09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/12/12//Sat * 23:53
●○精進ヶ滝林道 ①

精進ヶ滝林道01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

山梨県の韮崎市、北杜市と跨って走る、総延長11,201mの林道です。
多分、名前の通り、北精進ヶ滝を見に行くために造られたと思われます。
R20を牧原という交差点で曲がり、精進ヶ滝の標識に誘導されて行けば自動的
にこの林道に入ります。そこからしばらく行けば、見返り峠、精進ヶ滝遠望台
を経て、北精進ヶ滝展望台へ行くことができる、石空川遊歩道入口の駐車場に
到着します。ですがここには寄らずに更に林道を奥に進むと、最終的にはその
まま御座石林道という別の道に(ここが御座石林道の終点です)に接続します。
そして精進ヶ滝林道はここで終りと思いきや、実は御座石林道接続部から支線
のように精進ヶ滝林道本線が延びています。でもここからは車は入れません。
そこから先は一体どうなっているのでしょうか?

なんて、渋い書き出しっぽいことをしてますが、要するにこの道を歩いてきた
よ~って話なだけです。トップは多分この林道の前半部のハイライト(笑)
道のど真ん中にとんでもない大岩がどか~ん!と! これは結構驚きますよ。
これに象徴されるようにこの林道、全般的にメチャクチャ崖崩れ箇所が多いの
です。いつ崩れるのか?なんていう緊張感は、全体的にあったりします。

精進ヶ滝林道02
Canon IXY DIGITAL L2

そもそもなんでこんなところに行こうなんて思いついたのか。
↑この写真は北精進ヶ滝の近くまで行った日に撮ったものですが、上の文章の
中にある石空川遊歩道入口駐車場より手前の林道途中にある、精進ヶ滝遠望台
です。ここから見る北精進ヶ滝は、まさに豆。写真でいうと画面右端上にある
縦の白い筋がそうです。まあそれはいいとして、この滝の左の方に白い横線が
あるのが分かりますでしょうか。これは橋です。初めて北精進ヶ滝に行った時、
この遠望台から見てきっとあの橋を渡って滝に近付くのだろうなって思ったん
ですが、実際に遊歩道を歩くと全然関係がなかったのです。ならあの橋って何
なんだろう、どこに行くのだろうって漠然と思い、Webで調べると橋の名前は
地蔵大橋っていうことまで分かりました。

精進ヶ滝林道03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

その後、北精進ヶ滝のことを色々と調べていたら、精進ヶ滝林道を御座石林道
接続部から本線の方へ進んで行くと、この地蔵大橋に行き着き、そしてまさに
この橋を渡りこの滝に近付き、遠望台、展望台、そこから先の、滝直下へ行く
ルートととも違う全く別角度からこの滝を見ることができることが判明。それ
なら是非行ってみたい! と、こういう訳なのでした。

ではここから、林道を歩き始めるとします。
一番最初に書いた、精進ヶ滝林道と御座石林道の接続部の場所です。こんな風
にチョロチョロと看板とかが立っています。この後ろを振り返ると・・・

精進ヶ滝林道04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

こんな感じで支線のように精進ヶ滝林道が延びています。手前の舗装部分の左
は御座石林道、右手前は精進ヶ滝林道。どう見ても一本の道で、奥へ延びてる
未舗装の道はどうみても支線にしか見えません。でもこれが本線です。そして
ここから歩き始めますが、すぐに通行止のゲートが見えます。潜って先へ。

精進ヶ滝林道05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

道は長い間手入れされていない感じですが、廃道という程酷い状態って程でも
ない感じでした。前半部は。全般的に落葉が降り積もり、ふかふかと歩きます。
まあそれでもトップ写真みたいな部分を見ると、なんか諦められてんなあこの
道って思ったりしました。

精進ヶ滝林道06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

歩き始めて10分程経った時、前方を黒いものがよぎりました。「熊?」と少々
パニックに陥りかけましたが、よく見ればカモシカじゃんか。憎らしいことに
こっちをずっと見ていて逃げません。ホントねえ、心臓バクバクものだったん
ですよ。人騒がせな。

精進ヶ滝林道07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

多分崩れてきた石とかが直撃とかしたんだろな。

精進ヶ滝林道08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

唐松の上部に日が当たり始めたところ。右には月が見え隠れ。

精進ヶ滝林道09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

歩き始めて30分と少し。時間は7時半頃。あの地蔵大橋が見えてきました。
手前は見た通り崖崩れで道が塞がれています。この林道後半部になる程、かな
り崖崩れが激しく、何箇所も崩れていてかなり歩き難くなっています。幾つか
は完全に道を塞いでいて、崩れた石の上を通ったりしなければならないところ
も。崩れた石を見ると結構真新しいものもあり、かなり頻繁に崩れているんだ
ろうと思えました。花崗岩のこの白さがまた不気味。崖崩れ恐怖と歩き始めに
遭遇した偽熊のせいで、両方の恐怖が最初から最後まで支配してしまい、結構
心理的に厳しかったです。この先もこんなへっぴり状態で進んで行くことに。

               撮影地:山梨県韮崎市・北杜市 2009/11/07
               ※Canon IXY DIGITAL L2撮影画像 2009/07/28


>> 2009/12/13 21:28
>びーぐるさん
カモシカは意外と出遭うことが多いんですよ。でもだいたい薄暗かったりして殆ど写真に撮ることはできないです。今回はちょっと幸運?で、いつまでもこっちを見ていたので被写体ブレして更にトリミング必要でしたけど一応撮れました・・・
本命。これだけは嫌ですね・・・ 一応対策スプレーは持ってますが、一体本番でどれだけ役に立つのかと・・・ 血沸きというか出血大放出ですかね(笑)

>condorさん
こんばんは~♪ 再度のご訪問ありがとうございます。
あ、かなりリアルタイムな話題だったんですね♪ 詳細は次回記事に載せますが、遠望台から見えるあの橋は、ほぼ地蔵大橋かと思われます。地蔵大橋からの見晴らしは素晴らしいです。一体あの橋ってどこから行けてどうなっているんだろうって確かに不思議に思いますよね。

>> 2009/12/13 17:27
お久しぶりです。
私は北杜市に知り合いが多いのですが、先日もこの橋の話題が出ました。
大武川の朴の木橋(ほうのきばし)が私の予測でしたが、沢の奥の橋が見えるわけが無いと友人・・・。
地蔵大橋ですか、このエントリーのおかげでスッキリしました^^
ダメな地元人ですね^^;

>> 2009/12/13 17:16
野生のカモシカに出会えるなんて最高ですねぇ!!
でもこれは伏線で次は必ず本命に出くわす事でしょう!
はたして血沸き肉踊る展開になるかどうか?(^^♪









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/450-49a72b16

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。