07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/10/30//Fri * 19:16
●○米子大瀑布

米子大瀑布01
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

よなこだいばくふ。不動滝(右:落差85m)、権現滝(左:落差75m)の二つの滝を
総称し、日本の滝100選の一つ。

ある程度遊歩道を歩いて行くと、対岸に二つの滝を同時に見る事ができる高台
(鉱山跡地)に辿り着きますが、トップ写真はここからのもの。眼の前に広がる
絶景は素晴らしいけど全く写真には反映されません。どうにもなりません。

米子大瀑布02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

駐車場から遊歩道を15分位歩いて行くと、登りになり始め最初に不動滝が現れ
ます。この滝は滝下まで行け、結構いろんなところから見ることができます。

米子大瀑布03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

近付いてみると、切り立った崖から落ちている光景が圧巻。本当に悔しいです
が、この臨場感は全く写真では分かりません。

米子大瀑布04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

グワっと見上げて。

米子大瀑布05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

全景。滝壷はなく、いきなり落ちて流れて行きます。落水もふわっとした感じ
で、柔らか味があります。行こうと思えば完全に滝の下に行って打たれること
も可能。実際にこの滝では滝行が行われるようです。でも近づこうとしただけ
でもすごい水飛沫と瀑風。とてもじゃないけどこんな季節にびしょ濡れになり
たくありません・・・写真もまともに撮れないし。

米子大瀑布06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは対岸の高台から撮ったもの。不動滝のすぐ右側の黒い筋は、黒滝という
名で、いつもは殆ど水が流れていないようです。今回も見た通り・・・ 右側
にも幾つか黒い筋が見えますが、水量が多い時はここにも滝がかかるのかな。
見た通り、紅葉はかなりいい感じでした。

米子大瀑布07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

不動滝を過ぎて少し歩くと権現滝の簡素な展望台に到着します。権現滝はここ
と少し先に行った階段の途中くらいしかまともに見られる場所がありません。
しかも滝の傍に行くことは道がなく出来ないようです。Webで調べるとこの滝
の下に行った記録が出てくるので行けなくもなさそうですが、なんとなくわざ
わざ行く気になれなくて止めておきました。あ、もちろん対岸の高台からは見
ることは出来ます。

米子大瀑布08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これと上の写真は、階段の途中から。紅葉がとてもきれい。

米子大瀑布09
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

これは簡素な展望台から。なんとか滝壷までは見ることが出来ます。

米子大瀑布10
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

権現滝から下りてくると、ちょうど滝山館という旅館?に出ます。ここら辺に
米子不動尊奥の院があるらしいのですが、失念しました。ちなみに私は、今回
不動滝よりも先に権現滝に行ってしまっているので、載せている写真とルート
は一致しません。

写真は滝山館から対岸の高台へ行く途中、権現滝から流れてきている沢を渡っ
たので、そこで撮ったもの。左上に権現滝が見えます。

米子大瀑布11
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

滝山館から10分位歩けば高台に到着。この高台は米子硫黄鉱山跡で、昔は人が
住んで栄えていたそうですが、今はただの野っ原となっています。そしてここ
から対岸を見ると向かって右に不動滝、左に権現滝を見ることが出来るすごい
絶景が! 山々のパノラマ+紅葉、そして滝。半端じゃありません。
写真だとどうしても小さい中に風景を閉じ込めようとするので、全く臨場感が
出ません。こういう時、なんで写真なんかやってんのかなあ・・なんてちらっ
と思ったりします・・・

米子大瀑布12
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

あとこの滝、撮影がとても難しい。滝に太陽光が届かず、かなりの明暗がつい
てしまって、露出泣かせ。朝の9:30より以降になると(私が行った10/19時点で)
ますます手がつけられなくなる印象でした。青空と紅葉と滝となんて欲張ろう
とするとすごいストレスですよ・・・
実はトップの写真は、かなり構図が気に入っているのにどうしても露出がうま
く行かず、RAW現像時に少しトーンカーブいじりました・・・

そして、ここからもう一箇所の目的に行き(その目的は次回の記事で)一旦高台
に戻ってから東屋(ここも絶景)を抜けて駐車場まで一気に山道を下ります。
ここは登るのはちょっと嫌かも。そして駐車場に近づいてみると、もう来るわ
来るわ人が。いつまでも列が途切れない程のたくさんの人たちが山道を登って
行きました。そして10:30前に駐車場に戻りました。このグルッと周る遊歩道
は、一周2時間とも2時間半ともなっていましたが、もし撮影とかなく普通に歩
いて周るとしたら、とてもそんな時間はかからないかと思います。


そんな訳で、本当に久しぶりに百名瀑です。
かなり突然に見に行こう!と思い立ち、行って来ました。紅葉期のこの場所は
平日でも相当混むらしいので、そんなの耐えられない私は超絶朝早くに現地に
到着することを画策。
圏央⇒関越⇒上信越と乗り継いで、須坂長野東ICを下り、ここから現地までは
約20㎞。途中から山道となってくにゃくにゃと上って行きます。そうして朝の
4:30、米子大瀑布の駐車場に到着です。当然真っ暗で、星がとんでもなく綺麗。
そしてこの時点で駐車場を見渡すと車が一台あるだけ。明るくなるまで寝待ち。
起きたらもう三台くらい車が増えてました。6:00に出発。かなり寒いです。

・(上記写真の項を参照)

10:23に駐車場に戻ってきましたが、ビックリ!
なんと数十台停められる駐車場にはびっしりと車が! しかも駐車場の空き待
ちの車が駐車場の入口から十数台以上渋滞しています。なんだこりゃ?
車まで戻り整理をしていたおじさんと少し話しましたが、紅葉の一番いい時に
来たようです。しかも晴天。日頃の行いがどれだけいいのか、結果が物語って
います(笑) そしてくにゃくにゃ細い山道を帰り始めて数分後、またもや十数
台以上の車の列が! なんと、道が細いので分散して駐車場待ちの行列になっ
ていたのです。っていうか、ラーメン並ぶのと違うぞ? こんなところで待っ
ている人たちは今日中に駐車場に入れるのか? 紅葉で有名な場所の紅葉期が
どんなに怖ろしいのかよく分かりました。まだ10時半。平日とはとても思えな
い人の多さ。 しかし朝早く来て本当によかったと心の底から思いましたね。

帰りはまた同じICから乗り、松代PAで「旨辛ねぎねぎ醤油ラーメン」という物
を喰らいました。醤油ラーメンの中央に刻んだ叉焼とか大蒜とか和えたものが
どちゃっと乗り、周りにはやたらと細い葱を切った物が大量に。なかなか旨か
ったです。喰らっていると時折リンゴの風味と感触があったけど、気のせいな
のかな・・・ そしてその後、梓川SAに寄って、ジョン・レノンが大絶賛した
上20年ぶりに蘇ったらしい、騒々しい伝説が付いたロイヤルスウィートバニラ
ソフトを喰らってみた。とても濃厚な普通のバニラソフトと違う味はよかった
です。しかしあんな大袈裟な謳い文句が付いていると、ソフト心を揺すぶられ
ますよね~

                   撮影地:長野県須坂市 2009/10/19


>> 2009/11/12 00:28
>ぜいぜいさん
ありがとうございます♪
そうなんですよ、紅葉の名所とかに紅葉期に訪れるのはすごく悩みます。でもせっかくなので、紅葉期に行ってみたい・・・ ってな訳で超早朝平日作戦です(笑) だいたいこれで何とかなってます。
時期はとてもよかったみたいです。しかし平日でこれではいったい休日はどうなってしまうのか怖かったですね~
確かに午前中が勝負ってことは結構ありました。だいたい雲が出てきてしまって、酷い時はそのまま雨に突入するくらいです。
ここはできたら紅葉時に行ってみて下さい。この辺りは四阿山とかの麓ですから、この辺りの登山ついでっていう手も使えるかも・・・

>> 2009/11/10 16:32
わあ、すばらしいです。
紅葉の時期は人混みを考えるとどうしてもしり込みしてしまいますよね。
いい時期、いい時間を狙ってのワンダフルショットですね。
山もそうですが、10時までが勝負とはよく言ったものです。山も10時を過ぎると、雲に隠れちゃう率が高いので、中々いい写真にならないんですよね。
よ~かんさんの写真を参考にいつか行ってみたいです。

>> 2009/11/03 22:31
>yasuさん
結構ギリギリまで悩んだんです。紅葉期のここに行くのってすごい大変なんじゃないかと。ただちょうどいい時と休みが重なったのと、天気が良さそうだったので、かなり急に行くことにしました。
そうそう、確かに大瀑布ってイメージからは遠いですよね~ まあそれでもすごい景観に変わりは無かったですが。権現滝、現地に着くまでは柵乗り越えようって思っていたんですよ。でも実際に見てみたらなんかこれでも十分かなって(笑)
東北編はもうちょっとお待ちください~ まだ整理さえできてません・・・ とは言ってもその中にある百名瀑はyasuさんも行かれているヤツなんで、あんまり面白くないかも・・・

>びーぐるさん
駐車場整理のおじさんに「一番いい時に来たね~」って言われましたから、多分よかったと思います。実際に山々の錦っぷりはすごかったです・・・ 
スケールの大きい景色って、写真にした時のギャップが激しいので、落ち込み度も大きいです(笑)

>はちこさん
はちこさんも私と同じ、海よりも山なんですね♪
最後から二枚目、ありがとうございます。この滝って直接日が当たってくれないのですっごい難しいんです。周りの紅葉が輝いているのに主役が引っ込んでしまっているって感じで・・・ そういってもらえて嬉しいです♪
思ったよりもご当地食って食べてないんですよね。だいたいSAとかでカレーラーメンってのが多いんで(笑) でもご当地食はすっごい魅力です。チャンスがあれば必ず手を出します(><)
名前、教えてくれてありがとう。小春・・いい名前ですね~♪ 確かに小春日和とか言いますよね。小春ちゃんとこれからの成長、すっごく楽しみです。楽しんで育ててください♪

>> 2009/11/03 11:46
以前の渓谷から一転、秋盛りですね~(⌒∇⌒)
私は海より 山や川側に癒されるタイプなので、
よ~かんさんの写真に、いっつも入りたくなります♪
最後から2枚目なんて、カードにして飾りたいですね。

色んな所で、ご当地食も楽しんで えぇなぁヾ(≧▽≦)ノ
これも旅の楽しみよね♪

そうそう、うちのポトスの名前は『小春』です。
何でそう聞こえてきたんかなぁと思って 辞書を引いてみたら、
"旧暦で10月のこと(現在の11月)"とありました。
納得♪
もうすぐ春は来るからね!辛くてもがんばれ!
って応援しに、うちへ来てくれたのかな…(〃∇〃)

>> 2009/11/02 08:52
一番良い時期に行かれたんですね!滝と紅葉の取り合わせが最高です!!
たしかにスケールの大きい風景は写真にはまるで納まりませんよねぇ・・・
美味しいものも食べられたようで何よりでした。

>> 2009/10/30 21:43
おぉ~米子大瀑布!いつのまにか行かれていますね(笑)

この滝はどんな滝か知るまでは大瀑布と言うぐらいなのでものすごい水量をイメージしていました。
僕のときも不動滝は近づくごとにすごい飛沫があって気持ちがよかった覚えがあります♪

権現滝も柵を越えはしましたが結構斜面がきつかったのですぐに戻ってきました(汗)

やっぱり新緑の滝もいいですが紅葉の滝って素晴らしいですね!紅葉は期間が限られてるのでやはり貴重なものですね~。

早く東北編を今すぐ全部見たいです(笑)









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/434-94bb53b9

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。