念ながらそういうツボな場所へは行けずに終わってしまったんですが・・・
一枚目、すごくベタでしょう? もう絶対に撮らないとっていけないと思いました(笑)
行動範囲ですけど、結構ゆとりを持って周れたんですよ。事前に行くところをある程度決めていたのと、同じ場所でじっくり居過ぎないを守っていたら、東京の方に帰って来てゆっくり呑んで帰れた位です(笑) まだ京都は初心者だし、最初は広く浅くでいいかなあって思って。
疏水、すごくいい感じのところですよね。私なんかをお手本なんて恥ずかし過ぎますけど、もし何か得るものがあるのなら嬉しいです。私は逆にniccoさんのマクロ系や食べモノとかの写真はたくさん参考にさせていただきますよ♪

>akiさん
こんばんは~♪
五枚目、ありがとうございます♪ もうこういう路地ってホント好きです。akiさんのこういう写真見てると、大体コレ好きです!ってコメントしてしまうし(笑)
入ルの住所って、やっぱりこっちの方は独特の分かる方法とかルールがあって、それに従っているのかもしれませんね~ 私も結構感覚で住所を探してしまう方だなあ。
七枚目、八坂の塔が見えるこの通りを、塔を背にしてずっと大通りにぶつかるまで歩いたんですが、振り返るとその度に塔と周りの景色がよくて何枚も撮ってしまい、その内のどれを載せるかすごく悩みましたよ~
十枚目の笹の影、気が付いてくれて嬉しいです。私も正にコレがツボで載せたのですよ。
銀閣寺はもう午後だったので、平日だったけどすごい人出でした。行くなら朝一番じゃないとダメかもしれませんね。やっぱり京の有名なところは平日の時期外れでもすごく人が多いです。私もぜひ人が少ない裏路地とかの探検をしてみたいですよ。

>びーぐるさん
二、七枚目、ありがとうございます♪
二枚目は全然早朝ではないけど(笑)午前中で、結構修学旅行たちが多かったけど、まだそんなに人が多くなかったのに加え、ちょうど人がこんな風に途切れたのです。七枚目は、やはり同じような感じでたまたま人が途切れたんですよね。ラッキーでした~

>ぜいぜいさん
私もまだまだ街とかの写真って初心者だし、結構感覚でいい加減に撮ってます(笑) でも本当に語ってくれてればこんなに嬉しいことはないです。ありがとうございます♪ 何より京都の空気感がベタな写真を助けてくれているんだと思います。

>> 2010/07/04 16:38
街の雰囲気伝える写真って結構難しいですよね。
京都のしっとり感がよく出てますね。
というか、よ~かんさんの写真みて、京都って道が語りますね~

>> 2010/07/04 12:18
2枚目とか7枚目とか良い雰囲気ですが人が少ないのが不思議!
まさか早朝4時半頃とか?やりかねませんよね!(^^♪

>> 2010/07/04 06:48
よ~かんさん、おはようございます♪

5枚目のセピアで板の塀で路地はいい感じですね。
私もこういうのん大好きです。
京都の住所、~上ルや入ルでよく手紙や宅急便が届けられるなぁと感心です。ガイドブックをみてこういうのんでお店の住所書かれても私は行けないですもん(笑)京都の人と文通してたので、こういう住所みるとなんか懐かしい。
7枚目、よ~かんさんもここで撮られたのですね。
私もここで撮りました。けっこうここで撮るかた多いような。
10枚目の笹の影がかわゆいです♪

私も銀閣寺大好きです。ここもけっこう人が多いんですよね~。入るのに並んだ記憶があります。
京都はどこへ行っても人が多い。
祇園も・・・
ひっそりとした路地探検をしてみたいです。無理かなぁ。

>> 2010/07/03 22:34
京都の路地って、細くて迷路みたいですね~。
1枚目の写真の「どすえ」「お行きやす」がベタすぎてツボでした(笑)

日帰りで、これだけいろいろと巡られるなんて、よ~かんさんはすごいなぁと思いました。
学生時代、京都の学校に通っていたので、写真を拝見していてどの辺りというのがだいたいわかるだけに、モニターを通して伝わる京都の空気感も素晴らしいですが、その行動範囲の広さも同じくらい素晴らしいと感じました!

前のエントリーですが、南禅寺の疏水!ステキすぎます。
よ~かんさんをお手本にさせていただいて、私もいつか撮りに行きたいです。

>> 2010/07/03 20:42
こんばんは。
レトロな町並みとGRは相性が良さそうですね。
セピア系もトイカメラ風も良い感じですが、1枚目の色合いはとても印象的です^^
五重塔の魔力に吸い込まれるように行き止まりまで行ってしまいそうです(笑
ほのぼのとした看板も良い感じです。
前のエントリーになってしまいますが、私も渋い佇まいの銀閣寺が好きですよ。
銀沙灘の白と渋い銀閣寺が良いですね!
いつか撮りに行きたいです。
その時はダイブしないように気をつけないと^^;









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/481-c3e411f1

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。