09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/12/15//Tue * 17:44
●○精進ヶ滝林道 ②

精進ヶ滝林道10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

地蔵大橋からの見晴らし。素晴らしいです。

精進ヶ滝林道は起点が北杜市で、石空川遊歩道入口を越えて進んで行くと韮崎
市になり、御座石林道の分岐部から進んで行くとまた北杜市になります。
分岐部からはずっと落葉に覆われていて、基本的には歩きやすいですが、後半
になってくるととにかく崖崩れ箇所が多くなり、少し面倒に。軽登山靴とかを
履いて行くと楽です。

精進ヶ滝林道11
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そうやって歩いていると、前回記事の精進ヶ滝遠望台から遥か遠くに小さく見
えていた地蔵大滝が間近に見えてきます。

精進ヶ滝林道12
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

手前は崖崩れで完全に道が塞がっているので、その上を乗り越え橋の袂に到着。
こんな山奥の、今は完全に使われなくなっている廃道に全く似合わない立派な
橋で、そんなに古さを感じさせません。なのに竣工を見てみると昭和46年10月
となっています。これには驚きました。こんなに昔に造られていたなんて。橋
はその年月を考えると妙にきれいです。確かに橋の前後はいきなり荒れ放題に
なっていますが。

精進ヶ滝林道13
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

それにしてもすごい不思議。こんな山奥で誰も使わない立派な橋。林道自体も
この橋から10分も歩けば終点となってしまいます。

精進ヶ滝林道14
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そしてこの林道の最大のハイライト。この橋の上で終点へ向かって右を向くと、
まさに絶景が待ち受けています。

精進ヶ滝林道15
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

橋の北側面は完全に開けていて、見晴らしが最高です。思わず「すごい!」と
声が出てしまうほど。奥に見えるのは八ヶ岳。そして橋直下からはずっと沢が
石空川の方へ向かって延びています。高度感もかなりのもの。右端の方で蛇行
している白いのが石空川、そこに架かっている横棒みたいのは精進ヶ滝橋。
北精進ヶ滝の展望台に到達する石空川遊歩道は、駐車場からこの精進ヶ滝橋を
渡って始まりますが、この橋の上から山の中腹にある地蔵大橋が見えてました。
それを逆にこの地蔵大橋から精進ヶ滝橋を見ているなんて、本当に変な気分。
だって、前にこの橋を遠くから見上げて、一体どうやって行ってどこまで行く
ためにある橋なんだろう?って思っていた橋の上に立っている訳ですから。

精進ヶ滝林道16
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

橋の逆側に振り返るとこんな光景が。地蔵滝というらしいです。
落差は10mちょっとくらいに見えます。

さて、今回の目的は別にあるので、奥に進みましょう。

精進ヶ滝林道17
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

多分落葉松のちょうど上の部分に日が当たり、黄色く萌えてました。

精進ヶ滝林道18
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

道は相変わらず荒れていて、ところどころに落石がゴロゴロと。まあそれでも
林道だけあって、山道に較べたら全然歩きやすいです。

精進ヶ滝林道19
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そして、地蔵大橋から約10分位歩くと、ついに精進ヶ滝林道の終点です。
何の色気もなく、ガードレールが終わっているところでプッツリと道が終わっ
てます。何の寄り道もなくひたすら歩き続ければ、御座石林道の分岐から40分
程度で終点まで来ることができるでしょうか。

パッと見には先に道があるように見えません。ですが、本当の目的はこの先に
あるのです。ここまでは三脚にカメラをつけてずっと担いで歩いてきましたが、
ここから先は両手が空いてないととても怖いので、全てザックにしまって先に
進むことになります。

                   撮影地:山梨県北杜市 2009/11/07


>> 2009/12/19 00:33
>竹の子さん
こんばんは~♪
南アルプスの山中ですから、思い切り山奥ですよ~(笑)
本当に素晴らしい景色でした。そしてここから奥に進んだ景色はUPしましたが、これこそ絶景でした。ただ残念ながら写真からは迫力がなくなってしまっていますけど、実際に目の前にした時は、すごい迫力と高度感でプルプルしました。よくこんなちょうどいい場所に自然な展望っぽいところがあるなあって感心しましたね。

>ぜいぜいさん
こんばんは~♪
東北旅まで見ていただいてありがとうございます♪ 私自身旅してて盛りだくさんだったので、そう感じていただけると本当に嬉しいです。
地蔵大橋が架かっている沢は、地形図を見る限り地蔵岳からではなく、もっと手前にある燕頭山から発しているように見えます。地蔵岳はむしろ北精進ヶ滝がかかっている石空川の源流の源に見えますが、どうなんでしょう?
八ヶ岳のビューポイントとしては一級かと思うんですけど、全く人が来ない場所なのでなんか勿体無いなあって感じですね~
ガードレールの矢印は次にUPした記事でいとも簡単に種明かしされてます・・・ バリラーには物足りなさ過ぎるかと思いますよ(笑)

>condorさん
この地蔵大橋からの展望は一見の価値ありですよ♪
そしてこの後に控える絶景の方も本当に素晴らしいです。既にUPしているので、是非ご覧になってください。
そして、今回の散策ルートは殆ど林道歩きで、しかもアップダウンも殆ど無いので、気楽なお散歩感覚で行けますよ。ただ林道終点からの急斜面のトラバースは距離は短いけど慎重になる必要があるし、林道はあちこち崖崩れになっているし、人があんまり入らないので野生動物の警戒も必要かと思いますが。あ、あと葉っぱが繁っている季節は、メインが葉っぱで見難くなってしまうので、避けた方が無難かと思います。
それとリンク、ありがとうございます♪ 私の方も張らせていただきますね~

>> 2009/12/17 23:16
こんばんは。
八ヶ岳の展望も見事ですね!
分かりやすいレポも非常に有難いです。
暖かくなったら是非挑戦したいと思います。
でもメインはこれからですね、そちらも楽しみにしております^^
ところで差し支えないようでしたら、リンクを張りたいと思っております。
よろしいでしょうか?

>> 2009/12/17 20:28
も~こちらはほんとにご無沙汰です。ぽちぽちと東北旅写真はみせてもらっていました。紅葉と滝と虹と盛りだくさんですてきでした。
地蔵大橋、頭の上の地蔵岳からきている名前なんでしょうか?
それにしても八ヶ岳のこんなビューポイントがあるとは驚きでした。
バリラーとしては、ガードレールの矢印がみょ~に気になってしかたがないです。

>> 2009/12/17 15:56
こんにちは
それにしても、山奥の雰囲気がして・・・
絶景ですね♪
まだ奥の方に行かれたようですので、そちらにもっと
絶景が潜んでるのでしょうか?
実に楽しみです。。。( ^_^)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/451-b7cb7cbd

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。