09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

よ~かん

Author:よ~かん
相模の国に棲息
ゆるいおいちゃん♂
ゆるい弱観光人
ゆるい写真
椎茸は×

Categories
Recent Entries
Recent Comments
Recent TrackBacks
Archives
Trackback People

Kiss X2
KissDigi N
Love!!! Canon Lens
GR DIGITAL Gallery

CONTAX
富士山ぴーぷる
滝ぴーぷる
アキバでグルメ
おさんぽカメラ

Blog People
Blog People
フィルムカメラ フィルム写真
カメラとお散歩*
写真好き集まれ!
ペンタ党で行こう
Blog People
Blog People
ブログ内検索
RSSフィード
blog Links

web Links

Favorite

Canon
CANON iMAGE GATEWAY
Ricoh Japan
GR BLOG
PENTAX
カメラサービス鹿児島
写真レンズ工房
写真のセントラル
Digital Photo Contest
壜忘備録(仮)

日本の滝100選

目指せ日本の滝100選!

北海道
 羽衣の滝
 インクラの滝
 "飛竜"賀老の滝
 流星・銀河の滝
 アシリベツの滝
 オシンコシンの滝
青森県
 くろくまの滝
 松見の滝
岩手県
 不動の滝
宮城県
 秋保大滝
 三階の滝
秋田県
 七滝
 茶釜の滝
 法体の滝
 安の滝
山形県
 滑川大滝
 白糸の滝
 七ッ滝
福島県
 乙字ヶ滝
 三条の滝
 銚子ヶ滝
茨城県
 袋田の滝
栃木県
 華厳の滝
 霧降の滝
群馬県
 吹割の滝
 常布の滝
 棚下不動の滝
埼玉県
 丸神の滝
東京都
 払沢の滝
神奈川県
 早戸大滝
 洒水の滝
山梨県
 七ツ釜五段の滝
 北精進ヶ滝
 仙娥滝
新潟県
 鈴ヶ滝
 苗名滝
 惣滝
富山県
 称名滝
石川県
 姥ヶ滝
福井県
 龍双ヶ滝
長野県
 米子大瀑布
 三本滝
 田立の滝
岐阜県
 根尾の滝
 平湯大滝
 養老の滝
 阿弥陀ヶ滝
静岡県
 安倍の大滝
 浄蓮の滝
 白糸・音止の滝
愛知県
 阿寺の七滝
三重県
 布引の滝
 赤目四十八滝
 七ツ釜滝
滋賀県
 八ツ淵の滝
京都府
 金引の滝
大阪府
 箕面の滝
兵庫県
 原不動滝
 猿尾滝
 天滝
 布引の滝
奈良県
 双門の滝
 不動七重滝
 笹の滝
 中の滝
和歌山県
 那智の滝
 桑ノ木の滝
 八草の滝
鳥取県
 大山滝
 雨滝
島根県
 壇鏡の滝
 龍頭八重滝
岡山県
 神庭の滝
広島県
 常清滝
山口県
 寂地峡五竜の滝
徳島県
 大釜の滝
 轟九十九滝
 雨乞の滝
愛媛県
 雪輪の滝
 御来光の滝
高知県
 龍王の滝
 轟の滝
 大樽の滝
佐賀県
 観音の滝
 見帰りの滝
熊本県
 四十三万滝
 栴壇轟の滝
 数鹿流ヶ滝
 鹿目の滝
大分県
 東椎屋の滝
 原尻の滝
 震動の滝
 西椎屋の滝
宮崎県
 関之尾滝
 矢研の滝
 行縢の滝
 真名井の滝
鹿児島県
 龍門滝
 大川の滝
沖縄県
 マリユドウの滝

現在 079 滝 達成
やっと4分の3・・・(><)
 

とげとげ友の会
あばら写真館


--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/08/19//Wed * 19:19
●○北精進ヶ滝(近Ver.)

北精進ヶ滝(近Ver.)01
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

南アルプス山中の水を落とす北精進ヶ滝。その落差は121mととんでもない高さ。
通常であれば石空川遊歩道終点の観瀑台から遠望するのみなんですが、今回は
滝前までがんばってみました。タイトルが滝下ではなく「近Ver.」となってる
のがとても微妙なんですけど、なんでそんなに微妙なのかは読み進めれば判り
ます。とは言っても全く大したことでは無いので、期待値ゼロでお願いします。

滝下まで行くのに道はありません。滝まで沢を遡行しようとしても途中に九段
の滝が立ち塞がっていて、それ以上普通の人は進めません。もちろん私なんか
論外です。なので、先に進むにはこの滝を大きく高巻いてしまう必要がありま
す。いろいろWebで少ない情報を掻き集めてなんとなくイメージを掴めたので、
挑戦することにしました。

北精進ヶ滝(近Ver.)02
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

観瀑台から少し戻った地点から沢の右岸へ徒渉。山中へ入り尾根を伝って急登
です。この前半部は殆ど踏跡はないような感じですが、赤テープ等の目印が結
構絶妙な位置に付いていて迷いませんでした。後半は進行方向右下に九段の滝
を見ながら急斜面のトラバースとなります。この辺りは踏跡が前半よりは明確
なんですが、斜面の途中に人一人分の幅もない危うい道のりで、しかも高さも
相当ありもし滑ったら多分終わる・・感じなので、慎重に・・・

九段の滝が右下に見えなくなって少し行くと、沢と同じ高さにまでなって高巻
きの終了です。観瀑台からは見えないですが、北精進ヶ滝の下に10mくらいの
滝があり、その前に飛び出します。最初の沢を徒渉するところから40分弱位で
来れました。↑写真は間違えて前回記事の七枚目の草が生えている奥の岩の上
に出てしまい、そこからもののついでに撮ったもの。前回記事ラスト写真から
もう少し視点を上にずらすと、北精進ヶ滝があった訳です。

北精進ヶ滝(近Ver.)03
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

間違えて飛び出た大岩の上からだと先に進めないので、少し戻ってもう少し沢
の上流へ移動。そして沢へ出たらまだ少し手前でした。ここからではやっぱり
先に進めないのでまた少し戻って沢の上流へ移動。

北精進ヶ滝(近Ver.)04
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

↑の写真の位置でもう少しアップ。
手前の滝とのツーショットは素晴らしい。是非観瀑台からのショットとも見比
べていただきたいです。ここでも精進ヶ滝は下半分が見えません。

北精進ヶ滝(近Ver.)05
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

横構図で。ここは紅葉期には必ず来てみたいです。

北精進ヶ滝(近Ver.)06
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

そしてまた少し進みます。この辺りからアザミが多くなってきて、チクチクと
やられます。そしてやっと正真正銘10m位の滝の前。小滝の方が主役になって
しまってます。
四枚目の写真、小滝の右側に細い流れが見えるかと思いますが、これを登りま
す。水流の中ならびしょ濡れになるけど手掛かりが幾らでもあり、かなり適当
に登れます。滑りやすいので注意。水流を登ると右手の草の中にガレっぽい沢
っぽいのが上へ続いていて、そこを登って行くと精進ヶ滝に向かって右手から
延びて来ている尾根状に乗ります。そしてここが今回の目的地終点。

北精進ヶ滝(近Ver.)07
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

目の前にドーン!と北精進ヶ滝の雄姿が!
いやあ、とんでもない滝です。この場所に立っただけで震えるくらいの感動。
上の段は直瀑、そこから岩盤に色々当たってサラサラと静かに落ちています。
これでもまだ滝から若干離れているけど、さすが100m以上の落差、17-40㎜で
は全景が入りませんでした。

北精進ヶ滝(近Ver.)08
Canon EOS Kiss X2 + EF17-40mm F4.0L USM

入り切らなかった滝下部。
この場所まで来て初めて滝の下までを見ることが出来ます。

北精進ヶ滝(近Ver.)09
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

超広角、持って来てよかった~

北精進ヶ滝(近Ver.)10
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

この尾根状に乗ったすぐのところはちょうどいい感じのスペースになっていて、
ここからほぼ動かずに写真を撮りました。ここから左前方に下へ下りる踏跡が
ついていて、下の流れまで下りて滝下まで行けそうでしたが、何故か行く気が
起こりませんでした。体力も十分、下りるのも特に難しくなさそうだったのに
とても不思議です。天候が崩れて今にも雨が来そうだったのと、今のこの光景
だけでお腹が一杯だったってのもあるのでしょうけど・・・
そんな訳で近Ver.だったのです。まあ行き方も分かったことだし、滝下は次回
のお楽しみですね。

北精進ヶ滝(近Ver.)11
Canon EOS Kiss X2 + EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

今回の探索にあたっていろいろとWebで調べると、滝下までのルートは迷いや
すい、危険っていう言葉がかなり出てきます。正直私には近くまで行けるとは
思えない程の難易度だと思っていたので余計にそう感じたのかもしれませんが、
結構アッサリと滝近くまで行けてしまいました。石空川遊歩道駐車場からだい
たい一時間半もかからずに滝下まで行けますね。
多分踏跡を辿るような山登りをする人であれば、普通に滝下へ辿り着けるかと
思います。もちろん危険というのは誇張ではなく、特に斜面のトラバースとか
は緊張しますし、山中は崖崩れが起き易そうな地形な感じで怖いです。なので
やはりそれなりの装備と気構えは必要かと思いますが・・・

北精進ヶ滝の近くまで行くのはプチ憧れでしたから、戻ってきてから程なくし
て大雨になって(前回記事参照)その後は何も出来ずに帰る羽目になりましたが、
一応それなりには達成感はありました。この滝は次回滝下まで行くのと、もう
一つ、精進ヶ滝林道経由で別角度から見られる場所へ行きたいと思っています。

                    撮影地:山梨県北杜市 2009/07/28


>> 2011/01/25 23:59
>しゃけさん
この滝行かれたんですね。この滝は程よい冒険ちっくな行程で、ど~ん!大きい滝に出逢えるのが特に素晴らしいです。特に夏に行きたくなります。

>> 2011/01/25 10:47
北精進ヶ滝、いいですよね!
私も昨年訪ねて感動しました。

>> 2009/09/02 18:02
>ららさん
山歩き、沢歩きの両方の経験があり(整備された登山道を歩いたことしかないってのは×)、両方の足回りがないとちょっと厳しいです。でもまだ観瀑台からもこの滝を見ていないんですよね? それならまずは通常の観瀑をオススメします。十分に素晴らしいですよ~

>condorさん
初めまして、このこぢんまりとしたところへ来ていただき、ありがとうございます。
この滝間近まではかなり厳しいという情報ばかりで、最初はあまり行くという気が起きなかったんですが、とにかく偵察の積りで無理ならすぐに引き返そうって思いながら進んだら行けてしまいました。危険箇所はありますが、技術的に困難なところはない(私見ですが)ので、目印を頼りに踏跡を歩くようなことを普段やっていらっしゃる方なら問題ない気がします。普段そんなことをやっていない私でさえ行けてしまっているので・・・
ドンドコ沢はいつか行きたいと思っています。でもまだ私には厳しそう・・・
篠沢大滝と黒戸噴水滝は、この精進ヶ滝の後(同じか翌日)に雨さえ降らなければ行こうと予定していた場所でした。今年の秋は再度精進ヶ滝に行こうと思っているので、その時に合わせられたらいいなあ・・・
condorさんのブログを拝見させていただきました。写真たち、本当に素晴らしいです! 一番最新の鳩と五丈岩の写真、すっごくいいなあ。私もまたお邪魔させていただきます♪

>> 2009/09/01 22:10
はじめまして!履歴を辿ってやって来ました。
以前は当ブログに訪問下さりありがとうございました!
噂には聞いていましたが、北精進ヶ滝に接近できるんですね!
勇気と情熱に感動しています。
この滝は1度見に行きましたが、その落差には驚きました。

ちょっと前に鳳凰三山登山でドンドコ沢を登りましたが、
南精進ヶ滝を皮切りに見事な滝の連続でしたよ。
順光の午前中は全ての滝が青空をバックで撮影できます。
青木鉱泉から登るので、登山口は北精進ヶ滝の近くです。

マイナーですが篠沢大滝や黒戸噴水滝も見事ですよ。
遊歩道が北精進ヶ滝ほど整備されてませんがお勧めの滝です。
北杜市には沢山の綺麗な滝があります。
紅葉の季節に合わせて挑戦してみてはいかがでしょうか?

またお邪魔させていただきます^^

>> 2009/08/30 12:48
観暴台までではなくて、
間近まで行きたいのですが・・・
無理ですか?
近くで見てみたいです。

>> 2009/08/28 20:31
>はちこさん
最後の一枚、ありがとうございます♪ 私も結構気に入っているんです。そしてここは多分高所恐怖症でも大丈夫な気がしますよ。むしろそこに行くまでの道中がきっと無理かと思います(><)
この辺り一帯はもちろん見てもきれいだし、なにせ「南アルプスの天然水」で有名なところなので(西日本圏の方々は知らないかも)、呑んでも完璧です♪

>> 2009/08/24 09:01
最後の一枚が、よ~かんさんの旅物語を思わせる雰囲気で
素敵な一枚ですね♪
同時に高所恐怖症の私には、足が笑いそうな
写真でもありますが…( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
観ても綺麗だけど、飲んでも美味しいのかなぁ♪
紅葉時期が楽しみですね~o(〃^▽^〃)o

>> 2009/08/23 22:58
>yasuさん
ハッキリ言って、実際に滝前に行くと写真なんかよりも遥かに感動しますよ! 私にとっては滑川大滝に匹敵します。ただ滝下まで行っていないし、滝下はもっと感動が待っているようなので、また出来たら今年中には行って来ようと思います。
ちなみに観瀑台までは駐車場から40分かからないくらいで簡単です。途中の景色も素晴らしいです♪
もし滝下に挑戦するなら、滑りやすい靴はNGです。今回私はアクアステルスソールの沢靴だけで挑戦しましたが、とてもいい感じでしたよ。 行くなら声をかけてくださいね~
yasuさんもついに車の世界に手を出すんですね? 旅にはすごく便利ですよ~♪

>びーぐるさん
「全く大したことでは無いので」というのは滝下に行くのがそうといっている訳じゃないですよ~(><)
タイトルの「近Ver.」の意味が大したことないと言っているだけなんです。もちろんこの滝の近くに行くのは弱観光人の私にとっては一大冒険でしたとも!

>そらさん
そらさんも「全く大したことでは無いので」の意味を勘違いしてるよ~(><)
もちろん滝前に行くのは大変でしたよ~
七枚目ありがとうございます。こういう大きな滝は実際に間近で見ると鳥肌モノなんです。もし可能ならぜひそらさんにも行って見てもらいたいくらいです!
最後の写真、なんとなく冒険した~って感じでしょう?(笑)

>ららさん
この滝は超オススメの一つです(><)
落差がすごいですけど、華厳の滝のような大容量の落水とは違ってもっと優しい感じです。いやあ、本当にこの滝は実際に見てもらいたいです。でも滝前まではかなり厳しいですね・・・沢登りの部分はほんの少しなんだけど、その前の山中がかなり大変です。 観瀑台までだったらハイキング気分で行けますので、よかったらご案内しますよ~♪

>畑ちゃんさん
お久しぶりです~♪
本当に素晴らしい滝です。滝ってもちろん高さだけではないんですけど、落差の大きい滝の目の前に行くと感動の度合いがやっぱり違います! 誇張じゃなく鳥肌が立ちますよ~ 見てくれてありがとうございます♪

>akiさん
こんばんは~♪
この滝の落差は常清滝といい勝負ですけど、かなりいっぺんに落ちてくるので近くに行くと迫力がとんでもないです。この滝の全部が見える場所に立った時の感動がまだ残ってます!
確かに紅葉も素晴らしいけど緑もとてもきれいです。この滝は単体でもいいですけど、手前に滝を従えた構図も絶品です♪ 二枚目は間違えて大分手前に出てしまって行き掛けの駄賃で撮ったんだけど、akiさんに気に入られたなんて、道間違えた甲斐があったなあ♪
ということはもう海に行ってきたのかな? 天気よかったらいいですね。私は仕事でした。そして明日は健康診断・・・
今週は体調的にはあんまりよくなかったんですね・・来週はakiさんにいいことがいっぱいあるといいなあ。

>> 2009/08/22 22:37
よ~かんさん、こんばんは。。
ちょっとご無沙汰してました。。

めっちゃ大きい滝ですね~。
7枚目は迫力あります。
紅葉の時期も綺麗やけど、この緑も美しくて好きです♪だからお気に入りは2枚目。。
特に下の部分の流れがええなぁ。好き♪

明日は久々の晴れの日曜日。
早起きして日本海へ行こうかと。。。
やっと夏らしい写真が撮れるかな(笑
ずっと雨ばっかしやったから(笑

今週は風邪などひいて気分がすぐれませんでした。。
でも、休むわけにもいかず。。。
筋トレしてたら膝も痛めたのも気分↓の原因やったのですが。。。

>> 2009/08/21 20:59
こんばんは!(。・▽・)ノ

☆★・・オ ヒ ヽ(´∀`)ノ サ シ・・★☆です・・

(∩´∀`)∩オォ♪

素晴らしい滝ですね・・

とても迫力があり~スゴ━━━(*゚∀゚*)━━━イですね・・

落差が素晴らしいですね・・(o^―^o)ニコ

(人'▽`)ありがとう☆です


>> 2009/08/21 20:29
この滝いいですね、
激しさとリズムと
それでよく見ると
繊細さがあって。

こういう滝撮ってみたいです
山梨県ですか・・・行けるかなぁ
でも沢登りは難しそうですね、

>> 2009/08/21 10:22
よ~かんさん・・頑張りすぎ!
こんなに大変なのに大したこと無いなんて。
でも7枚目の本当に迫力もあるし素敵!!
私も同じ場所に立ってみたいと思いました。
水の流れ落ちる光景も最高~!

最後の写真を見ながらよ~かんさんの姿を想像しちゃった(笑)

>> 2009/08/21 09:18
ただただ凄いと言うほかに言葉が見つかりません!
しかし、「全く大したことでは無いので」なんてよく言いますねぇ!!

>> 2009/08/20 23:47
うわ~めちゃめちゃうらやましいです!!!
素晴らしい滝ですね!きっとこの目で見たときはもっと感動するのでしょうね♪

僕もこの滝はいつか滝下まで行ってみたいですが、観瀑台からですら見たことがない滝なんですよね。。。早く車の免許を取って砂利道にも行きたいです・・・









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://abaraland.blog54.fc2.com/tb.php/420-8e11b727

[TOP]
copyright (C) 2006 あばら寫眞舘○● all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。