09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/12/01//Tue * 00:30
●○愛子駅

愛子駅01
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

前々回記事の最後に記述した、地図上で見つけた愛子駅に辿り着きました。
なんでわざわざやって来たかという理由については、前々回記事を参照のこと。

愛子駅02
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

JR東日本、仙山線という路線の駅の一つです。
私は特に鉄道自体に興味がある訳じゃないのですが、好きなものに肖っている
名前だったり変な名前だったり変なところだったりした場合は別です。

愛子駅03
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

なんだか嬉しくて切符まで買う始末(笑)
っていうか、アレ? なんか違和感が・・・

愛子駅04
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

ガガーん! 読みが違うじゃないですか(驚)
「あいこ」じゃなくて「あやし」・・・ やられました・・・
駅に着くまでずっと「あいこ」だと信じてたんですが(笑)

愛子駅05
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

なんかおかしいと思っていたのです。来る途中に「あやし眼科」とかそんな名
の眼科の看板があったりして・・・ ついでに駅前で「あやしいあやし」など
というオヤジギャグ風味まで聞こえてくる始末。

愛子駅06
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

カメラ監視中にカメラを向けてみる。

愛子駅07
Canon EOS Kiss X2 + EF50mm F1.8 II

道路に境界石。全く意味はありませんが。

愛子駅08
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

そしておまけ。愛子駅に架かる虹。まだ着いた時は見えてたんですね。
この時の虹は結構長く出ていましたけど、この駅に着いてからはすぐに消えて
しまいました。

                   撮影地:宮城県仙台市 2009/10/27


秋保大滝を13:00に出発し、県道62号線、県道132号線と辿ります。そして虹を
撮りながら(前回記事参照)進み、14:00に愛子駅着。14:27まで写真を撮ったり
しながら過ごし、翌日(10/28)のために再び蔵王エコーライン方面に戻ります。
車中泊場所に悩みましたが、結局は再び山形道の古関PAを利用することにしま
した。戻り方は行きの反対で、県道132号線⇒県道62号線⇒R457と辿り、山形
道を笹谷ICから乗り、16:32に古関PAに到着しました。まさか同じPAを二度も
車中泊場所に選ぶとは思わなかった・・・
そして夕食をここの「ふるせき庵」という食事コーナーで摂りました。仙台と
は微妙にずれていますがまあ牛タンだろうということで、牛タン黒カレーなる
ものを喰らいました。830円といい値段だと思ったら、量が多く牛タンもゴロ
ゴロと入っていてしかも柔らかくて美味しい。かなり珍しいことに写真よりも
豪華だったのです。これは得をした気分♪ 幸せ気分で眠りに就きました(笑)
ここまでの走行距離は780.5㎞でした。

翌28日朝、目覚め。支度をして6:09に古関PAを出発。6:15に宮城川崎ICを下り、
6:58に澄川近くの野鳥の森の駐車場?に着。ここで三階の滝、不動滝の滝下と
巡り(三階の滝②、不動滝、澄川と紅葉の記事を参照)、15:02に出発。そして
ここで一発温泉をと思い、遠刈田温泉の神の湯に寄りました。ここは300円と
安いのですが、タオルもシャンプーもなかったので買ったら結局全部で800円
にもなりまして・・・ 全くお得感なし(笑) 15:12~15:56まで利用。えらい
短くね?とか思うでしょう。長く浸かってると飽きるんですよね~
温泉で汗を流した後、遠刈田温泉を後にし、県道12号線をひた走って4号線に
ぶつかり、16:23、東北道を白石ICから乗りました。そして磐越道の磐梯山SA
上りに18:07着。ここで車中泊です。このSAのスナックコーナーで夕食。福島
といえばやっぱり喜多方ラーメンだろうということで、喜多方ラーメンとミニ
カレー(明らかに喰い過ぎ)を頂きました。全くもって可もなく不可もなくな味
と言っておきましょう。そして就寝です。ここまでの走行距離は956.0㎞。

そして翌日、今回の東北旅最終日の10/29は、福島をウロウロしてやります。


>> 2009/12/04 01:35
>びーぐるさん
読めないですよね~ でも私は意外と怪しくないです(笑)
この季節は結構微妙で、意外と寒くない時もあるんですが、備えとしてはまず普通の掛け布団と毛布を持って行きます。で、掛け布団をまず下に引きます。そんなに寒くない場合はそれで上に毛布をかければ安眠可能。もっと寒い場合は常備している寝袋に入って、更に毛布でもう殆ど大丈夫ですよ。寝袋はスリーシーズン用です。これ以上寒くてどうしようもない地域には行ってないです(笑)

>ちびこさん
そうですよね、どう見ても「あいこ」としか読めないですよね。かなり裏切られた気分です(笑)
一枚目、ありがとうございます。これはもう自然がありがとうっていうだけなんですが、見た時は速攻撮らないとって感じでした。

>> 2009/12/01 23:36
私も「あいこ」だとばかり思ってました・・・。
1枚目といい、切符の写真といい・・・、光と影のバランスがとても素敵です。
なんだか写真がこちらに向かって話しかけているようです。

>> 2009/12/01 08:41
たしかにこれは「あやし」とは読めませんよねぇ!
よ~かんさんは「あやしい」ですけど・・・
車中泊って夜凄く寒いでしょうが、どういう装備をされているんでしょうか?
トレッキング用とかスキー用かな?









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/445-c8a52d88

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。